*

噂の料理スペアブリ!東京ガスのCMを真似して作ってみたよ

公開日: : 最終更新日:2014/12/10 料理

もう コマーシャルは見ましたか~
そして その手で作ってみましたか~

ストーリー的には、綾野剛さんがお客さまの女性に「スペアリブです」と差し出します。

それに対して、綾小路きみまろさんも「スペアブリです」と。

それぞれの料理を出された女性は、綾野剛さんのリブの方が気になるようですが、魚食系男子でお馴染みの私はブリの方が断然気になりまして。

それだったら、実際に作ってみようと思い立ち。

ちなみに、お客さま役のその女性は中村優子さんという女優さんです。
表情の違いというか切替の演技が良いですよねぇ。

ブリについて

ここで少しブリについて。

旬は冬。
寒い時期だと思われます。

寒ブリと呼ばれて美味しいです。
有名なのは富山県の氷見。

また、出世魚としても有名で、その成長過程で呼び名が変わっていく魚でもあります。

地域によっても違いますが、ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリという風に変わっていきます。

その魚種としての一番大きなサイズのものがブリという訳です。

天然と養殖の違い

また、天然と養殖とでこうも違うかと思えるのも面白い所です。

スーパーとかで売られている切身を見れば分かりますが、天然の身は赤っぽい色で養殖の身は白っぽい色をしています。

養殖は人間からエサを貰えますし外敵に襲われるなどの心配もなく、ある意味悠悠自適に生活している訳です。

さらに泳ぐスペースも柵的なモノで仕切られているので、そんなに運動(泳ぐ)することも出来ずにいます。

ですから、養殖の方が脂肪分が多くなり、その分が身に白く表れます。

逆に天然の方は、自分で動かなければエサにありつけませんし、常に大海を泳いでいる訳ですから筋肉質となるイメージでその分が身に赤く表れます。

フライパンで切身を焼いた時にも明確にソレは分かり、養殖の方は焼いている最中に結構な脂がにじみ出てきます。

基本的には天然の方が価値が高く扱われますが、そういった脂分が好きな人は養殖の方が美味しいと感じると思います。

ですので、作る料理や好みに応じて選択すれば良いと思っています。

ちなみに、今回は天然ブリの切身を使いました。

天然ブリ切身

スペアブリ

そこそこ簡単なレシピ

材料(1人分)

  • ブリ1切れ
  • カボチャ2枚
  • オクラ2本
  • 長芋2枚
  • レンコン2枚
  • シイタケ1個
  • (タレ)ケチャップ大さじ1
  • (タレ)中濃ソース大さじ1
  • (タレ)酒小さじ2
  • (タレ)みりん大さじ1

作り方

  1. タレを作りブリをしばらく漬けておく(15分ほど)
  2. ブリを焼く(8分ほど)
  3. 残ったタレを再度塗り付ける
  4. サラダ油・塩をチョッチ振った付け合わせ野菜群も一緒に焼く(5分ほど)

スペアブリ
東京ガスのウェブサイトでレシピを確認すると本来は「グリルを使ってね」ということなのでしょうが、私は毎度おなじみ「フィッシュロースター」を使いました。

また、タレには「ハチミツ」を使用するとのことだったのですが、私はこのハチミツが苦手なので、単純に照り焼きの照りと甘味の部分として「みりん」へと変更しています。

その他は基本的に東京ガスのウェブサイトのレシピを参考にさせて貰っています。

このスペアブリという料理、良いですね。
美味しかったですよ。

タレがケチャップとソースで「バーベキューソース」っぽくなるというか、こういったグリル系の料理にとてもよく合うと思いました。

そして、上記のレシピだとタレがやや多めで余ると思いますので、何か別のモノに利用するのも良いかも知れません。

オクラとか長芋に代表されるネバネバ系の食材を付け合わせにするところも面白いですよ。

これらの食材を炒めてしまうと色々な意味で味などが混ざってしまうのですが、グリル・網で焼くので他の味が混ざることがなくて食材単品の食感と味が楽しめると思います。

逆に言うと、付け合わせが綺麗というかシンプルな味なので、スペアブリが強調されて料理としてのバランスが良かったです。

ブリと野菜のネギマヨ和え

そこそこ簡単なレシピ

材料(1人分)

  • ブリ1切れ
  • 色々な野菜適量
  • マヨネーズ大さじ1
  • 万能ネギ適量
  • 塩コショウ適量

作り方

  1. 刻んだネギとマヨネーズを合わせておく
  2. ブリに塩コショウして焼く
  3. 野菜類も一緒に焼く
  4. ネギマヨと和える

ブリと野菜のネギマヨ和え
スペアブリを作った翌日には、ブリ切身やそれら野菜類も余っていましたので、今度はフライパンで炒め系の料理にしました。

各食材を適当な大きさに切り、全部炒めて混ぜ合わせ最後に前もって用意しておいたネギマヨのソースと絡めるという感じです。

マヨネーズも便利ですよ。

天然ブリは養殖に比べて脂肪分が少ないので、逆に「脂」を足したいなぁと思ったらマヨネーズをソースにするのも一つの手だと思いますし。

ブリという魚は、ブリ大根や照り焼きなど和っぽい料理にするのが基本的な感じだとも思いますが、今回は両方とも洋風な味付けで楽しみました。

関連記事

厚揚げ

厚揚げを豆腐料理として手作りしてみる!おつまみに最適な簡単レシピ

皆さんは豆腐料理って食べますか? 料理じゃなくても、単品的にイワユル「冷奴」なども含めて。

記事を読む

色とりどり 鶏と野菜のココット焼き

ストウブで鶏肉と野菜を蒸し焼きに!ソレがこの鍋の良いところ

「あたらしいサラダの冬が来た。」という言葉で始まる、キユーピーのテレビCM。 もう見ましたか。

記事を読む

レンコンの竜田揚げ

レンコンとハスの違いって?サクサク食感も楽しめる竜田揚げのレシピ

なんかこの9月10月といった秋の時期。 テレビのレシピ番組や雑誌などで『レンコン』を使った料理

記事を読む

一晩マリネしたローストチキン

骨付きもも肉でローストチキンを!クリスマス用にマリネして

日本でそう言うと『鶏肉』が主となると思いますが、そもそも『クリスマスには七面鳥』というフレーズもよく

記事を読む

スズキのポワレ 白ワイン(ヴァンブラン)ソース

スズキをポワレで!お魚に合う簡単な白ワインソースの作り方

さてさて、ここ最近「ポワレ」づいている私。 そんなフランス料理であるポワレの焼き方に関してもコ

記事を読む

アルーマサラ(ジャガイモのスパイス炒め)

アルーマサラっつう“じゃがいも”のスパイス炒め![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #7】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

メカジキのジェノベーゼソース

ニラでジェノベーゼ作るってよ!ソースはパスタや白身魚に利用

そもそも、その料理を“ニラで”と思ったのは先日の栃木旅行。 ふと入ったお店で「ニラのジェノベー

記事を読む

シュウマイ/焼売(ストウブ使用)

手作りシュウマイのストウブでの蒸し方について書いておこうか

皆さんはシュウマイ(焼売)お食べになりますか? 私の場合、スーパーとかで売られている冷蔵パック

記事を読む

鶏の唐揚げ(二度揚げ版)

鶏の唐揚げの作り方を!美味しく揚げる油の温度は何℃が良いの?

キッチン用温度計を購入してからというもの、コツをつかんで“揚げ物”にハマっております。 やはり

記事を読む

ビンディーマサラ(オクラのスパイス炒め)

ビンディーマサラっつうオクラのスパイス炒めの作り方![インドへの道]

インド料理を作ることにも慣れてきました。 今回のブログ記事は【インドへの道 #12】。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

ASSASSIN 85% TUNGSTEN 18gR STYLE A/Harrows(ハローズ)
マイダーツ買うなら早い方が良い!と形から入った俺のアサシン6500円

知り合いが『ダーツ』にハマってると聞きまして、じゃぁ自分も「久しぶりに

スクエア KC-28 BK/金子眼鏡店(かねこがんきょうてん)
金子眼鏡で高級セルロイド買った!やっぱりフレームの色は黒にしてぃ

ついに高級メガネを買ってしまいました。 フレーム&レンズで価格は

ポンジュース(POM)
auの誰でも割更新ギフト券で私がポンジュースを箱買いした理由!

はい。 みんな大好き「ポンジュース(POM)」。 このたび

炊き込みご飯
炊き込みご飯は難しい…は思いこみ!水加減など基本的な作り方を紹介

皆さんは食欲の秋の時期に『炊き込みご飯』を作りますか? 炊き込み

→もっと見る

PAGE TOP ↑