*

ボルシチが赤いのはビーツが影響与えてる!さぁ今すぐ作り方をチェック

公開日: : 料理

今回は、世界三大スープの一つ『ボルシチ(ロシア)』を作ってみたブログ記事です。

ちなみに他は、トムヤムクン(タイ)・ブイヤベース(フランス)・フカヒレスープ(中国)あたりをそう呼ぶみたい。

ボルシチ(たいめいけんレシピ アレンジ版)

そもそもロシア料理のボルシチ。

どうやら意味的には「紅汁」、つまり“赤い色のスープ”という感じ。

ロシアンレッドなんて言葉もありますし、赤(この場合は紅)という色が今回のボルシチを作るにあたって一つのポイントとなります。

そこそこ簡単なレシピ

材料(3人分)

  • ベーコン(厚切り)100g
  • 牛肉(切り落とし)200g
  • ニンニク(せん切り)1片
  • タマネギ1個
  • ジャガイモ1個
  • セロリ1/2本
  • ニンジン1本
  • ビーツ1/2個
  • キャベツ1/4個
  • オリーブオイル適量
  • 小麦粉小さじ1
  • 水(固形ブイヨンなど)600ml
  • サワークリーム適量
  • パセリ・黒コショウ適量
  • (ケチャップ)大さじ2ほど(お好みで)

作り方

  1. オリーブオイルでニンニクを弱火で炒める
  2. 香りが出たら角切りにしたベーコンを加える
  3. 1.5cm角に切ったタマネギ・ジャガイモ・セロリ・乱切りしたニンジンを加えて中火で炒める
  4. 輪切りにしたビーツも加える(缶詰の場合は汁も入れる)
  5. 小麦粉を加える(ダマにならないように少しずつ)
  6. 乱切りしたキャベツ・水・牛肉を加え強火でひと煮立ちさせ、フタをして弱火で煮る(30分ほど)
  7. お好みでケチャップを加えて完成
  8. 器に盛り付けサワークリームを添えて、パセリ・黒コショウとか散らすのはどうでしょう

ボルシチ(たいめいけんレシピ アレンジ版)
うん。
美味しい。

私はボルシチをスープ(飲みもの)という位置づけよりも、野菜などの具を頂く“食べもの”としたいと考えています。

ですので、具材には各種野菜の他にも牛肉やベーコンも使ってみました。

パッと見はトマトソースでその味をイメージするのですが、クチに含むと全然違う味なので意外と驚きます。

甘味と酸味とが合わさったのがボルシチ

一見すると酸味がありそうな色ですが、どちらかと言うと“甘い”優しい味。

基本的にはポトフに近い味で野菜の甘さや旨味がベースになっていると思います。

甘さを特に味わいたいので塩は一切入れていませんが、ほどよく酸味のあるサワークリームは味チェンジの為にも是非とも合わせたいところ。

ボルシチの食べ方のマストアイテムとして「サワークリーム」は忘れないでください。

そしてもう一つのマストアイテム「ビーツ」という野菜。

と言うか、ビーツが無ければボルシチにはならないと思われ。

生か缶詰のビーツが材料としては必須

なんと言ってもボルシチの最大の特徴は「ビーツ」という具材だと思います。

ビーツ
「ビーツ」はテーブルビートとかビートルートなど色々な呼び名があるようですが、見た目としてはイモみたいです。

上記のように私が購入した生のビーツの周りの皮は茶色。

でも画像検索してみると、もう少し容姿は“カブ”寄りで皮自体も赤色のビーツも目にします。

産地や種類とか時期などによっても違いがあるのでしょうか。

ビーツは缶詰でも売られているようですが、生・缶詰共どこのスーパーにも必ず置いてあるとは限らない珍しい野菜の部類に入ると思います。

赤色で甘いのがビーツの特徴

包丁で切ってみると、すごく固いという感じでもないです。

ビーツ
こちら半分に切ってみたビーツ。

どうでしょう。
中身は結構な濃い赤色なのが分かりますでしょうか。

ビーツの皮をむいている時なんか、赤い汁が出て「うわっ!指切っちゃったか?」と血みたいな感じになります。

で、そのビーツの汁がボルシチの特徴的な赤色を決定づける。

トマト無しでも“赤い色のスープ”が出来上がります。

また、赤い色だけでなく“甘い”こともビーツの特徴とも言え、大根とかニンジンに近い食感や味という印象です。

野菜の甘さがとても際立っている食材だと思います。

関連記事

アジの骨せんべい

アジの骨せんべいを作るぜ!長めの揚げ時間でカリカリに

皆さんはお魚を調理して“余った骨”の部分はどうしてますか? まぁ基本的には捨ててしまうとも思わ

記事を読む

特徴

栄養高っ!プチヴェールとかいう話題の野菜の味(画像あり)

なんでも、“春に食べたい”最強お野菜。 栄養満点の『プチヴェール』という野菜がありまして、テレ

記事を読む

若鶏のディアボラ風

若鶏のディアボラ風!鶏むね肉の最も美味しい食べ方のレシピを

みんな大好き『鶏肉』。 え? 「鶏むね肉」のことですよ。 もも肉じゃなくて、むね肉。

記事を読む

アルーゴビ(ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め)

ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め「アルーゴビ」![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #8】。 色々と作ってみているインド料理の中でも、「ジャガイ

記事を読む

イサキ皮湯霜造り

イサキは皮も旨いのか?湯霜造りや塩焼きにして食す(白子含む)

今回頂きましたイサキの大きさは、鼻先から尻尾の先まで約30センチ。 決して“小さくない”サ

記事を読む

チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)

チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)を簡単に短時間で作る[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #9】。 この料理『チャナマサラ』はレシピ的には一応カレーに

記事を読む

パニール

パニールっつうチーズを自家製で!失敗無し超簡単な作り方を[インドへの道]

お久しぶりのインド料理の話。 熱しにくく冷めにくい性格の私は一度ハマってしまうとマイブームが長

記事を読む

ストウブ鍋でご飯を

ストウブ鍋でご飯を炊く黄金手順!壊れた炊飯ジャーにグッバイを

そうなんです。 長年使わせて頂きました「炊飯ジャー(タイガーマイコン炊飯ジャー炊きたてミニJA

記事を読む

色とりどり 鶏と野菜のココット焼き

ストウブで鶏肉と野菜を蒸し焼きに!ソレがこの鍋の良いところ

「あたらしいサラダの冬が来た。」という言葉で始まる、キユーピーのテレビCM。 もう見ましたか。

記事を読む

ツユの割合多めタイプ

カレーうどんを蕎麦屋っぽく!めんつゆと和風だしを使って

よく言いますよね、そういうお店のカレーは美味しいって。 確かに、あの和風系の味付け良いですよね

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

→もっと見る

PAGE TOP ↑