*

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン!作り方は男子ごはん風で

公開日: : 料理

皆さん、見てます?
毎週日曜日11時30分ごろテレビ東京『男子ごはん』。

私はたま~に見る機会があります。

そして最近になって知ったのですが、国分太一さんのパートナーの栗原心平さん(シンペイちゃん)。

どうやら料理研究家・栗原はるみさんの息子さんのようです。

栗原はるみさんは存じ上げてますし、シンペイちゃんの名字が栗原ということも知っていましたが何となく結び付いていなく。

とある回で、太一くんから「お母さんだったら、これをどんな風に調理するの?」と振られた時がありまして。

うん?
お母さん・・・
栗原・・・
と疑問を持ち、調べてみたら親子でした。

親子で料理研究家だなんて凄いですねぇ。

そんな料理番組・男子ごはんで作っていた『鶏肉とジャガイモのチーズグラタン』が中々美味しそうだったので、私も真似て作ってみることに。

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 鶏もも肉(私は鶏むね肉を使用)250~300g
  • ジャガイモ大1個
  • ニンニク1片
  • チーズ(ピザ用)大さじ4
  • 適量
  • 黒コショウ適量
  • オリーブオイル大さじ1
  • 牛乳200ml
  • 片栗粉大さじ1
  • パン粉お好みで
  • パセリお好みで

作り方

  1. ジャガイモを半月切りにする
  2. 鶏肉を大きめの一口大に切って塩・黒コショウで下味をつける
  3. オリーブオイルで潰したニンニクを弱火で炒める
  4. 香りが出たら鶏肉を強火で焼く
  5. 鶏肉に7割ほど火が通ったらジャガイモを加える(ジャガイモの上に鶏肉を避難してフタをする)
  6. ジャガイモに焼き目がついたら裏返す
  7. よく混ぜた牛乳・片栗粉を加えフタをして中火に(フツフツとしてきたら弱火にして混ぜながら5分ほど煮る)
  8. ジャガイモが柔らかくなったら耐熱皿に移してピザ用チーズ・パン粉を振り、トースターで5分ほど焼く
  9. 最後にお好みでパセリとか散らすのはどうでしょう

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン
うん。
美味しかったです。

基本的なレシピはテレビ東京・男子ごはんのウェブサイトに掲載されていたものを参考にしておりますが、何となくもろもろとアレンジしてみた部分もあります。

パン粉を使ってパリパリ食感を出してみる

そのアレンジの一つ「パン粉」。

男子ごはんのレシピには無かったのですが、最終的にトースターで焼きを入れる前にパン粉を適量かけています。

そうすることによってパン粉自体もこんがりと焼けまして、パリパリ感が増してそれらしくなるのです。

そんな食感が好みの方はパン粉も使ってみてはどうでしょうか。

下味などの塩加減が難しい

基本的に鶏肉に塩と黒コショウをして下味のみをつけています。

実際に作ってみて分かったのですが、塩加減が意外と難しいことに気付かされました。

レシピ的には下味以外には味付けをしないようで、「これじゃぁ、あんま味しなくない?」と不安になりますが多分ソレで大丈夫かと思います。

一度それじゃ足りないと思い、ソース部に“追い塩”した時があるのですが結構しょっぱくなり失敗しちゃった時もありましたので。

それ以降は、鶏肉にしっかりと下味をつけるだけとしています。

もちろん焼きを入れる前に味見して頂き、足りないなぁと判断された場合は適宜調整してください。

オーブントースターではなくフィッシュロースターで焼き目を

ちなみに、上記レシピでは「トースターで・・・」と書いていますが、我が家のトースターは何でか調子悪く。

熱量不足による失敗なのか“うまく焼けない”ので、私は毎度おなじみ「フィッシュロースター(名機・象印EF-VT40)」に焼き付けを任せています。

そのフィッシュロースターでも予熱後、同じ5分ほどの時間で焼き上がりました。

チーズグラタンは単純に焼き目がついていた方が美味しそうだとも思いますので、様子を見ながらほど良くお好みの焼き目がつくまで焼けたら完成だと思います。

関連記事

スープカレー

スープカレーを作る!レトルトとポトフの残りをアレンジして

先日、私の記憶が確かならば『問題のあるレストラン風ポトフ』を作りまして。 その具材である野菜類

記事を読む

ポワレの皮くっつき問題

ポワレの意味!を踏まえた切り身の皮が本当にくっつかない焼き方を

今回のブログ記事では『ポワレ』という調理法について書いてみようと思います。 すごく簡単に言

記事を読む

リンゴの豚肉巻き

果物おかず!リンゴを使って豚肉巻きやレバーとの野菜炒めを

デザートとしてではなく、あくまでもフルーツを“御飯”として食べること。 『果物おかず』というも

記事を読む

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)

プラウンマサラをカレーじゃなく“おかず”として作るには?[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #2】。 熱しにくく冷めにくい私の現在のマイブーム「インドを

記事を読む

カツオの甘辛揚げ煮

カツオの甘辛揚げ煮を作る!煮詰めタレにはザラメを使おうぜ

この時期が旬だと思われるカツオ。 いわゆる「初ガツオ」。 私の記憶が確かならば以前『カツオを

記事を読む

ロマネスコ

ロマネスコとかいう珍しい野菜を蒸す調理法で味を確認してみた

突然ですが、テレビのCM中に短い時間の番組あるじゃないですか。 あれ、総称の呼び名としてミニ番

記事を読む

サバの味噌煮

サバの味噌煮は霜降り処理と鉄鍋必須か?塩焼きも忘れてないよ

旬は秋から冬。 水揚げされる地方によって違いがあるようですが、冬のソレの方が私は美味しいと思ってい

記事を読む

サンマのお刺身

旬のサンマを刺身やなめろうに!今月入って何尾目の青魚か?

その料理を作って食べることにより食文化を学びたいと思っている私は、こういう旬モノは意識的に食べるよう

記事を読む

ヴィシソワーズ

ジャガイモでヴィシソワーズ!ミキサー使うけど簡単な作り方を

そんなこの冷製スープと私の出会いは、『ランチの女王(2002年/フジテレビ)』。 キッチンマカ

記事を読む

タンドーリチキン

タンドリーチキンやわらかっ!理由はヨーグルト?[インドへの道]

数年前から『インド』という国に興味を持ちまして、そのインドの公用語・ヒンディーの本を買ってモロモロと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

新しいふきん 3枚入り/日東紡(ニットーボー)
日東紡ふきんに結果たどり着くのか?迷走しまくった私の食器拭き選び

今回はみんな大好き「ふきん(食器拭き)」のブログ記事。 基本的に

白雪友禅てぬぐい 麻入り クローバー
白雪てぬぐいの大きさがベスト!私はコレで水きりカゴをやめました

皆さんはキッチンにて、いわゆる「水きりカゴ」を使っていますか?

Dハンドルマグ アイボリー シェービング/Fire-King(ファイヤーキング)
ファイヤーキングのマグカップ!店舗で選んだ納得の一品でコーヒーを

食器集めが趣味の私。 いわゆるショッカーな訳ですが、定番マグカッ

バッファローチキンウィング
バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニ

宮ヶ瀬湖畔エリア
宮ヶ瀬から七沢温泉(ZUND BAR)の楽しみ方!あえての日帰りバス行動~♪

私の記憶が確かならば、以前『宮ヶ瀬ダム(神奈川県)旅行記』のブログ記事

→もっと見る

PAGE TOP ↑