*

タンドリーチキンやわらかっ!理由はヨーグルト?[インドへの道]

公開日: : 料理

数年前から『インド』という国に興味を持ちまして、そのインドの公用語・ヒンディーの本を買ってモロモロと勉強している次第です。

熱しやすく冷めやすいの真反対“熱しにくく冷めにくい”性格の私ですから、新しいモノには中々飛びつかずに人よりかなり遅れてマイブームが来ます。

で、ブームが来たら結構長い期間それにハマるもんですから、そのヒンディーの本も浅~く長~く読んでいたりします。

そして、ひょんなことから又インドブームが私の中で高まりまして。

2016年頃には実際にインドに行こうかなんて計画で勝手に盛り上がっています。

という訳で引き続き“言葉”としてのヒンディーは勉強しておくとして、それ以外にも“料理”としての食文化というのもやはり重要な知識。

元より「三度の飯より四度の飯」な私は食べることが好きですし、インド料理屋さんにもよく行きますのでそれなりのインド料理に関する知識(料理名など)は少なからずあるにはあります。

が、実際にその国の料理を自分自身で作って食べてみることにより単純に知識や経験が増えますしイメージも高まると思いますので、これからは色々とインド料理に意図的にハマってみようかと思い立ち、当企画【インドへの道】発足です。

今回の第1回はインド料理では最もお馴染みではないでしょうか、『タンドーリチキン』を取り上げます。

タンドーリチキン/北インド

とか言ってイキナリでなんなんですが、厳密に言うと『タンドーリチキン』ではありません。

タンドール(窯)で焼いたチキン(鶏肉)という意味ですから、そんなインド料理店にあるような大きな窯は自宅にはありません。

そんなタンドール(窯)の代わりにオーブンで焼き上げるレシピにしています。

さらに言うと、私の場合は絶大な信頼をおいている「フィッシュロースター(名機・象印EF-VT40)」を使いますけども。

なので正確に言うとすると『一晩マリネしたチキンのロースト』という料理名な感じでしょうか。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 骨付き鶏もも肉2本
  • レモン汁大さじ1ほど
  • 塩コショウ適量
  • プレーンヨーグルト50g
  • おろしニンニク小さじ1
  • おろしショウガ小さじ1
  • サラダ油小さじ1
  • 小さじ1
  • パプリカ大さじ1
  • ガラムマサラ小さじ1
  • クミン小さじ1
  • コリアンダー小さじ1
  • カイエンヌペッパー小さじ1/2
  • ターメリック小さじ1/2
  • クローブ小さじ1/4

※パプリカ以下はパウダースパイス

作り方

  1. 鶏肉の皮をむいて適当な位置に切れ目を入れる
  2. 鶏肉にレモン汁・塩コショウをもみ込む
  3. プレーンヨーグルト以下の材料をかき混ぜてマリネ液を作る
  4. 鶏肉全体にマリネ液をよくからめて切れ目の中も含めてもみ込む
  5. 保存袋にマリネ液ごと鶏肉を入れて一晩冷蔵庫で保管しておく
  6. オーブンやフィッシュロースターで焼く

タンドーリチキン
うん。
良い感じ。

香辛料・スパイスがよく香って美味しく焼き上がりました。

味としては下ごしらえの段階で塩味系をもう少しキツメに仕込んでも良かったかも。

で、特筆すべきは焼き上げたチキンのやわらかさです。

ヨーグルトでマリネするのが鶏肉がやわらかくなる理由

ヨーグルトでマリネしたからなのか、いつものローストチキンよりも断然やわらかくジューシーに焼けた気がします。

ヨーグルトでマリネ
ちなみに、一晩マリネした焼く前の鶏肉がこちら。

調べてみると、ヨーグルトに含まれる乳酸が肉に対して色々な効果を発揮してくれるとかなんとか。

その“ヨーグルト効果”がハッキリと分かるほどのチキンのやわらかさでした。

また、スパイスの種類が多めですが「混ぜ合わせてもみ込んで置いといて(マリネして)焼く」という作り方は手順として簡単だと思いました。

もう少し“赤い色”寄りでの焼き上がりをイメージしていたのですが、それほどでもなく。

赤系スパイスのパプリカやカイエンヌペッパーを多めに入れれば赤い焼き上がりになるのでしょうか。

タンドーリなのか、タンドリーなのか

そんなこの『タンドーリチキン』。

別にタンドリーチキンという呼び名もあるようです。

がしかし、先述したようにタンドール(窯)という言葉から来ている訳ですから私は『タンドーリチキン』派です。

タンドリーチキンという名前だと、私的にコインランドリー・洗うをイメージしちゃうんでね。

また、タンドーリチキンは基本的に“骨有り”の鶏肉を材料にするようです。

私も骨付き鶏もも肉を使っています。

味付けや調理方法などは同様で、骨付き肉ではないチキンを使った『チキンティッカ』という料理もあるのですが、それは又の機会に。

関連記事

牛バラ肉の赤ワイン煮

赤ワインで煮込む!牛バラ肉や鶏手羽元を。鍋はストウブで

いやぁ、随分と寒くなってきましたね。 この時期になると、なんだか急に赤ワインが飲みたくなるのは

記事を読む

アジの磯辺揚げ

アジの磯辺揚げを作るぜ![釣りバカみち子さんレシピ]参考

えーっと、私が最も好きな食べ物のひとつに『ちくわの磯辺揚げ』があります。 もちろん皆さんも好き

記事を読む

トウモロコシ・ゴールドラッシュ

とうもろこし(ゴールドラッシュ)が美味しいのは焼き茹でどっち?

この初夏から旬が始まる野菜というか穀物『トウモロコシ』。 皆さんもこの時期もう食べましたよね。

記事を読む

スープカレー

スープカレーを作る!レトルトとポトフの残りをアレンジして

先日、私の記憶が確かならば『問題のあるレストラン風ポトフ』を作りまして。 その具材である野菜類

記事を読む

ホウボウの塩焼き

ホウボウの食べ方は塩焼き・唐揚げ・煮物など!出汁も美味しいよ

そのお魚。 一般的には高級魚という位置づけですが、スーパーとかで小さいサイズのものは意外とお安く売

記事を読む

イサキのポワレ マスタードソース

イサキのポワレの美味しいレシピ!ザ・フレンチな食べ方を紹介

今回のブログ記事で取り上げる魚は「イサキ」。 この時期5月~6月ごろが旬だと思われるお魚。

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

揚げバター(フライド・バター・ボール)

揚げバターをイメージレシピで作ってみた!噂のカロリースイーツ

とある筋からの情報によると、なんでも『フライド・バター・ボール(スティック)』なるものがアメリカで流

記事を読む

アジのムニエル

アジのムニエル!バター&レモンの組み合わせは絶品最強説

今回のブログ記事はお料理。 使う食材は大衆魚「アジ」。 調理法はコレマタお馴染みの「

記事を読む

スパゲッティ ボロネーゼ(ミートソース)

ボロネーゼ(ミートソース)をガツンと激ウマに作る3つのコツ

色々な料理を作っている私ですが、やはりイタリアンが一番しっくりくる料理ですかねぇ。 特にパスタ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

→もっと見る

PAGE TOP ↑