*

タンドリーチキンやわらかっ!理由はヨーグルト?[インドへの道]

公開日: : 料理

数年前から『インド』という国に興味を持ちまして、そのインドの公用語・ヒンディーの本を買ってモロモロと勉強している次第です。

熱しやすく冷めやすいの真反対“熱しにくく冷めにくい”性格の私ですから、新しいモノには中々飛びつかずに人よりかなり遅れてマイブームが来ます。

で、ブームが来たら結構長い期間それにハマるもんですから、そのヒンディーの本も浅~く長~く読んでいたりします。

そして、ひょんなことから又インドブームが私の中で高まりまして。

2016年頃には実際にインドに行こうかなんて計画で勝手に盛り上がっています。

という訳で引き続き“言葉”としてのヒンディーは勉強しておくとして、それ以外にも“料理”としての食文化というのもやはり重要な知識。

元より「三度の飯より四度の飯」な私は食べることが好きですし、インド料理屋さんにもよく行きますのでそれなりのインド料理に関する知識(料理名など)は少なからずあるにはあります。

が、実際にその国の料理を自分自身で作って食べてみることにより単純に知識や経験が増えますしイメージも高まると思いますので、これからは色々とインド料理に意図的にハマってみようかと思い立ち、当企画【インドへの道】発足です。

今回の第1回はインド料理では最もお馴染みではないでしょうか、『タンドーリチキン』を取り上げます。

タンドーリチキン/北インド

とか言ってイキナリでなんなんですが、厳密に言うと『タンドーリチキン』ではありません。

タンドール(窯)で焼いたチキン(鶏肉)という意味ですから、そんなインド料理店にあるような大きな窯は自宅にはありません。

そんなタンドール(窯)の代わりにオーブンで焼き上げるレシピにしています。

さらに言うと、私の場合は絶大な信頼をおいている「フィッシュロースター(名機・象印EF-VT40)」を使いますけども。

なので正確に言うとすると『一晩マリネしたチキンのロースト』という料理名な感じでしょうか。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 骨付き鶏もも肉2本
  • レモン汁大さじ1ほど
  • 塩コショウ適量
  • プレーンヨーグルト50g
  • おろしニンニク小さじ1
  • おろしショウガ小さじ1
  • サラダ油小さじ1
  • 小さじ1
  • パプリカ大さじ1
  • ガラムマサラ小さじ1
  • クミン小さじ1
  • コリアンダー小さじ1
  • カイエンヌペッパー小さじ1/2
  • ターメリック小さじ1/2
  • クローブ小さじ1/4

※パプリカ以下はパウダースパイス

作り方

  1. 鶏肉の皮をむいて適当な位置に切れ目を入れる
  2. 鶏肉にレモン汁・塩コショウをもみ込む
  3. プレーンヨーグルト以下の材料をかき混ぜてマリネ液を作る
  4. 鶏肉全体にマリネ液をよくからめて切れ目の中も含めてもみ込む
  5. 保存袋にマリネ液ごと鶏肉を入れて一晩冷蔵庫で保管しておく
  6. オーブンやフィッシュロースターで焼く

タンドーリチキン
うん。
良い感じ。

香辛料・スパイスがよく香って美味しく焼き上がりました。

味としては下ごしらえの段階で塩味系をもう少しキツメに仕込んでも良かったかも。

で、特筆すべきは焼き上げたチキンのやわらかさです。

ヨーグルトでマリネするのが鶏肉がやわらかくなる理由

ヨーグルトでマリネしたからなのか、いつものローストチキンよりも断然やわらかくジューシーに焼けた気がします。

ヨーグルトでマリネ
ちなみに、一晩マリネした焼く前の鶏肉がこちら。

調べてみると、ヨーグルトに含まれる乳酸が肉に対して色々な効果を発揮してくれるとかなんとか。

その“ヨーグルト効果”がハッキリと分かるほどのチキンのやわらかさでした。

また、スパイスの種類が多めですが「混ぜ合わせてもみ込んで置いといて(マリネして)焼く」という作り方は手順として簡単だと思いました。

もう少し“赤い色”寄りでの焼き上がりをイメージしていたのですが、それほどでもなく。

赤系スパイスのパプリカやカイエンヌペッパーを多めに入れれば赤い焼き上がりになるのでしょうか。

タンドーリなのか、タンドリーなのか

そんなこの『タンドーリチキン』。

別にタンドリーチキンという呼び名もあるようです。

がしかし、先述したようにタンドール(窯)という言葉から来ている訳ですから私は『タンドーリチキン』派です。

タンドリーチキンという名前だと、私的にコインランドリー・洗うをイメージしちゃうんでね。

また、タンドーリチキンは基本的に“骨有り”の鶏肉を材料にするようです。

私も骨付き鶏もも肉を使っています。

味付けや調理方法などは同様で、骨付き肉ではないチキンを使った『チキンティッカ』という料理もあるのですが、それは又の機会に。

関連記事

黒酢炒飯

揚州商人の黒酢炒飯を完全再現か?作り方として鎮江香酢が最重要

皆さんは『揚州商人』という中華料理屋さん行きます? 結構昔から存在はしていたと思いますし、私も

記事を読む

シークカバブ(ひき肉の串焼き)

シークカバブのレシピ!食べ方としてチャトニも絶対忘れずにっ[インドへの道]

久し振りにインド料理のブログ記事。 もろもろ“インド料理を作ってみる”ことで、知識や経験を得よ

記事を読む

もちもちれんこんしそつくね(オレンジページのレシピ参考版)

レンコンの皮のむき方&すりおろし方って?鶏つくね作って試してみる

さて、秋の時期が旬の『レンコン』。 私の記憶が確かならば、先日そんな『レンコンを使っての竜田揚

記事を読む

ロマネスコ

ロマネスコとかいう珍しい野菜を蒸す調理法で味を確認してみた

突然ですが、テレビのCM中に短い時間の番組あるじゃないですか。 あれ、総称の呼び名としてミニ番

記事を読む

ジャガイモのリヨン風炒め

ジャガイモ炒めやサラダを赤ワインに合う簡単おつまみに一工夫

この寒い季節・冬。 秋頃から肌寒くなってくると、それに比例して赤ワインが飲みたくなる私。 理

記事を読む

油淋鶏(ユーリンチー)

油淋鶏(ユーリンチー)のレシピ!揚げ方で注意すべきことを幾つか

記憶上、まじまじと向かい合って意識的にそのお料理を私が初めて食べたのは神保町の中華料理屋さんだったと

記事を読む

メカジキのジェノベーゼソース

ニラでジェノベーゼ作るってよ!ソースはパスタや白身魚に利用

そもそも、その料理を“ニラで”と思ったのは先日の栃木旅行。 ふと入ったお店で「ニラのジェノベー

記事を読む

チキンチリフライ(鶏肉の辛み炒め)

チキンチリフライのレシピ!パクチーとの相性もGood[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #10】。 作ってみる料理は『チキン・チリ・フライ』。

記事を読む

炊き込みご飯

炊き込みご飯は難しい…は思いこみ!水加減など基本的な作り方を紹介

皆さんは食欲の秋の時期に『炊き込みご飯』を作りますか? 炊き込みご飯に“旬”というのも変な感じ

記事を読む

ワカシの塩焼き

ワカシ(ブリの幼魚)をあえての塩焼きに!はたして味の感想は?

今回は「ワカシ」を買いましたので、ブログ記事で取り上げたいと思います。 食べ方はシカーモ塩焼き

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑