*

ラッシー自作!飲むヨーグルトとの違いを考えて手作りしてみた[インドへの道]

公開日: : 料理

今回のブログ記事は【インドへの道 #4】。

「インドを知る」という目的のもと、タンドーリチキンやプラウンマサラなどスパイシーで辛味のあるインド料理を作りましたから次に欲しくなるのは飲み物。

そう、ラッシーですよ、ラッシー。

インド料理屋さんではお馴染みの飲み物『ラッシー』。

すごく簡単に言うと、いわゆる「飲むヨーグルト」だと思ってください。

私は元から生粋のミルカーなので乳製品・乳飲料が大好きですし、インド料理屋さんに行って料理を食べる場合は必ず一緒に注文します。

その土地の食文化って面白いなぁと思いますが、インド系の料理にはこのラッシーという飲み物が非常に合うのです。

香辛料・スパイスの効いた料理とヨーグルトとの相性が良い、とインドの人が遠い昔にそう気付いたからこそラッシーが定着しているんですよ、きっと。

“飲む”だけではなくインド系の料理自体にもヨーグルトはよく使いますから、そういう意味でも合うということだと思います。

「その赤ワインで煮込んだ料理に、その赤ワインが合う」といった基本的マリアージュと同じような考えですね。

ラッシー

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • プレーンヨーグルト200g
  • 牛乳150ml
  • ハチミツ大さじ2
  • クミン小さじ1/4ほど

※クミンはパウダースパイス

作り方

  1. すべての材料をミキサーにかける(泡立つくらいがベター)
  2. 氷を入れたグラスに注いで完成

ラッシー
うん。
インド料理には「これこれ~」と言っちゃう位に美味しいですね。

食事中に飲むのは勿論のこと、氷で冷やしたラッシーを食後にグビッと飲むのもオススメ。

クチや胃に残った辛さをラッシーで洗い流すイメージとでも言いましょうか。

飲むヨーグルトと比較する

明治ブルガリアに代表されるイワユル「のむヨーグルト」。

このラッシーとどう違うのか?という疑問が浮かぶのは当然のことかと。

上記のレシピで作ったプレーンラッシーとの私的な比較見解となりますが、ラッシーの方が牛乳(液体)感が強いですかねぇ。

のむヨーグルトに比べてコクが弱くサラサラしているというかゴクゴク飲めちゃう感じ。

また、のむヨーグルトは酸味も特徴ですがラッシーの方はそれほど酸味は強くなく。

あくまでも“牛乳にヨーグルトを入れた”という味のイメージかも知れません。

まぁ勿論、ラッシーを作る際のヨーグルトと牛乳(場合によっては水も)の比率にもよると思いますが。

プレーンだけじゃなくマンゴーラッシーなどへ簡単アレンジ

適当なお好みの果物も入れることによってフルーツ系のラッシーにすることも可能です。

果物は生のものでも良いと思いますが、缶詰を使えば“缶汁”も一緒に入れちゃってコクや甘さを増すのがオススメ。

一緒に入れる果物種や量によって元の牛乳の量、フルーツの甘さによってはハチミツの量などを調整してください。

マンゴーラッシー
私はマンゴーの缶詰を利用しまして『マンゴーラッシー』へとアレンジしたりしています。

「ダヒー」と呼ばれるヨーグルト

インドの食文化について色々と勉強する為にインド系の料理をよく作るようになりましたが、“ヨーグルトの使用頻度”が高いことに気付かされます。

インドには「ダヒー」と呼ばれるヨーグルトがありますが、手に入りにくいので単純に私はプレーンヨーグルトを使っています。

使っているのはお馴染みのビヒダスBB536プレーンヨーグルト/森永乳業株式会社。

ビヒダスBB536プレーンヨーグルト/森永乳業株式会社
名前のイメージが似ているからなんですけどね。

これからもインド料理を作る際にはビヒー、いや「ダヒー」色々とお世話になりますっ。

関連記事

牛バラ肉の赤ワイン煮

赤ワインで煮込む!牛バラ肉や鶏手羽元を。鍋はストウブで

いやぁ、随分と寒くなってきましたね。 この時期になると、なんだか急に赤ワインが飲みたくなるのは

記事を読む

ビンディーマサラ(オクラのスパイス炒め)

ビンディーマサラっつうオクラのスパイス炒めの作り方![インドへの道]

インド料理を作ることにも慣れてきました。 今回のブログ記事は【インドへの道 #12】。

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン!作り方は男子ごはん風で

皆さん、見てます? 毎週日曜日11時30分ごろテレビ東京『男子ごはん』。 私はたま~に見る機

記事を読む

アジのカルパッチョ

アジのカルパッチョ!作り方は簡単だけどソースの奥が深いぜ

大衆魚「アジ」。 年がら年中スーパーにありますので、私は結構な頻度で食べている気がします。

記事を読む

ロマネスコ

ロマネスコとかいう珍しい野菜を蒸す調理法で味を確認してみた

突然ですが、テレビのCM中に短い時間の番組あるじゃないですか。 あれ、総称の呼び名としてミニ番

記事を読む

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

パニール

パニールっつうチーズを自家製で!失敗無し超簡単な作り方を[インドへの道]

お久しぶりのインド料理の話。 熱しにくく冷めにくい性格の私は一度ハマってしまうとマイブームが長

記事を読む

牛丼(吉野家オリジナル丼で)

吉野家オリジナル丼で「牛丼」を作ってみた結果がこれだっ!

毎年実施されている『ヤマザキ春のパンまつり』に代表される“食器が貰える”系のキャンペーンが気になる私

記事を読む

きくらげと豚肉の混ぜそば

焼きそば麺のほぐし方を!きくらげと豚肉の混ぜそば作って試してみる

ちょくちょく見ているテレビ東京の料理番組『男子ごはん』。 なんか美味しそうだなと思い、作ってみ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

→もっと見る

PAGE TOP ↑