*

キッチンマカベ式豚の生姜焼き!タマネギはミキサーNGか?

公開日: : 料理

テレビで紹介されていたその料理のレシピを参考にして、自分でも作ってみることにしました。

タレを作る際のポイントとして挙げられていたのが、まずショウガは大前提として、その他にニンニクやニンジンなども使いミキサーにしっかりとかけるというコト。

そして、ひと手間ふた手間と工程をかける。

これ最初に言っておきますが、ある程度のレシピを参考にしただけでしたが、相当美味しい生姜焼きが出来ましたよ。

ではまずそのレシピから。

豚の生姜焼き(洋食店キッチンマカベを参考に)

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 豚肉ロース(生姜焼き用)300g
  • 塩コショウ適量
  • 小麦粉適量
  • サラダ油適量
  • 砂糖小さじ1
  • ショウガ20gほど
  • ニンニク1/2片
  • タマネギ1/8個(25g)ほど
  • ニンジン1/10本(20g)ほど
  • 大さじ4
  • みりん大さじ4
  • 醤油大さじ4

作り方

  1. ショウガ以下の材料をミキサーにかけて(タマネギ・ニンジンなどは刻んでから)タレを作る
  2. それに砂糖を加えて火にかける
  3. よく混ぜて灰汁を取り、強火で煮たったら氷水で一旦冷やす
  4. 筋切りした豚肉に軽く塩コショウして小麦粉をふる
  5. サラダ油で脂身を外側にして豚肉を焼く
  6. 1分ほどで裏返してタレを加え混ぜる
  7. 煮たってきたら完成

ちなみに、この分量だとタレは多めに出来ると思います。

せっかくミキサー使うんだから多めに作っておき、良きタイミングで再利用してください。

作り方としては、

  • タレを一度加熱することで、ショウガの味含めてまろやかにする
  • 氷水で冷やすことで、風味が失われない
  • 冷蔵庫に入れる場合はラップをしない(水滴が垂れてタレが傷むので)
  • 温度が高いフライパンの外側で脂身を焼くことで、余分な脂や臭みが取れる

などの、ひと手間ふた手間と工程をかけてより美味しくする。

豚の生姜焼き
うん。
しっかりと焼けて美味しく頂きました。

と言うか、今まで作っていた普通の生姜焼きは何だったのだろうかと言う位に美味しかったですよ。

ニンジンなど野菜の甘みもよく感じられ、豚肉の脂とも相性が良いタレだと思いました。

そして忘れちゃいけないのが、付け合わせのキャベツ。

あの豚肉とキャベツの相性っていうのも、本当に美味しいですよね。

タマネギはミキサーかけると変な味

で、このレシピ・作り方。
各材料をミキサーにかけるのですが、ひとつ気になる点がありまして。

私も実際にそうなったので、後学のために記しておきたいと思います。

タマネギ
タマネギってミキサーにかけると辛味というか苦味というか。
ともすると、鉄とかサビみたいな臭い・味になるんです。

レシピ通りタレになる材料をミキサーにかけた所、その嫌な臭い・味になりました。

苦味成分が原因なのか

調べてみると、タマネギにある苦味成分はその細胞が壊れるほど強くなるようなんです。

イメージ的な部分もありますが、包丁で切った程度では大丈夫ですが、ミキサーでゴリゴリにやるとその細胞破壊はより進みそうですよ。

確かにそう言えば、その嫌な状態のタレになった時は、タマネギの量が単純に多めでミキサーでドロドロになるまでかけたと思います。

「う~ん、変な臭いと味がするなぁ」と思って再度作り直した際には、量を減らしてミキサーにかける時間も短くしてみたところ、その臭いと味はかなり無くなりました。

でもまだ完全には消えていません。

また、タマネギ以外の材料にてミキサーにかけても大丈夫。

そこにタマネギを追加してやった途端に、その臭いと味が発生するので原因はタマネギで間違いありません。

気にしなくても良いのか

当たり外れと言うか、そのタマネギ自体が良くなかったことも考えられます。

また、結果的にはフライパンで焼く(火を通す)ので、その嫌な臭いや味は大丈夫になるのも事実。

ですので、あまり気にしなくても良いのかも知れませんが、生のタレ状態でも出来れば変な臭いと味はして欲しくないじゃないですかぁ。

なので私は、

  • タマネギ自体の量を少し減らし気味に
  • ミキサーはしっかりとかけるが、タマネギ追加後は少しだけ
  • タマネギは水にさらすなど(塩もみ・電子レンジ加熱なども場合によっては)して、生で食べても良い状態に出来るだけしておく

という感じにしています。

まぁでも、冷蔵庫に入れてしばらく置いておいたら、その臭いや味が落ち着いてきた感もありますので、気にしなくても良いのかなぁ。

関連記事

もも肉・ねぎま

焼き鳥を自宅で!安く簡単で美味しいし煙も心配無用

突然ですが、皆さん『焼き鳥』は好きですか? 若い頃は野獣のように焼肉(牛)を食べれていまし

記事を読む

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)

プラウンマサラをカレーじゃなく“おかず”として作るには?[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #2】。 熱しにくく冷めにくい私の現在のマイブーム「インドを

記事を読む

サンマのつみれ汁

お出汁でサンマ!つみれ汁を塩焼きに次ぐ絶品メニューにするには?

さて、秋の味覚と言えば『サンマ』。 出始めは結構お高い値段ですが、9月下旬にもなれば良い感じに

記事を読む

ドライカレー

俺流ドライカレーの作り方!挽肉(キーマ)を使うやつ

私は料理が好きなので結構色々なものを作っていますが、ある意味最もポピュラーだとも言える『カレーライス

記事を読む

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

カマスの塩焼き(両褄折り)

カマスの食べ方は塩焼き一択でしょ?で勿論「両づま折り」でしょ

魚食系男子でお馴染みの私は、色々なお魚を好んで食べております。 それは“美味しいから”という単

記事を読む

チキンマライティッカ

チキンマライティッカの作り方!スパイス1種でこの旨さかよっ[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #3】。 「インドを知る」という目的のもと、インド料理にハマ

記事を読む

若鶏のガランティーヌ風

ガランティーヌはレシピも簡単でクリスマス鶏肉料理に良いかも

クリスマス料理ということで去年は『一晩マリネしたローストチキン』を作りました。 やはり今年も同

記事を読む

青森県産ニンニク

【ニンニク】風邪に効く最強食材!国産と中国産の比較もしてみた

今回のブログ記事の主役は、最強食材『ニンニク』。 ちなみに、こちらは青森県産のニンニクです

記事を読む

炙りカツオの黒胡椒丼

カツオを美味しい炙り丼に!ごま油と塩で最強アレンジ料理へと

旬は初夏というか4~6月頃でしょうか「初ガツオ」。 いわゆる“北上タイプ”のお魚で、日本列島(

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

→もっと見る

PAGE TOP ↑