*

ニラでジェノベーゼ作るってよ!ソースはパスタや白身魚に利用

公開日: : 料理

そもそも、その料理を“ニラで”と思ったのは先日の栃木旅行。

ふと入ったお店で「ニラのジェノベーゼ」なるものを隣の席で食べているお客さんが居まして。

良い香りがこちらまで漂ってきていたので気になっていました。

調べてみると、栃木県(高知県も)はニラの生産地として有名なんですね。

また、宇都宮餃子も名物ですからイチゴだけじゃなくニラも栃木県の主要な農産物ということなのでしょう。

ジェノベーゼについて

本来ならば「ジェノベーゼ」の主材料はバジルの葉です。

で、今回はそのバジルの葉の代わりとしてニラを使ってみます。

どちらも香りに特徴があるものなので、ニラを使った「ニラベーゼ」でも美味しく出来そうです。

イタリアのリグーリア州を代表するその料理。

基本的なレシピはそれを参考にしてニンニクや松の実を使い、さらにアンチョビも加えて塩気や旨味を出しています。

材料
使用した材料はこんな感じ。

バジルって意外とお高いんですよねぇ。
小さいの数枚で100円とかします。

そんなことからも、ニラでの代用はアリかもです。

ちなみに、今回使ったニラは栃木県産ではなく高知県産です。

ペスト・ジェノベーゼ(ニラで代用)

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ニラ5本ほど
  • 松の実大さじ2ほど
  • ニンニク1片
  • アンチョビ3枚ほど
  • エクストラヴァージンオリーブオイル50ml
  • 適量

作り方

  1. ミキサーやフードプロセッサーで松の実・ニンニクを細かくする
  2. ザックリと切ったニラも入れて細かくする
  3. アンチョビ・オリーブオイルも加えてさらに混ぜ合わせてペースト状にする
  4. お好みで塩で調味して完成

ソース
これでソースの完成。

このソースさえ作っておけば、色々な料理に使い回しが出来る訳です。

ミキサーやフードプロセッサーでペースト状に

そのミキサーがやや面倒。

いきなり勢いよく回してしまうと材料が外側に張り付いてしまいミキシングし難いので、フラッシュ機能などで“少し回して止めて”を繰り返す感じが良さそうです。

オリーブオイルを加えて汁気が出てくると段々とペースト状に。

時折フタを開けて、中身をかき混ぜながら適宜実施。

その際に徐々に特徴的な良い香りが漂ってきます。

お好みだとは思いますが、そんなにミキシングしてドロドロにしなくても良いと思います。

ニラって生で食べれるの?

そもそも「ニラって生で食べれるか?」という疑問点。

今まで私はニラは火を通すという考えでした。
ニラレバ炒めとかチヂミとか。

調べてみると、まずニラは生食可。

さらに、ニラに含まれる栄養吸収に役立つアリシンという成分。

これが火に弱く、生のまま食べるのが栄養上良さげな食べ方のようです。

とは言うものの“ニラは足が早い野菜でお馴染み”ですので、出来るだけ新鮮なやつを使った方が無難な気もします。

ジェノヴァペーストのスパゲッティ

ジェノヴァペーストのスパゲッティ
作り方は非常に簡単。

茹で上げたスパゲッティとジェノベーゼのソースとをボウルでよく混ぜ合わせるだけ。

その際に茹で汁も一緒に入れて、汁っぽいソースにしたければ茹で汁を多めに。

固形っぽいソースが良ければ少なめにと調整してください。

私はお玉半分弱ほど入れています。

うん。
美味しいです。

香ばしいニラやニンニクのおかげで食欲増進、どんどんと進みます。

味としては、苦辛甘いという不思議さもあり。

ニラの苦さ・ピリ辛さを感じます。

ともすると、どこからかの甘さなども若干ですが感じますね。

メカジキのジェノベーゼソース

ジェノベーゼのソースはパスタだけではなく、白身魚にも合うことで有名です。

という訳で、私はメカジキを使ってみました。

メカジキのジェノベーゼソース
メカジキの切身に塩コショウして小麦粉をふってバターで焼く、いわゆるムニエルとして調理してジェノベーゼのソースをかけて頂く。

ソースは、ムニエルを作って取り出した後のフライパンにジェノベーゼのソースと粉チーズを入れて混ぜ合わせ温めてから使っています。

これね。
本当に美味しい。
幸せを感じちゃう位に美味しく出来上がりました。

私のスペシャリテに新たに加えようと思える料理です。

今度は別の魚種などでやってみるのも良いですかねぇ。

それと、上記の料理たちに使用しているチーズは便宜上「粉チーズ」と書いていますが、本来は「パルミジャーノ・レッジャーノのすりおろし」を使った方がより良いと思われます。

関連記事

スパゲッティ ナポリタン

ケチャップで何とかしたナポリタンとかいうスパゲッティ料理

そう、私はその料理を食べますと小さい頃の日曜日のお昼を思い出します。 ソレが理由ではないの

記事を読む

スズキのポワレ 白ワイン(ヴァンブラン)ソース

スズキをポワレで!お魚に合う簡単な白ワインソースの作り方

さてさて、ここ最近「ポワレ」づいている私。 そんなフランス料理であるポワレの焼き方に関してもコ

記事を読む

ロマネスコ

ロマネスコとかいう珍しい野菜を蒸す調理法で味を確認してみた

突然ですが、テレビのCM中に短い時間の番組あるじゃないですか。 あれ、総称の呼び名としてミニ番

記事を読む

パニール

パニールっつうチーズを自家製で!失敗無し超簡単な作り方を[インドへの道]

お久しぶりのインド料理の話。 熱しにくく冷めにくい性格の私は一度ハマってしまうとマイブームが長

記事を読む

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

タンドーリチキン

タンドリーチキンやわらかっ!理由はヨーグルト?[インドへの道]

数年前から『インド』という国に興味を持ちまして、そのインドの公用語・ヒンディーの本を買ってモロモロと

記事を読む

アジの開き

干物にするメリットって何さ?塩焼きとの味の違いは何なのさ?

ちなみにこれは金目鯛開き(冷凍)を焼いたもの。 と、タイトルで「干物」と書いておいてイキナ

記事を読む

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)

プラウンマサラをカレーじゃなく“おかず”として作るには?[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #2】。 熱しにくく冷めにくい私の現在のマイブーム「インドを

記事を読む

ラッシー

ラッシー自作!飲むヨーグルトとの違いを考えて手作りしてみた[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #4】。 「インドを知る」という目的のもと、タンドーリチキン

記事を読む

ちくわの磯辺揚げ

ちくわの磯辺揚げ最強説!旨いし失敗する要素が無い人気レシピ

私の最も好きな食べ物・料理のひとつ『ちくわの磯辺揚げ』。 記憶上、小学校の給食のおかずにも存在

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

ASSASSIN 85% TUNGSTEN 18gR STYLE A/Harrows(ハローズ)
マイダーツ買うなら早い方が良い!と形から入った俺のアサシン6500円

知り合いが『ダーツ』にハマってると聞きまして、じゃぁ自分も「久しぶりに

スクエア KC-28 BK/金子眼鏡店(かねこがんきょうてん)
金子眼鏡で高級セルロイド買った!やっぱりフレームの色は黒にしてぃ

ついに高級メガネを買ってしまいました。 フレーム&レンズで価格は

ポンジュース(POM)
auの誰でも割更新ギフト券で私がポンジュースを箱買いした理由!

はい。 みんな大好き「ポンジュース(POM)」。 このたび

炊き込みご飯
炊き込みご飯は難しい…は思いこみ!水加減など基本的な作り方を紹介

皆さんは食欲の秋の時期に『炊き込みご飯』を作りますか? 炊き込み

→もっと見る

PAGE TOP ↑