*

果物おかず!リンゴを使って豚肉巻きやレバーとの野菜炒めを

公開日: : 料理

デザートとしてではなく、あくまでもフルーツを“御飯”として食べること。

『果物おかず』というものがなんでもチマタでは流行っているそうです。

ん?
本当ですよ。

だって、テレビでそう特集してましたもん。

ソコでは案として色々な料理が紹介されていました。

  • チーズ系のピザに洋梨
  • 桃とモッツァレッラ
  • 豚汁にリンゴ(すりおろし)
  • 豚レバーとマンゴー
  • リンゴの豚肉巻き

う~ん、どうなんでしょうか。

よく言う「酢豚にパイナップルって・・・」とかあるじゃないですかぁ。

あれ、私はあんまり好きくないんですよねぇ。

で、そのテレビ曰く「果物で甘味と酸味を追加する」「果物の酵素で肉のタンパク質を分解する」という効果があるそうです。

また、余ったブドウの皮でお肉を漬け込む方法も紹介していました。

牛肉などを赤ワインに漬けておくことによりお肉を柔らかくする、という調理方法もある訳ですから、これもそういった果物の酵素的な効果によるものなんでしょう。

リンゴ
ともあれ、そんな果物・リンゴを使って何とかやってみました。

味付けとかは「こんな感じかなぁ」と私的なセンスで決めてますので、あくまでもチャレンジ料理です。

リンゴの豚肉巻き

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 豚肉もも うす切り8枚
  • リンゴ半分
  • 塩コショウ適量
  • 小麦粉大さじ1
  • 醤油大さじ1
  • バルサミコ酢大さじ1
  • サラダ油適量

作り方

  1. リンゴ半分を8等分にする(芯は取る・皮はお好みで)
  2. リンゴに豚肉を巻き、塩コショウして小麦粉をふる
  3. 豚肉を焼く
  4. 醤油・バルサミコ酢を加え混ぜる
  5. 煮詰まってきたら完成

リンゴの豚肉巻き
これ、意外と美味しかったです。

最終的な味付けは、醤油・バルサミコ酢としましたが、この“黒酢”の味とマッチしていると思いました。

また、最初はリンゴをあまり感じませんでした。

それでもシャキシャキ感もあり、さっぱりしていて、お肉料理ですが良い意味で瑞々しいです。

そして、豚肉の脂の旨味も逆に引き立って美味しい。

ちなみに、焼いている最中に結構な脂分が出てくるので、気になる方は途中で余分な脂を吸い取るとかしたほうが良いかも。

あとはメリットとして考えると、カサマシ。

つまり、単純に肉巻きとしてのボリューム感がでます。

食べた満足感もありますし、でもそんなにクドくないのはやっぱりリンゴを使っているからでしょうか。

なんとなくヘルシーさもありますし。

翌日に冷めた状態で食べても美味しかったので、お弁当とかにも良さそうですよ、奥さ~ん。

豚レバーとリンゴの野菜炒め

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 豚レバー150g
  • 牛乳適量
  • リンゴ半分
  • キャベツ適量
  • 長ネギ適量
  • 塩コショウ適量
  • 片栗粉大さじ1
  • ごま油適量
  • 醤油大さじ1
  • 大さじ1
  • コチュジャン大さじ1/2
  • ニンニク適量
  • 大さじ1/2
  • 砂糖大さじ1/2

作り方

  1. 豚レバーを適当な大きさに切り、ザッと水洗いして牛乳に漬けておく(10分ほど)
  2. 醤油以下の材料で合わせ調味料を作る
  3. リンゴ・キャベツ・長ネギを適当な大きさに切る
  4. 水気をきった豚レバーに塩コショウして片栗粉をふる
  5. ごま油で豚レバーの両面を焼き、野菜類・リンゴも一緒に炒める
  6. 合わせ調味料を加えて最終的な炒め

豚レバーとリンゴの野菜炒め
この料理は、アリかナシで言ったら、アリ。

でも、すごく美味しいかと言ったら、う~ん。

レバーの食感とリンゴのシャキシャキ感が明らかに違うので、食べてて飽きないとは思います。

今回は、コチュジャンやニンニクを使って韓国風の味付けとしてみました。

そういえば冷麺にもリンゴって入っていた気が。

ですが、冷麺のリンゴってあんまり好きくないんですよねぇ。

冷麺自体、最初からさっぱりした味ですし。

という事は、醤油や味噌ベースの濃いめの味付け料理に“逆に”さっぱり感を与える為にリンゴを使う方が好みなんでしょうか。

洋梨もあるでよ

テレビで特集されていた『果物おかず』には、リンゴの他にも洋梨が使われた料理が紹介されていました。

ですので、洋梨(ラ・フランス)も買ってきています。

洋梨(ラ・フランス)
まだ少々硬いようですので、美味しい食べ頃になるまでしばらくの間は放置しておきたいと思います。

関連記事

焼きパスタ

焼きパスタを余った材料で!トマトとチーズで作る簡単リメイク

私の中で「パスタ・スパゲッティ食べ過ぎ問題」が勃発しまして。 きちんとパスタメジャーを使って一

記事を読む

アクアパッツア

アクアパッツアをアジで作る!そう、夏だからね

本来ならばメバルやカサゴなどを使いそうな感じなのですが、この前見ていたテレビの料理番組で谷原章介さん

記事を読む

とり鍋(日本ハム桜姫レシピ参考版)

とり鍋を桜姫のCMに影響され作ってみた!鶏団子がヤバ旨い

皆さんはもうそのコマーシャルは見ましたでしょうか。 なんかストーリーとしては、男性がブツブツ言

記事を読む

マドラスビーフ(マドラス風 牛肉カレー)

マドラスビーフ!ガツンと牛肉が旨いカレーの作り方[インドへの道]

「自宅でカレー作らない人なんでぇ」でお馴染みの私。 市販のカレールーを溶かして・・・ということ

記事を読む

ジャガイモのリヨン風炒め

ジャガイモ炒めやサラダを赤ワインに合う簡単おつまみに一工夫

この寒い季節・冬。 秋頃から肌寒くなってくると、それに比例して赤ワインが飲みたくなる私。 理

記事を読む

自作チャーシュー(煮豚)

チャーシューの作り方多過ぎ!イイトコ取りの簡単レシピを紹介

年末年始の“おせち料理”ってあるじゃないですかぁ。 料理することが好きな私でも、さすがに自作し

記事を読む

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

ロマネスコ

ロマネスコとかいう珍しい野菜を蒸す調理法で味を確認してみた

突然ですが、テレビのCM中に短い時間の番組あるじゃないですか。 あれ、総称の呼び名としてミニ番

記事を読む

シーザーサラダ

シーザーサラダのドレッシングを手作りで!材料の基本がコチラ

皆さんは、どんなサラダが好きですか? 私は作り方がとても簡単な「コールスロー」や今回のブログ記

記事を読む

炙りカツオの黒胡椒丼

カツオを美味しい炙り丼に!ごま油と塩で最強アレンジ料理へと

旬は初夏というか4~6月頃でしょうか「初ガツオ」。 いわゆる“北上タイプ”のお魚で、日本列島(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑