*

バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

公開日: : 料理

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニューがとても美味しくてですね。

クチに入れて噛んだ瞬間に「旨い!」って言っちゃったほど。

すごく簡単に言うと、揚げた鶏手羽肉を酸っぱ辛い赤色ソースに和えて頂く料理。

私もそうでしたが、どこかしらで見たこと食べたことはある料理だと思いますよ。

今回のブログ記事ではそんな『バッファローチキンウィング』について、勉強などしつつ色々と書いていってみようと思います。

バッファローチキンウィング

当料理の「バッファロー」という名称は“牛”ということでもなく、アメリカの都市名から来ています。

アメリカはニューヨーク州のバッファロー発祥の鶏肉料理ということみたいです。

使う肉の種類も手羽先や手羽元だったり決まりもあまり無い感じ。

鶏むね肉でも極論良い気もします。

ただ料理のコンセプトとして“軽食”みたいな所もあるので、火の通り易い時短できる手羽肉系が良いみたい。

ちなみに、その中でも私は「手羽中(スペアリブ)」をチョイスしました。

そこそこ簡単なレシピ

材料

  • 鶏手羽中15本ほど
  • 塩コショウ適量
  • カイエンヌペッパー適量
  • オリーブオイル適量
  • 小麦粉・片栗粉適量
  • バター50gほど
  • パプリカ小さじ1
  • カイエンヌペッパー小さじ1/2
  • 白ワインビネガー小さじ1
  • タバスコ小さじ1
  • 塩コショウ適量
  • ケチャップお好みで

※パプリカ・カイエンヌペッパーはパウダースパイス

作り方

  1. 鶏手羽肉に塩コショウ・カイエンヌペッパー・オリーブオイルをよくからめて下味を付ける
  2. 漬け込んだ鶏手羽肉を冷蔵庫におく(1時間ほど)
  3. バター以下の材料を火にかけソースを作る(ひと煮立ちさせ火を止める)
  4. 鶏手羽肉に小麦粉・片栗粉を混ぜ合わせる
  5. 油で揚げる(160℃で3分ほど)
  6. 鶏肉を一旦取り出して休ませる(5分ほど)
  7. 油で揚げる(200℃で1分ほど)
  8. 揚げた鶏手羽肉とソースをよく和える

バッファローチキンウィング
うん。
美味しい。

衣にサクサク感が残っている所が特に美味しさを感じさせてくれます。

タバスコが少なめだったのか、辛さ控えめな味でした。

その辺り辛党の方は適宜調整をお願い致します。

また、私は今回シンプルな材料でソースを作ってみました。

もう少し“とろみ”を付けたい場合はケチャップやホールトマトなどを使っても良いかなぁと思いました。

本場では「ブルーチーズドレッシング」をつけて食べる

そのままノーマルな味付けで食べても美味しいのですが、本格的なバッファローチキンウィングは「ブルーチーズドレッシング」をつけて食べるみたいです。

実際に私もやってみまして、酸っぱ辛い味がマイルドに変化するので中々良い感じ。

必須ではないと思いますが味チェンジを楽しめると思います。

ちなみにブルーチーズドレッシングは、自作ではなくカルディで売られていた市販ものです。

バッファローソースの主材料「カイエンペッパー」について

そして何と言っても特徴的な酸味&辛味のソース。

この赤いソースを使えば、それだけで「バッファローほにゃらら」という料理で呼んでも良い位だと思っています。

そんなバッファローソースの主材料「カイエンヌペッパー(カイエンペッパーとも)」。

ん?
知りませんか、カイエンヌペッパー。

すごく簡単に言うと「一味唐辛子」になるかと。

ですので、その名称でなくても普通にスーパーなどで手に入ると思います。

また私はインド系の料理もよく作りますので、そのスパイスの一つ「カイエンヌペッパー」は結構な頻度で使っています。

よく考えてみると、過去のブログ記事で紹介したインドの『チキン65(シックスティーファイブ)』という鶏肉料理。

こちらが今回のバッファローウィングに作り方としては似ていると感じましたので参考までに。

関連記事

自作チャーシュー(煮豚)

チャーシューの作り方多過ぎ!イイトコ取りの簡単レシピを紹介

年末年始の“おせち料理”ってあるじゃないですかぁ。 料理することが好きな私でも、さすがに自作し

記事を読む

チキンキエフ

チキンキエフの作り方!開けると出てくるバターソースが超絶旨い

さてさて、毎年クリスマスの時期には意識的に「鶏(チキン)料理」を作って食べるようにしている私。

記事を読む

韓国わかめスープ

ダシダを使う韓国スープ(ワカメなど)のマシッソヨ!な作り方

今回のブログ記事で紹介するのは『ダシダ』。 すごく簡単に言うと、牛肉エキスを主とした韓国でお馴

記事を読む

鶏皮ポン酢

男のマストアイテム・鶏皮!美味しいし安いけど食べ過ぎには注意

私が焼き鳥で一番好きな部位「皮」。 まぁ勿論、皆さんもきっとそうであると信じておりますが、どう

記事を読む

特徴

栄養高っ!プチヴェールとかいう話題の野菜の味(画像あり)

なんでも、“春に食べたい”最強お野菜。 栄養満点の『プチヴェール』という野菜がありまして、テレ

記事を読む

ビンディーマサラ(オクラのスパイス炒め)

ビンディーマサラっつうオクラのスパイス炒めの作り方![インドへの道]

インド料理を作ることにも慣れてきました。 今回のブログ記事は【インドへの道 #12】。

記事を読む

もも肉・ねぎま

焼き鳥を自宅で!安く簡単で美味しいし煙も心配無用

突然ですが、皆さん『焼き鳥』は好きですか? 若い頃は野獣のように焼肉(牛)を食べれていまし

記事を読む

アルーマサラ(ジャガイモのスパイス炒め)

アルーマサラっつう“じゃがいも”のスパイス炒め![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #7】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

ポワレの皮くっつき問題

ポワレの意味!を踏まえた切り身の皮が本当にくっつかない焼き方を

今回のブログ記事では『ポワレ』という調理法について書いてみようと思います。 すごく簡単に言

記事を読む

チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)

チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)を簡単に短時間で作る[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #9】。 この料理『チャナマサラ』はレシピ的には一応カレーに

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

→もっと見る

PAGE TOP ↑