*

プラウンマサラをカレーじゃなく“おかず”として作るには?[インドへの道]

公開日: : 料理

今回のブログ記事は【インドへの道 #2】。

熱しにくく冷めにくい私の現在のマイブーム「インドを知る」という目的のもと、インドの食文化について色々と勉強しております。

そんなインド料理にハマってみようと思い立ったキッカケなどは『第1回のタンドーリチキンを作ってみた』記事を宜しかったら読んで頂くとして、今回は『プラウン(プロウン)マサラ』についてです。

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)/南インド

プラウン(プロウン)=エビでマサラ=複合スパイスという意味ですから、日本語的に言うと「エビのスパイス炒め」という感じでしょうか。

また、一般的には『プラウンマサラ』と言うと、いわゆるカレー的な料理に分類されるかと思われます。

プラウンマサラで検索するとヒットするのは確かにカレーとしてですし、私のイキツケのインド料理屋さんのメニューでもカレーリストの中にプラウンマサラは入っています。

ですが今回はプラウンマサラをあくまでも“おかず”として作ってみることが目的なのです。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • エビ(ブラックタイガーなど)8尾
  • タマネギ1個
  • 青唐辛子2本
  • 香菜(パクチー)適量
  • サラダ油大さじ2
  • 大さじ1
  • 適量
  • マスタードシード小さじ1/2
  • 大さじ2
  • おろしニンニク小さじ1
  • おろしショウガ小さじ1
  • 小さじ1/2
  • コリアンダー小さじ2
  • クミン小さじ1
  • カイエンヌペッパー小さじ1/2
  • ターメリック小さじ1/2
  • (ホールトマト)45gほど(お好みで)
  • (片栗粉)大さじ1ほど(お好みで)

※マスタードシードはホールスパイス
※コリアンダー以下はパウダースパイス

作り方

  1. エビは殻をむいて背ワタを取る
  2. タマネギは薄切りに青唐辛子は斜め薄切りに香菜はざく切りにする
  3. 酢以下の材料をかき混ぜてペースト状にする
  4. サラダ油を熱してホールスパイス(マスタードシード)を加える(フタをして跳ねなくなるまで)
  5. タマネギ・青唐辛子を加えて強めの中火で炒め、ペーストを加える
  6. スパイスの香りが立つよう炒め合わせる(焦げないように30秒ほど)
  7. 水を加えペーストをなじませエビを加えて絡ませる
  8. エビに火が通ったら香菜を混ぜ合わせて塩で調味し完成

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)
うん。
スパイシーで美味しかったです。

本来のレシピ(材料)として上記のエビ・タマネギ・青唐辛子については半分の量でした。

ただソレだと明らかに“おかず”としては少ないなぁと思い、それぞれ倍の量に増やしたのが上記のレシピです。

グレイビー(とろみ)な感じに仕上げたい

基本的なレシピ通りに作りましたのが上記の料理画像。

勿論これはこれで美味しかったのですが、やはりタレ感が足りないかなぁと。

もう少しタレとしてドロッとさせてエビなどの材料とよく絡める。

どうしたら良いかと考えたところ、それはトマトではないかと。

このプラウンマサラは酢も使うことにより酸味も味わう料理ですのでトマトであればその辺も合いそうです。

ちなみに、グレイビーというのはドロッとした“とろみ”感を表す表現です。

カレーが最もイメージし易いと思いますが、サラサラしたスープ・汁っぽいものはグレイビーが低い。

逆にドロッとモッサリとしたものはグレイビーが高いと言えます。

とろみを増した『プラウン(プロウン)マサラ改』

という訳で、そんな“とろみ”を出す為にトマトや片栗粉も使って作った『プラウン(プロウン)マサラ改』がこちら。

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)
うんうん。
コチラの改の方が私的な味の好みとして好きかも。

左手にご飯を右側におかずをというスタイルで考えた場合、量的にもコチラの『プラウン(プロウン)マサラ改』の方が合っている感じです。

また、特筆すべきはタマネギ。

理由はよく分かりませんが、タマネギの食感がシャキシャキでかつタレとよく絡まっていて凄く美味しいのです。

タマネギという野菜と香辛料・スパイスとの相性の良さを再認識できた料理でした。

関連記事

カマスの塩焼き(両褄折り)

カマスの食べ方は塩焼き一択でしょ?で勿論「両づま折り」でしょ

魚食系男子でお馴染みの私は、色々なお魚を好んで食べております。 それは“美味しいから”という単

記事を読む

カツオの甘辛揚げ煮

カツオの甘辛揚げ煮を作る!煮詰めタレにはザラメを使おうぜ

この時期が旬だと思われるカツオ。 いわゆる「初ガツオ」。 私の記憶が確かならば以前『カツオを

記事を読む

鶏皮ポン酢

男のマストアイテム・鶏皮!美味しいし安いけど食べ過ぎには注意

私が焼き鳥で一番好きな部位「皮」。 まぁ勿論、皆さんもきっとそうであると信じておりますが、どう

記事を読む

バターライス

品薄解消でバターライスが作れるぞ!マーガリンじゃダメなのよ

そう、それは2014年11月頃から聞かれ始めました。 「ただいま品薄状態が続いております」との

記事を読む

色とりどり 鶏と野菜のココット焼き

ストウブで鶏肉と野菜を蒸し焼きに!ソレがこの鍋の良いところ

「あたらしいサラダの冬が来た。」という言葉で始まる、キユーピーのテレビCM。 もう見ましたか。

記事を読む

ニラレバ炒め

酢大好き人間によるニラレバ炒めの作り方!牛乳で臭み消せば大丈夫

料理好きな私は色々と作っておりますが、ここ最近は一般的に「もつ」と呼ばれる内臓系食材もその調理対象に

記事を読む

スルメイカのふわふわ団子

ふわふわ食感イカ団子の作り方!吸い地のスープもまた美味しい

夏が旬のスルメイカ。 今夏もよく食べさせて頂きました。 調理方法としてはお刺身・イカソー

記事を読む

天津飯

天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解できています。 しかし食べ

記事を読む

スズキのポワレ 白ワイン(ヴァンブラン)ソース

スズキをポワレで!お魚に合う簡単な白ワインソースの作り方

さてさて、ここ最近「ポワレ」づいている私。 そんなフランス料理であるポワレの焼き方に関してもコ

記事を読む

揚げバター(フライド・バター・ボール)

揚げバターをイメージレシピで作ってみた!噂のカロリースイーツ

とある筋からの情報によると、なんでも『フライド・バター・ボール(スティック)』なるものがアメリカで流

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

→もっと見る

PAGE TOP ↑