*

ケチャップで何とかしたナポリタンとかいうスパゲッティ料理

公開日: : 料理

デルモンテ/キッコーマン
そう、私はその料理を食べますと小さい頃の日曜日のお昼を思い出します。

ソレが理由ではないのですが、ナポリタンを自分で作って食べるということはありませんでした。

外食も含めてパスタ自体は好きなんでチョイチョイ作ってはいますが、ナポリタンだけは、なんかねぇ。

そんな私が作ってみようと思い立った吉日は、そう『ごてあらポー!!(御殿場高原あらびきポーク)』を購入した日。

結構な量が入っている大型パックを買いましたので、そのウインナーソーセージが正直余り気味なんですね。

で、「ウインナーを使った料理って何があるっけ?」と色々と考えてみたところ、ナポリタンが頭に浮かびまして。

それじゃぁ久し振りに作ってみようじゃないか、と重いギックリ気味の腰をあげてみることにしました。

記憶上、多分10年以上は作ってないんじゃないでしょうか。

イタリアの料理名と地名の関係性について

よく言われるコトだとも思いますが、『ナポリタン』とイタリアのナポリは直接的には関係が無いというヤツ。

その他に、きっと多分その地名から来てるんだろうなぁという料理名。

  • 「ジェノベーゼ」 ジェノヴァ/リグーリア州(イタリア北部・フランス側の海岸線沿い)
  • 「カプレーゼ」 カプリ島/カンパニア州(イタリア南部・つま先の直ぐ上)
  • 「ボロネーゼ」 ボローニャ/エミリア=ロマーニャ州(イタリア北部・半島の付け根部分)

有名どころで言うとこんな感じでしょうか。

で、ナポリタンもカンパニア州の“ナポリ風”から来ているかとも考えますが、なんか違うようですね。

サンロード(菊名)の「ミラネーズ」名前の由来が謎

その他にも、もう一つネーミング的な話を。

私が最も好きな洋食店の一つ「サンロード(横浜市港北区菊名)」。

そちらに『ミラネーズ』というパスタがあるのですが、そう聞くとミラノ/ロンバルディア州(イタリア北部・ほぼ真ん中辺り)から来ている感じも受けます。

ちなみに、そのサンロードのミラネーズの具材はアサリやブナシメジなど。

塩コショウとバターでシンプルに味付けされており、決してスープっぽくなくてどちらかと言うと炒め系で(良い意味で)パサパサな感じ。

スパゲッティの麺自体の美味しさを味わうようなパスタであり、私はこのお店で一番好きなメニューです。

で、この『ミラネーズ』を色々と調べてみると、なんか定義が無いというか各お店によって違うので「これぞ」っていうパスタが見つからないんですよねぇ。

そもそも、ミラネーズというパスタは存在しない感じも・・・

おのおのの店が“ミラノ風”をネーミング的にイメージして勝手にやっちゃってる気もします。

この辺はもう20年近く解決しない疑問点になっていますので、どなたかその定義を知っている方が居ましたら教えてくださいませ。

話をグッと引き戻して、『ナポリタン』のお話。

そんな訳で、ケチャップで何とかして作ってみたいと思います。

スパゲッティ ナポリタン

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ウインナーソーセージ5本ほど
  • タマネギ半分
  • ピーマン2個
  • マッシュルーム適量
  • ニンニク1片
  • オリーブオイル大さじ1ほど
  • 塩コショウ適量
  • ケチャップ大さじ6ほど
  • ソース大さじ1

作り方

  1. お湯を沸かして沸騰したら塩を加えスパゲッティを茹でる
  2. ケチャップ・ソースを混ぜて合わせ調味料を作る
  3. 各具材を適当な大きさに切る
  4. オリーブオイルでニンニクを炒める
  5. 香りが出たら各具材を炒める(ピーマンを適量取り置きしておく)
  6. 茹で汁・スパゲッティ・少量のオリーブオイルを加えて塩コショウで調味し混ぜ合わせる
  7. 合わせ調味料を加え、中~強火でしっかりと調味料が絡むようによく炒める
  8. 取り置きしたピーマンも含めて器に

スパゲッティ ナポリタン
はい。
メチャメチャ美味しかったです。

「ケチャップで何とかした・・・」とか言って、ちょっと低めに見てしまっていた自分が恥ずかしいです。

作らなかった10年以上の期間、「俺は一体何をしていたんだ」と落ち込んでしまう位の美味しさでした。

作り方のポイントや隠し味的なこと

そんなナポリタン。

きっとどこのご家庭でも独自の作り方というか味付けがありそうですよね。

  • ニンニクも使って風味を出す
  • ソースも入れて隠し味に
  • 2種類のピーマンを楽しむ

私の場合は今回改めて作ってみて、上記のようなポイントに好みを感じました。

ピーマンは最初に少しだけ炒めた若干苦味のあるものと最後まで炒め続けるものと2種類を使って、味に大人のアクセントを出します。

緑として見栄えも良くなりますし。

今後として、このナポリタンを自分のレパートリーのひとつに加えたいと思います。

関連記事

チキンチリフライ(鶏肉の辛み炒め)

チキンチリフライのレシピ!パクチーとの相性もGood[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #10】。 作ってみる料理は『チキン・チリ・フライ』。

記事を読む

アジの磯辺揚げ

アジの磯辺揚げを作るぜ![釣りバカみち子さんレシピ]参考

えーっと、私が最も好きな食べ物のひとつに『ちくわの磯辺揚げ』があります。 もちろん皆さんも好き

記事を読む

炙りカツオの黒胡椒丼

カツオを美味しい炙り丼に!ごま油と塩で最強アレンジ料理へと

旬は初夏というか4~6月頃でしょうか「初ガツオ」。 いわゆる“北上タイプ”のお魚で、日本列島(

記事を読む

アルーマサラ(ジャガイモのスパイス炒め)

アルーマサラっつう“じゃがいも”のスパイス炒め![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #7】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

揚げバター(フライド・バター・ボール)

揚げバターをイメージレシピで作ってみた!噂のカロリースイーツ

とある筋からの情報によると、なんでも『フライド・バター・ボール(スティック)』なるものがアメリカで流

記事を読む

アボカドとジャガイモでコロッケ

【アボカドは野菜か?】エビとのディップやコロッケにしたりして

なんか私は勝手なイメージで「果物」に分類されるものかと。 ですが、とある筋からの情報による

記事を読む

牛バラ肉の赤ワイン煮

赤ワインで煮込む!牛バラ肉や鶏手羽元を。鍋はストウブで

いやぁ、随分と寒くなってきましたね。 この時期になると、なんだか急に赤ワインが飲みたくなるのは

記事を読む

アジのカルパッチョ

アジのカルパッチョ!作り方は簡単だけどソースの奥が深いぜ

大衆魚「アジ」。 年がら年中スーパーにありますので、私は結構な頻度で食べている気がします。

記事を読む

ポワレの皮くっつき問題

ポワレの意味!を踏まえた切り身の皮が本当にくっつかない焼き方を

今回のブログ記事では『ポワレ』という調理法について書いてみようと思います。 すごく簡単に言

記事を読む

アルーゴビ(ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め)

ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め「アルーゴビ」![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #8】。 色々と作ってみているインド料理の中でも、「ジャガイ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

→もっと見る

PAGE TOP ↑