*

ストウブで鶏肉と野菜を蒸し焼きに!ソレがこの鍋の良いところ

公開日: : 最終更新日:2015/05/01 料理

「あたらしいサラダの冬が来た。」という言葉で始まる、キユーピーのテレビCM。

もう見ましたか。
雪の中から取り出したキャベツ丸々ひとつを鍋に入れて調理しているやつ。

そのノンオイルきざみ玉ねぎのCMで使われている鍋、それがSTAUB(ストウブ)です。

見た感じ、私が持っている『ピコ・ココット ラウンド』と同一種。
しかも色もグレーで同じです。

そのCMのキャッチでもあります「野菜にドレスを着せましょう。」と言うように、もう1年と半年ほど使っていますが、確かに「野菜の調理に能力を発揮する鍋」だと感じています。

ストウブの鍋はその仕組み上、主に蒸気で調理するイメージ。
つまり“蒸す”ということ。

魚もそうですが、野菜も色々な調理方法がある中で“蒸す”料理は一番その食材の美味しさをダイレクトに感じられるのは私だけでしょうか。

今回はそんな野菜をたくさん使って、骨付き鶏もも肉をストウブでやってみようと思います。

色とりどり 鶏と野菜のココット焼き

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 骨付き鶏もも肉1本
  • ナス2本
  • タマネギ1個
  • アスパラガス2本
  • エリンギ2本
  • パプリカ(赤・黄)各1個
  • ニンニク1片
  • オリーブオイル大さじ1ほど
  • ローズマリー適量
  • レモン果汁適量
  • 適量
  • 100ml

作り方

  1. 鶏肉・野菜群を適当な大きさに切り、塩を振って30分ほど置く
  2. 鶏肉の水分を拭いて皮からしっかりと焼く
  3. 焼き目がついたら裏返し、しばらく焼いたら一旦取り出す
  4. その脂分も利用してオリーブオイル・ニンニクで野菜群にも焼き目をつける
  5. その上に鶏肉を戻して水を加え、弱火で蒸し焼きにする(5分ほど)
  6. 取り出しておいた鶏肉から出た脂分・オリーブオイル・ローズマリー・塩などを火にかけてソースを作る
  7. 火からはずしレモン果汁を加えたソースを全体にかけて完成

色とりどり 鶏と野菜のココット焼き
基本的には塩味のみ。
野菜もトロトロになって、鶏の脂・旨味を吸い込んで凄く美味しくなっています。

もちろん鶏肉自体も柔らかくて美味しいです。

使う野菜は何でも良さそうですし、ズッキーニとか使えばよりイタリアンらしく。

また、ソースの塩気もアンチョビを使えばさらにソレらしくなる気がします。

調理工程としては“焼き付け”が少々面倒くさいですが、切って焼いて蒸してだけなのでシンプルで簡単。

本来ならば、そういった焼き付けなどは別々のフライパンでやった方が良い気もします。

がしかし、ストウブの鍋はそういうのも全部出来るところが良いと思っているのでひとつの鍋でやっちゃいます。

その方が洗い物が少なくなる訳だし。

鍋の形 ラウンドとオーバル

STAUB(ストウブ)には、私が持っているラウンドという丸型とオーバルという楕円型があります。

基本的には丸型だと思われますが、それとは別にある楕円。
何でその型なのか分かりますでしょうか。

ようは細長い具材の調理に向いています。
よくあるのは“魚”でしょう。

以前『アクアパッツア』を作った時も、このラウンド22センチの鍋を使用したのですが、丸々1尾では入らなかったので半分に切らせて頂きました。

“その魚をそのままの形で”と考えると、オーバルが良いと思います。

今回の骨付き鶏もも肉もやや大きくて鍋に入り難かったので、骨付き部分と肉部分とで分けるように切りましたし。

汚れやサビのお手入れ

汚れやサビのお手入れ
そんなストウブの鍋。
現在の状態はこんな感じ。

1年と半年ほど使っていて、汚れやサビとか気になる所ですがまぁ大丈夫そうです。

一時期、洗い終わった後に水気があると目立たないのですが、乾いてくると鍋内側の表面に白色の沈着物が目立つようになってきました。

調べてみると、どうやら塩の結晶だかなんだかが調理していく内に付着していることが原因のようです。

でもまぁ特に処理とかせずに気にしないで使っていたら、知らない内にソレも取れてくれた感じ。

ですので、使用後は「通常の洗剤で洗い、軽く拭いて、火にかけて水気をとばす」という後処理で大丈夫そうです。

関連記事

ポトフ

問題のあるレストラン風ポトフ!具材の切り方が俺のとは違うなぁ

私はその料理を作る時、色々な具材を“ある程度は細かく”切って作ります。 どうなんでしょう。

記事を読む

エビのアヒージョ(ニトスキで)

エビのアヒージョをニトスキで!味付けは塩加減が最重要だぞっ

私の記憶が確かならば以前『ニトリのスキレット(通称:ニトスキ)を購入しました』というブログ記事を書き

記事を読む

黒酢炒飯

揚州商人の黒酢炒飯を完全再現か?作り方として鎮江香酢が最重要

皆さんは『揚州商人』という中華料理屋さん行きます? 結構昔から存在はしていたと思いますし、私も

記事を読む

リンゴの豚肉巻き

果物おかず!リンゴを使って豚肉巻きやレバーとの野菜炒めを

デザートとしてではなく、あくまでもフルーツを“御飯”として食べること。 『果物おかず』というも

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

きくらげと豚肉の混ぜそば

焼きそば麺のほぐし方を!きくらげと豚肉の混ぜそば作って試してみる

ちょくちょく見ているテレビ東京の料理番組『男子ごはん』。 なんか美味しそうだなと思い、作ってみ

記事を読む

サンマのお刺身

旬のサンマを刺身やなめろうに!今月入って何尾目の青魚か?

その料理を作って食べることにより食文化を学びたいと思っている私は、こういう旬モノは意識的に食べるよう

記事を読む

スルメイカのふわふわ団子

ふわふわ食感イカ団子の作り方!吸い地のスープもまた美味しい

夏が旬のスルメイカ。 今夏もよく食べさせて頂きました。 調理方法としてはお刺身・イカソー

記事を読む

ホウボウの塩焼き

ホウボウの食べ方は塩焼き・唐揚げ・煮物など!出汁も美味しいよ

そのお魚。 一般的には高級魚という位置づけですが、スーパーとかで小さいサイズのものは意外とお安く売

記事を読む

鶏皮ポン酢

男のマストアイテム・鶏皮!美味しいし安いけど食べ過ぎには注意

私が焼き鳥で一番好きな部位「皮」。 まぁ勿論、皆さんもきっとそうであると信じておりますが、どう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑