*

赤ワインで煮込む!牛バラ肉や鶏手羽元を。鍋はストウブで

公開日: : 料理

いやぁ、随分と寒くなってきましたね。

この時期になると、なんだか急に赤ワインが飲みたくなるのは私だけでしょうか。

ちなみに私が好きな産地・品種は、「ブルゴーニュ ピノ・ノワール」や「ボルドー メルロー」辺りが良いですねぇ。

とかなんとか考えていたら、本当に飲みたくなってきたので近くの酒屋さんで買ってきました。

ワイン飲むなら食べる料理も少々こりたくなるのは至極当然のこと。

本来なら、まず料理ありきで飲むモノを決める感じもしていますが、今回はワイン先行型でした。

買ってきたのはボルドーのメルロー主体のやつ↓

ボルドーのメルロー
お高いワインは買えませんので、アラウンド千円イワユル「アラ千ワイン」です。

料理とワインとの相性、俗に言うマリアージュ。

一番簡単な考え方としては、そのワイン自体を使った料理だと思いますので、今回は「赤ワイン煮込み」を作ってみました。

牛バラ肉の赤ワイン煮

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 牛バラ肉300~400g
  • 赤ワイン100ml
  • タマネギ半分
  • トマト1個
  • 砂糖小さじ1
  • オリーブオイル適量
  • 塩コショウ適量
  • 薄力粉大さじ1
  • ニンニク1片
  • 400ml
  • コンソメ1個
  • ジャガイモ2個
  • イタリアンパセリお好みで

作り方

  1. 牛バラ肉を赤ワインに漬けておく(室温で2時間~)
  2. みじん切りにしたタマネギを電子レンジで加熱する(8分ほど)
  3. 粗く切ったトマトに砂糖を加えて電子レンジで加熱する(8分ほど)
  4. 鍋にオリーブオイルを入れ加熱したタマネギを炒める(弱火で10分ほど)
  5. 牛肉の水分を拭き取り塩コショウ・薄力粉をまぶし両面を強火で焼く
  6. 鍋に水・ニンニク・トマト・焼いた牛肉・残った赤ワインを入れて煮る(10分ほど/お肉が柔らかくなるまで)
  7. コンソメも入れて弱火で20分ほど煮る
  8. 塩コショウで調味してイタリアンパセリとか散らすのはどうでしょう

牛バラ肉の赤ワイン煮
調理に使用したのは、STAUB(ストウブ)のピコ・ココット ラウンドの鍋。

じっくりコトコトと煮込みまして、大変美味しく頂きました。
何時間も煮込まなくても柔らかく出来上がったので良かったです。

ただし、お使いの鍋やお肉の種類によって煮込み時間も変わってくると思いますので、その辺は臨機応変でよろしくどうぞ。

鶏肉手羽元の赤ワイン煮

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 鶏肉手羽元300~400g
  • シメジ適量
  • 牛乳適量
  • オリーブオイル適量
  • 上記の煮汁

作り方

  1. 塩コショウした手羽元をオリーブオイルで焼く
  2. 煮汁に牛乳を加えカサマシする
  3. 手羽元・シメジを入れて煮る(弱火で15分ほど)

鶏肉手羽元の赤ワイン煮
前日意図的に余らせておいた煮汁を利用しています。

ただ少し味と食感を変えたかったので、シメジを新たに加えて牛乳も少し入れて汁っぽく伸ばす感じにしてみました。

手羽元自体がやや食べにくい感じもありましたが美味しかったです。

で、この赤ワインを使った煮汁って結構便利ですよね。
まぁイワユル「リメイク」。

少し多めに作っておいて、オムライスにかけるデミグラス的に使うとか、それこそ単純にライスにかけてハヤシ的にしても良い感じだと思います。

影の主役 ジャガイモ・マッシュポテト

こういったコクのある赤ワイン煮込み系料理の付け合わせにジャガイモって合いますよ。

野菜は野菜です(違うという意見もあるかも知れませんが)し、軽過ぎず重過ぎずですから。

牛バラの方は茹でたジャガイモの皮をむいて輪切りにしただけですが、手羽元の方にはマッシュポテトを付け合わせました。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ジャガイモ2個
  • 牛乳50ml
  • バター適量
  • 適量

作り方

  1. ジャガイモをラップでくるみ電子レンジで加熱する(12分ほど)
  2. 柔らかくなったら熱いうちに皮をむく
  3. 牛乳も電子レンジで2分ほど加熱しバターを入れて溶かす
  4. ジャガイモと牛乳を混ぜ合わせる
  5. 塩で調味して完成(お好みでさらに牛乳や生クリームを加えて柔らかさを調整)

混ぜ合わせる際はミキサーやフードプロセッサーとかを使った方が良いと思いますが、洗うのがメンドクサイという事実も否めません。

ボウルに入れてスプーンの裏で潰す方法でも大丈夫ですよ。
少し残った口当たり感も又美味しいですし。

関連記事

一晩マリネしたローストチキン

骨付きもも肉でローストチキンを!クリスマス用にマリネして

日本でそう言うと『鶏肉』が主となると思いますが、そもそも『クリスマスには七面鳥』というフレーズもよく

記事を読む

エビのアヒージョ(ニトスキで)

エビのアヒージョをニトスキで!味付けは塩加減が最重要だぞっ

私の記憶が確かならば以前『ニトリのスキレット(通称:ニトスキ)を購入しました』というブログ記事を書き

記事を読む

ビンディーマサラ(オクラのスパイス炒め)

ビンディーマサラっつうオクラのスパイス炒めの作り方![インドへの道]

インド料理を作ることにも慣れてきました。 今回のブログ記事は【インドへの道 #12】。

記事を読む

鳥もつ丼

鳥もつ煮込んで丼に!黄色く丸いキンカンはどこの部位か?

私の記憶が確かならば、以前の過去記事で『もつ・豚レバーを使ってニラレバ炒めを作る』について書いたと思

記事を読む

自作チャーシュー(煮豚)

チャーシューの作り方多過ぎ!イイトコ取りの簡単レシピを紹介

年末年始の“おせち料理”ってあるじゃないですかぁ。 料理することが好きな私でも、さすがに自作し

記事を読む

チキンキエフ

チキンキエフの作り方!開けると出てくるバターソースが超絶旨い

さてさて、毎年クリスマスの時期には意識的に「鶏(チキン)料理」を作って食べるようにしている私。

記事を読む

チキン65

「チキン65?」何でかそう呼ばれる鶏肉料理の新定番が登場だ![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #5】。 「インドを知る」という目的のもと作ってみたインド料

記事を読む

もやし炒め

もやし炒めをひげ根の処理して作る!そう、10円見つけたからね

皆さんは頻繁に食べていますか? そもそも“非常に安い”食材ですから、私は結構お世話になって

記事を読む

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン!作り方は男子ごはん風で

皆さん、見てます? 毎週日曜日11時30分ごろテレビ東京『男子ごはん』。 私はたま~に見る機

記事を読む

オニオングラタンスープ(きょうの料理コウケンテツさん風)

簡単オニオングラタンスープ!オーブン無しで食パン焼いて同時進行を

この前、「きょうの料理~20分で晩ごはんを作る~」というテーマのテレビ番組をやっていました。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

ASSASSIN 85% TUNGSTEN 18gR STYLE A/Harrows(ハローズ)
マイダーツ買うなら早い方が良い!と形から入った俺のアサシン6500円

知り合いが『ダーツ』にハマってると聞きまして、じゃぁ自分も「久しぶりに

→もっと見る

PAGE TOP ↑