*

ジャガイモ炒めやサラダを赤ワインに合う簡単おつまみに一工夫

公開日: : 料理

この寒い季節・冬。
秋頃から肌寒くなってくると、それに比例して赤ワインが飲みたくなる私。

理由は自分の体ながらよく分かりませんが、多分“ジビエ”が関係しているのではと思っています。

しかしながら、一般的なスーパーではソレは手に入りません。

手に入り易く、かつ安価で「おっ、これ意外と赤ワインと相性良いじゃん」と思える食材を使って料理しようと思います。

そう、それは『ジャガイモ』です。

付け合わせ的に使うのではなく、主役。
赤ワインのおつまみ用として調理してみたいと思います。

ジャガイモのリヨン風炒め

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ジャガイモ2個~
  • タマネギ1個
  • ベーコン50g
  • バター15g(を3分割)
  • オリーブオイル適量
  • 適量
  • パセリお好みで

作り方

  1. 火が通るまでジャガイモを茹でる(時間かかるので私は電子レンジで加熱)
  2. 薄切りにしたタマネギをオリーブオイルで炒める
  3. ジャガイモを輪切りにする(皮はお好みで)
  4. 多めのオリーブオイルでジャガイモを焼き目がつくまで焼く
  5. 余分な油を取り、バター(#1)を加えて炒める
  6. 棒状に切ったベーコンを入れて炒める
  7. ベーコンにも焼き目がついてきたら、タマネギ・バター(#2)を加えてジャガイモを崩す感じで炒め混ぜる
  8. パセリ・バター(#3)を加え混ぜ塩で調味する

ジャガイモのリヨン風炒め
感想としては、素朴な味。
もちろん良い意味で。

コショウを使っていないので変にスパイシーさとかが無くて具材それぞれの味が楽しめました。

ジャガイモはどちらかと言うと“揚げる”ようなイメージで作り、タマネギの甘みやベーコンの塩味と重なって美味しくなっています。

で、今回飲んだワインとも合っていてゴクゴク進んじゃいました。

今回のワイン。
もう少し渋みが強いかと思っていましたが、タンニンが少ないのか柔らかくて口当たりが良かったです。

その辺りが、素朴な味と非常に合っていたのかなぁと思います。

この料理を食べたことで、「ジャガイモと赤ワインってやっぱ相性良いなぁ」と再認識。

ジャガイモを揚げた感じとかベーコンの少し焦げた感じがまた良かったのかも。

リヨンについて

リヨンはフランスの都市。

地図的に言うと、フランスの中心からやや右下。
スイスやイタリア側にも近いイメージ。

もっと言うと、有名なワイン産地である縦に長いブルゴーニュ地方の一番下の、コレマタ有名なボジョレー近くの都市です。

「リヨン風」と言うと、そのリヨンの郷土料理。

定義は色々とあるみたいですが、“薄切りにしたタマネギをバターで炒めたもの”を利用する料理と私は思っていますがどうでしょう。

ポテトサラダ&ブルーチーズ

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • マッシュポテトジャガイモ2個分ほど
  • タマネギ1/4個
  • 適量
  • 砂糖適量
  • 適量
  • マヨネーズ大さじ2ほど
  • 青かびチーズ(ブルーチーズ)お好みの量

作り方

  1. まず『マッシュポテトを作る』は以前のブログ記事をご参照くださいませ
  2. タマネギと青かびチーズを食べ易い大きさに切る
  3. 電子レンジで加熱したタマネギ・塩・砂糖・酢を混ぜる
  4. 15分ほど置いて汁気が出たらマヨネーズ・マッシュポテトを加えて混ぜる
  5. 器にポテトサラダと青かびチーズを適当に盛る

ポテトサラダ&ブルーチーズ
私の場合はタマネギをレンジでチンしていますが、お好みで水にさらしてから使ったり、逆にさらしもせずに辛味も楽しみたい方はソチラでどうぞ。

味付けは酢・マヨネーズなどでしていますが、青かびチーズ(ブルーチーズ)との兼ね合いもありますので全体的に調味料の量は少なめにしています。

盛り付けとしては、ポテトサラダにブルーチーズを刺すような感じでポテトとチーズを交互に積み重ねていくイメージです。

こちらの料理も赤ワインと合っていて美味しく頂きました。

アルゼンチンワイン

アルゼンチン産 マルベック&サンジョヴェーゼ
今回合わせてみたワインの産地・品種は、「アルゼンチン産 マルベック&サンジョヴェーゼ」。

アラウンド千円イワユルひとつのアラ千ワインです。

ジャガイモと合わせて赤ワイン飲みたいなぁと自宅のセラーを確認したところ、赤が数本しか無くてその中からこのアルゼンチンワインをなんとなくチョイス。

正解でした。
先にも書きましたが、ジャガイモの素朴な味とよくマッチしていて料理とワインとも美味しかったです。

関連記事

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

アボカドとジャガイモでコロッケ

【アボカドは野菜か?】エビとのディップやコロッケにしたりして

なんか私は勝手なイメージで「果物」に分類されるものかと。 ですが、とある筋からの情報による

記事を読む

唐揚げ丼(七味マヨネーズ磯風味)

唐揚げ余ったら丼にアレンジせよ!定番マヨネーズ味をちと変えて

ちゃんと油の温度を測るようにしたら、鶏の唐揚げに代表される「揚げ物料理」が良い感じに出来るように

記事を読む

サグチキン(ほうれん草と鶏肉のカレー)

サグチキンっつう簡単に言うとほうれん草カレーの作り方![インドへの道]

私がインド料理に興味を持つキッカケになったのも、この『サグチキン』というカレーだったりします。

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

ポークヴィンダルー(豚肉の酸味カレー)

ポークビンダルー!酢好き垂涎の最高に旨いカレーの作り方[インドへの道]

さてさて、今回のブログ記事は【インドへの道 #17】。 作ってみる料理は『ポークヴィンダルー(

記事を読む

炙りカツオの黒胡椒丼

カツオを美味しい炙り丼に!ごま油と塩で最強アレンジ料理へと

旬は初夏というか4~6月頃でしょうか「初ガツオ」。 いわゆる“北上タイプ”のお魚で、日本列島(

記事を読む

鶏肉&トマト

バウルーで作るホットサンドの具!おすすめの中身は?

購入してから4ヶ月ほど経ちました。 毎日は使っていませんが、結構な頻度でお世話になっており

記事を読む

揚げバター(フライド・バター・ボール)

揚げバターをイメージレシピで作ってみた!噂のカロリースイーツ

とある筋からの情報によると、なんでも『フライド・バター・ボール(スティック)』なるものがアメリカで流

記事を読む

スルメイカの蒸し焼き(ストウブ使用)

ストウブでスルメイカ焼き!レシピ的には“蒸す”感じになるね

皆さん、イカってよくお食べになられますか? 魚食系男子でお馴染みの私は“魚”は頻繁に食べていま

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

→もっと見る

PAGE TOP ↑