*

ちくわの磯辺揚げ最強説!旨いし失敗する要素が無い人気レシピ

公開日: : 最終更新日:2016/04/02 料理

私の最も好きな食べ物・料理のひとつ『ちくわの磯辺揚げ』。

記憶上、小学校の給食のおかずにも存在していたかと思われますが昔からずっと好きな食べ物です。

大人になった今でも居酒屋さんに行った時、このちくわの磯辺揚げがメニューに載っているとそれだけでテンションが上がりそのお店が好きになります。

でも意外とちくわの磯辺揚げがある居酒屋さんって多くないんですよ。

あと、ちくわの穴の中に梅しそ系のペースト的なものを良かれと思って入れてくれるお店もあるのですが、やはり基本はプレーン。

という訳で、今回はそんな『ちくわの磯辺揚げ』を自分で作ってみようと思い立った秋晴れの日。

ちくわの磯辺揚げ

ちくわって色々な大きさがあるじゃないですか。

私がよく行く焼き鳥屋さんでは結構大きめ・太めなちくわで磯辺揚げを作っています。

ですので私もやや太めのちくわを使いたいと思います。

こんな感じの↓

ちくわ
ちくわ

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ちくわ3本~
  • 小麦粉大さじ5
  • 片栗粉大さじ2
  • 大さじ4
  • 青のり大さじ1ほど

作り方

  1. ちくわを縦半分に切る(場合によってはそのまま)
  2. 小麦粉・片栗粉・水・青のりを混ぜ合わせて衣を作る
  3. 衣をちくわに付け、油で2分ほど揚げる

ちくわの磯辺揚げ
はい。

単純な“味”だけじゃなく、文字通りの磯を感じさせてくれる海苔の風味、揚げたことによるサクサクとした衣とチクワ自体の柔らかい食感がとても美味しいですね。

チクワの穴の中に何も入れないで揚げる場合は、その穴の中に小麦粉が侵入しそこまで火がしっかりと通らない可能性もあります。

なので、中に何も入れないタイプの場合はチクワの切り方として縦半分にするようにした方が良さそうです。

そして後日イキオイにのっちゃって、チクワの穴の中に明太子&マヨネーズのペーストを詰めて揚げてみました。

いわゆる「明太マヨ」。

明太子&マヨネーズ
プレーンの『ちくわの磯辺揚げ』が基本ですが、こちらの明太子&マヨネーズも美味しかったです。

小麦粉での衣の作り方が難しいかも

小麦粉とちくわの表面が“サクうま”に揚がっています。

その小麦粉の量・配分が難しいかも。
衣の厚さで好みが分かれるというか。

よく見かける基本レシピには「小麦粉大さじ2.5/水大さじ2」ほどで衣を作ると載っています。

ただその量ですと(もちろんチクワの大きさにもよりますが)正直少なく、衣は非常に薄くなると思われます。

今回のように“やや太め”のちくわ3本分を使う場合や、ちくわ全体を衣で覆うのが好みという方は上記レシピの小麦粉などの量を使用するのが良いのではないでしょうか。

「青のり」と「あおさ」の違い

で、磯辺揚げで最も重要なファクターである「青のり」。

ある意味本来のプレーンは磯辺ではない、つまり海苔系を使わない“ちくわの揚げ物”になるかと思いますが、やはり私が好きなのはあくまでも磯辺揚げ。

海苔系は使用した方が香り・風味があって美味しいですからねぇ。

なので、青のりは予想以上に多めに入れても良さそうです。

また、場合によっては青のりではなく「あおさ」でも良いと思いますよ。

「青のり」と「あおさ」の違い
左が青のりで、右があおさです。

似たようで違うこの2つ。

  • 形状:青のりは細め/あおさは平たい
  • 香り:明らかに青のりの方が磯の香りが強い
  • 値段:青のりの方が高価

違いとしてはこのような感じ。

形状確認としてもう少しそれぞれを寄せてみます。

青のり
青のり。

あおさ
あおさ。

良いのか悪いのかは別として、青のりは袋の中を嗅ぐと匂いとして結構強烈なアタックがあります。

ですので、好き嫌いも含めて使い分けでしょうかねぇ。

そんな大好きな『ちくわの磯辺揚げ』。
今後ともよろしくお願い致します。

関連記事

アルーマサラ(ジャガイモのスパイス炒め)

アルーマサラっつう“じゃがいも”のスパイス炒め![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #7】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

ニラレバ炒め

酢大好き人間によるニラレバ炒めの作り方!牛乳で臭み消せば大丈夫

料理好きな私は色々と作っておりますが、ここ最近は一般的に「もつ」と呼ばれる内臓系食材もその調理対象に

記事を読む

タンドーリチキン

タンドリーチキンやわらかっ!理由はヨーグルト?[インドへの道]

数年前から『インド』という国に興味を持ちまして、そのインドの公用語・ヒンディーの本を買ってモロモロと

記事を読む

カマスの塩焼き(両褄折り)

カマスの食べ方は塩焼き一択でしょ?で勿論「両づま折り」でしょ

魚食系男子でお馴染みの私は、色々なお魚を好んで食べております。 それは“美味しいから”という単

記事を読む

イサキのポワレ マスタードソース

イサキのポワレの美味しいレシピ!ザ・フレンチな食べ方を紹介

今回のブログ記事で取り上げる魚は「イサキ」。 この時期5月~6月ごろが旬だと思われるお魚。

記事を読む

炙りカツオの黒胡椒丼

カツオを美味しい炙り丼に!ごま油と塩で最強アレンジ料理へと

旬は初夏というか4~6月頃でしょうか「初ガツオ」。 いわゆる“北上タイプ”のお魚で、日本列島(

記事を読む

鶏肉&トマト

バウルーで作るホットサンドの具!おすすめの中身は?

購入してから4ヶ月ほど経ちました。 毎日は使っていませんが、結構な頻度でお世話になっており

記事を読む

韓国わかめスープ

ダシダを使う韓国スープ(ワカメなど)のマシッソヨ!な作り方

今回のブログ記事で紹介するのは『ダシダ』。 すごく簡単に言うと、牛肉エキスを主とした韓国でお馴

記事を読む

ラッシー

ラッシー自作!飲むヨーグルトとの違いを考えて手作りしてみた[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #4】。 「インドを知る」という目的のもと、タンドーリチキン

記事を読む

アジのムニエル

アジのムニエル!バター&レモンの組み合わせは絶品最強説

今回のブログ記事はお料理。 使う食材は大衆魚「アジ」。 調理法はコレマタお馴染みの「

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

Dハンドルマグ アイボリー シェービング/Fire-King(ファイヤーキング)
ファイヤーキングのマグカップ!店舗で選んだ納得の一品でコーヒーを

食器集めが趣味の私。 いわゆるショッカーな訳ですが、定番マグカッ

バッファローチキンウィング
バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニ

宮ヶ瀬湖畔エリア
宮ヶ瀬から七沢温泉(ZUND BAR)の楽しみ方!あえての日帰りバス行動~♪

私の記憶が確かならば、以前『宮ヶ瀬ダム(神奈川県)旅行記』のブログ記事

ボルシチ(たいめいけんレシピ アレンジ版)
ボルシチが赤いのはビーツが影響与えてる!さぁ今すぐ作り方をチェック

今回は、世界三大スープの一つ『ボルシチ(ロシア)』を作ってみたブログ記

無水鍋(ムスイ)24cm/株式会社生活春秋・広島アルミニウム工業
無水鍋(ムスイ)をもう一つ買った理由!ストウブとの比較や感想など

今回はみんな大好き「料理道具」のブログ記事。 私が既に持っている

→もっと見る

PAGE TOP ↑