*

タンドリーチキンやわらかっ!理由はヨーグルト?[インドへの道]

公開日: : 料理

数年前から『インド』という国に興味を持ちまして、そのインドの公用語・ヒンディーの本を買ってモロモロと勉強している次第です。

熱しやすく冷めやすいの真反対“熱しにくく冷めにくい”性格の私ですから、新しいモノには中々飛びつかずに人よりかなり遅れてマイブームが来ます。

で、ブームが来たら結構長い期間それにハマるもんですから、そのヒンディーの本も浅~く長~く読んでいたりします。

そして、ひょんなことから又インドブームが私の中で高まりまして。

2016年頃には実際にインドに行こうかなんて計画で勝手に盛り上がっています。

という訳で引き続き“言葉”としてのヒンディーは勉強しておくとして、それ以外にも“料理”としての食文化というのもやはり重要な知識。

元より「三度の飯より四度の飯」な私は食べることが好きですし、インド料理屋さんにもよく行きますのでそれなりのインド料理に関する知識(料理名など)は少なからずあるにはあります。

が、実際にその国の料理を自分自身で作って食べてみることにより単純に知識や経験が増えますしイメージも高まると思いますので、これからは色々とインド料理に意図的にハマってみようかと思い立ち、当企画【インドへの道】発足です。

今回の第1回はインド料理では最もお馴染みではないでしょうか、『タンドーリチキン』を取り上げます。

タンドーリチキン/北インド

とか言ってイキナリでなんなんですが、厳密に言うと『タンドーリチキン』ではありません。

タンドール(窯)で焼いたチキン(鶏肉)という意味ですから、そんなインド料理店にあるような大きな窯は自宅にはありません。

そんなタンドール(窯)の代わりにオーブンで焼き上げるレシピにしています。

さらに言うと、私の場合は絶大な信頼をおいている「フィッシュロースター(名機・象印EF-VT40)」を使いますけども。

なので正確に言うとすると『一晩マリネしたチキンのロースト』という料理名な感じでしょうか。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 骨付き鶏もも肉2本
  • レモン汁大さじ1ほど
  • 塩コショウ適量
  • プレーンヨーグルト50g
  • おろしニンニク小さじ1
  • おろしショウガ小さじ1
  • サラダ油小さじ1
  • 小さじ1
  • パプリカ大さじ1
  • ガラムマサラ小さじ1
  • クミン小さじ1
  • コリアンダー小さじ1
  • カイエンヌペッパー小さじ1/2
  • ターメリック小さじ1/2
  • クローブ小さじ1/4

※パプリカ以下はパウダースパイス

作り方

  1. 鶏肉の皮をむいて適当な位置に切れ目を入れる
  2. 鶏肉にレモン汁・塩コショウをもみ込む
  3. プレーンヨーグルト以下の材料をかき混ぜてマリネ液を作る
  4. 鶏肉全体にマリネ液をよくからめて切れ目の中も含めてもみ込む
  5. 保存袋にマリネ液ごと鶏肉を入れて一晩冷蔵庫で保管しておく
  6. オーブンやフィッシュロースターで焼く

タンドーリチキン
うん。
良い感じ。

香辛料・スパイスがよく香って美味しく焼き上がりました。

味としては下ごしらえの段階で塩味系をもう少しキツメに仕込んでも良かったかも。

で、特筆すべきは焼き上げたチキンのやわらかさです。

ヨーグルトでマリネするのが鶏肉がやわらかくなる理由

ヨーグルトでマリネしたからなのか、いつものローストチキンよりも断然やわらかくジューシーに焼けた気がします。

ヨーグルトでマリネ
ちなみに、一晩マリネした焼く前の鶏肉がこちら。

調べてみると、ヨーグルトに含まれる乳酸が肉に対して色々な効果を発揮してくれるとかなんとか。

その“ヨーグルト効果”がハッキリと分かるほどのチキンのやわらかさでした。

また、スパイスの種類が多めですが「混ぜ合わせてもみ込んで置いといて(マリネして)焼く」という作り方は手順として簡単だと思いました。

もう少し“赤い色”寄りでの焼き上がりをイメージしていたのですが、それほどでもなく。

赤系スパイスのパプリカやカイエンヌペッパーを多めに入れれば赤い焼き上がりになるのでしょうか。

タンドーリなのか、タンドリーなのか

そんなこの『タンドーリチキン』。

別にタンドリーチキンという呼び名もあるようです。

がしかし、先述したようにタンドール(窯)という言葉から来ている訳ですから私は『タンドーリチキン』派です。

タンドリーチキンという名前だと、私的にコインランドリー・洗うをイメージしちゃうんでね。

また、タンドーリチキンは基本的に“骨有り”の鶏肉を材料にするようです。

私も骨付き鶏もも肉を使っています。

味付けや調理方法などは同様で、骨付き肉ではないチキンを使った『チキンティッカ』という料理もあるのですが、それは又の機会に。

関連記事

Pasco(パスコ)の超熟イングリッシュマフィン

イングリッシュマフィン超熟で朝食を!カボチャなど簡単な具で

私は朝食に食パンをトーストしたものだったり、バウルーを使ったホットサンドだったりを基本的にはよく食べ

記事を読む

スルメイカの蒸し焼き(ストウブ使用)

ストウブでスルメイカ焼き!レシピ的には“蒸す”感じになるね

皆さん、イカってよくお食べになられますか? 魚食系男子でお馴染みの私は“魚”は頻繁に食べていま

記事を読む

アボカドとジャガイモでコロッケ

【アボカドは野菜か?】エビとのディップやコロッケにしたりして

なんか私は勝手なイメージで「果物」に分類されるものかと。 ですが、とある筋からの情報による

記事を読む

エビのアヒージョ(ニトスキで)

エビのアヒージョをニトスキで!味付けは塩加減が最重要だぞっ

私の記憶が確かならば以前『ニトリのスキレット(通称:ニトスキ)を購入しました』というブログ記事を書き

記事を読む

トマトのガスパチョ

ガスパチョの作り方!冷製スープの効果で夏バテにアディオース

そう、この冷製スープとの出会いは「東京ガスのCM ガス・パッ・チョ」だったかと思います。 恥ず

記事を読む

サグチキン(ほうれん草と鶏肉のカレー)

サグチキンっつう簡単に言うとほうれん草カレーの作り方![インドへの道]

私がインド料理に興味を持つキッカケになったのも、この『サグチキン』というカレーだったりします。

記事を読む

チキン65

「チキン65?」何でかそう呼ばれる鶏肉料理の新定番が登場だ![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #5】。 「インドを知る」という目的のもと作ってみたインド料

記事を読む

シーザーサラダ

シーザーサラダのドレッシングを手作りで!材料の基本がコチラ

皆さんは、どんなサラダが好きですか? 私は作り方がとても簡単な「コールスロー」や今回のブログ記

記事を読む

鶏皮ポン酢

男のマストアイテム・鶏皮!美味しいし安いけど食べ過ぎには注意

私が焼き鳥で一番好きな部位「皮」。 まぁ勿論、皆さんもきっとそうであると信じておりますが、どう

記事を読む

リンゴの豚肉巻き

果物おかず!リンゴを使って豚肉巻きやレバーとの野菜炒めを

デザートとしてではなく、あくまでもフルーツを“御飯”として食べること。 『果物おかず』というも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

ASSASSIN 85% TUNGSTEN 18gR STYLE A/Harrows(ハローズ)
マイダーツ買うなら早い方が良い!と形から入った俺のアサシン6500円

知り合いが『ダーツ』にハマってると聞きまして、じゃぁ自分も「久しぶりに

スクエア KC-28 BK/金子眼鏡店(かねこがんきょうてん)
金子眼鏡で高級セルロイド買った!やっぱりフレームの色は黒にしてぃ

ついに高級メガネを買ってしまいました。 フレーム&レンズで価格は

→もっと見る

PAGE TOP ↑