*

バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

公開日: : 料理

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニューがとても美味しくてですね。

クチに入れて噛んだ瞬間に「旨い!」って言っちゃったほど。

すごく簡単に言うと、揚げた鶏手羽肉を酸っぱ辛い赤色ソースに和えて頂く料理。

私もそうでしたが、どこかしらで見たこと食べたことはある料理だと思いますよ。

今回のブログ記事ではそんな『バッファローチキンウィング』について、勉強などしつつ色々と書いていってみようと思います。

バッファローチキンウィング

当料理の「バッファロー」という名称は“牛”ということでもなく、アメリカの都市名から来ています。

アメリカはニューヨーク州のバッファロー発祥の鶏肉料理ということみたいです。

使う肉の種類も手羽先や手羽元だったり決まりもあまり無い感じ。

鶏むね肉でも極論良い気もします。

ただ料理のコンセプトとして“軽食”みたいな所もあるので、火の通り易い時短できる手羽肉系が良いみたい。

ちなみに、その中でも私は「手羽中(スペアリブ)」をチョイスしました。

そこそこ簡単なレシピ

材料

  • 鶏手羽中15本ほど
  • 塩コショウ適量
  • カイエンヌペッパー適量
  • オリーブオイル適量
  • 小麦粉・片栗粉適量
  • バター50gほど
  • パプリカ小さじ1
  • カイエンヌペッパー小さじ1/2
  • 白ワインビネガー小さじ1
  • タバスコ小さじ1
  • 塩コショウ適量
  • ケチャップお好みで

※パプリカ・カイエンヌペッパーはパウダースパイス

作り方

  1. 鶏手羽肉に塩コショウ・カイエンヌペッパー・オリーブオイルをよくからめて下味を付ける
  2. 漬け込んだ鶏手羽肉を冷蔵庫におく(1時間ほど)
  3. バター以下の材料を火にかけソースを作る(ひと煮立ちさせ火を止める)
  4. 鶏手羽肉に小麦粉・片栗粉を混ぜ合わせる
  5. 油で揚げる(160℃で3分ほど)
  6. 鶏肉を一旦取り出して休ませる(5分ほど)
  7. 油で揚げる(200℃で1分ほど)
  8. 揚げた鶏手羽肉とソースをよく和える

バッファローチキンウィング
うん。
美味しい。

衣にサクサク感が残っている所が特に美味しさを感じさせてくれます。

タバスコが少なめだったのか、辛さ控えめな味でした。

その辺り辛党の方は適宜調整をお願い致します。

また、私は今回シンプルな材料でソースを作ってみました。

もう少し“とろみ”を付けたい場合はケチャップやホールトマトなどを使っても良いかなぁと思いました。

本場では「ブルーチーズドレッシング」をつけて食べる

そのままノーマルな味付けで食べても美味しいのですが、本格的なバッファローチキンウィングは「ブルーチーズドレッシング」をつけて食べるみたいです。

実際に私もやってみまして、酸っぱ辛い味がマイルドに変化するので中々良い感じ。

必須ではないと思いますが味チェンジを楽しめると思います。

ちなみにブルーチーズドレッシングは、自作ではなくカルディで売られていた市販ものです。

バッファローソースの主材料「カイエンペッパー」について

そして何と言っても特徴的な酸味&辛味のソース。

この赤いソースを使えば、それだけで「バッファローほにゃらら」という料理で呼んでも良い位だと思っています。

そんなバッファローソースの主材料「カイエンヌペッパー(カイエンペッパーとも)」。

ん?
知りませんか、カイエンヌペッパー。

すごく簡単に言うと「一味唐辛子」になるかと。

ですので、その名称でなくても普通にスーパーなどで手に入ると思います。

また私はインド系の料理もよく作りますので、そのスパイスの一つ「カイエンヌペッパー」は結構な頻度で使っています。

よく考えてみると、過去のブログ記事で紹介したインドの『チキン65(シックスティーファイブ)』という鶏肉料理。

こちらが今回のバッファローウィングに作り方としては似ていると感じましたので参考までに。

関連記事

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン!作り方は男子ごはん風で

皆さん、見てます? 毎週日曜日11時30分ごろテレビ東京『男子ごはん』。 私はたま~に見る機

記事を読む

イサキのポワレ マスタードソース

イサキのポワレの美味しいレシピ!ザ・フレンチな食べ方を紹介

今回のブログ記事で取り上げる魚は「イサキ」。 この時期5月~6月ごろが旬だと思われるお魚。

記事を読む

我が家の定番インドカレー

インドカレーを自宅で作る覚書レシピ!水やスパイスはこちらの配合で

インドを学ぶために、その土地の料理を色々と作っては食べている私。 その中でも単純に「カレー」を

記事を読む

トマトのガスパチョ

ガスパチョの作り方!冷製スープの効果で夏バテにアディオース

そう、この冷製スープとの出会いは「東京ガスのCM ガス・パッ・チョ」だったかと思います。 恥ず

記事を読む

鶏皮ポン酢

男のマストアイテム・鶏皮!美味しいし安いけど食べ過ぎには注意

私が焼き鳥で一番好きな部位「皮」。 まぁ勿論、皆さんもきっとそうであると信じておりますが、どう

記事を読む

エビのアヒージョ(ニトスキで)

エビのアヒージョをニトスキで!味付けは塩加減が最重要だぞっ

私の記憶が確かならば以前『ニトリのスキレット(通称:ニトスキ)を購入しました』というブログ記事を書き

記事を読む

自作チャーシュー(煮豚)

チャーシューの作り方多過ぎ!イイトコ取りの簡単レシピを紹介

年末年始の“おせち料理”ってあるじゃないですかぁ。 料理することが好きな私でも、さすがに自作し

記事を読む

ビンディーマサラ(オクラのスパイス炒め)

ビンディーマサラっつうオクラのスパイス炒めの作り方![インドへの道]

インド料理を作ることにも慣れてきました。 今回のブログ記事は【インドへの道 #12】。

記事を読む

アボカドとジャガイモでコロッケ

【アボカドは野菜か?】エビとのディップやコロッケにしたりして

なんか私は勝手なイメージで「果物」に分類されるものかと。 ですが、とある筋からの情報による

記事を読む

ジンジャーチキンライス(Cook Do おかずごはん アジアン鶏飯用を利用)

ジンジャーチキンライスをCookDoおかずごはんソースで作る!

皆さんもそれなりに気になっているのではないでしょうか。 ピエール瀧さんがお父さん役・西田尚美さ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

新しいふきん 3枚入り/日東紡(ニットーボー)
日東紡ふきんに結果たどり着くのか?迷走しまくった私の食器拭き選び

今回はみんな大好き「ふきん(食器拭き)」のブログ記事。 基本的に

白雪友禅てぬぐい 麻入り クローバー
白雪てぬぐいの大きさがベスト!私はコレで水きりカゴをやめました

皆さんはキッチンにて、いわゆる「水きりカゴ」を使っていますか?

Dハンドルマグ アイボリー シェービング/Fire-King(ファイヤーキング)
ファイヤーキングのマグカップ!店舗で選んだ納得の一品でコーヒーを

食器集めが趣味の私。 いわゆるショッカーな訳ですが、定番マグカッ

バッファローチキンウィング
バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニ

宮ヶ瀬湖畔エリア
宮ヶ瀬から七沢温泉(ZUND BAR)の楽しみ方!あえての日帰りバス行動~♪

私の記憶が確かならば、以前『宮ヶ瀬ダム(神奈川県)旅行記』のブログ記事

→もっと見る

PAGE TOP ↑