*

プラウンマサラをカレーじゃなく“おかず”として作るには?[インドへの道]

公開日: : 料理

今回のブログ記事は【インドへの道 #2】。

熱しにくく冷めにくい私の現在のマイブーム「インドを知る」という目的のもと、インドの食文化について色々と勉強しております。

そんなインド料理にハマってみようと思い立ったキッカケなどは『第1回のタンドーリチキンを作ってみた』記事を宜しかったら読んで頂くとして、今回は『プラウン(プロウン)マサラ』についてです。

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)/南インド

プラウン(プロウン)=エビでマサラ=複合スパイスという意味ですから、日本語的に言うと「エビのスパイス炒め」という感じでしょうか。

また、一般的には『プラウンマサラ』と言うと、いわゆるカレー的な料理に分類されるかと思われます。

プラウンマサラで検索するとヒットするのは確かにカレーとしてですし、私のイキツケのインド料理屋さんのメニューでもカレーリストの中にプラウンマサラは入っています。

ですが今回はプラウンマサラをあくまでも“おかず”として作ってみることが目的なのです。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • エビ(ブラックタイガーなど)8尾
  • タマネギ1個
  • 青唐辛子2本
  • 香菜(パクチー)適量
  • サラダ油大さじ2
  • 大さじ1
  • 適量
  • マスタードシード小さじ1/2
  • 大さじ2
  • おろしニンニク小さじ1
  • おろしショウガ小さじ1
  • 小さじ1/2
  • コリアンダー小さじ2
  • クミン小さじ1
  • カイエンヌペッパー小さじ1/2
  • ターメリック小さじ1/2
  • (ホールトマト)45gほど(お好みで)
  • (片栗粉)大さじ1ほど(お好みで)

※マスタードシードはホールスパイス
※コリアンダー以下はパウダースパイス

作り方

  1. エビは殻をむいて背ワタを取る
  2. タマネギは薄切りに青唐辛子は斜め薄切りに香菜はざく切りにする
  3. 酢以下の材料をかき混ぜてペースト状にする
  4. サラダ油を熱してホールスパイス(マスタードシード)を加える(フタをして跳ねなくなるまで)
  5. タマネギ・青唐辛子を加えて強めの中火で炒め、ペーストを加える
  6. スパイスの香りが立つよう炒め合わせる(焦げないように30秒ほど)
  7. 水を加えペーストをなじませエビを加えて絡ませる
  8. エビに火が通ったら香菜を混ぜ合わせて塩で調味し完成

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)
うん。
スパイシーで美味しかったです。

本来のレシピ(材料)として上記のエビ・タマネギ・青唐辛子については半分の量でした。

ただソレだと明らかに“おかず”としては少ないなぁと思い、それぞれ倍の量に増やしたのが上記のレシピです。

グレイビー(とろみ)な感じに仕上げたい

基本的なレシピ通りに作りましたのが上記の料理画像。

勿論これはこれで美味しかったのですが、やはりタレ感が足りないかなぁと。

もう少しタレとしてドロッとさせてエビなどの材料とよく絡める。

どうしたら良いかと考えたところ、それはトマトではないかと。

このプラウンマサラは酢も使うことにより酸味も味わう料理ですのでトマトであればその辺も合いそうです。

ちなみに、グレイビーというのはドロッとした“とろみ”感を表す表現です。

カレーが最もイメージし易いと思いますが、サラサラしたスープ・汁っぽいものはグレイビーが低い。

逆にドロッとモッサリとしたものはグレイビーが高いと言えます。

とろみを増した『プラウン(プロウン)マサラ改』

という訳で、そんな“とろみ”を出す為にトマトや片栗粉も使って作った『プラウン(プロウン)マサラ改』がこちら。

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)
うんうん。
コチラの改の方が私的な味の好みとして好きかも。

左手にご飯を右側におかずをというスタイルで考えた場合、量的にもコチラの『プラウン(プロウン)マサラ改』の方が合っている感じです。

また、特筆すべきはタマネギ。

理由はよく分かりませんが、タマネギの食感がシャキシャキでかつタレとよく絡まっていて凄く美味しいのです。

タマネギという野菜と香辛料・スパイスとの相性の良さを再認識できた料理でした。

関連記事

ポークヴィンダルー(豚肉の酸味カレー)

ポークビンダルー!酢好き垂涎の最高に旨いカレーの作り方[インドへの道]

さてさて、今回のブログ記事は【インドへの道 #17】。 作ってみる料理は『ポークヴィンダルー(

記事を読む

アボカドとジャガイモでコロッケ

【アボカドは野菜か?】エビとのディップやコロッケにしたりして

なんか私は勝手なイメージで「果物」に分類されるものかと。 ですが、とある筋からの情報による

記事を読む

アジのカルパッチョ

アジのカルパッチョ!作り方は簡単だけどソースの奥が深いぜ

大衆魚「アジ」。 年がら年中スーパーにありますので、私は結構な頻度で食べている気がします。

記事を読む

とり鍋(日本ハム桜姫レシピ参考版)

とり鍋を桜姫のCMに影響され作ってみた!鶏団子がヤバ旨い

皆さんはもうそのコマーシャルは見ましたでしょうか。 なんかストーリーとしては、男性がブツブツ言

記事を読む

ペペロンチーノ

アーリオ・オリオ・ペペロンチーノ!材料混ぜて乳化せよ

突然ですが、今回はそのパスタ料理についての私的見解です。 非常にシンプルな作り方ですが、それ故

記事を読む

スペアブリ

噂の料理スペアブリ!東京ガスのCMを真似して作ってみたよ

もう コマーシャルは見ましたか~ そして その手で作ってみましたか~ ストーリー的には、綾野

記事を読む

我が家の定番インドカレー

インドカレーを自宅で作る覚書レシピ!水やスパイスはこちらの配合で

インドを学ぶために、その土地の料理を色々と作っては食べている私。 その中でも単純に「カレー」を

記事を読む

チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)

チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)を簡単に短時間で作る[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #9】。 この料理『チャナマサラ』はレシピ的には一応カレーに

記事を読む

ビンディーマサラ(オクラのスパイス炒め)

ビンディーマサラっつうオクラのスパイス炒めの作り方![インドへの道]

インド料理を作ることにも慣れてきました。 今回のブログ記事は【インドへの道 #12】。

記事を読む

バッファローチキンウィング

バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニューがとても美味しくてですね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑