*

問題のあるレストラン風ポトフ!具材の切り方が俺のとは違うなぁ

公開日: : 料理

私はその料理を作る時、色々な具材を“ある程度は細かく”切って作ります。

どうなんでしょう。
私の中ではそれが基本的なポトフな気もしていますが、皆さんはどうでしょうか。

いつも作っている、そのタイプがこれ↓

細かく切るタイプ
ひと口サイズと言うか。

これも同じタイプ↓

細かく切るタイプ
上記2つは別々のタイミングで作っていますので食材はその時あったものをそれぞれ使っていますが、具材を細かく切って使うタイプのポトフとしては同系統だと思います。

具材を大きく使う問題のあるレストラン風

がしかし、真木よう子さん主演のドラマ「問題のあるレストラン/フジテレビ」、皆さん見てます?

私、ああいうレストラン系のドラマも好きなのでよく見ているのですが、その「問題のあるレストラン」でポトフが一つのキーポイントになっているんですね。

で、そのドラマのポトフ。

先述した私のポトフとは違って、具材をあまり細かく切らずに結構大きい状態の形のまま煮ているんですよ。

調理中の煮てる時だけでなく、お客さんに出すお皿に盛った時にもその大きい状態なんですね。

決して“ひと口サイズ”じゃないので、食べ難くないのかなぁといつも思って見ています。

ですが、そのザックリカット形式のポトフにもきっと何かしらのメリット・理由があるのかもと考えまして、今回作ってみようと思い立った訳なのです。

ちなみに、レシピに関しては両方のタイプとも基本的には同じで良いのかなぁと思っていますので、ひとつのみ掲載しておきます。

ただ、具材を大きく切って使う場合は単純に煮込む時間も長くなると思いますし。

切った野菜類を全部一緒には鍋に入れずに、火が通りにくい具材から煮ていくことなど、その辺りは適宜調節してください。

ポトフ(具材を大きく切って使うタイプ)

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ベーコン150gほど
  • キャベツ1/4個
  • タマネギ(小さめ)2個
  • ジャガイモ(小さめ)2個
  • ニンジン1/2本
  • セロリ1/2本
  • ブロッコリー4房
  • アスパラガス2本
  • 800ml
  • コンソメ(固形タイプ)2個
  • ローリエ1枚
  • 適量
  • オリーブオイル大さじ1
  • 黒コショウ・パセリお好みで

作り方

  1. 各具材を大きめ・長めに切る(ジャガイモ・タマネギは皮をむき洗う/キャベツは芯をつけたまま結果1/8サイズに/ジャガイモは5分ほど水に浸ける)
  2. オリーブオイルでベーコンをしっかりと焼く(両面に焼き目をつける)
  3. キャベツ・タマネギ・ニンジン・セロリを入れる
  4. 水・コンソメ・ローリエ・塩を加え中火で煮る
  5. 沸騰してきたら灰汁を取り弱火で蓋を少し開けて煮込む(45分ほど)
  6. その後、ジャガイモを加えて引き続き煮込む(15分ほど)
  7. 最後に、ブロッコリー・アスパラガスも加えて引き続き煮込む(8分ほど)
  8. 器に盛って黒コショウやパセリとか散らすのはどうでしょう

ちなみに今回私が調理に使用した鍋は、STAUB(ストウブ)のピコ・ココット ラウンド22センチ。

キャベツのサイズ感にもよりますが、結構ギリギリの容量でした。

使用する鍋や器によって野菜類のカットする大きさを調節してください。

ポトフ
うん。
このザックリカット形式のポトフも美味しいですよ。

特にこの寒い時期のポトフは体が暖まりますし、何より材料を切って煮込む調理方法はシンプルで簡単ですから。

もちろん本当は、フォン等(この場合“など”ではなく“とう”と読んで頂きたい)を使った方が良いのでしょうが、固形コンソメを利用しているのでより簡単です。

ポイントとしては最初にベーコンを焼くようにして、ベーコンの旨味をソコで出すということでしょうか。

ポトフは“おかず”なのか?

今回作った、具材が大きい状態のままのポトフ。

これ、結構食べごたえがありましたよ。

と言うか、これだけ具材が大きいと「ポトフをおかずとして別に白御飯やパンを食べる」というスタイルではなく、これ一品で満足できそうな料理です。

しっかり時間をかけて煮込みましたので、各具材は柔らかく仕上がりました。

ナイフなんかは当然必要無く、フォークも使わずにスプーン一つで切って食べれるほどです。

一見ポトフはスープ料理のイメージもありましたが、この形式にすると“野菜料理”だと思えますね。

いや、ベーコンも豚の角煮みたいに柔らかく調理されていて美味しかったので、ある意味主役と考えると“肉料理”なのかも。

ポトフは具材を選ばないところが良い

「ポトフは具材を選ばない」と言いましょうか、それ、結構重要なポイント・メリットだと思います。

私の場合、ベーコンやキャベツ辺りは外せない食材ですが、それ以外は現状冷蔵庫に余っている野菜類を適当に使って良い気もします。

そういう意味では非常に万能で有能な料理であると言えますよね。

そんなシンプルな調理方法の中でも、やっぱり少し他とは差を付けたいなぁと思うところもあり、次作る時は「ブーケガルニ」とか使ってみようと思います。

関連記事

アジの開き

干物にするメリットって何さ?塩焼きとの味の違いは何なのさ?

ちなみにこれは金目鯛開き(冷凍)を焼いたもの。 と、タイトルで「干物」と書いておいてイキナ

記事を読む

とり鍋(日本ハム桜姫レシピ参考版)

とり鍋を桜姫のCMに影響され作ってみた!鶏団子がヤバ旨い

皆さんはもうそのコマーシャルは見ましたでしょうか。 なんかストーリーとしては、男性がブツブツ言

記事を読む

チキン65

「チキン65?」何でかそう呼ばれる鶏肉料理の新定番が登場だ![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #5】。 「インドを知る」という目的のもと作ってみたインド料

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

サンマのお刺身

旬のサンマを刺身やなめろうに!今月入って何尾目の青魚か?

その料理を作って食べることにより食文化を学びたいと思っている私は、こういう旬モノは意識的に食べるよう

記事を読む

青森県産ニンニク

【ニンニク】風邪に効く最強食材!国産と中国産の比較もしてみた

今回のブログ記事の主役は、最強食材『ニンニク』。 ちなみに、こちらは青森県産のニンニクです

記事を読む

アジの骨せんべい

アジの骨せんべいを作るぜ!長めの揚げ時間でカリカリに

皆さんはお魚を調理して“余った骨”の部分はどうしてますか? まぁ基本的には捨ててしまうとも思わ

記事を読む

炊き込みご飯

炊き込みご飯は難しい…は思いこみ!水加減など基本的な作り方を紹介

皆さんは食欲の秋の時期に『炊き込みご飯』を作りますか? 炊き込みご飯に“旬”というのも変な感じ

記事を読む

ストウブ鍋でご飯を

ストウブ鍋でご飯を炊く黄金手順!壊れた炊飯ジャーにグッバイを

そうなんです。 長年使わせて頂きました「炊飯ジャー(タイガーマイコン炊飯ジャー炊きたてミニJA

記事を読む

バッファローチキンウィング

バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニューがとても美味しくてですね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑