*

バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

公開日: : 料理

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニューがとても美味しくてですね。

クチに入れて噛んだ瞬間に「旨い!」って言っちゃったほど。

すごく簡単に言うと、揚げた鶏手羽肉を酸っぱ辛い赤色ソースに和えて頂く料理。

私もそうでしたが、どこかしらで見たこと食べたことはある料理だと思いますよ。

今回のブログ記事ではそんな『バッファローチキンウィング』について、勉強などしつつ色々と書いていってみようと思います。

バッファローチキンウィング

当料理の「バッファロー」という名称は“牛”ということでもなく、アメリカの都市名から来ています。

アメリカはニューヨーク州のバッファロー発祥の鶏肉料理ということみたいです。

使う肉の種類も手羽先や手羽元だったり決まりもあまり無い感じ。

鶏むね肉でも極論良い気もします。

ただ料理のコンセプトとして“軽食”みたいな所もあるので、火の通り易い時短できる手羽肉系が良いみたい。

ちなみに、その中でも私は「手羽中(スペアリブ)」をチョイスしました。

そこそこ簡単なレシピ

材料

  • 鶏手羽中15本ほど
  • 塩コショウ適量
  • カイエンヌペッパー適量
  • オリーブオイル適量
  • 小麦粉・片栗粉適量
  • バター50gほど
  • パプリカ小さじ1
  • カイエンヌペッパー小さじ1/2
  • 白ワインビネガー小さじ1
  • タバスコ小さじ1
  • 塩コショウ適量
  • ケチャップお好みで

※パプリカ・カイエンヌペッパーはパウダースパイス

作り方

  1. 鶏手羽肉に塩コショウ・カイエンヌペッパー・オリーブオイルをよくからめて下味を付ける
  2. 漬け込んだ鶏手羽肉を冷蔵庫におく(1時間ほど)
  3. バター以下の材料を火にかけソースを作る(ひと煮立ちさせ火を止める)
  4. 鶏手羽肉に小麦粉・片栗粉を混ぜ合わせる
  5. 油で揚げる(160℃で3分ほど)
  6. 鶏肉を一旦取り出して休ませる(5分ほど)
  7. 油で揚げる(200℃で1分ほど)
  8. 揚げた鶏手羽肉とソースをよく和える

バッファローチキンウィング
うん。
美味しい。

衣にサクサク感が残っている所が特に美味しさを感じさせてくれます。

タバスコが少なめだったのか、辛さ控えめな味でした。

その辺り辛党の方は適宜調整をお願い致します。

また、私は今回シンプルな材料でソースを作ってみました。

もう少し“とろみ”を付けたい場合はケチャップやホールトマトなどを使っても良いかなぁと思いました。

本場では「ブルーチーズドレッシング」をつけて食べる

そのままノーマルな味付けで食べても美味しいのですが、本格的なバッファローチキンウィングは「ブルーチーズドレッシング」をつけて食べるみたいです。

実際に私もやってみまして、酸っぱ辛い味がマイルドに変化するので中々良い感じ。

必須ではないと思いますが味チェンジを楽しめると思います。

ちなみにブルーチーズドレッシングは、自作ではなくカルディで売られていた市販ものです。

バッファローソースの主材料「カイエンペッパー」について

そして何と言っても特徴的な酸味&辛味のソース。

この赤いソースを使えば、それだけで「バッファローほにゃらら」という料理で呼んでも良い位だと思っています。

そんなバッファローソースの主材料「カイエンヌペッパー(カイエンペッパーとも)」。

ん?
知りませんか、カイエンヌペッパー。

すごく簡単に言うと「一味唐辛子」になるかと。

ですので、その名称でなくても普通にスーパーなどで手に入ると思います。

また私はインド系の料理もよく作りますので、そのスパイスの一つ「カイエンヌペッパー」は結構な頻度で使っています。

よく考えてみると、過去のブログ記事で紹介したインドの『チキン65(シックスティーファイブ)』という鶏肉料理。

こちらが今回のバッファローウィングに作り方としては似ていると感じましたので参考までに。

関連記事

若鶏のガランティーヌ風

ガランティーヌはレシピも簡単でクリスマス鶏肉料理に良いかも

クリスマス料理ということで去年は『一晩マリネしたローストチキン』を作りました。 やはり今年も同

記事を読む

油淋鶏(ユーリンチー)

油淋鶏(ユーリンチー)のレシピ!揚げ方で注意すべきことを幾つか

記憶上、まじまじと向かい合って意識的にそのお料理を私が初めて食べたのは神保町の中華料理屋さんだったと

記事を読む

ペペロンチーノ

アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ!材料混ぜて乳化せよ

突然ですが、今回はそのパスタ料理についての私的見解です。 非常にシンプルな作り方ですが、それ故

記事を読む

スパゲッティ ボロネーゼ(ミートソース)

ボロネーゼ(ミートソース)をガツンと激ウマに作る3つのコツ

色々な料理を作っている私ですが、やはりイタリアンが一番しっくりくる料理ですかねぇ。 特にパスタ

記事を読む

サバの味噌煮

サバの味噌煮は霜降り処理と鉄鍋必須か?塩焼きも忘れてないよ

旬は秋から冬。 水揚げされる地方によって違いがあるようですが、冬のソレの方が私は美味しいと思ってい

記事を読む

サンマのお刺身

旬のサンマを刺身やなめろうに!今月入って何尾目の青魚か?

その料理を作って食べることにより食文化を学びたいと思っている私は、こういう旬モノは意識的に食べるよう

記事を読む

ラッシー

ラッシー自作!飲むヨーグルトとの違いを考えて手作りしてみた[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #4】。 「インドを知る」という目的のもと、タンドーリチキン

記事を読む

韓国わかめスープ

ダシダを使う韓国スープ(ワカメなど)のマシッソヨ!な作り方

今回のブログ記事で紹介するのは『ダシダ』。 すごく簡単に言うと、牛肉エキスを主とした韓国でお馴

記事を読む

ガパオライス

ガパオライスはタイ?ベトナム?ごっちゃになる国ってあるよね

私がその料理に意識的に出会ったのはもう10年ほど前でしょうか。 職場近くのちょっとオシャレなお

記事を読む

スルメイカのふわふわ団子

ふわふわ食感イカ団子の作り方!吸い地のスープもまた美味しい

夏が旬のスルメイカ。 今夏もよく食べさせて頂きました。 調理方法としてはお刺身・イカソー

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

知覧特攻平和会館/鹿児島
知覧特攻平和会館への旅行ブログ!ランチには郷土料理「とんこつ」を

1年間に最低でも1回は旅行しようと考え始めて早6年。 “ただ

砂蒸し/指宿温泉/鹿児島
砂蒸し体験できるから効果期待できる!知っとくべき指宿温泉の入り方

色々と旅行に行っている私。 基本的には旅行≒名物料理を食べるとい

豊礼の湯/わいた温泉郷/熊本
豊礼の湯もインスタ映え?鍋ヶ滝のあとランチ寄るプランどうでしょう

フォトジェニック・インスタ映えする撮影スポットでお馴染み「鍋ヶ滝(熊本

鍋ヶ滝/熊本
鍋ヶ滝はインスタ映え?落ち水をスローシャッターで撮影してみた結果

とある“芸能人が興味ある場所に行って渾身の写真一枚を撮影する”とい

うな重(肝吸付)/しらいし
人吉うなぎが超絶うまい!熊本旅行で外せない百聞は一食にしかずの味

2017年夏。 九州旅行で「熊本」に来ております。 旅行の

→もっと見る

PAGE TOP ↑