*

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

公開日: : 料理

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。

「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみているインド料理。

今回は「魚」です。

なんか勝手なイメージですが、インド料理はお魚よりもお肉。

鶏肉のイメージが強くて、海鮮系で言うとエビ位でしょうか。

そんな中でも今回は魚の切り身でもない1尾まるを使っての調理となります。

基本的には「魚のスパイス焼き」ですから、スパイスペーストを作ってお魚にもみ込んで焼くという流れ。

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)/南インド

今回の『フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)』に使ったお魚はアジ。

アジ
大衆魚ですから簡単に手に入ると思います。

また、インドではお魚の下処理(内臓を取り除くなど)はしないようです。

取り除きながら食べるみたいです。

なんかそれもどうかなぁと思いまして、一般的なアジの下処理としてうろこ(ぜいご含む)・えら・内臓を取り除いてから焼くことにしました。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • アジ大きめ2尾
  • 塩コショウ適量
  • 香菜(パクチー)適量
  • おろしニンニク小さじ1
  • おろしショウガ小さじ1
  • レモン汁大さじ2
  • 小さじ1/2
  • 大さじ2
  • コリアンダー小さじ2
  • クミン小さじ1
  • パプリカ小さじ1
  • ターメリック小さじ1/2
  • カイエンヌペッパー小さじ1/3

※コリアンダー以下はパウダースパイス

作り方

  1. おろしニンニク以下の材料とパウダースパイスをかき混ぜてペースト状にする
  2. アジの両面の適当な位置に切れ目を入れて塩コショウを振る
  3. アジの切れ目の中も含めてペーストを塗って冷蔵庫におく(1時間ほど)
  4. フライパン(フタをして蒸し焼き)やフィッシュロースターで焼く
  5. ざく切りにした香菜とか散らすのはどうでしょう

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)
レモンの酸味がよく合っていて美味しいです。

やや強めにレモンを効かせた方が美味しいと思うので、焼く前のペーストにもレモン汁を入れるのは勿論のこと“追いレモン”もした方がベターだと思います。

また、アジの切れ目は深めに入れてペースト・味をしっかりと染み込ませた方が良いです。

そして盛り付ける際にアジの下にレタスを敷いてみましたが、焼いたペーストのスパイシーさが染みていてこれも美味しくなっていました。

本来の作り方はフライパンですが私はフィッシュロースターで焼きました

本来の作り方・レシピ的には“フライパンで焼く=炒める”のですが、お魚をフライパンで調理するのって難しくないですかぁ。

メカジキとか切り身の状態であれば問題無いのですが、1尾まるだと皮や身がボロボロになり易い。

ですので、毎度おなじみ「フィッシュロースター(名機・象印EF-VT40)」を私は使用して約10分ほど焼きました。

そもそも今回のアジがやや大きめサイズでして、真っ直ぐちゃんと入るフライパンが無かったことがフィッシュロースターを使った理由でもあります。

北インドと南インドの料理について

この『フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)』は南インドの料理です。

広大なインドの地理として、南インドは海に面していますから海鮮系の具材の料理も多い。

エビなどを使った『プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)』も南インドの料理です。

それに比べると北インドは肉などの具材を使った料理が多い気がします。

ちなみに“インド料理”としてよく登場する地名をいくつか。

まず、北インドの「パンジャーブ(パンジャブ)地方」。

パキスタン側にも分割されているパンジャーブ地方が地図的に言うと上の方にあります。

その下辺りにインドの首都・デリー(事実上の首都はニューデリー)。

そんなデリーの下には世界遺産でお馴染みタージ・マハル。

タージ・マハルは地図的に言うとインドのほぼ中央の左寄りのイメージ。

中央部よりやや下、完全なる西海岸にインド最大の都市・ムンバイ(昔の呼び名はボンベイ)があります。

そして南インド。

ムンバイから西海岸沿いに下がった所に「ゴア」。

さらに下がった所、ほぼインドの南端「ケーララ(ケララ)」。

今回作ってみた『フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)』は、このケーララ辺りでお馴染みの料理みたいですよ。

関連記事

ゲーンいわゆるタイカレー

ゲーンいわゆるタイカレーの作り方!パスタにも使える万能スープ

友人の東南アジア旅行のお土産に頂きました、この『タイカレー』のもと。 ありがとうございます。

記事を読む

とり鍋(日本ハム桜姫レシピ参考版)

とり鍋を桜姫のCMに影響され作ってみた!鶏団子がヤバ旨い

皆さんはもうそのコマーシャルは見ましたでしょうか。 なんかストーリーとしては、男性がブツブツ言

記事を読む

チーズ系のピザに洋梨

デザートピザやコンポートに!洋梨ラフランスの美味しい食べ方

最近テレビで特集していた、デザートとしてではなくフルーツを“御飯”として食べる『果物おかず』。

記事を読む

鶏肉&トマト

バウルーで作るホットサンドの具!おすすめの中身は?

購入してから4ヶ月ほど経ちました。 毎日は使っていませんが、結構な頻度でお世話になっており

記事を読む

ポークヴィンダルー(豚肉の酸味カレー)

ポークビンダルー!酢好き垂涎の最高に旨いカレーの作り方[インドへの道]

さてさて、今回のブログ記事は【インドへの道 #17】。 作ってみる料理は『ポークヴィンダルー(

記事を読む

スズキのポワレ 白ワイン(ヴァンブラン)ソース

スズキをポワレで!お魚に合う簡単な白ワインソースの作り方

さてさて、ここ最近「ポワレ」づいている私。 そんなフランス料理であるポワレの焼き方に関してもコ

記事を読む

サバの味噌煮

サバの味噌煮は霜降り処理と鉄鍋必須か?塩焼きも忘れてないよ

旬は秋から冬。 水揚げされる地方によって違いがあるようですが、冬のソレの方が私は美味しいと思ってい

記事を読む

ツユの割合多めタイプ

カレーうどんを蕎麦屋っぽく!めんつゆと和風だしを使って

よく言いますよね、そういうお店のカレーは美味しいって。 確かに、あの和風系の味付け良いですよね

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

牛丼(吉野家オリジナル丼で)

吉野家オリジナル丼で「牛丼」を作ってみた結果がこれだっ!

毎年実施されている『ヤマザキ春のパンまつり』に代表される“食器が貰える”系のキャンペーンが気になる私

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

ASSASSIN 85% TUNGSTEN 18gR STYLE A/Harrows(ハローズ)
マイダーツ買うなら早い方が良い!と形から入った俺のアサシン6500円

知り合いが『ダーツ』にハマってると聞きまして、じゃぁ自分も「久しぶりに

スクエア KC-28 BK/金子眼鏡店(かねこがんきょうてん)
金子眼鏡で高級セルロイド買った!やっぱりフレームの色は黒にしてぃ

ついに高級メガネを買ってしまいました。 フレーム&レンズで価格は

→もっと見る

PAGE TOP ↑