*

キッチンマカベ式豚の生姜焼き!タマネギはミキサーNGか?

公開日: : 料理

テレビで紹介されていたその料理のレシピを参考にして、自分でも作ってみることにしました。

タレを作る際のポイントとして挙げられていたのが、まずショウガは大前提として、その他にニンニクやニンジンなども使いミキサーにしっかりとかけるというコト。

そして、ひと手間ふた手間と工程をかける。

これ最初に言っておきますが、ある程度のレシピを参考にしただけでしたが、相当美味しい生姜焼きが出来ましたよ。

ではまずそのレシピから。

豚の生姜焼き(洋食店キッチンマカベを参考に)

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 豚肉ロース(生姜焼き用)300g
  • 塩コショウ適量
  • 小麦粉適量
  • サラダ油適量
  • 砂糖小さじ1
  • ショウガ20gほど
  • ニンニク1/2片
  • タマネギ1/8個(25g)ほど
  • ニンジン1/10本(20g)ほど
  • 大さじ4
  • みりん大さじ4
  • 醤油大さじ4

作り方

  1. ショウガ以下の材料をミキサーにかけて(タマネギ・ニンジンなどは刻んでから)タレを作る
  2. それに砂糖を加えて火にかける
  3. よく混ぜて灰汁を取り、強火で煮たったら氷水で一旦冷やす
  4. 筋切りした豚肉に軽く塩コショウして小麦粉をふる
  5. サラダ油で脂身を外側にして豚肉を焼く
  6. 1分ほどで裏返してタレを加え混ぜる
  7. 煮たってきたら完成

ちなみに、この分量だとタレは多めに出来ると思います。

せっかくミキサー使うんだから多めに作っておき、良きタイミングで再利用してください。

作り方としては、

  • タレを一度加熱することで、ショウガの味含めてまろやかにする
  • 氷水で冷やすことで、風味が失われない
  • 冷蔵庫に入れる場合はラップをしない(水滴が垂れてタレが傷むので)
  • 温度が高いフライパンの外側で脂身を焼くことで、余分な脂や臭みが取れる

などの、ひと手間ふた手間と工程をかけてより美味しくする。

豚の生姜焼き
うん。
しっかりと焼けて美味しく頂きました。

と言うか、今まで作っていた普通の生姜焼きは何だったのだろうかと言う位に美味しかったですよ。

ニンジンなど野菜の甘みもよく感じられ、豚肉の脂とも相性が良いタレだと思いました。

そして忘れちゃいけないのが、付け合わせのキャベツ。

あの豚肉とキャベツの相性っていうのも、本当に美味しいですよね。

タマネギはミキサーかけると変な味

で、このレシピ・作り方。
各材料をミキサーにかけるのですが、ひとつ気になる点がありまして。

私も実際にそうなったので、後学のために記しておきたいと思います。

タマネギ
タマネギってミキサーにかけると辛味というか苦味というか。
ともすると、鉄とかサビみたいな臭い・味になるんです。

レシピ通りタレになる材料をミキサーにかけた所、その嫌な臭い・味になりました。

苦味成分が原因なのか

調べてみると、タマネギにある苦味成分はその細胞が壊れるほど強くなるようなんです。

イメージ的な部分もありますが、包丁で切った程度では大丈夫ですが、ミキサーでゴリゴリにやるとその細胞破壊はより進みそうですよ。

確かにそう言えば、その嫌な状態のタレになった時は、タマネギの量が単純に多めでミキサーでドロドロになるまでかけたと思います。

「う~ん、変な臭いと味がするなぁ」と思って再度作り直した際には、量を減らしてミキサーにかける時間も短くしてみたところ、その臭いと味はかなり無くなりました。

でもまだ完全には消えていません。

また、タマネギ以外の材料にてミキサーにかけても大丈夫。

そこにタマネギを追加してやった途端に、その臭いと味が発生するので原因はタマネギで間違いありません。

気にしなくても良いのか

当たり外れと言うか、そのタマネギ自体が良くなかったことも考えられます。

また、結果的にはフライパンで焼く(火を通す)ので、その嫌な臭いや味は大丈夫になるのも事実。

ですので、あまり気にしなくても良いのかも知れませんが、生のタレ状態でも出来れば変な臭いと味はして欲しくないじゃないですかぁ。

なので私は、

  • タマネギ自体の量を少し減らし気味に
  • ミキサーはしっかりとかけるが、タマネギ追加後は少しだけ
  • タマネギは水にさらすなど(塩もみ・電子レンジ加熱なども場合によっては)して、生で食べても良い状態に出来るだけしておく

という感じにしています。

まぁでも、冷蔵庫に入れてしばらく置いておいたら、その臭いや味が落ち着いてきた感もありますので、気にしなくても良いのかなぁ。

関連記事

鳥もつ丼

鳥もつ煮込んで丼に!黄色く丸いキンカンはどこの部位か?

私の記憶が確かならば、以前の過去記事で『もつ・豚レバーを使ってニラレバ炒めを作る』について書いたと思

記事を読む

ローマ風クリームソース

自由が丘のポテクリ。レシピ知らないからアレンジは俺流で

なんでもキラキラ女子達の間では今これ人気で流行っているそうですよ。 テレビで特集してました

記事を読む

メカジキのジェノベーゼソース

ニラでジェノベーゼ作るってよ!ソースはパスタや白身魚に利用

そもそも、その料理を“ニラで”と思ったのは先日の栃木旅行。 ふと入ったお店で「ニラのジェノベー

記事を読む

イサキ皮湯霜造り

イサキは皮も旨いのか?湯霜造りや塩焼きにして食す(白子含む)

今回頂きましたイサキの大きさは、鼻先から尻尾の先まで約30センチ。 決して“小さくない”サ

記事を読む

ロマネスコ

ロマネスコとかいう珍しい野菜を蒸す調理法で味を確認してみた

突然ですが、テレビのCM中に短い時間の番組あるじゃないですか。 あれ、総称の呼び名としてミニ番

記事を読む

スープカレー

スープカレーを作る!レトルトとポトフの残りをアレンジして

先日、私の記憶が確かならば『問題のあるレストラン風ポトフ』を作りまして。 その具材である野菜類

記事を読む

アジの磯辺揚げ

アジの磯辺揚げを作るぜ![釣りバカみち子さんレシピ]参考

えーっと、私が最も好きな食べ物のひとつに『ちくわの磯辺揚げ』があります。 もちろん皆さんも好き

記事を読む

スズキのポワレ 白ワイン(ヴァンブラン)ソース

スズキをポワレで!お魚に合う簡単な白ワインソースの作り方

さてさて、ここ最近「ポワレ」づいている私。 そんなフランス料理であるポワレの焼き方に関してもコ

記事を読む

炙りカツオの黒胡椒丼

カツオを美味しい炙り丼に!ごま油と塩で最強アレンジ料理へと

旬は初夏というか4~6月頃でしょうか「初ガツオ」。 いわゆる“北上タイプ”のお魚で、日本列島(

記事を読む

牛バラ肉の赤ワイン煮

赤ワインで煮込む!牛バラ肉や鶏手羽元を。鍋はストウブで

いやぁ、随分と寒くなってきましたね。 この時期になると、なんだか急に赤ワインが飲みたくなるのは

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

リバースウィーブ ロングスリーブTシャツ/Champion(チャンピオン)
チャンピオンどハマり中!リバースウィーブ長袖Tシャツ買ってみたぞ

なんか今、私の中で空前のチャンピオンブームが来ています。 み

御岳渓谷/東京
御岳渓谷で紅葉ハイキング!沢井駅から2時間かけて秋の遊歩道をゆく

毎年ちゃんと意識的に「紅葉」を楽しもうと思い立って数年。 旅

レンコンの竜田揚げ
レンコンとハスの違いって?サクサク食感も楽しめる竜田揚げのレシピ

なんかこの9月10月といった秋の時期。 テレビのレシピ番組や雑誌

九州旅行名物料理
九州旅行で私が食べた名物料理を一挙出し~鹿児島・熊本・福岡の夜~

2017年夏。 二泊三日で九州旅行をしています。 旅行

キチントさん ごはん冷凍保存容器 2個入り/クレハ(クレライフ)
ごはん炊かれても!キチント美味しく冷凍保存しなきゃ意味無いでしょ

前回までの「そこそこ書くブログ」。 ここ最近は、作った料理をどう

→もっと見る

PAGE TOP ↑