*

ボルシチが赤いのはビーツが影響与えてる!さぁ今すぐ作り方をチェック

公開日: : 料理

今回は、世界三大スープの一つ『ボルシチ(ロシア)』を作ってみたブログ記事です。

ちなみに他は、トムヤムクン(タイ)・ブイヤベース(フランス)・フカヒレスープ(中国)あたりをそう呼ぶみたい。

ボルシチ(たいめいけんレシピ アレンジ版)

そもそもロシア料理のボルシチ。

どうやら意味的には「紅汁」、つまり“赤い色のスープ”という感じ。

ロシアンレッドなんて言葉もありますし、赤(この場合は紅)という色が今回のボルシチを作るにあたって一つのポイントとなります。

そこそこ簡単なレシピ

材料(3人分)

  • ベーコン(厚切り)100g
  • 牛肉(切り落とし)200g
  • ニンニク(せん切り)1片
  • タマネギ1個
  • ジャガイモ1個
  • セロリ1/2本
  • ニンジン1本
  • ビーツ1/2個
  • キャベツ1/4個
  • オリーブオイル適量
  • 小麦粉小さじ1
  • 水(固形ブイヨンなど)600ml
  • サワークリーム適量
  • パセリ・黒コショウ適量
  • (ケチャップ)大さじ2ほど(お好みで)

作り方

  1. オリーブオイルでニンニクを弱火で炒める
  2. 香りが出たら角切りにしたベーコンを加える
  3. 1.5cm角に切ったタマネギ・ジャガイモ・セロリ・乱切りしたニンジンを加えて中火で炒める
  4. 輪切りにしたビーツも加える(缶詰の場合は汁も入れる)
  5. 小麦粉を加える(ダマにならないように少しずつ)
  6. 乱切りしたキャベツ・水・牛肉を加え強火でひと煮立ちさせ、フタをして弱火で煮る(30分ほど)
  7. お好みでケチャップを加えて完成
  8. 器に盛り付けサワークリームを添えて、パセリ・黒コショウとか散らすのはどうでしょう

ボルシチ(たいめいけんレシピ アレンジ版)
うん。
美味しい。

私はボルシチをスープ(飲みもの)という位置づけよりも、野菜などの具を頂く“食べもの”としたいと考えています。

ですので、具材には各種野菜の他にも牛肉やベーコンも使ってみました。

パッと見はトマトソースでその味をイメージするのですが、クチに含むと全然違う味なので意外と驚きます。

甘味と酸味とが合わさったのがボルシチ

一見すると酸味がありそうな色ですが、どちらかと言うと“甘い”優しい味。

基本的にはポトフに近い味で野菜の甘さや旨味がベースになっていると思います。

甘さを特に味わいたいので塩は一切入れていませんが、ほどよく酸味のあるサワークリームは味チェンジの為にも是非とも合わせたいところ。

ボルシチの食べ方のマストアイテムとして「サワークリーム」は忘れないでください。

そしてもう一つのマストアイテム「ビーツ」という野菜。

と言うか、ビーツが無ければボルシチにはならないと思われ。

生か缶詰のビーツが材料としては必須

なんと言ってもボルシチの最大の特徴は「ビーツ」という具材だと思います。

ビーツ
「ビーツ」はテーブルビートとかビートルートなど色々な呼び名があるようですが、見た目としてはイモみたいです。

上記のように私が購入した生のビーツの周りの皮は茶色。

でも画像検索してみると、もう少し容姿は“カブ”寄りで皮自体も赤色のビーツも目にします。

産地や種類とか時期などによっても違いがあるのでしょうか。

ビーツは缶詰でも売られているようですが、生・缶詰共どこのスーパーにも必ず置いてあるとは限らない珍しい野菜の部類に入ると思います。

赤色で甘いのがビーツの特徴

包丁で切ってみると、すごく固いという感じでもないです。

ビーツ
こちら半分に切ってみたビーツ。

どうでしょう。
中身は結構な濃い赤色なのが分かりますでしょうか。

ビーツの皮をむいている時なんか、赤い汁が出て「うわっ!指切っちゃったか?」と血みたいな感じになります。

で、そのビーツの汁がボルシチの特徴的な赤色を決定づける。

トマト無しでも“赤い色のスープ”が出来上がります。

また、赤い色だけでなく“甘い”こともビーツの特徴とも言え、大根とかニンジンに近い食感や味という印象です。

野菜の甘さがとても際立っている食材だと思います。

関連記事

タンドーリチキン

タンドリーチキンやわらかっ!理由はヨーグルト?[インドへの道]

数年前から『インド』という国に興味を持ちまして、そのインドの公用語・ヒンディーの本を買ってモロモロと

記事を読む

ツユの割合多めタイプ

カレーうどんを蕎麦屋っぽく!めんつゆと和風だしを使って

よく言いますよね、そういうお店のカレーは美味しいって。 確かに、あの和風系の味付け良いですよね

記事を読む

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

黒酢炒飯

揚州商人の黒酢炒飯を完全再現か?作り方として鎮江香酢が最重要

皆さんは『揚州商人』という中華料理屋さん行きます? 結構昔から存在はしていたと思いますし、私も

記事を読む

バッファローチキンウィング

バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニューがとても美味しくてですね。

記事を読む

オニオングラタンスープ(きょうの料理コウケンテツさん風)

簡単オニオングラタンスープ!オーブン無しで食パン焼いて同時進行を

この前、「きょうの料理~20分で晩ごはんを作る~」というテーマのテレビ番組をやっていました。

記事を読む

シークカバブ(ひき肉の串焼き)

シークカバブのレシピ!食べ方としてチャトニも絶対忘れずにっ[インドへの道]

久し振りにインド料理のブログ記事。 もろもろ“インド料理を作ってみる”ことで、知識や経験を得よ

記事を読む

もやし炒め

もやし炒めをひげ根の処理して作る!そう、10円見つけたからね

皆さんは頻繁に食べていますか? そもそも“非常に安い”食材ですから、私は結構お世話になって

記事を読む

鳥もつ丼

鳥もつ煮込んで丼に!黄色く丸いキンカンはどこの部位か?

私の記憶が確かならば、以前の過去記事で『もつ・豚レバーを使ってニラレバ炒めを作る』について書いたと思

記事を読む

アジの骨せんべい

アジの骨せんべいを作るぜ!長めの揚げ時間でカリカリに

皆さんはお魚を調理して“余った骨”の部分はどうしてますか? まぁ基本的には捨ててしまうとも思わ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ツッカーノブルボン(カルディ)
ツッカーノブルボン(カルディ)!見えてきたぜ俺好みのコーヒーの味

ある程度コーヒーにこだわり始めて早一年と半年ほど。 と言っても、

ホワイトシリーズ スクウェア シール蓋付 WS-L/野田琺瑯
野田琺瑯にカレーを保存する理由!そのまま直火で再加熱したいからね

今回のブログ記事はみんな大好き「キッチン用品」の話。 その中でも

新しいふきん 3枚入り/日東紡(ニットーボー)
日東紡ふきんに結果たどり着くのか?迷走しまくった私の食器拭き選び

今回はみんな大好き「ふきん(食器拭き)」のブログ記事。 基本的に

白雪友禅てぬぐい 麻入り クローバー
白雪てぬぐいの大きさがベスト!私はコレで水きりカゴをやめました

皆さんはキッチンにて、いわゆる「水きりカゴ」を使っていますか?

Dハンドルマグ アイボリー シェービング/Fire-King(ファイヤーキング)
ファイヤーキングのマグカップ!店舗で選んだ納得の一品でコーヒーを

食器集めが趣味の私。 いわゆるショッカーな訳ですが、定番マグカッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑