*

ガランティーヌはレシピも簡単でクリスマス鶏肉料理に良いかも

公開日: : 最終更新日:2016/02/16 料理

クリスマス料理ということで去年は『一晩マリネしたローストチキン』を作りました。

やはり今年も同様にお楽しみな鶏(チキン)料理をと。

したら、『ガランティーヌ』しかないじゃないですかっ。(急に)

ガランティーヌはフランス料理でお馴染み。

すごく簡単に言うと“鶏肉の詰め物”料理。

ミンチ状態にした鶏肉を、コレマタ鶏の皮でくるんで焼き上げます。

ミンチ肉もそうですが、焼き上げた後もその使用食材(ベーコンなど)や調理法などから加工肉というか“ソーセージ”という印象も受けます。

実際に作ってみると、味や香りなどのイメージがソーセージに近い感じもありますね。

若鶏のガランティーヌ風

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 鶏もも肉2枚
  • 鶏レバー1個
  • ベーコン1枚
  • タマネギ1/4個
  • サラダ油適量
  • ナツメグ適量
  • パン粉大さじ2
  • 50mlほど
  • 塩コショウ適量
  • 黒コショウ(ホール)お好みで

作り方

  1. 鶏もも肉を肉と皮とに切り分ける
  2. 鶏レバー・ベーコンをみじん切りにする
  3. みじん切りにしたタマネギをサラダ油でザッと炒める(冷ましておく)
  4. 鶏もも肉の肉部分を細かく切り包丁でたたいてミンチ状態にする(もしくはミキサーやフードプロセッサーを使用)
  5. 鶏肉・鶏レバー・ベーコン・タマネギ・ナツメグ・パン粉・水・塩コショウを粘り気が出るまでよくかき混ぜる
  6. アルミホイルに鶏皮を開いてのせ、その上に適量のタネものせて巻き形を整えておく
  7. アルミホイルをたこ糸で縛り、オーブンで焼く(15分ほど)
  8. たこ糸やアルミホイルをはずして完成
  9. 仕上げに砕いた黒コショウかけるのはどうでしょう

若鶏のガランティーヌ風
うん。
結構オイリーな料理ですが美味しかったです。

食べごたえもありますし、その溢れ出る肉汁がこの料理の美味しさかと思います。

そんな脂分・肉汁についてですが、焼く前にはアルミホイルで巻いて形を整えておきます。

焼き上げた後、アルミホイルをはがす際に中から結構な肉汁・皮汁が溢れ出てくるのでご注意ください。

また、ガランティーヌ自体に味は付いているのでそのまま食べても美味しいのですが、お好みのソースをかけるのも良いと思います。

私は自作しておいた「ヴィネグレットソース」いわゆるフレンチドレッシングで頂きました。

余りがちな鶏肉のタネを別料理にリメイク

レシピの二人分の材料は、一人分として鶏皮を1枚使いたいのでそれに合わせて鶏肉自体も2枚使用しています。

鶏肉を2枚使用するということはタネもそれなりの量を作ることになります。

ですので、余ってしまったタネは翌日など良きタイミングで鶏皮の代わりに別の食材で巻いたり、タネそのものでハンバーグにリメイクするのはどうでしょう。

ガランティーヌはタネさえ作っておけば後は何かしらで巻いて焼くだけなので、レシピ的には意外と簡単だなと気付きます。

ガランティーヌ・キャベツ巻き
ちなみに、私は「キャベツ巻き」を作りました。

基本的な作り方は同様ですが、単純に鶏皮の代わりにキャベツを使っています。

いわゆるロールキャベツという感じでしょうか。

それともう一品。

後日、余った肉ダネで「ハンバーグ」も。

ハンバーグ
ガランティーヌ用のタネには既に味付けもされているので、単純にそのままハンバーグとして焼いただけ。

こちらも美味しかったです。

鶏の脂が肉汁となって非常に良い感じ。

ガランティーヌは“蒸し料理”で冷やして食べても美味しい

ガランティーヌは本来オーブンで焼くことになると思います。

ですが我が家のオーブンは現在ぶっ壊れているので、毎度おなじみ「フィッシュロースター(名機・象印EF-VT40)」を使用して焼き上げました。

焼き上げるとは言いますが、アルミホイルで巻いて直接的に熱や火をあてている訳ではないので皮はパリッとはしていません。

食感としては柔らかく、どちらかと言うと“蒸し料理”な感じ。

また、冷蔵庫で一旦冷やしてから“冷菜”として食べても美味しいと思います。

関連記事

スペアブリ

噂の料理スペアブリ!東京ガスのCMを真似して作ってみたよ

もう コマーシャルは見ましたか~ そして その手で作ってみましたか~ ストーリー的には、綾野

記事を読む

イサキ皮湯霜造り

イサキは皮も旨いのか?湯霜造りや塩焼きにして食す(白子含む)

今回頂きましたイサキの大きさは、鼻先から尻尾の先まで約30センチ。 決して“小さくない”サ

記事を読む

肉まんおやき

肉まんをバウルーで「おやき」に!普通に食べるより絶対うまい

ホットサンドを作る道具でお馴染み『Bawloo(バウルー)』。 そんなに頻繁に使っている訳

記事を読む

豚の生姜焼き

キッチンマカベ式豚の生姜焼き!タマネギはミキサーNGか?

テレビで紹介されていたその料理のレシピを参考にして、自分でも作ってみることにしました。 タレを

記事を読む

アルーマサラ(ジャガイモのスパイス炒め)

アルーマサラっつう“じゃがいも”のスパイス炒め![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #7】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

アジの骨せんべい

アジの骨せんべいを作るぜ!長めの揚げ時間でカリカリに

皆さんはお魚を調理して“余った骨”の部分はどうしてますか? まぁ基本的には捨ててしまうとも思わ

記事を読む

一晩マリネしたローストチキン

骨付きもも肉でローストチキンを!クリスマス用にマリネして

日本でそう言うと『鶏肉』が主となると思いますが、そもそも『クリスマスには七面鳥』というフレーズもよく

記事を読む

アルーゴビ(ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め)

ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め「アルーゴビ」![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #8】。 色々と作ってみているインド料理の中でも、「ジャガイ

記事を読む

青森県産ニンニク

【ニンニク】風邪に効く最強食材!国産と中国産の比較もしてみた

今回のブログ記事の主役は、最強食材『ニンニク』。 ちなみに、こちらは青森県産のニンニクです

記事を読む

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン!作り方は男子ごはん風で

皆さん、見てます? 毎週日曜日11時30分ごろテレビ東京『男子ごはん』。 私はたま~に見る機

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

新しいふきん 3枚入り/日東紡(ニットーボー)
日東紡ふきんに結果たどり着くのか?迷走しまくった私の食器拭き選び

今回はみんな大好き「ふきん(食器拭き)」のブログ記事。 基本的に

白雪友禅てぬぐい 麻入り クローバー
白雪てぬぐいの大きさがベスト!私はコレで水きりカゴをやめました

皆さんはキッチンにて、いわゆる「水きりカゴ」を使っていますか?

Dハンドルマグ アイボリー シェービング/Fire-King(ファイヤーキング)
ファイヤーキングのマグカップ!店舗で選んだ納得の一品でコーヒーを

食器集めが趣味の私。 いわゆるショッカーな訳ですが、定番マグカッ

バッファローチキンウィング
バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニ

宮ヶ瀬湖畔エリア
宮ヶ瀬から七沢温泉(ZUND BAR)の楽しみ方!あえての日帰りバス行動~♪

私の記憶が確かならば、以前『宮ヶ瀬ダム(神奈川県)旅行記』のブログ記事

→もっと見る

PAGE TOP ↑