*

デザートピザやコンポートに!洋梨ラフランスの美味しい食べ方

公開日: : 料理

最近テレビで特集していた、デザートとしてではなくフルーツを“御飯”として食べる『果物おかず』。

気になった私は、まず『リンゴを使って豚肉巻きやレバーとの野菜炒め』を作ってチャレンジしてみました。

特に豚肉巻きは意外と美味しかったと思います。

そして今回は、もうひとつテレビで紹介されていた洋梨を使った料理を作ってみました。

洋梨(ラ・フランス)
購入後、食べ頃になるまでしばらく保存・保管しておいた洋梨(ラ・フランス)。

ラ・フランスの圧倒的収穫量をほこる山形県産です。

洋梨について

ここで少し洋梨について。

良い感じに柔らかくなったヤツを調理しようと皮をむいている途中、あまりの熟れ熟れ具合にジュルッと2切れほどつまみ食い。

いやぁ、非常に美味しいですね。

食感としては、最初に口に入れるとネクタリンみたいなアタック。

洋“梨”とは言いますが、俗に言う梨のシャクシャク感ではなくて、どちらかと言うとトロッとした食感で桃に近いと思います。

洋梨の追熟(ついじゅく)

知ってました?
洋梨って、木になっている時は完全に熟さない(食べ頃ではない)んですよ。

すごく簡単に言うと、木から取って始めて熟すんです。

その収穫後、しばらく置いておく(保存・保管)ことを「追熟」言います。

つまり、収穫して直ぐにお店に並んでいる場合、買ってきたものをそのまま食べれる訳じゃないんですよ。

常温保管だとその追熟は進み、冷蔵庫に入れるとその進みは遅くなる。

ヘタの周りを指で押してみて、へこむように柔らかくなっていれば良い感じだと思われます。

チーズ系のピザに洋梨

そこそこ簡単なレシピ

材料

  • チーズ系のピザ1枚
  • 洋梨(ラ・フランス)半分

作り方

  1. スーパーへ行ってピザを買ってくる
  2. 洋梨の皮をむいて半分を8等分にする
  3. 洋梨をのせたピザを焼く(パッケージの説明文参考に)

チーズ系のピザに洋梨
香りとして、少し爽やかな洋梨の香りがします。

味としては、酸味はほぼ無くて洋梨の甘さをよく感じます。

熱を通した洋梨のトロッとした食感と、チーズのトロッとした食感を“コク部分の相性”としてイメージして食べると美味しいです。

料理と言うよりも、トマトではなくチーズ系のピザですし、その甘さからデザートピザという印象ですね。

トレッビアーノ
合わせたワインはコンポートを作った際に使用したアラウンド千円イワユル「アラ千ワイン」。

イタリアのアブルッツォ州の白ワインと言ったらこの品種、トレッビアーノ。

香りも洋梨に近いものがありますし、良い意味で軽く無味なので邪魔しないよう合わせてみました。

また、ピザと言えばタバスコですよねぇ。

う~ん。
この辺りは個人の好き好きだとは思いますが、使わない方が良いかも。

あくまでも“甘さ”を意識したデザートピザ的な感じで食べた方が美味しい気がします。

洋梨のコンポート

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 洋梨(ラ・フランス)2個
  • 白ワイン100mlほど
  • 150mlほど
  • 砂糖60g
  • レモン果汁大さじ1
  • カルヴァドス大さじ1
  • バニラエッセンス適量

作り方

  1. 洋梨半分を3等分にする(皮をむいて種・芯は取る)
  2. 白ワイン・水・砂糖・カルヴァドスを入れて沸騰させる
  3. 中火で洋梨・レモン果汁を加え落し蓋をして煮込む(10分ほど)
  4. 洋梨を別容器に取り出して残った煮汁を強火で煮詰める
  5. 煮汁を洋梨に加えて粗熱がとれたらバニラエッセンスを加えて冷蔵庫へ
  6. 1日ほど漬けておけば完成
  7. お好みでアイスやヨーグルトとかご一緒にどうでしょう

洋梨のコンポート
果物おかずではなく単純にデザートな気もしていますが、洋梨が余ったので作ることにしました。

コアントローを入れて作る人も居るみたいですが、私はカルヴァドスを隠し味的に入れ、より大人のシロップに。

すごく美味しかったです。

お酒のコクみたいなものが感じられて大人の味わい。

スプーンで洋梨をトゥルッと切って食べ、ときおりアイスやヨーグルトなんかも一緒に食べると味が変わって楽しめます。

洋梨単品だと酸味をあまり感じず甘め。

ですので、ヨーグルトはあった方がより美味しく食べれると思います。

関連記事

炙りカツオの黒胡椒丼

カツオを美味しい炙り丼に!ごま油と塩で最強アレンジ料理へと

旬は初夏というか4~6月頃でしょうか「初ガツオ」。 いわゆる“北上タイプ”のお魚で、日本列島(

記事を読む

ツユの割合多めタイプ

カレーうどんを蕎麦屋っぽく!めんつゆと和風だしを使って

よく言いますよね、そういうお店のカレーは美味しいって。 確かに、あの和風系の味付け良いですよね

記事を読む

アルーマサラ(ジャガイモのスパイス炒め)

アルーマサラっつう“じゃがいも”のスパイス炒め![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #7】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

鶏の唐揚げ(二度揚げ版)

鶏の唐揚げの作り方を!美味しく揚げる油の温度は何℃が良いの?

キッチン用温度計を購入してからというもの、コツをつかんで“揚げ物”にハマっております。 やはり

記事を読む

アジのムニエル

アジのムニエル!バター&レモンの組み合わせは絶品最強説

今回のブログ記事はお料理。 使う食材は大衆魚「アジ」。 調理法はコレマタお馴染みの「

記事を読む

ヴィシソワーズ

ジャガイモでヴィシソワーズ!ミキサー使うけど簡単な作り方を

そんなこの冷製スープと私の出会いは、『ランチの女王(2002年/フジテレビ)』。 キッチンマカ

記事を読む

エビのアヒージョ(ニトスキで)

エビのアヒージョをニトスキで!味付けは塩加減が最重要だぞっ

私の記憶が確かならば以前『ニトリのスキレット(通称:ニトスキ)を購入しました』というブログ記事を書き

記事を読む

スペアブリ

噂の料理スペアブリ!東京ガスのCMを真似して作ってみたよ

もう コマーシャルは見ましたか~ そして その手で作ってみましたか~ ストーリー的には、綾野

記事を読む

トウモロコシ・ゴールドラッシュ

とうもろこし(ゴールドラッシュ)が美味しいのは焼き茹でどっち?

この初夏から旬が始まる野菜というか穀物『トウモロコシ』。 皆さんもこの時期もう食べましたよね。

記事を読む

油淋鶏(ユーリンチー)

油淋鶏(ユーリンチー)のレシピ!揚げ方で注意すべきことを幾つか

記憶上、まじまじと向かい合って意識的にそのお料理を私が初めて食べたのは神保町の中華料理屋さんだったと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

→もっと見る

PAGE TOP ↑