*

ガランティーヌはレシピも簡単でクリスマス鶏肉料理に良いかも

公開日: : 最終更新日:2016/02/16 料理

クリスマス料理ということで去年は『一晩マリネしたローストチキン』を作りました。

やはり今年も同様にお楽しみな鶏(チキン)料理をと。

したら、『ガランティーヌ』しかないじゃないですかっ。(急に)

ガランティーヌはフランス料理でお馴染み。

すごく簡単に言うと“鶏肉の詰め物”料理。

ミンチ状態にした鶏肉を、コレマタ鶏の皮でくるんで焼き上げます。

ミンチ肉もそうですが、焼き上げた後もその使用食材(ベーコンなど)や調理法などから加工肉というか“ソーセージ”という印象も受けます。

実際に作ってみると、味や香りなどのイメージがソーセージに近い感じもありますね。

若鶏のガランティーヌ風

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 鶏もも肉2枚
  • 鶏レバー1個
  • ベーコン1枚
  • タマネギ1/4個
  • サラダ油適量
  • ナツメグ適量
  • パン粉大さじ2
  • 50mlほど
  • 塩コショウ適量
  • 黒コショウ(ホール)お好みで

作り方

  1. 鶏もも肉を肉と皮とに切り分ける
  2. 鶏レバー・ベーコンをみじん切りにする
  3. みじん切りにしたタマネギをサラダ油でザッと炒める(冷ましておく)
  4. 鶏もも肉の肉部分を細かく切り包丁でたたいてミンチ状態にする(もしくはミキサーやフードプロセッサーを使用)
  5. 鶏肉・鶏レバー・ベーコン・タマネギ・ナツメグ・パン粉・水・塩コショウを粘り気が出るまでよくかき混ぜる
  6. アルミホイルに鶏皮を開いてのせ、その上に適量のタネものせて巻き形を整えておく
  7. アルミホイルをたこ糸で縛り、オーブンで焼く(15分ほど)
  8. たこ糸やアルミホイルをはずして完成
  9. 仕上げに砕いた黒コショウかけるのはどうでしょう

若鶏のガランティーヌ風
うん。
結構オイリーな料理ですが美味しかったです。

食べごたえもありますし、その溢れ出る肉汁がこの料理の美味しさかと思います。

そんな脂分・肉汁についてですが、焼く前にはアルミホイルで巻いて形を整えておきます。

焼き上げた後、アルミホイルをはがす際に中から結構な肉汁・皮汁が溢れ出てくるのでご注意ください。

また、ガランティーヌ自体に味は付いているのでそのまま食べても美味しいのですが、お好みのソースをかけるのも良いと思います。

私は自作しておいた「ヴィネグレットソース」いわゆるフレンチドレッシングで頂きました。

余りがちな鶏肉のタネを別料理にリメイク

レシピの二人分の材料は、一人分として鶏皮を1枚使いたいのでそれに合わせて鶏肉自体も2枚使用しています。

鶏肉を2枚使用するということはタネもそれなりの量を作ることになります。

ですので、余ってしまったタネは翌日など良きタイミングで鶏皮の代わりに別の食材で巻いたり、タネそのものでハンバーグにリメイクするのはどうでしょう。

ガランティーヌはタネさえ作っておけば後は何かしらで巻いて焼くだけなので、レシピ的には意外と簡単だなと気付きます。

ガランティーヌ・キャベツ巻き
ちなみに、私は「キャベツ巻き」を作りました。

基本的な作り方は同様ですが、単純に鶏皮の代わりにキャベツを使っています。

いわゆるロールキャベツという感じでしょうか。

それともう一品。

後日、余った肉ダネで「ハンバーグ」も。

ハンバーグ
ガランティーヌ用のタネには既に味付けもされているので、単純にそのままハンバーグとして焼いただけ。

こちらも美味しかったです。

鶏の脂が肉汁となって非常に良い感じ。

ガランティーヌは“蒸し料理”で冷やして食べても美味しい

ガランティーヌは本来オーブンで焼くことになると思います。

ですが我が家のオーブンは現在ぶっ壊れているので、毎度おなじみ「フィッシュロースター(名機・象印EF-VT40)」を使用して焼き上げました。

焼き上げるとは言いますが、アルミホイルで巻いて直接的に熱や火をあてている訳ではないので皮はパリッとはしていません。

食感としては柔らかく、どちらかと言うと“蒸し料理”な感じ。

また、冷蔵庫で一旦冷やしてから“冷菜”として食べても美味しいと思います。

関連記事

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

青森県産ニンニク

【ニンニク】風邪に効く最強食材!国産と中国産の比較もしてみた

今回のブログ記事の主役は、最強食材『ニンニク』。 ちなみに、こちらは青森県産のニンニクです

記事を読む

アジのムニエル

アジのムニエル!バター&レモンの組み合わせは絶品最強説

今回のブログ記事はお料理。 使う食材は大衆魚「アジ」。 調理法はコレマタお馴染みの「

記事を読む

メカジキのジェノベーゼソース

ニラでジェノベーゼ作るってよ!ソースはパスタや白身魚に利用

そもそも、その料理を“ニラで”と思ったのは先日の栃木旅行。 ふと入ったお店で「ニラのジェノベー

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

我が家の定番インドカレー

インドカレーを自宅で作る覚書レシピ!水やスパイスはこちらの配合で

インドを学ぶために、その土地の料理を色々と作っては食べている私。 その中でも単純に「カレー」を

記事を読む

ワカシの塩焼き

ワカシ(ブリの幼魚)をあえての塩焼きに!はたして味の感想は?

今回は「ワカシ」を買いましたので、ブログ記事で取り上げたいと思います。 食べ方はシカーモ塩焼き

記事を読む

ロマネスコ

ロマネスコとかいう珍しい野菜を蒸す調理法で味を確認してみた

突然ですが、テレビのCM中に短い時間の番組あるじゃないですか。 あれ、総称の呼び名としてミニ番

記事を読む

アボカドとジャガイモでコロッケ

【アボカドは野菜か?】エビとのディップやコロッケにしたりして

なんか私は勝手なイメージで「果物」に分類されるものかと。 ですが、とある筋からの情報による

記事を読む

アジの開き

干物にするメリットって何さ?塩焼きとの味の違いは何なのさ?

ちなみにこれは金目鯛開き(冷凍)を焼いたもの。 と、タイトルで「干物」と書いておいてイキナ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

リバースウィーブ ロングスリーブTシャツ/Champion(チャンピオン)
チャンピオンどハマり中!リバースウィーブ長袖Tシャツ買ってみたぞ

なんか今、私の中で空前のチャンピオンブームが来ています。 み

御岳渓谷/東京
御岳渓谷で紅葉ハイキング!沢井駅から2時間かけて秋の遊歩道をゆく

毎年ちゃんと意識的に「紅葉」を楽しもうと思い立って数年。 旅

レンコンの竜田揚げ
レンコンとハスの違いって?サクサク食感も楽しめる竜田揚げのレシピ

なんかこの9月10月といった秋の時期。 テレビのレシピ番組や雑誌

九州旅行名物料理
九州旅行で私が食べた名物料理を一挙出し~鹿児島・熊本・福岡の夜~

2017年夏。 二泊三日で九州旅行をしています。 旅行

キチントさん ごはん冷凍保存容器 2個入り/クレハ(クレライフ)
ごはん炊かれても!キチント美味しく冷凍保存しなきゃ意味無いでしょ

前回までの「そこそこ書くブログ」。 ここ最近は、作った料理をどう

→もっと見る

PAGE TOP ↑