*

鶏の唐揚げの作り方を!美味しく揚げる油の温度は何℃が良いの?

公開日: : 料理

キッチン用温度計を購入してからというもの、コツをつかんで“揚げ物”にハマっております。

やはり正確な温度をちゃんと見ながら揚げ物料理をすると良い感じですよ。

使用する鍋・油の量・温度・具材まで同じであれば、揚げる時間や作り方も共通化され失敗が少なくなる訳ですから。

クッキング温度計/DRETEC(ドリテック)
ちなみに、私が使っているのがこちら『クッキング温度計/DRETEC(ドリテック)』

以前はレシピ本とかによく書いてある「菜箸を油に入れて先から出てくる気泡で・・・」という判断基準で温度を確認していましたが、単純にソレ難しいですよ。

特に私は揚げ油をケチる傾向がありますので、少ない量の油だとその菜箸の気泡もよく見えないですから。

で、そんな揚げ物の中でも私が好きなのはフライドポテト。

それと双璧を成すのが『鶏の唐揚げ』です。

男子はやはり鶏の唐揚げが大好き。

ということで、今回のブログ記事には私の鶏の唐揚げの作り方について書いておきたいと思います。

そうやってレシピを定番化させておけば、私の中でも作るたびの参考になる訳ですし。

鶏の唐揚げ(二度揚げ版)

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 鶏むね肉400gほど
  • 醤油大さじ2
  • 大さじ1
  • おろしショウガ小さじ1
  • 片栗粉大さじ3

作り方

  1. 醤油・酒・おろしショウガを混ぜ合わせて下味用の漬け汁を作る
  2. 適当な大きさに切った鶏肉をよくからめる
  3. 漬け込んだ鶏肉を冷蔵庫におく(1時間ほど)
  4. 若干残して漬け汁を捨て、片栗粉を混ぜ合わせる
  5. 油で揚げる(160℃で3分ほど)
  6. 鶏肉を一旦取り出して休ませる(5分ほど)
  7. 油で揚げる(200℃で1分ほど)

鶏の唐揚げ(二度揚げ版)
うん。
美味しい。

衣のカリッと食感が、まず噛んだ瞬間に美味しいと思わせてくれます。

下味も効いていて良い感じの唐揚げができました。

鶏肉は本来“もも”を使うのが望ましいですが、そのお値段の安さから私は胸肉派です。

よりジューシーで柔らかさを求める場合は鶏もも肉をチョイスしてください。

揚げ方のコツ

まず、上記レシピにあるように「二度揚げ」するのがおすすめ。

お肉の中までしっかり火が通りますし、外側の衣もカラッと揚がります。

そして揚げ物の注意点と言うか、私的な今後の課題として。

私の場合“具材を一度に入れ過ぎる”クセが強いのです。

面倒くさいから油の中に一気に投入しちゃうんですが、そうなると油の温度が下がり過ぎてしまいます。

鶏肉400グラムの場合は油の量にもよると思いますが、最低でも2回以上には分けて揚げた方が良いでしょう。

そもそも油の量をケチってるのも良くないですよねぇ。

衣は片栗粉か小麦粉か

鶏の唐揚げの衣に使うのは私は「片栗粉」派です。

ちなみに片栗粉はジャガイモの澱粉から作られます。

小麦粉の衣に比べてカリッというか、場合によってはガリッともくる食感が好みです。

ただ衣自体がネットリと重くなるというか粘り気が強くなる傾向もあるんですよねぇ。

また、鶏肉は皮付きで揚げるようにしています。

切った鶏肉全部に皮が付いている訳ではないので、皮付きの唐揚げに当たった時の嬉しさは格別です。

衣と皮の旨味が特に合わさって凄く美味しく感じるので。

関連記事

きくらげと豚肉の混ぜそば

焼きそば麺のほぐし方を!きくらげと豚肉の混ぜそば作って試してみる

ちょくちょく見ているテレビ東京の料理番組『男子ごはん』。 なんか美味しそうだなと思い、作ってみ

記事を読む

チキンチリフライ(鶏肉の辛み炒め)

チキンチリフライのレシピ!パクチーとの相性もGood[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #10】。 作ってみる料理は『チキン・チリ・フライ』。

記事を読む

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)

チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)を簡単に短時間で作る[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #9】。 この料理『チャナマサラ』はレシピ的には一応カレーに

記事を読む

黒酢炒飯

揚州商人の黒酢炒飯を完全再現か?作り方として鎮江香酢が最重要

皆さんは『揚州商人』という中華料理屋さん行きます? 結構昔から存在はしていたと思いますし、私も

記事を読む

イサキのポワレ マスタードソース

イサキのポワレの美味しいレシピ!ザ・フレンチな食べ方を紹介

今回のブログ記事で取り上げる魚は「イサキ」。 この時期5月~6月ごろが旬だと思われるお魚。

記事を読む

ポワレの皮くっつき問題

ポワレの意味!を踏まえた切り身の皮が本当にくっつかない焼き方を

今回のブログ記事では『ポワレ』という調理法について書いてみようと思います。 すごく簡単に言

記事を読む

とり鍋(日本ハム桜姫レシピ参考版)

とり鍋を桜姫のCMに影響され作ってみた!鶏団子がヤバ旨い

皆さんはもうそのコマーシャルは見ましたでしょうか。 なんかストーリーとしては、男性がブツブツ言

記事を読む

若鶏のディアボラ風

若鶏のディアボラ風!鶏むね肉の最も美味しい食べ方のレシピを

みんな大好き『鶏肉』。 え? 「鶏むね肉」のことですよ。 もも肉じゃなくて、むね肉。

記事を読む

リンゴの豚肉巻き

果物おかず!リンゴを使って豚肉巻きやレバーとの野菜炒めを

デザートとしてではなく、あくまでもフルーツを“御飯”として食べること。 『果物おかず』というも

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑