*

噂の料理スペアブリ!東京ガスのCMを真似して作ってみたよ

公開日: : 最終更新日:2014/12/10 料理

もう コマーシャルは見ましたか~
そして その手で作ってみましたか~

ストーリー的には、綾野剛さんがお客さまの女性に「スペアリブです」と差し出します。

それに対して、綾小路きみまろさんも「スペアブリです」と。

それぞれの料理を出された女性は、綾野剛さんのリブの方が気になるようですが、魚食系男子でお馴染みの私はブリの方が断然気になりまして。

それだったら、実際に作ってみようと思い立ち。

ちなみに、お客さま役のその女性は中村優子さんという女優さんです。
表情の違いというか切替の演技が良いですよねぇ。

ブリについて

ここで少しブリについて。

旬は冬。
寒い時期だと思われます。

寒ブリと呼ばれて美味しいです。
有名なのは富山県の氷見。

また、出世魚としても有名で、その成長過程で呼び名が変わっていく魚でもあります。

地域によっても違いますが、ワカシ→イナダ→ワラサ→ブリという風に変わっていきます。

その魚種としての一番大きなサイズのものがブリという訳です。

天然と養殖の違い

また、天然と養殖とでこうも違うかと思えるのも面白い所です。

スーパーとかで売られている切身を見れば分かりますが、天然の身は赤っぽい色で養殖の身は白っぽい色をしています。

養殖は人間からエサを貰えますし外敵に襲われるなどの心配もなく、ある意味悠悠自適に生活している訳です。

さらに泳ぐスペースも柵的なモノで仕切られているので、そんなに運動(泳ぐ)することも出来ずにいます。

ですから、養殖の方が脂肪分が多くなり、その分が身に白く表れます。

逆に天然の方は、自分で動かなければエサにありつけませんし、常に大海を泳いでいる訳ですから筋肉質となるイメージでその分が身に赤く表れます。

フライパンで切身を焼いた時にも明確にソレは分かり、養殖の方は焼いている最中に結構な脂がにじみ出てきます。

基本的には天然の方が価値が高く扱われますが、そういった脂分が好きな人は養殖の方が美味しいと感じると思います。

ですので、作る料理や好みに応じて選択すれば良いと思っています。

ちなみに、今回は天然ブリの切身を使いました。

天然ブリ切身

スペアブリ

そこそこ簡単なレシピ

材料(1人分)

  • ブリ1切れ
  • カボチャ2枚
  • オクラ2本
  • 長芋2枚
  • レンコン2枚
  • シイタケ1個
  • (タレ)ケチャップ大さじ1
  • (タレ)中濃ソース大さじ1
  • (タレ)酒小さじ2
  • (タレ)みりん大さじ1

作り方

  1. タレを作りブリをしばらく漬けておく(15分ほど)
  2. ブリを焼く(8分ほど)
  3. 残ったタレを再度塗り付ける
  4. サラダ油・塩をチョッチ振った付け合わせ野菜群も一緒に焼く(5分ほど)

スペアブリ
東京ガスのウェブサイトでレシピを確認すると本来は「グリルを使ってね」ということなのでしょうが、私は毎度おなじみ「フィッシュロースター」を使いました。

また、タレには「ハチミツ」を使用するとのことだったのですが、私はこのハチミツが苦手なので、単純に照り焼きの照りと甘味の部分として「みりん」へと変更しています。

その他は基本的に東京ガスのウェブサイトのレシピを参考にさせて貰っています。

このスペアブリという料理、良いですね。
美味しかったですよ。

タレがケチャップとソースで「バーベキューソース」っぽくなるというか、こういったグリル系の料理にとてもよく合うと思いました。

そして、上記のレシピだとタレがやや多めで余ると思いますので、何か別のモノに利用するのも良いかも知れません。

オクラとか長芋に代表されるネバネバ系の食材を付け合わせにするところも面白いですよ。

これらの食材を炒めてしまうと色々な意味で味などが混ざってしまうのですが、グリル・網で焼くので他の味が混ざることがなくて食材単品の食感と味が楽しめると思います。

逆に言うと、付け合わせが綺麗というかシンプルな味なので、スペアブリが強調されて料理としてのバランスが良かったです。

ブリと野菜のネギマヨ和え

そこそこ簡単なレシピ

材料(1人分)

  • ブリ1切れ
  • 色々な野菜適量
  • マヨネーズ大さじ1
  • 万能ネギ適量
  • 塩コショウ適量

作り方

  1. 刻んだネギとマヨネーズを合わせておく
  2. ブリに塩コショウして焼く
  3. 野菜類も一緒に焼く
  4. ネギマヨと和える

ブリと野菜のネギマヨ和え
スペアブリを作った翌日には、ブリ切身やそれら野菜類も余っていましたので、今度はフライパンで炒め系の料理にしました。

各食材を適当な大きさに切り、全部炒めて混ぜ合わせ最後に前もって用意しておいたネギマヨのソースと絡めるという感じです。

マヨネーズも便利ですよ。

天然ブリは養殖に比べて脂肪分が少ないので、逆に「脂」を足したいなぁと思ったらマヨネーズをソースにするのも一つの手だと思いますし。

ブリという魚は、ブリ大根や照り焼きなど和っぽい料理にするのが基本的な感じだとも思いますが、今回は両方とも洋風な味付けで楽しみました。

関連記事

アボカドとジャガイモでコロッケ

【アボカドは野菜か?】エビとのディップやコロッケにしたりして

なんか私は勝手なイメージで「果物」に分類されるものかと。 ですが、とある筋からの情報による

記事を読む

トウモロコシ・ゴールドラッシュ

とうもろこし(ゴールドラッシュ)が美味しいのは焼き茹でどっち?

この初夏から旬が始まる野菜というか穀物『トウモロコシ』。 皆さんもこの時期もう食べましたよね。

記事を読む

ブリ大根

切り身でブリ大根&塩焼き!煮物は一晩寝かせて美味しさダンチ

それは冬の定番料理。 皆さん、お好きですか? そんな『ブリ大根』。 切り身を使って作る

記事を読む

色とりどり 鶏と野菜のココット焼き

ストウブで鶏肉と野菜を蒸し焼きに!ソレがこの鍋の良いところ

「あたらしいサラダの冬が来た。」という言葉で始まる、キユーピーのテレビCM。 もう見ましたか。

記事を読む

スルメイカの蒸し焼き(ストウブ使用)

ストウブでスルメイカ焼き!レシピ的には“蒸す”感じになるね

皆さん、イカってよくお食べになられますか? 魚食系男子でお馴染みの私は“魚”は頻繁に食べていま

記事を読む

アルーゴビ(ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め)

ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め「アルーゴビ」![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #8】。 色々と作ってみているインド料理の中でも、「ジャガイ

記事を読む

パニール

パニールっつうチーズを自家製で!失敗無し超簡単な作り方を[インドへの道]

お久しぶりのインド料理の話。 熱しにくく冷めにくい性格の私は一度ハマってしまうとマイブームが長

記事を読む

サバの味噌煮

サバの味噌煮は霜降り処理と鉄鍋必須か?塩焼きも忘れてないよ

旬は秋から冬。 水揚げされる地方によって違いがあるようですが、冬のソレの方が私は美味しいと思ってい

記事を読む

タンドーリチキン

タンドリーチキンやわらかっ!理由はヨーグルト?[インドへの道]

数年前から『インド』という国に興味を持ちまして、そのインドの公用語・ヒンディーの本を買ってモロモロと

記事を読む

ゲーンいわゆるタイカレー

ゲーンいわゆるタイカレーの作り方!パスタにも使える万能スープ

友人の東南アジア旅行のお土産に頂きました、この『タイカレー』のもと。 ありがとうございます。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑