*

マドラスビーフ!ガツンと牛肉が旨いカレーの作り方[インドへの道]

公開日: : 料理

「自宅でカレー作らない人なんでぇ」でお馴染みの私。

市販のカレールーを溶かして・・・ということはしませんが、インド料理のレシピ本を参考にスパイスを元にしたカレー(便宜上そう呼びますが)は色々な種類を作っています。

そんなインドのカレー。

基本的に南インド系の具材としては海に面していることもあってか、海鮮系(魚やエビなど)が多い気がします。

それに対して北インド系の具材は肉や豆類などを使っているイメージが強いですね。

そんな肉の中でも鶏肉がやはり主流かと。

カレーだけではないですが、インドの肉料理と言うとタンドーリチキンに代表される「鶏肉」という印象です。

ですが今回は珍しく「牛肉」を使ったカレーを作ってみようと思います。

今回のブログ記事【インドへの道 #16】。
『マドラスビーフ』のお話です。

マドラスビーフ(マドラス風 牛肉カレー)/南インド

もちろんビーフは牛肉という意味で、「マドラス」は南インドの地名です。

昔の呼び名がマドラスで現在ではチェンナイ。

そんなチェンナイこと「マドラス」は地図的に言うとインド半島の右側海沿い。

大きく言うとスリランカの少し上あたり。

『マドラスビーフ』で、マドラス風の牛肉カレーという意味になるかと思われます。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 牛肉(カレー用)250g
  • タマネギ半分
  • 青唐辛子(ししとうで代用)2本
  • ニンニク1片
  • ショウガ1片
  • トマト半分
  • ココナッツミルクパウダー大さじ2
  • 200ml
  • サラダ油大さじ2
  • 適量
  • カルダモン5粒
  • クローブ5粒
  • コリアンダー大さじ1
  • パプリカ小さじ1
  • 黒コショウ小さじ1/2
  • ターメリック小さじ1/2
  • カイエンヌペッパー小さじ1/4

※カルダモン・クローブはホールスパイス
※コリアンダー以下はパウダースパイス

作り方

  1. タマネギ・青唐辛子(1.5本分)は薄切りにニンニク・ショウガはせん切りにする
  2. サラダ油を熱してホールスパイスを加える(カルダモンが膨らむまで)
  3. タマネギ・青唐辛子・ニンニク・ショウガを加えて強めの中火で炒める(タマネギが色づくまで)
  4. ざく切りにしたトマトを加えて炒める(ほぼペースト状にする)
  5. 弱火にしてパウダースパイス・塩を加えて炒め合わせる(焦げないように30秒ほど)
  6. 牛肉を加えて軽く炒め、ココナッツミルクパウダーも加えて炒め合わせる
  7. 水を加え強火でひと煮立ちさせ、フタをして弱火で煮る(60分ほど)
  8. 煮込みながら時々混ぜて水分調整する
  9. 牛肉が柔らかくなったら水分を飛ばすように炒めて塩で調味する
  10. 仕上げ用の青唐辛子(0.5本分)を散らして完成

マドラスビーフ(マドラス風 牛肉カレー)
うん。
美味しい。

本来は青唐辛子を使うようですが、私は“ししとう”で代用したからか思ったよりも辛くなかったです。

とても美味しく、牛肉の力強い味という印象。

食べごたえもありますし、牛肉とよく合う相性の良いソースだと思いました。

ビーフカレーと言うよりもスパイス炒め(煮込み)みたいな料理

カレーという感じでもなく、どちらかと言うと「牛肉のスパイス炒め(煮込み)」みたいな料理でした。

本来もっと水分が少なくなるまで煮込むべきだと思いますので、よりその傾向は強くなるかと。

煮込んでいる途中で、水分を飛ばし過ぎると“食べる量が少なくなってしまう”とケチ的発想が出てしまい・・・

ですので、グレイビー(とろみ感)をもっと高くドロッとさせ、いわゆるカレーではなくて牛肉を味わう“おかず”寄りにしても良いかも知れません。

牛肉を柔らかく煮込む

今回この『マドラスビーフ(マドラス風 牛肉カレー)』の煮込み時間は1時間弱。

水の量としても200mlを最初に入れて、途中の継ぎ足しは行っておりません。

この配分でも水分は残りますし牛肉もやや固めでした。

ちなみに使った牛肉はオーストラリア産。
いわゆるオージービーフ。

その固めの牛肉をギュッギュッと噛みしめて食べるのも私は好きなので良いのですが、気にされる方は煮込み時間を長くしたり国産牛肉のチョイスなどもご検討ください。

関連記事

イチゴをのせたヨーグルト&チアシード

チアシード&ヨーグルトという効果ありそうな朝食はじめました

ちまたで人気のスーパーフード『チアシード』。 なんでも海外セレブもはまって食べているとかなんと

記事を読む

炙りカツオの黒胡椒丼

カツオを美味しい炙り丼に!ごま油と塩で最強アレンジ料理へと

旬は初夏というか4~6月頃でしょうか「初ガツオ」。 いわゆる“北上タイプ”のお魚で、日本列島(

記事を読む

味付け煮卵(味玉)

うわっ…私の煮卵、美味しすぎ?漬けるだけの簡単レシピなのに

ラーメン屋さんのトッピングでお馴染みの『味付け煮卵(味玉)』。 お店によっても違うと思いま

記事を読む

焼きナス

焼きナスは俺に食わせろ!皮むきや切り方についての注意点を

みんな大好き『焼きナス』。 やはりこの時期に食べたい料理。 みんな大好きとは言いましたが

記事を読む

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)

プラウンマサラをカレーじゃなく“おかず”として作るには?[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #2】。 熱しにくく冷めにくい私の現在のマイブーム「インドを

記事を読む

もちもちれんこんしそつくね(オレンジページのレシピ参考版)

レンコンの皮のむき方&すりおろし方って?鶏つくね作って試してみる

さて、秋の時期が旬の『レンコン』。 私の記憶が確かならば、先日そんな『レンコンを使っての竜田揚

記事を読む

一晩マリネしたローストチキン

骨付きもも肉でローストチキンを!クリスマス用にマリネして

日本でそう言うと『鶏肉』が主となると思いますが、そもそも『クリスマスには七面鳥』というフレーズもよく

記事を読む

アボカドとジャガイモでコロッケ

【アボカドは野菜か?】エビとのディップやコロッケにしたりして

なんか私は勝手なイメージで「果物」に分類されるものかと。 ですが、とある筋からの情報による

記事を読む

ポトフ

問題のあるレストラン風ポトフ!具材の切り方が俺のとは違うなぁ

私はその料理を作る時、色々な具材を“ある程度は細かく”切って作ります。 どうなんでしょう。

記事を読む

ワカシの塩焼き

ワカシ(ブリの幼魚)をあえての塩焼きに!はたして味の感想は?

今回は「ワカシ」を買いましたので、ブログ記事で取り上げたいと思います。 食べ方はシカーモ塩焼き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

ASSASSIN 85% TUNGSTEN 18gR STYLE A/Harrows(ハローズ)
マイダーツ買うなら早い方が良い!と形から入った俺のアサシン6500円

知り合いが『ダーツ』にハマってると聞きまして、じゃぁ自分も「久しぶりに

→もっと見る

PAGE TOP ↑