*

若鶏のディアボラ風!鶏むね肉の最も美味しい食べ方のレシピを

公開日: : 料理

みんな大好き『鶏肉』。

え?
「鶏むね肉」のことですよ。

もも肉じゃなくて、むね肉。

だって、もも肉って同じグラム量なのに倍ほどはお値段が高いんですもの。

その価格のお安さから、私は鶏むね肉の方をよく買います。

ここぞって時以外は鶏もも肉は買わないのです。

よく言われるのは、もも肉の方が柔らかくてジューシー。

むね肉は比べてしまうとパサパサで固くなりがち。

でも、鶏むね肉のお安さは牛や豚なども含めてやはり魅力的なのです。

若鶏のディアボラ風

そんな鶏むね肉を使って私は色々な料理を作っているのですが、中でも『若鶏のディアボラ風』というイタリア料理がメチャメチャ美味しく出来上がるのです。

その美味しさ・柔らかさだったら、むね肉で全然良いじゃんって思えるほど。

ですので、今回のブログ記事では最高に美味しい『若鶏のディアボラ風』の作り方を紹介したいと思います。

ん?
そもそも「ディアボラって何?」という話ですよね。

イタリア語でディアボラは“悪魔”という意味。

諸説あるみたいですが、具材であるお肉をフライパンなどに“押し付けて焼く”様子が残酷に見えるとかなんとか。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 鶏むね肉400gほど
  • ニンニク1片
  • ローズマリー適量
  • オリーブオイル40ml
  • 適量
  • 白ワイン100ml
  • レモン汁小さじ2
  • カリフラワー・ブロッコリー付け合わせにお好みで

作り方

  1. 厚めに切ったニンニク・ローズマリー・オリーブオイルを混ぜ合わせてマリネ液を作る
  2. 鶏むね肉は一枚を三等分ほどに切り、マリネ液とよくからめて漬けておく(1時間以上)
  3. カリフラワー・ブロッコリーは塩茹でしておく
  4. オリーブオイルで塩を振った鶏肉を皮目から強火で焼く(ひと回り小さいフタなどを使って上から押さえつけるように焼く)
  5. 焼き目が付いたら裏返し少し焼いてから白ワインを加える(肉の焦げ付きを取りながらアルコール分を飛ばすように焼く)
  6. 鶏肉に火が通ったら取り出し、カリフラワー・ブロッコリーと共に盛り付ける
  7. 鶏肉を取り出して残った脂分に適量のオリーブオイルを加える(中火で混ぜ合わせて乳化させる)
  8. レモン汁も加えてソースを作り、回しかけて完成

若鶏のディアボラ風
うん。
美味しい。

マリネした効果なのか白ワインで煮る感じにしたからなのか、まず鶏肉自体がすごく柔らかくて美味しい。

そして、酸味の効いたレモンソースとの相性が抜群。

この料理は何度も作っていて白ご飯で食べるのも良いのですが、是非バゲット系のパンと一緒に食べるのが凄くおすすめ。

そのレモンソースをパンに付けて食べるとなお美味しくなりますよ。

ニンニクやレモン汁は材料として必須

ニンニクは絶対に本物(すりおろしチューブじゃなくて)を使うこと。

ニンニクから相当エキス的な旨味が出ていると思いますので。

そして、中国産ではなく青森に代表される大きめの日本産ニンニクをやや厚めに切って使うことも美味しさのポイントだと思います。

味付けとしては、ソースに使うレモンの酸味が最大の決め手。

生鮮的な理由から“本物”のレモンが無かったとしても、いわゆる瓶で売られているレモン汁でも大丈夫です。

オイリーな料理ではありますが、そのレモンの酸味で意外とサッパリと食べられます。

関連記事

チキン65

「チキン65?」何でかそう呼ばれる鶏肉料理の新定番が登場だ![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #5】。 「インドを知る」という目的のもと作ってみたインド料

記事を読む

アジの磯辺揚げ

アジの磯辺揚げを作るぜ![釣りバカみち子さんレシピ]参考

えーっと、私が最も好きな食べ物のひとつに『ちくわの磯辺揚げ』があります。 もちろん皆さんも好き

記事を読む

もも肉・ねぎま

焼き鳥を自宅で!安く簡単で美味しいし煙も心配無用

突然ですが、皆さん『焼き鳥』は好きですか? 若い頃は野獣のように焼肉(牛)を食べれていまし

記事を読む

トマトのガスパチョ

ガスパチョの作り方!冷製スープの効果で夏バテにアディオース

そう、この冷製スープとの出会いは「東京ガスのCM ガス・パッ・チョ」だったかと思います。 恥ず

記事を読む

豚の生姜焼き

キッチンマカベ式豚の生姜焼き!タマネギはミキサーNGか?

テレビで紹介されていたその料理のレシピを参考にして、自分でも作ってみることにしました。 タレを

記事を読む

タンドーリチキン

タンドリーチキンやわらかっ!理由はヨーグルト?[インドへの道]

数年前から『インド』という国に興味を持ちまして、そのインドの公用語・ヒンディーの本を買ってモロモロと

記事を読む

ポワレの皮くっつき問題

ポワレの意味!を踏まえた切り身の皮が本当にくっつかない焼き方を

今回のブログ記事では『ポワレ』という調理法について書いてみようと思います。 すごく簡単に言

記事を読む

ポトフ

問題のあるレストラン風ポトフ!具材の切り方が俺のとは違うなぁ

私はその料理を作る時、色々な具材を“ある程度は細かく”切って作ります。 どうなんでしょう。

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

炙りカツオの黒胡椒丼

カツオを美味しい炙り丼に!ごま油と塩で最強アレンジ料理へと

旬は初夏というか4~6月頃でしょうか「初ガツオ」。 いわゆる“北上タイプ”のお魚で、日本列島(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑