*

油淋鶏(ユーリンチー)のレシピ!揚げ方で注意すべきことを幾つか

公開日: : 料理

記憶上、まじまじと向かい合って意識的にそのお料理を私が初めて食べたのは神保町の中華料理屋さんだったと思います。

そう、今回紹介する『油淋鶏』。

読み方は「ユーリンチー(ユーリンジーとも)」で、中華料理に分類されます。

すごく簡単に言うと、鶏の唐揚げに中華系のタレ(ネギソース)をかけて・・・みたいな感じでしょうか。

油淋鶏(ユーリンチー)

作り方・定義は色々とあるみたいです。

私的な考えを言いますと、あくまでも“鶏の唐揚げ”ではありますが前もって一口大には切らずにそのまま揚げるというイメージ。

一般的な鶏の唐揚げは“個”という状態だと思いますが、違いとして油淋鶏は“面”。

鶏肉一枚そのままの状態で揚げてから、適当な大きさに切る。

揚げ方や切り方などはトンカツのイメージに近いかと。

また、鶏肉は本来モモが良いのですがお値段の安さから私は胸肉派です。

その辺のチョイスは良い感じにご調整お願い致します。

そこそこ簡単なレシピ

材料(1人分)

  • 鶏むね肉1枚(250gほど)
  • 醤油大さじ1
  • 大さじ1
  • ショウガ小さじ1
  • 長ネギ(青い部分)適量
  • 小麦粉適量
  • 片栗粉適量
  • 大さじ1
  • 醤油大さじ1
  • 砂糖小さじ1/2
  • ごま油小さじ1/2
  • ショウガ小さじ1
  • 長ネギ(白い部分)適量

作り方

  1. 長ネギ(青い部分)は適当な大きさに、長ネギ(白い部分)・ショウガはみじん切りにする
  2. 醤油・酒・ショウガ・長ネギ(青い部分)を混ぜ合わせて下味用の漬け汁を作る
  3. 身の厚い所に切り込みを入れた鶏肉に漬け汁をもみ込む
  4. 漬け込んだ鶏肉を冷蔵庫におく(1時間ほど)
  5. 酢以下の材料を混ぜ合わせてタレを作る
  6. 鶏肉の漬け汁を軽く拭き取り、小麦粉・片栗粉を振る
  7. 皮目を下にして油で揚げる(160℃で都合7分ほど/途中で2回ひっくり返す)
  8. 鶏肉を取り出して休ませる(5分ほど)
  9. 食べやすい大きさに切ってタレをかけて完成

油淋鶏(ユーリンチー)
うん。
美味しい。

まず食感。

しっかりと揚げたこともあり、衣のカリッとした食感がとても美味しいです。

味付けとしてはタレに使う酢の酸味とよく合っていて、意外とさっぱり食べられます。

鶏肉の揚げ方として温度と時間に注意したい

この料理『油淋鶏』の作り方で最大のポイントは、一枚の鶏肉の揚げ方としての温度と時間。

もちろん使用する油の量や鶏肉の大きさなどによっても変わるかと思いますが、私の場合は160℃キープで都合7分ほど揚げます。

そして揚げ物は“余熱で最終的に火が通る”ようにしたいので、揚げた後5分ほど休ませています。

ちなみに、150℃で5分ほど揚げて直ぐ切ってみたところ中はまだ生状態でした。

衣には小麦粉&片栗粉を使う

どうやら衣無しの油淋鶏というのも存在するみたいですが、私は衣は有った方が良いと思います。

しかも、小麦粉&片栗粉の2種を使って揚げるということ。

さらに調理上の一番の醍醐味とも言える、揚げた鶏肉を食べやすい大きさに切る時。

包丁を入れてのサクッと感も是非とも味わいたいもの。

油淋鶏の意味を考えて“油をかける”調理法を

鶏肉一枚を丸々揚げる場合、それなりに油の量が必要になると思います。

私は揚げ油ケチり性ですので、鶏肉が油の中に全部入りきりません。

ですので、入りきらない箇所には揚げながらスプーンで油をかけるようにしています。

オシャレにフランス料理の調理法で言うところのアロゼ。

この“油をかける”という行為が、油淋鶏の「油淋」の意味にあたるらしいので逆に良いじゃんと思っています。

関連記事

豚の生姜焼き

キッチンマカベ式豚の生姜焼き!タマネギはミキサーNGか?

テレビで紹介されていたその料理のレシピを参考にして、自分でも作ってみることにしました。 タレを

記事を読む

ソルロンタン(鶏ガラ・ダシダを利用)

ソルロンタンをより濃厚に!牛骨無いから鶏ガラでやる作り方

はい。 今回作ってみた料理は『ソルロンタン』です。 え? 知らない? ご存知ない?

記事を読む

カマスの塩焼き(両褄折り)

カマスの食べ方は塩焼き一択でしょ?で勿論「両づま折り」でしょ

魚食系男子でお馴染みの私は、色々なお魚を好んで食べております。 それは“美味しいから”という単

記事を読む

サンマのつみれ汁

お出汁でサンマ!つみれ汁を塩焼きに次ぐ絶品メニューにするには?

さて、秋の味覚と言えば『サンマ』。 出始めは結構お高い値段ですが、9月下旬にもなれば良い感じに

記事を読む

マドラスビーフ(マドラス風 牛肉カレー)

マドラスビーフ!ガツンと牛肉が旨いカレーの作り方[インドへの道]

「自宅でカレー作らない人なんでぇ」でお馴染みの私。 市販のカレールーを溶かして・・・ということ

記事を読む

トウモロコシ・ゴールドラッシュ

とうもろこし(ゴールドラッシュ)が美味しいのは焼き茹でどっち?

この初夏から旬が始まる野菜というか穀物『トウモロコシ』。 皆さんもこの時期もう食べましたよね。

記事を読む

パニール

パニールっつうチーズを自家製で!失敗無し超簡単な作り方を[インドへの道]

お久しぶりのインド料理の話。 熱しにくく冷めにくい性格の私は一度ハマってしまうとマイブームが長

記事を読む

ゲーンいわゆるタイカレー

ゲーンいわゆるタイカレーの作り方!パスタにも使える万能スープ

友人の東南アジア旅行のお土産に頂きました、この『タイカレー』のもと。 ありがとうございます。

記事を読む

リンゴの豚肉巻き

果物おかず!リンゴを使って豚肉巻きやレバーとの野菜炒めを

デザートとしてではなく、あくまでもフルーツを“御飯”として食べること。 『果物おかず』というも

記事を読む

サンマのお刺身

旬のサンマを刺身やなめろうに!今月入って何尾目の青魚か?

その料理を作って食べることにより食文化を学びたいと思っている私は、こういう旬モノは意識的に食べるよう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

→もっと見る

PAGE TOP ↑