*

エビのアヒージョをニトスキで!味付けは塩加減が最重要だぞっ

公開日: : 料理

私の記憶が確かならば以前『ニトリのスキレット(通称:ニトスキ)を購入しました』というブログ記事を書きました。

大きさは15cm(6インチ)。

スキレット鍋15cm(6インチ)/ニトリ
2種類あるニトリのスキレットで言うと、小さい方のサイズとなります。

この15センチのスキレットであれば、使う用途が限られてしまう感じもしますが食卓に食器として出すのもバランスが良い大きさだと思います。

エビのアヒージョ(ニトスキで)

ともあれ実際に調理で使用してみることに。

スキレット料理と考えますと、やはりお馴染みは「アヒージョ」。

すごく簡単に言うと、お好みの具材を“油(オリーブオイル)で煮る”スペイン料理です。

そこそこ簡単なレシピ

材料

  • エビ6尾ほど
  • オリーブオイル60mlほど
  • ニンニク2片
  • 赤唐辛子1本
  • 少々
  • マッシュルーム・ブロッコリー・パセリお好みで

作り方

  1. エビは殻をむいて背ワタを取る(軽く塩を振る)
  2. ニンニクは芯を取り輪切りにする
  3. オリーブオイル・ニンニク・赤唐辛子を入れて弱火で煮る(ニンニクが軽く色づくまで)
  4. エビなどを加えて煮る(5分ほど)
  5. 塩加減を調整して、みじん切りにしたパセリを散らして完成

エビのアヒージョ(ニトスキで)
うん。
ニトリスキレットの雰囲気含めて、中々良い感じじゃないでしょうか。

味付けも美味しかったです。

材質“鉄”の保温効果でアツアツ状態で食べられるところもスキレットを使うメリットなのかも知れません。

アヒージョはガーリックオイルも楽しむべきもの

アヒージョはパンと一緒に食べることが多いみたい。

料理として具材自体を味わうこともモチロンですが、その“オリーブオイル”も楽しむべきものらしく。

各種具材の味が染み込んだガーリックオリーブオイルをパンにチョイツケして食べる。

私も実際にやってみましたが、確かに美味しい。

さらに量が多くてアヒージョが余ってしまった場合は、そのオリーブオイルや具材を利用して茹でたスパゲッティと和えれば立派なパスタ料理となりますよ。

辛口の白ワインで油を洗い流すイメージ

で、このアヒージョ。

上記にありますように、単純に考えて“油系”の料理です。

それなりにオリーブオイルの量を使っていますし。

なので私は辛口の白ワインを一緒に飲んで、その油感を洗い流すように意識しました。

SANGRE DE TORO BLANCO(サングレ・デ・トロ・ブランコ)/TORRES(トーレス)
アヒージョと合わせて、スペインはカタルーニャの白ワイン「SANGRE DE TORO BLANCO(サングレ・デ・トロ・ブランコ)/TORRES(トーレス)」。

品種はパレリャーダ主体。

毎度お馴染みアラウンド千円イワユルひとつのアラ千ワインです。

香りは直接的に感じるハッキリとした爽やか系。

口当たりも優しいですし、とてもスッキリとした後味が好印象。

アヒージョの作り方のコツ

そして味付けとしての最大のポイントは“塩加減”でしょうか。

塩の代わりに本来はアンチョビ(カタクチイワシの塩漬け)を使うとか使わないとか。

そもそもアヒージョはその具材の単なる“ガーリックオイル煮込み”ですから、塩分が無いと基本的には何の味もしないと思いますよ。

ニンニクは風味だとして、やはり塩気は重要かと。

材料としてアヒージョに入れるものは何でも良いと思いますが、その入れる具材に合わせて塩加減・量は調節した方が良いと思います。

スキレットの使い始めにアヒージョは最適か

こういったスキレットなどの鉄モノは一番最初にしっかりと洗剤で洗いまして、それ以降は洗剤を使わないお手入れ方法となります。

鉄素材に油を馴染ますというか、表面に油膜を形成するため。

ですので、初めて使う時は油を入れて数分間弱火で煮たり「油ならし」をしてから実際の使用を開始します。

『南部鉄器の鍋を油ならし』した時もそうでしたが、最初の頃の使い始めに作る料理は大量の油を利用する揚げ物とかがベターです。

そう考えると、今回作ったアヒージョもスキレットの油ならしには大変有効な料理と言えるのではないでしょうか。

関連記事

ドライカレー

俺流ドライカレーの作り方!挽肉(キーマ)を使うやつ

私は料理が好きなので結構色々なものを作っていますが、ある意味最もポピュラーだとも言える『カレーライス

記事を読む

若鶏のガランティーヌ風

ガランティーヌはレシピも簡単でクリスマス鶏肉料理に良いかも

クリスマス料理ということで去年は『一晩マリネしたローストチキン』を作りました。 やはり今年も同

記事を読む

若鶏のディアボラ風

若鶏のディアボラ風!鶏むね肉の最も美味しい食べ方のレシピを

みんな大好き『鶏肉』。 え? 「鶏むね肉」のことですよ。 もも肉じゃなくて、むね肉。

記事を読む

味付け煮卵(味玉)

うわっ…私の煮卵、美味しすぎ?漬けるだけの簡単レシピなのに

ラーメン屋さんのトッピングでお馴染みの『味付け煮卵(味玉)』。 お店によっても違うと思いま

記事を読む

スパゲッティ ボロネーゼ(ミートソース)

ボロネーゼ(ミートソース)をガツンと激ウマに作る3つのコツ

色々な料理を作っている私ですが、やはりイタリアンが一番しっくりくる料理ですかねぇ。 特にパスタ

記事を読む

シーザーサラダ

シーザーサラダのドレッシングを手作りで!材料の基本がコチラ

皆さんは、どんなサラダが好きですか? 私は作り方がとても簡単な「コールスロー」や今回のブログ記

記事を読む

イサキ皮湯霜造り

イサキは皮も旨いのか?湯霜造りや塩焼きにして食す(白子含む)

今回頂きましたイサキの大きさは、鼻先から尻尾の先まで約30センチ。 決して“小さくない”サ

記事を読む

アジのカルパッチョ

アジのカルパッチョ!作り方は簡単だけどソースの奥が深いぜ

大衆魚「アジ」。 年がら年中スーパーにありますので、私は結構な頻度で食べている気がします。

記事を読む

ポワレの皮くっつき問題

ポワレの意味!を踏まえた切り身の皮が本当にくっつかない焼き方を

今回のブログ記事では『ポワレ』という調理法について書いてみようと思います。 すごく簡単に言

記事を読む

サンマのお刺身

旬のサンマを刺身やなめろうに!今月入って何尾目の青魚か?

その料理を作って食べることにより食文化を学びたいと思っている私は、こういう旬モノは意識的に食べるよう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

→もっと見る

PAGE TOP ↑