*

マドラスビーフ!ガツンと牛肉が旨いカレーの作り方[インドへの道]

公開日: : 料理

「自宅でカレー作らない人なんでぇ」でお馴染みの私。

市販のカレールーを溶かして・・・ということはしませんが、インド料理のレシピ本を参考にスパイスを元にしたカレー(便宜上そう呼びますが)は色々な種類を作っています。

そんなインドのカレー。

基本的に南インド系の具材としては海に面していることもあってか、海鮮系(魚やエビなど)が多い気がします。

それに対して北インド系の具材は肉や豆類などを使っているイメージが強いですね。

そんな肉の中でも鶏肉がやはり主流かと。

カレーだけではないですが、インドの肉料理と言うとタンドーリチキンに代表される「鶏肉」という印象です。

ですが今回は珍しく「牛肉」を使ったカレーを作ってみようと思います。

今回のブログ記事【インドへの道 #16】。
『マドラスビーフ』のお話です。

マドラスビーフ(マドラス風 牛肉カレー)/南インド

もちろんビーフは牛肉という意味で、「マドラス」は南インドの地名です。

昔の呼び名がマドラスで現在ではチェンナイ。

そんなチェンナイこと「マドラス」は地図的に言うとインド半島の右側海沿い。

大きく言うとスリランカの少し上あたり。

『マドラスビーフ』で、マドラス風の牛肉カレーという意味になるかと思われます。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 牛肉(カレー用)250g
  • タマネギ半分
  • 青唐辛子(ししとうで代用)2本
  • ニンニク1片
  • ショウガ1片
  • トマト半分
  • ココナッツミルクパウダー大さじ2
  • 200ml
  • サラダ油大さじ2
  • 適量
  • カルダモン5粒
  • クローブ5粒
  • コリアンダー大さじ1
  • パプリカ小さじ1
  • 黒コショウ小さじ1/2
  • ターメリック小さじ1/2
  • カイエンヌペッパー小さじ1/4

※カルダモン・クローブはホールスパイス
※コリアンダー以下はパウダースパイス

作り方

  1. タマネギ・青唐辛子(1.5本分)は薄切りにニンニク・ショウガはせん切りにする
  2. サラダ油を熱してホールスパイスを加える(カルダモンが膨らむまで)
  3. タマネギ・青唐辛子・ニンニク・ショウガを加えて強めの中火で炒める(タマネギが色づくまで)
  4. ざく切りにしたトマトを加えて炒める(ほぼペースト状にする)
  5. 弱火にしてパウダースパイス・塩を加えて炒め合わせる(焦げないように30秒ほど)
  6. 牛肉を加えて軽く炒め、ココナッツミルクパウダーも加えて炒め合わせる
  7. 水を加え強火でひと煮立ちさせ、フタをして弱火で煮る(60分ほど)
  8. 煮込みながら時々混ぜて水分調整する
  9. 牛肉が柔らかくなったら水分を飛ばすように炒めて塩で調味する
  10. 仕上げ用の青唐辛子(0.5本分)を散らして完成

マドラスビーフ(マドラス風 牛肉カレー)
うん。
美味しい。

本来は青唐辛子を使うようですが、私は“ししとう”で代用したからか思ったよりも辛くなかったです。

とても美味しく、牛肉の力強い味という印象。

食べごたえもありますし、牛肉とよく合う相性の良いソースだと思いました。

ビーフカレーと言うよりもスパイス炒め(煮込み)みたいな料理

カレーという感じでもなく、どちらかと言うと「牛肉のスパイス炒め(煮込み)」みたいな料理でした。

本来もっと水分が少なくなるまで煮込むべきだと思いますので、よりその傾向は強くなるかと。

煮込んでいる途中で、水分を飛ばし過ぎると“食べる量が少なくなってしまう”とケチ的発想が出てしまい・・・

ですので、グレイビー(とろみ感)をもっと高くドロッとさせ、いわゆるカレーではなくて牛肉を味わう“おかず”寄りにしても良いかも知れません。

牛肉を柔らかく煮込む

今回この『マドラスビーフ(マドラス風 牛肉カレー)』の煮込み時間は1時間弱。

水の量としても200mlを最初に入れて、途中の継ぎ足しは行っておりません。

この配分でも水分は残りますし牛肉もやや固めでした。

ちなみに使った牛肉はオーストラリア産。
いわゆるオージービーフ。

その固めの牛肉をギュッギュッと噛みしめて食べるのも私は好きなので良いのですが、気にされる方は煮込み時間を長くしたり国産牛肉のチョイスなどもご検討ください。

関連記事

牛丼(吉野家オリジナル丼で)

吉野家オリジナル丼で「牛丼」を作ってみた結果がこれだっ!

毎年実施されている『ヤマザキ春のパンまつり』に代表される“食器が貰える”系のキャンペーンが気になる私

記事を読む

牛バラ肉の赤ワイン煮

赤ワインで煮込む!牛バラ肉や鶏手羽元を。鍋はストウブで

いやぁ、随分と寒くなってきましたね。 この時期になると、なんだか急に赤ワインが飲みたくなるのは

記事を読む

シークカバブ(ひき肉の串焼き)

シークカバブのレシピ!食べ方としてチャトニも絶対忘れずにっ[インドへの道]

久し振りにインド料理のブログ記事。 もろもろ“インド料理を作ってみる”ことで、知識や経験を得よ

記事を読む

鶏皮ポン酢

男のマストアイテム・鶏皮!美味しいし安いけど食べ過ぎには注意

私が焼き鳥で一番好きな部位「皮」。 まぁ勿論、皆さんもきっとそうであると信じておりますが、どう

記事を読む

もやし炒め

もやし炒めをひげ根の処理して作る!そう、10円見つけたからね

皆さんは頻繁に食べていますか? そもそも“非常に安い”食材ですから、私は結構お世話になって

記事を読む

バッファローチキンウィング

バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニューがとても美味しくてですね。

記事を読む

メカジキのジェノベーゼソース

ニラでジェノベーゼ作るってよ!ソースはパスタや白身魚に利用

そもそも、その料理を“ニラで”と思ったのは先日の栃木旅行。 ふと入ったお店で「ニラのジェノベー

記事を読む

アルーゴビ(ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め)

ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め「アルーゴビ」![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #8】。 色々と作ってみているインド料理の中でも、「ジャガイ

記事を読む

アルーマサラ(ジャガイモのスパイス炒め)

アルーマサラっつう“じゃがいも”のスパイス炒め![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #7】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

Pasco(パスコ)の超熟イングリッシュマフィン

イングリッシュマフィン超熟で朝食を!カボチャなど簡単な具で

私は朝食に食パンをトーストしたものだったり、バウルーを使ったホットサンドだったりを基本的にはよく食べ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑