*

果物おかず!リンゴを使って豚肉巻きやレバーとの野菜炒めを

公開日: : 料理

デザートとしてではなく、あくまでもフルーツを“御飯”として食べること。

『果物おかず』というものがなんでもチマタでは流行っているそうです。

ん?
本当ですよ。

だって、テレビでそう特集してましたもん。

ソコでは案として色々な料理が紹介されていました。

  • チーズ系のピザに洋梨
  • 桃とモッツァレッラ
  • 豚汁にリンゴ(すりおろし)
  • 豚レバーとマンゴー
  • リンゴの豚肉巻き

う~ん、どうなんでしょうか。

よく言う「酢豚にパイナップルって・・・」とかあるじゃないですかぁ。

あれ、私はあんまり好きくないんですよねぇ。

で、そのテレビ曰く「果物で甘味と酸味を追加する」「果物の酵素で肉のタンパク質を分解する」という効果があるそうです。

また、余ったブドウの皮でお肉を漬け込む方法も紹介していました。

牛肉などを赤ワインに漬けておくことによりお肉を柔らかくする、という調理方法もある訳ですから、これもそういった果物の酵素的な効果によるものなんでしょう。

リンゴ
ともあれ、そんな果物・リンゴを使って何とかやってみました。

味付けとかは「こんな感じかなぁ」と私的なセンスで決めてますので、あくまでもチャレンジ料理です。

リンゴの豚肉巻き

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 豚肉もも うす切り8枚
  • リンゴ半分
  • 塩コショウ適量
  • 小麦粉大さじ1
  • 醤油大さじ1
  • バルサミコ酢大さじ1
  • サラダ油適量

作り方

  1. リンゴ半分を8等分にする(芯は取る・皮はお好みで)
  2. リンゴに豚肉を巻き、塩コショウして小麦粉をふる
  3. 豚肉を焼く
  4. 醤油・バルサミコ酢を加え混ぜる
  5. 煮詰まってきたら完成

リンゴの豚肉巻き
これ、意外と美味しかったです。

最終的な味付けは、醤油・バルサミコ酢としましたが、この“黒酢”の味とマッチしていると思いました。

また、最初はリンゴをあまり感じませんでした。

それでもシャキシャキ感もあり、さっぱりしていて、お肉料理ですが良い意味で瑞々しいです。

そして、豚肉の脂の旨味も逆に引き立って美味しい。

ちなみに、焼いている最中に結構な脂分が出てくるので、気になる方は途中で余分な脂を吸い取るとかしたほうが良いかも。

あとはメリットとして考えると、カサマシ。

つまり、単純に肉巻きとしてのボリューム感がでます。

食べた満足感もありますし、でもそんなにクドくないのはやっぱりリンゴを使っているからでしょうか。

なんとなくヘルシーさもありますし。

翌日に冷めた状態で食べても美味しかったので、お弁当とかにも良さそうですよ、奥さ~ん。

豚レバーとリンゴの野菜炒め

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 豚レバー150g
  • 牛乳適量
  • リンゴ半分
  • キャベツ適量
  • 長ネギ適量
  • 塩コショウ適量
  • 片栗粉大さじ1
  • ごま油適量
  • 醤油大さじ1
  • 大さじ1
  • コチュジャン大さじ1/2
  • ニンニク適量
  • 大さじ1/2
  • 砂糖大さじ1/2

作り方

  1. 豚レバーを適当な大きさに切り、ザッと水洗いして牛乳に漬けておく(10分ほど)
  2. 醤油以下の材料で合わせ調味料を作る
  3. リンゴ・キャベツ・長ネギを適当な大きさに切る
  4. 水気をきった豚レバーに塩コショウして片栗粉をふる
  5. ごま油で豚レバーの両面を焼き、野菜類・リンゴも一緒に炒める
  6. 合わせ調味料を加えて最終的な炒め

豚レバーとリンゴの野菜炒め
この料理は、アリかナシで言ったら、アリ。

でも、すごく美味しいかと言ったら、う~ん。

レバーの食感とリンゴのシャキシャキ感が明らかに違うので、食べてて飽きないとは思います。

今回は、コチュジャンやニンニクを使って韓国風の味付けとしてみました。

そういえば冷麺にもリンゴって入っていた気が。

ですが、冷麺のリンゴってあんまり好きくないんですよねぇ。

冷麺自体、最初からさっぱりした味ですし。

という事は、醤油や味噌ベースの濃いめの味付け料理に“逆に”さっぱり感を与える為にリンゴを使う方が好みなんでしょうか。

洋梨もあるでよ

テレビで特集されていた『果物おかず』には、リンゴの他にも洋梨が使われた料理が紹介されていました。

ですので、洋梨(ラ・フランス)も買ってきています。

洋梨(ラ・フランス)
まだ少々硬いようですので、美味しい食べ頃になるまでしばらくの間は放置しておきたいと思います。

関連記事

ポトフ

問題のあるレストラン風ポトフ!具材の切り方が俺のとは違うなぁ

私はその料理を作る時、色々な具材を“ある程度は細かく”切って作ります。 どうなんでしょう。

記事を読む

スペアブリ

噂の料理スペアブリ!東京ガスのCMを真似して作ってみたよ

もう コマーシャルは見ましたか~ そして その手で作ってみましたか~ ストーリー的には、綾野

記事を読む

肉まんおやき

肉まんをバウルーで「おやき」に!普通に食べるより絶対うまい

ホットサンドを作る道具でお馴染み『Bawloo(バウルー)』。 そんなに頻繁に使っている訳

記事を読む

トウモロコシ・ゴールドラッシュ

とうもろこし(ゴールドラッシュ)が美味しいのは焼き茹でどっち?

この初夏から旬が始まる野菜というか穀物『トウモロコシ』。 皆さんもこの時期もう食べましたよね。

記事を読む

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン

鶏肉とジャガイモのチーズグラタン!作り方は男子ごはん風で

皆さん、見てます? 毎週日曜日11時30分ごろテレビ東京『男子ごはん』。 私はたま~に見る機

記事を読む

アルーマサラ(ジャガイモのスパイス炒め)

アルーマサラっつう“じゃがいも”のスパイス炒め![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #7】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

炊き込みご飯

炊き込みご飯は難しい…は思いこみ!水加減など基本的な作り方を紹介

皆さんは食欲の秋の時期に『炊き込みご飯』を作りますか? 炊き込みご飯に“旬”というのも変な感じ

記事を読む

ポークヴィンダルー(豚肉の酸味カレー)

ポークビンダルー!酢好き垂涎の最高に旨いカレーの作り方[インドへの道]

さてさて、今回のブログ記事は【インドへの道 #17】。 作ってみる料理は『ポークヴィンダルー(

記事を読む

一晩マリネしたローストチキン

骨付きもも肉でローストチキンを!クリスマス用にマリネして

日本でそう言うと『鶏肉』が主となると思いますが、そもそも『クリスマスには七面鳥』というフレーズもよく

記事を読む

スープカレー

スープカレーを作る!レトルトとポトフの残りをアレンジして

先日、私の記憶が確かならば『問題のあるレストラン風ポトフ』を作りまして。 その具材である野菜類

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

ASSASSIN 85% TUNGSTEN 18gR STYLE A/Harrows(ハローズ)
マイダーツ買うなら早い方が良い!と形から入った俺のアサシン6500円

知り合いが『ダーツ』にハマってると聞きまして、じゃぁ自分も「久しぶりに

スクエア KC-28 BK/金子眼鏡店(かねこがんきょうてん)
金子眼鏡で高級セルロイド買った!やっぱりフレームの色は黒にしてぃ

ついに高級メガネを買ってしまいました。 フレーム&レンズで価格は

ポンジュース(POM)
auの誰でも割更新ギフト券で私がポンジュースを箱買いした理由!

はい。 みんな大好き「ポンジュース(POM)」。 このたび

炊き込みご飯
炊き込みご飯は難しい…は思いこみ!水加減など基本的な作り方を紹介

皆さんは食欲の秋の時期に『炊き込みご飯』を作りますか? 炊き込み

→もっと見る

PAGE TOP ↑