*

ボロネーゼ(ミートソース)をガツンと激ウマに作る3つのコツ

公開日: : 料理

色々な料理を作っている私ですが、やはりイタリアンが一番しっくりくる料理ですかねぇ。

特にパスタ料理。

その中でも今回紹介する『ボロネーゼ(いわゆるミートソース)』が一番美味しくできるかも。

ガツンとコクのある男の料理というか。

スパゲッティ ボロネーゼ(ミートソース)

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 牛ひき肉200g
  • タマネギ半分
  • マッシュルーム(缶詰)75g
  • ニンニク1片
  • ホールトマト400g
  • マッシュルームの缶汁大さじ4
  • オリーブオイル大さじ1/2
  • 塩コショウ適量
  • パセリなど適量

作り方

  1. ニンニクは芯を取り輪切りに、タマネギ・マッシュルームはみじん切りにする
  2. オリーブオイルで牛ひき肉を中火で炒める(火が通ったら塩コショウする)
  3. 牛ひき肉を一方に寄せフライパンを傾け、出てきた脂でニンニクを炒める(こんがりするまで)
  4. タマネギ・マッシュルームも加えて炒め、ホールトマトを加えて混ぜ合わせる
  5. マッシュルームの缶汁も加えて煮詰める(水気を飛ばす)
  6. 煮詰める間、沸騰したお湯に塩を加えスパゲッティを茹でる
  7. 茹で上がったスパゲッティをソースに加えて混ぜ合わせる
  8. 器に盛り、残ったソースをかけ仕上げにパセリなど振るのはどうでしょう

スパゲッティ ボロネーゼ(ミートソース)
うん。
すごく美味しい。

イメージ通りの味というか、ド定番の安定した味で美味しいです。

材料としてもオリーブオイル・ニンニク・トマトといったイタリアン三種の神器を使ってますし、牛肉といった食べごたえのある食材も又良い感じ。

作り方のポイント&コツ

そんなボロネーゼ。
美味しく作る俺流ポイント&3つのコツ。

  • コクを出すため水分を飛ばして煮詰める
  • トマトとマッシュルームは缶詰タイプをチョイス
  • 合い挽き肉ではなく牛ひき肉のみを使う

この辺を意識すると結構美味しくできますよ~

それでは細かく見ていきましょう。

コクを出すため水分を飛ばして煮詰める

トマトは生のものではなくて、いわゆるトマト缶を使いましょう。

しかも出来ればホールトマト。

生のトマトだと良く言えばフレッシュ、悪く言えば水気が多い。

ボロネーゼの調理ポイントの一つ「煮詰める」という部分。

ソレは水気を飛ばして旨味を凝縮させる(味を濃くしたい)ということ。

ですので、瑞々しいフレッシュなトマトよりも缶詰タイプの方が旨味があって良いと思います。

トマトとマッシュルームは缶詰タイプをチョイス

トマトだけではなくマッシュルームも缶詰タイプの方が良さそうです。

と言うのも、マッシュルーム本体はもちろんのこと“汁”も使いたいのです。

旨味を凝縮させるため水気を飛ばすとは言いますが、茹でたスパゲッティとソースを絡める必要もあるので汁気も必要になってはきます。

その際に単純な“水”は使わないでマッシュルームの旨味が出た缶汁を入れた方がより良い訳です。

合い挽き肉ではなく牛ひき肉のみを使う

そして意外と気にした方が良いお肉の種類。
これは「牛肉」オンリー。

スーパーに行くと牛と豚の合い挽き肉が主流で置いてあったり、来店するタイミングによっては牛挽き肉が無い場合もありますからねぇ。

値段的なことも踏まえてあまり人気が無いということでしょうか。

しかしボロネーゼにはやはり“赤み”という部分でも牛挽き肉がベスト。

作り方としても、ひき肉を炒めた後フライパンを傾けて出てきた脂・牛の旨味を利用することでよりコクが出て美味しくなります。

関連記事

イチゴをのせたヨーグルト&チアシード

チアシード&ヨーグルトという効果ありそうな朝食はじめました

ちまたで人気のスーパーフード『チアシード』。 なんでも海外セレブもはまって食べているとかなんと

記事を読む

黒酢炒飯

揚州商人の黒酢炒飯を完全再現か?作り方として鎮江香酢が最重要

皆さんは『揚州商人』という中華料理屋さん行きます? 結構昔から存在はしていたと思いますし、私も

記事を読む

ポワレの皮くっつき問題

ポワレの意味!を踏まえた切り身の皮が本当にくっつかない焼き方を

今回のブログ記事では『ポワレ』という調理法について書いてみようと思います。 すごく簡単に言

記事を読む

タンドーリチキン

タンドリーチキンやわらかっ!理由はヨーグルト?[インドへの道]

数年前から『インド』という国に興味を持ちまして、そのインドの公用語・ヒンディーの本を買ってモロモロと

記事を読む

マドラスビーフ(マドラス風 牛肉カレー)

マドラスビーフ!ガツンと牛肉が旨いカレーの作り方[インドへの道]

「自宅でカレー作らない人なんでぇ」でお馴染みの私。 市販のカレールーを溶かして・・・ということ

記事を読む

チキンキエフ

チキンキエフの作り方!開けると出てくるバターソースが超絶旨い

さてさて、毎年クリスマスの時期には意識的に「鶏(チキン)料理」を作って食べるようにしている私。

記事を読む

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)

プラウンマサラをカレーじゃなく“おかず”として作るには?[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #2】。 熱しにくく冷めにくい私の現在のマイブーム「インドを

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

パニール

パニールっつうチーズを自家製で!失敗無し超簡単な作り方を[インドへの道]

お久しぶりのインド料理の話。 熱しにくく冷めにくい性格の私は一度ハマってしまうとマイブームが長

記事を読む

我が家の定番インドカレー

インドカレーを自宅で作る覚書レシピ!水やスパイスはこちらの配合で

インドを学ぶために、その土地の料理を色々と作っては食べている私。 その中でも単純に「カレー」を

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

新しいふきん 3枚入り/日東紡(ニットーボー)
日東紡ふきんに結果たどり着くのか?迷走しまくった私の食器拭き選び

今回はみんな大好き「ふきん(食器拭き)」のブログ記事。 基本的に

白雪友禅てぬぐい 麻入り クローバー
白雪てぬぐいの大きさがベスト!私はコレで水きりカゴをやめました

皆さんはキッチンにて、いわゆる「水きりカゴ」を使っていますか?

Dハンドルマグ アイボリー シェービング/Fire-King(ファイヤーキング)
ファイヤーキングのマグカップ!店舗で選んだ納得の一品でコーヒーを

食器集めが趣味の私。 いわゆるショッカーな訳ですが、定番マグカッ

バッファローチキンウィング
バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニ

宮ヶ瀬湖畔エリア
宮ヶ瀬から七沢温泉(ZUND BAR)の楽しみ方!あえての日帰りバス行動~♪

私の記憶が確かならば、以前『宮ヶ瀬ダム(神奈川県)旅行記』のブログ記事

→もっと見る

PAGE TOP ↑