*

ジャガイモでヴィシソワーズ!ミキサー使うけど簡単な作り方を

公開日: : 料理

そんなこの冷製スープと私の出会いは、『ランチの女王(2002年/フジテレビ)』。

キッチンマカロニで働く竹内結子さんが間違えて大量のジャガイモを発注してしまい、コックの江口洋介さんが若干首をフリフリさせながら「仕方がない。ヴィシソワーズでも作るかっ」と。

「うわぁ、なんだか美味しそうな料理だなぁ」と当時の私は目をキラキラさせながら思いました。

このフランソワーズ的なフランスっぽいネーミングも、かっこよくておっしゃれー!じゃないですか。

フランソワーズ?

ソワーズ?

ちょっと気になったので調べてみたところ、ソワーズには「~風」という意味があるみたいですね。

フランスにあるヴィシー(という都市・町)風のスープ。
なので、ヴィシソワーズ。

私の持っているフレンチの料理本に、トマト・オリーブ・アンチョビ・ツナ等を入れた二ソワーズというサラダが掲載されていますが、これも南仏・ニース風のサラダという意味なんですね。

うん。
勉強になります。

話をグッと戻してきて料理のこと。

今夏、非常に暑い。
暑過ぎます。

「三度の飯より四度の飯」でお馴染みの私ですから暑さで食欲減退ということはありませんが、それでもやっぱり熱いモノよりも冷たいモノが食べたかったりします。

そんな時には、熱くなっても冷静になって作る冷製スープがオススメなんですよ、きっと。

という訳で今回は、冷製スープの代表格・ヴィシソワーズを2点ご紹介。

ヴィシソワーズ

ジャガイモ
ジャガイモ版

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ジャガイモ中1個~
  • 牛乳160ml
  • プレーンヨーグルト大さじ1
  • 生クリーム25ml
  • 塩コショウ適量
  • レモン汁適量
  • オリーブオイルお好みで
  • シブレット(万能ネギで代用)お好みで

作り方

  1. ジャガイモを茹でて皮をむき適当な大きさに切る
  2. ジャガイモと牛乳をミキサーにかけスープ状になったら容器に移す
  3. そこにプレーンヨーグルト・生クリームを加えて混ぜ合わせる
  4. 塩コショウ・レモン汁で調味してさらに混ぜ合わせ冷蔵庫で冷やす
  5. お好みでオリーブオイル・万能ネギとか入れるのはどうでしょう

ヴィシソワーズ

私の中での簡単に美味しく作るコツ

  • 生クリームとオリーブオイルは少なめにする
  • ジャガイモは多めでトロッとさせる

お好みの部分は多々あると思いますが、生クリームを多く入れてしまうと単純に甘さ・コクが出過ぎてしまい途中で飽きてしまうんです。

仕上げのオリーブオイルも又同様で、下手すると胃がムカムカしてくるので入れるのであればほんと少量で良いと思いますよ。

材料の分量としてのジャガイモ比率を大きくするとサラサラなスープではなく、どちらかというとボテッとした感じになります。

私はそのボテ感が好きだったりもするので少し多めの比率で作っています。

あと、ネギ

本当ならば仕上げにシブレットとかチャイブと呼ばれるハーブを入れたいのですが、コレが手に入らなくてですね、ネギで代用しています。

代用とは言いますが、シブレットもネギの一種だと思われますので俗に言う万能ネギでも良い気がします。

そもそもジャガイモとネギって単純に合いますから。

器に入れているオリーブオイルとネギ。

入れてはいますが混ぜて食べちゃうよりも、プレーン状態のヴィシソワーズスープを基本的には食べて、ちょっと味を変えたい時にそれらもスプーンにすくって食べるようにした方がスープ単体の美味しさを味わえる気がします。

ヴィシソワーズ・ヴェール

ほうれん草
ほうれん草版

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ほうれん草2株
  • 以下、上と同じ

作り方

  1. ほうれん草を茹でてざく切りにして牛乳とミキサーにかけスープ状になったら容器に移す
  2. 以下、上と同じ

ヴィシソワーズ・ヴェール
ジャガイモの部分をほうれん草に置き換えただけですので、材料・作り方ともに上記のジャガイモ版とまったく同じ。

ヴェールとはフランス語で「緑」ですので、その名の通り緑色のスープとなります。

純生クリーム35

タカナシ乳業純生クリーム35
今回のヴィシソワーズにはジャガイモ版・ほうれん草版ともに、この生クリームを使いました。

で、この「35」という数字は入っている乳脂肪分の割合をパーセントで表したもので、簡単に言えば数字が大きくなるほどコクが出てドロッとしてきます。

ですがホイップも含めて、それぞれ値段の差が結構あるんですよねぇ。

お好みで、乳感が強くコクを求める場合はパーセントが大きいモノをチョイスしてくださいな。

関連記事

ポークヴィンダルー(豚肉の酸味カレー)

ポークビンダルー!酢好き垂涎の最高に旨いカレーの作り方[インドへの道]

さてさて、今回のブログ記事は【インドへの道 #17】。 作ってみる料理は『ポークヴィンダルー(

記事を読む

マドラスビーフ(マドラス風 牛肉カレー)

マドラスビーフ!ガツンと牛肉が旨いカレーの作り方[インドへの道]

「自宅でカレー作らない人なんでぇ」でお馴染みの私。 市販のカレールーを溶かして・・・ということ

記事を読む

イサキのポワレ マスタードソース

イサキのポワレの美味しいレシピ!ザ・フレンチな食べ方を紹介

今回のブログ記事で取り上げる魚は「イサキ」。 この時期5月~6月ごろが旬だと思われるお魚。

記事を読む

炊き込みご飯

炊き込みご飯は難しい…は思いこみ!水加減など基本的な作り方を紹介

皆さんは食欲の秋の時期に『炊き込みご飯』を作りますか? 炊き込みご飯に“旬”というのも変な感じ

記事を読む

カマスの塩焼き(両褄折り)

カマスの食べ方は塩焼き一択でしょ?で勿論「両づま折り」でしょ

魚食系男子でお馴染みの私は、色々なお魚を好んで食べております。 それは“美味しいから”という単

記事を読む

色とりどり 鶏と野菜のココット焼き

ストウブで鶏肉と野菜を蒸し焼きに!ソレがこの鍋の良いところ

「あたらしいサラダの冬が来た。」という言葉で始まる、キユーピーのテレビCM。 もう見ましたか。

記事を読む

豚の生姜焼き

キッチンマカベ式豚の生姜焼き!タマネギはミキサーNGか?

テレビで紹介されていたその料理のレシピを参考にして、自分でも作ってみることにしました。 タレを

記事を読む

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

スープカレー

スープカレーを作る!レトルトとポトフの残りをアレンジして

先日、私の記憶が確かならば『問題のあるレストラン風ポトフ』を作りまして。 その具材である野菜類

記事を読む

バッファローチキンウィング

バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニューがとても美味しくてですね。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

→もっと見る

PAGE TOP ↑