*

ニラでジェノベーゼ作るってよ!ソースはパスタや白身魚に利用

公開日: : 料理

そもそも、その料理を“ニラで”と思ったのは先日の栃木旅行。

ふと入ったお店で「ニラのジェノベーゼ」なるものを隣の席で食べているお客さんが居まして。

良い香りがこちらまで漂ってきていたので気になっていました。

調べてみると、栃木県(高知県も)はニラの生産地として有名なんですね。

また、宇都宮餃子も名物ですからイチゴだけじゃなくニラも栃木県の主要な農産物ということなのでしょう。

ジェノベーゼについて

本来ならば「ジェノベーゼ」の主材料はバジルの葉です。

で、今回はそのバジルの葉の代わりとしてニラを使ってみます。

どちらも香りに特徴があるものなので、ニラを使った「ニラベーゼ」でも美味しく出来そうです。

イタリアのリグーリア州を代表するその料理。

基本的なレシピはそれを参考にしてニンニクや松の実を使い、さらにアンチョビも加えて塩気や旨味を出しています。

材料
使用した材料はこんな感じ。

バジルって意外とお高いんですよねぇ。
小さいの数枚で100円とかします。

そんなことからも、ニラでの代用はアリかもです。

ちなみに、今回使ったニラは栃木県産ではなく高知県産です。

ペスト・ジェノベーゼ(ニラで代用)

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ニラ5本ほど
  • 松の実大さじ2ほど
  • ニンニク1片
  • アンチョビ3枚ほど
  • エクストラヴァージンオリーブオイル50ml
  • 適量

作り方

  1. ミキサーやフードプロセッサーで松の実・ニンニクを細かくする
  2. ザックリと切ったニラも入れて細かくする
  3. アンチョビ・オリーブオイルも加えてさらに混ぜ合わせてペースト状にする
  4. お好みで塩で調味して完成

ソース
これでソースの完成。

このソースさえ作っておけば、色々な料理に使い回しが出来る訳です。

ミキサーやフードプロセッサーでペースト状に

そのミキサーがやや面倒。

いきなり勢いよく回してしまうと材料が外側に張り付いてしまいミキシングし難いので、フラッシュ機能などで“少し回して止めて”を繰り返す感じが良さそうです。

オリーブオイルを加えて汁気が出てくると段々とペースト状に。

時折フタを開けて、中身をかき混ぜながら適宜実施。

その際に徐々に特徴的な良い香りが漂ってきます。

お好みだとは思いますが、そんなにミキシングしてドロドロにしなくても良いと思います。

ニラって生で食べれるの?

そもそも「ニラって生で食べれるか?」という疑問点。

今まで私はニラは火を通すという考えでした。
ニラレバ炒めとかチヂミとか。

調べてみると、まずニラは生食可。

さらに、ニラに含まれる栄養吸収に役立つアリシンという成分。

これが火に弱く、生のまま食べるのが栄養上良さげな食べ方のようです。

とは言うものの“ニラは足が早い野菜でお馴染み”ですので、出来るだけ新鮮なやつを使った方が無難な気もします。

ジェノヴァペーストのスパゲッティ

ジェノヴァペーストのスパゲッティ
作り方は非常に簡単。

茹で上げたスパゲッティとジェノベーゼのソースとをボウルでよく混ぜ合わせるだけ。

その際に茹で汁も一緒に入れて、汁っぽいソースにしたければ茹で汁を多めに。

固形っぽいソースが良ければ少なめにと調整してください。

私はお玉半分弱ほど入れています。

うん。
美味しいです。

香ばしいニラやニンニクのおかげで食欲増進、どんどんと進みます。

味としては、苦辛甘いという不思議さもあり。

ニラの苦さ・ピリ辛さを感じます。

ともすると、どこからかの甘さなども若干ですが感じますね。

メカジキのジェノベーゼソース

ジェノベーゼのソースはパスタだけではなく、白身魚にも合うことで有名です。

という訳で、私はメカジキを使ってみました。

メカジキのジェノベーゼソース
メカジキの切身に塩コショウして小麦粉をふってバターで焼く、いわゆるムニエルとして調理してジェノベーゼのソースをかけて頂く。

ソースは、ムニエルを作って取り出した後のフライパンにジェノベーゼのソースと粉チーズを入れて混ぜ合わせ温めてから使っています。

これね。
本当に美味しい。
幸せを感じちゃう位に美味しく出来上がりました。

私のスペシャリテに新たに加えようと思える料理です。

今度は別の魚種などでやってみるのも良いですかねぇ。

それと、上記の料理たちに使用しているチーズは便宜上「粉チーズ」と書いていますが、本来は「パルミジャーノ・レッジャーノのすりおろし」を使った方がより良いと思われます。

関連記事

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

バッファローチキンウィング

バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニューがとても美味しくてですね。

記事を読む

ポークヴィンダルー(豚肉の酸味カレー)

ポークビンダルー!酢好き垂涎の最高に旨いカレーの作り方[インドへの道]

さてさて、今回のブログ記事は【インドへの道 #17】。 作ってみる料理は『ポークヴィンダルー(

記事を読む

鳥もつ丼

鳥もつ煮込んで丼に!黄色く丸いキンカンはどこの部位か?

私の記憶が確かならば、以前の過去記事で『もつ・豚レバーを使ってニラレバ炒めを作る』について書いたと思

記事を読む

リンゴの豚肉巻き

果物おかず!リンゴを使って豚肉巻きやレバーとの野菜炒めを

デザートとしてではなく、あくまでもフルーツを“御飯”として食べること。 『果物おかず』というも

記事を読む

アジの開き

干物にするメリットって何さ?塩焼きとの味の違いは何なのさ?

ちなみにこれは金目鯛開き(冷凍)を焼いたもの。 と、タイトルで「干物」と書いておいてイキナ

記事を読む

アジの骨せんべい

アジの骨せんべいを作るぜ!長めの揚げ時間でカリカリに

皆さんはお魚を調理して“余った骨”の部分はどうしてますか? まぁ基本的には捨ててしまうとも思わ

記事を読む

イチゴをのせたヨーグルト&チアシード

チアシード&ヨーグルトという効果ありそうな朝食はじめました

ちまたで人気のスーパーフード『チアシード』。 なんでも海外セレブもはまって食べているとかなんと

記事を読む

トマトのガスパチョ

ガスパチョの作り方!冷製スープの効果で夏バテにアディオース

そう、この冷製スープとの出会いは「東京ガスのCM ガス・パッ・チョ」だったかと思います。 恥ず

記事を読む

ジャガイモのリヨン風炒め

ジャガイモ炒めやサラダを赤ワインに合う簡単おつまみに一工夫

この寒い季節・冬。 秋頃から肌寒くなってくると、それに比例して赤ワインが飲みたくなる私。 理

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑