*

チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)を簡単に短時間で作る[インドへの道]

公開日: : 料理

今回のブログ記事は【インドへの道 #9】。

この料理『チャナマサラ』はレシピ的には一応カレーに分類されていますが、明らかに“汁”な感じではなく御飯のオカズとしての位置づけもありそう。

料理名にあるチャナ=ひよこ豆という意味ですから、その通りの食材を使います。

「ひよこ豆?」

そう改めて言われてしまうと、どんな豆なのか説明できないことに気付かされた私。

ひよこ豆って何ぞ?

という訳で、イキツケのスーパーで「ひよこ豆」を探してみたらこのような缶詰が売られていたので買ってきました↓

いなばガルバンゾ(ひよこ豆)
いなばガルバンゾ(ひよこ豆)。

って言うか、私の探し方が悪かったのか「ひよこ豆」と名が付くのはこの缶詰タイプのものしか売られていなかった気がします。

調べてみると「ひよこ豆」はスペイン語でガルバンゾと言うらしく。

そして、中身の豆はこんな感じ↓

ひよこ豆
形状として単純な真ん丸ではなく少しイビツな感じです。

この形状のお豆は、煮込み系の料理やサラダとかによく使われている気がしますね。

それではレシピの紹介です。

チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)/北インド

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ひよこ豆200g
  • タマネギ半分
  • ニンニク1片
  • ショウガ1片
  • 青唐辛子3本
  • トマト半分
  • サラダ油大さじ3
  • バター10g
  • 100ml
  • 適量
  • 紫タマネギ(アーリーレッド)適量
  • 香菜(パクチー)適量
  • クミンシード小さじ1
  • コリアンダー小さじ2
  • ガラムマサラ小さじ1
  • ターメリック小さじ1/2
  • カイエンヌペッパー小さじ1/3

※クミンシードはホールスパイス
※コリアンダー以下はパウダースパイス

作り方

  1. ひよこ豆を倍の量の水に入れて一晩冷蔵庫で保管しておく
  2. サラダ油を熱してホールスパイス(クミンシード)を加える(中火で泡が立つまで)
  3. みじん切りにしたタマネギ・ニンニク・ショウガ・青唐辛子を加えて強めの中火で炒める(タマネギが明るめに色がつくまで)
  4. ざく切りにしたトマトを加えてペースト状にする
  5. 弱火にしてパウダースパイス・塩を加えて炒め合わせる(焦げないように30秒ほど)
  6. ひよこ豆・バター・水を加え強火でひと煮立ちさせ、フタをして弱火で煮る(5分ほど)
  7. 適当に豆をつぶしながら全体を混ぜ合わせる(何度か繰り返す)
  8. 塩で調味して、みじん切りにした紫タマネギ・ざく切りにした香菜を散らして完成

チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)
ちなみに今回私はこの『チャナマサラ』をライス(白御飯)と共に食べました。

ライスとチャナマサラを少しずつスプーンに取って食べるといった、いわゆるカレーライス方式。

味の感想としては、ひよこ豆がホクホクしていて美味しいです。

予想よりも意外と辛めに出来上がった気がします。

もう少し汁気があっても良かったのかなぁとも。

また、紫タマネギを最後の仕上げで入れますが、このシャキシャキとした食感が豆のホクホクとよく合って美味しかったです。

必須とまでは言いませんが出来れば入れた方が良い食材だと思います。

出来るだけ簡単に短時間で

本来のレシピとしては豆を下準備として調理前に煮るのですが、その時間は1時間とのこと。

結構、下茹で時間が掛かるじゃないですかぁ。

多分その煮る工程をすると、もっと豆は柔らかく美味しくなる気がします。

ですが正直メンドクサイ感がありまして、はははっ、ハショっちゃいました。

でもそれで美味しく作れましたので下茹で無しで大丈夫かなぁと。

簡単に短時間で作れますし。

関連記事

韓国わかめスープ

ダシダを使う韓国スープ(ワカメなど)のマシッソヨ!な作り方

今回のブログ記事で紹介するのは『ダシダ』。 すごく簡単に言うと、牛肉エキスを主とした韓国でお馴

記事を読む

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)

プラウンマサラをカレーじゃなく“おかず”として作るには?[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #2】。 熱しにくく冷めにくい私の現在のマイブーム「インドを

記事を読む

牛バラ肉の赤ワイン煮

赤ワインで煮込む!牛バラ肉や鶏手羽元を。鍋はストウブで

いやぁ、随分と寒くなってきましたね。 この時期になると、なんだか急に赤ワインが飲みたくなるのは

記事を読む

チキンチリフライ(鶏肉の辛み炒め)

チキンチリフライのレシピ!パクチーとの相性もGood[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #10】。 作ってみる料理は『チキン・チリ・フライ』。

記事を読む

味付け煮卵(味玉)

うわっ…私の煮卵、美味しすぎ?漬けるだけの簡単レシピなのに

ラーメン屋さんのトッピングでお馴染みの『味付け煮卵(味玉)』。 お店によっても違うと思いま

記事を読む

ツユの割合多めタイプ

カレーうどんを蕎麦屋っぽく!めんつゆと和風だしを使って

よく言いますよね、そういうお店のカレーは美味しいって。 確かに、あの和風系の味付け良いですよね

記事を読む

ニラレバ炒め

酢大好き人間によるニラレバ炒めの作り方!牛乳で臭み消せば大丈夫

料理好きな私は色々と作っておりますが、ここ最近は一般的に「もつ」と呼ばれる内臓系食材もその調理対象に

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

マドラスビーフ(マドラス風 牛肉カレー)

マドラスビーフ!ガツンと牛肉が旨いカレーの作り方[インドへの道]

「自宅でカレー作らない人なんでぇ」でお馴染みの私。 市販のカレールーを溶かして・・・ということ

記事を読む

若鶏のガランティーヌ風

ガランティーヌはレシピも簡単でクリスマス鶏肉料理に良いかも

クリスマス料理ということで去年は『一晩マリネしたローストチキン』を作りました。 やはり今年も同

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

→もっと見る

PAGE TOP ↑