*

ちくわの磯辺揚げ最強説!旨いし失敗する要素が無い人気レシピ

公開日: : 最終更新日:2016/04/02 料理

私の最も好きな食べ物・料理のひとつ『ちくわの磯辺揚げ』。

記憶上、小学校の給食のおかずにも存在していたかと思われますが昔からずっと好きな食べ物です。

大人になった今でも居酒屋さんに行った時、このちくわの磯辺揚げがメニューに載っているとそれだけでテンションが上がりそのお店が好きになります。

でも意外とちくわの磯辺揚げがある居酒屋さんって多くないんですよ。

あと、ちくわの穴の中に梅しそ系のペースト的なものを良かれと思って入れてくれるお店もあるのですが、やはり基本はプレーン。

という訳で、今回はそんな『ちくわの磯辺揚げ』を自分で作ってみようと思い立った秋晴れの日。

ちくわの磯辺揚げ

ちくわって色々な大きさがあるじゃないですか。

私がよく行く焼き鳥屋さんでは結構大きめ・太めなちくわで磯辺揚げを作っています。

ですので私もやや太めのちくわを使いたいと思います。

こんな感じの↓

ちくわ
ちくわ

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ちくわ3本~
  • 小麦粉大さじ5
  • 片栗粉大さじ2
  • 大さじ4
  • 青のり大さじ1ほど

作り方

  1. ちくわを縦半分に切る(場合によってはそのまま)
  2. 小麦粉・片栗粉・水・青のりを混ぜ合わせて衣を作る
  3. 衣をちくわに付け、油で2分ほど揚げる

ちくわの磯辺揚げ
はい。

単純な“味”だけじゃなく、文字通りの磯を感じさせてくれる海苔の風味、揚げたことによるサクサクとした衣とチクワ自体の柔らかい食感がとても美味しいですね。

チクワの穴の中に何も入れないで揚げる場合は、その穴の中に小麦粉が侵入しそこまで火がしっかりと通らない可能性もあります。

なので、中に何も入れないタイプの場合はチクワの切り方として縦半分にするようにした方が良さそうです。

そして後日イキオイにのっちゃって、チクワの穴の中に明太子&マヨネーズのペーストを詰めて揚げてみました。

いわゆる「明太マヨ」。

明太子&マヨネーズ
プレーンの『ちくわの磯辺揚げ』が基本ですが、こちらの明太子&マヨネーズも美味しかったです。

小麦粉での衣の作り方が難しいかも

小麦粉とちくわの表面が“サクうま”に揚がっています。

その小麦粉の量・配分が難しいかも。
衣の厚さで好みが分かれるというか。

よく見かける基本レシピには「小麦粉大さじ2.5/水大さじ2」ほどで衣を作ると載っています。

ただその量ですと(もちろんチクワの大きさにもよりますが)正直少なく、衣は非常に薄くなると思われます。

今回のように“やや太め”のちくわ3本分を使う場合や、ちくわ全体を衣で覆うのが好みという方は上記レシピの小麦粉などの量を使用するのが良いのではないでしょうか。

「青のり」と「あおさ」の違い

で、磯辺揚げで最も重要なファクターである「青のり」。

ある意味本来のプレーンは磯辺ではない、つまり海苔系を使わない“ちくわの揚げ物”になるかと思いますが、やはり私が好きなのはあくまでも磯辺揚げ。

海苔系は使用した方が香り・風味があって美味しいですからねぇ。

なので、青のりは予想以上に多めに入れても良さそうです。

また、場合によっては青のりではなく「あおさ」でも良いと思いますよ。

「青のり」と「あおさ」の違い
左が青のりで、右があおさです。

似たようで違うこの2つ。

  • 形状:青のりは細め/あおさは平たい
  • 香り:明らかに青のりの方が磯の香りが強い
  • 値段:青のりの方が高価

違いとしてはこのような感じ。

形状確認としてもう少しそれぞれを寄せてみます。

青のり
青のり。

あおさ
あおさ。

良いのか悪いのかは別として、青のりは袋の中を嗅ぐと匂いとして結構強烈なアタックがあります。

ですので、好き嫌いも含めて使い分けでしょうかねぇ。

そんな大好きな『ちくわの磯辺揚げ』。
今後ともよろしくお願い致します。

関連記事

チキンチリフライ(鶏肉の辛み炒め)

チキンチリフライのレシピ!パクチーとの相性もGood[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #10】。 作ってみる料理は『チキン・チリ・フライ』。

記事を読む

レンコンの竜田揚げ

レンコンとハスの違いって?サクサク食感も楽しめる竜田揚げのレシピ

なんかこの9月10月といった秋の時期。 テレビのレシピ番組や雑誌などで『レンコン』を使った料理

記事を読む

焼きパスタ

焼きパスタを余った材料で!トマトとチーズで作る簡単リメイク

私の中で「パスタ・スパゲッティ食べ過ぎ問題」が勃発しまして。 きちんとパスタメジャーを使って一

記事を読む

ホウボウの塩焼き

ホウボウの食べ方は塩焼き・唐揚げ・煮物など!出汁も美味しいよ

そのお魚。 一般的には高級魚という位置づけですが、スーパーとかで小さいサイズのものは意外とお安く売

記事を読む

スパゲッティ ボロネーゼ(ミートソース)

ボロネーゼ(ミートソース)をガツンと激ウマに作る3つのコツ

色々な料理を作っている私ですが、やはりイタリアンが一番しっくりくる料理ですかねぇ。 特にパスタ

記事を読む

スルメイカのふわふわ団子

ふわふわ食感イカ団子の作り方!吸い地のスープもまた美味しい

夏が旬のスルメイカ。 今夏もよく食べさせて頂きました。 調理方法としてはお刺身・イカソー

記事を読む

スルメイカの蒸し焼き(ストウブ使用)

ストウブでスルメイカ焼き!レシピ的には“蒸す”感じになるね

皆さん、イカってよくお食べになられますか? 魚食系男子でお馴染みの私は“魚”は頻繁に食べていま

記事を読む

アルーマサラ(ジャガイモのスパイス炒め)

アルーマサラっつう“じゃがいも”のスパイス炒め![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #7】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

鳥もつ丼

鳥もつ煮込んで丼に!黄色く丸いキンカンはどこの部位か?

私の記憶が確かならば、以前の過去記事で『もつ・豚レバーを使ってニラレバ炒めを作る』について書いたと思

記事を読む

もちもちれんこんしそつくね(オレンジページのレシピ参考版)

レンコンの皮のむき方&すりおろし方って?鶏つくね作って試してみる

さて、秋の時期が旬の『レンコン』。 私の記憶が確かならば、先日そんな『レンコンを使っての竜田揚

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

→もっと見る

PAGE TOP ↑