*

アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ!材料混ぜて乳化せよ

公開日: : 料理

突然ですが、今回はそのパスタ料理についての私的見解です。

非常にシンプルな作り方ですが、それ故に奥が深いというか個性が出る感じでしょうか。

具材らしい具材は特に使わない訳ですからね。

まずはそのレシピから。

スパゲッティ アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ニンニク1片
  • 鷹の爪2本
  • イタリアンパセリ1本
  • オリーブオイル大さじ4ほど
  • 適量

作り方

  1. お湯を沸かして沸騰したら(若干多めの)塩を加えスパゲッティを茹でる
  2. ニンニクは芯を取り輪切りかみじん切りにする
  3. 鷹の爪は種を出し輪切り、イタリアンパセリはみじん切りにする
  4. オリーブオイルでニンニク・鷹の爪を弱火で炒める
  5. 香りが出たらイタリアンパセリ・茹で汁を加えて混ぜ合わせる(乳化させる)
  6. (若干早めの)スパゲッティを加えて塩で調味し混ぜ合わせる(お好みで茹で汁・少量のオリーブオイルも加える)

ペペロンチーノ
美味しく作るコツは、オリーブオイル側に茹で汁を加えてよく混ぜ合わせ乳化させることで美味しいソースが出来上がります。

その為には“フライパンをよく振る”必要があり、私は『軽いアルミ素材のフライパン』を使っています。

で、この『アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ』という料理名。

使用する材料そのものを表しています。

イタリア語の意味として、アーリオ(ニンニク)・オリオ(オリーブオイル)・ペペロンチーノ(トウガラシ)。

省略形として「ペペロンチーノ」と呼ばれますが、厳密に言うとソレだと唐辛子オンリーの意味になってしまいます。

アーリオ/ニンニクについて

皆さんはニンニクの“生”のって常備してます?
逆に、チューブとかに入っている“すりおろし”タイプも常備してます?

この2種類は同じニンニクでありながらも、料理的に考えると違うモノと認識して私はそれぞれを常備しています。

パスタなどに主に香りを出す為、火にかけるオリーブオイルに最初から入れておく用には生のヤツが絶対に良いです。

と言うか、同じ用途としてチューブのヤツでやった事もありますが、「えっ!うっそ~!ほんとにぃ」とビックリする位に油が飛び跳ねますからっ。

コレは注意した方が良いと思います。

いわゆるマリネ液を作る時やラーメンを食べていて“追いニンニク”する時などは、そのチューブのすりおろしの方が簡単で良いですね。

ニンニク

オリオ/オリーブオイルについて

このオリーブオイルにも私的な使い分けがあります。

購入する際などその用途として、すごく簡単に言うと大きく分けて2種類。

  • (エクストラ)ヴァージンオイル
  • ピュアオリーブオイル

前者の方が香り・品質が良いオリーブオイル。

後者はピュアとは言っていますが、色々と手を加えたりブレンドされたりしているのでエクストラと比べると品質が劣ることになります。

使い分けとしては料理にはピュアの方。

直接クチにする食べ方、例えばフランスパンに付けて食べる時などはエクストラの方が良いのでは。

昔は単純にピュアの方が安かったイメージもあるのですが、最近はオリーブオイル自体の種類も増えたことから価格差はさほど無い気がします。

また、最近はスーパーとかで健康志向の人気からでしょうかエクストラの方が沢山種類が置いてあったりと、ピュアを探す方が難しかったりもします。

オリーブオイル
中央のがエクストラヴァージンオイルで、左側のがピュアオリーブオイル。

見た目として色がまず違う、エクストラの方が“濃い”の分かりますでしょうか。

ちなみに、右側のは参考までにごま油です。

ペペロンチーノ/トウガラシについて

あぁそう言えば、唐辛子と鷹の爪の関係性というか違いってご存知ですか?

鷹の爪は、唐辛子という大きなくくりの1品種。

よく聞くハラペーニョやハバネロなんかも同じことです。

もっと言うと、辛さは無いですがピーマンやシシトウなんかも同じ。

で、この鷹の爪。
輪切りにするのが難しいのです。

包丁で切るとバラバラに割れてしまう。

これは、乾燥していることが原因のよう。

水にしばらくさらして柔らかくしたり包丁ではなくハサミで切るのが適しているみたいですが、う~ん、ちょっと何かねぇ。

ですので、これも私は2種類を常備。

スーパーとかで1本まるのヤツと既に最初から輪切りにされているヤツをそれぞれ買っています。

トウガラシ

イタリアンパセリや塩について

厳密に言うと、イタリアンパセリは『アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ』という材料名には入っていませんので、別に入れなくても成り立ちそうです。

ただ、ニンニクの黄・トウガラシの赤・イタリアンパセリの緑という色合いの観点などから言うと使った方が良いかと思います。

そう言うなら塩も材料名には入っていませんが、この“塩分”も美味しく作るには重要なポイントです。

味付けという部分で考えると、ニンニクやトウガラシよりも明らかに塩味が決め手。

「味が物足りない」「味が薄い」と感じる場合は、スパゲッティを茹でる際の塩を適宜調整されると良いと思います。

関連記事

ワカシの塩焼き

ワカシ(ブリの幼魚)をあえての塩焼きに!はたして味の感想は?

今回は「ワカシ」を買いましたので、ブログ記事で取り上げたいと思います。 食べ方はシカーモ塩焼き

記事を読む

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)

プラウンマサラをカレーじゃなく“おかず”として作るには?[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #2】。 熱しにくく冷めにくい私の現在のマイブーム「インドを

記事を読む

ヴィシソワーズ

ジャガイモでヴィシソワーズ!ミキサー使うけど簡単な作り方を

そんなこの冷製スープと私の出会いは、『ランチの女王(2002年/フジテレビ)』。 キッチンマカ

記事を読む

鳥もつ丼

鳥もつ煮込んで丼に!黄色く丸いキンカンはどこの部位か?

私の記憶が確かならば、以前の過去記事で『もつ・豚レバーを使ってニラレバ炒めを作る』について書いたと思

記事を読む

ドライカレー

俺流ドライカレーの作り方!挽肉(キーマ)を使うやつ

私は料理が好きなので結構色々なものを作っていますが、ある意味最もポピュラーだとも言える『カレーライス

記事を読む

スパゲッティ ナポリタン

ケチャップで何とかしたナポリタンとかいうスパゲッティ料理

そう、私はその料理を食べますと小さい頃の日曜日のお昼を思い出します。 ソレが理由ではないの

記事を読む

サバの味噌煮

サバの味噌煮は霜降り処理と鉄鍋必須か?塩焼きも忘れてないよ

旬は秋から冬。 水揚げされる地方によって違いがあるようですが、冬のソレの方が私は美味しいと思ってい

記事を読む

イサキ皮湯霜造り

イサキは皮も旨いのか?湯霜造りや塩焼きにして食す(白子含む)

今回頂きましたイサキの大きさは、鼻先から尻尾の先まで約30センチ。 決して“小さくない”サ

記事を読む

韓国わかめスープ

ダシダを使う韓国スープ(ワカメなど)のマシッソヨ!な作り方

今回のブログ記事で紹介するのは『ダシダ』。 すごく簡単に言うと、牛肉エキスを主とした韓国でお馴

記事を読む

ちくわの磯辺揚げ

ちくわの磯辺揚げ最強説!旨いし失敗する要素が無い人気レシピ

私の最も好きな食べ物・料理のひとつ『ちくわの磯辺揚げ』。 記憶上、小学校の給食のおかずにも存在

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

ASSASSIN 85% TUNGSTEN 18gR STYLE A/Harrows(ハローズ)
マイダーツ買うなら早い方が良い!と形から入った俺のアサシン6500円

知り合いが『ダーツ』にハマってると聞きまして、じゃぁ自分も「久しぶりに

スクエア KC-28 BK/金子眼鏡店(かねこがんきょうてん)
金子眼鏡で高級セルロイド買った!やっぱりフレームの色は黒にしてぃ

ついに高級メガネを買ってしまいました。 フレーム&レンズで価格は

→もっと見る

PAGE TOP ↑