*

トング使い始めるいいきっかけだ!クイジプロのシリコン衝動買い

公開日: : 最終更新日:2016/04/01 モノのこと

シリコントング30.5cm(12インチ)/Cuisipro(クイジプロ)
料理好きな私ですが今まで『トング』というモノをほとんど利用したことが無く、各調理にはほぼ菜箸を使っています。

基本的にはどんな料理でも菜箸を使っていることから、チマタでは「菜箸の魔術師」と呼ばれているとかいないとか。

それほど何でもかんでも菜箸を使っていたのですが、やはり用途によっては菜箸では使いづらい工程などがありまして。

使いやすいトングを買おうと思ったきっかけ

その中でもパスタを作る際、茹で上がったスパゲッティを鍋からアルミのフライパンに移すという作業。

その作業が菜箸だと非常にやりにくい。

菜箸で勿論出来ないことはないのですが、そんなに沢山の麺をつかめる訳でもないので何回も何回も繰り返さないといけません。

そして途中でつまんだ菜箸からスパゲッティが落ちる落ちる。

ビチャッと熱湯が跳ねて熱い熱い。

それがトングだったらガッツリとつかめるので良いかなと思い立ち。

また、この茹でたスパゲッティを鍋からフライパンに移すという工程。

「やりにくい=時間がかかる」ということで、移すのにそれなりの時間がかかってしまう場合、最初に入れたスパゲッティと最後の方に入れたスパゲッティでは時間の差がありムラが出てしまうとかなんとか。

そういう意味でもチャッと2回3回くらいで鍋から移動が済む方が良いという訳です。

ちなみに私は「スパゲッティをザルにあげない人なんでぇ」。

ザルにあげるとザルも洗わなければいけないじゃないですかぁ。

洗い物が増えることになりますし、そもそもザルって意外と洗い難くありませんか。

穴が開いているというか、隙間があるというか。

ともあれ今回は新しく『トング』を購入しましたので、そんな僕のトングを紹介します。

シリコントング30.5cm(12インチ)/Cuisipro(クイジプロ)

シリコントング30.5cm(12インチ)/Cuisipro(クイジプロ)
まだ数回しか使っていませんが、持った感じは重くもなく軽くもなく使い易そうです。

実際に使ってみて、サイズ的にやや“長い”かなという印象も受けました。

女性はよりそう思うかも知れませんが、油で揚げ物をする時にも使用する場合はある程度のサイズ・長さがあった方が安心で良さそうですしねぇ。

ロッキング
ちなみに、手前側の輪っか部分を引くことでトングを閉じた状態にロッキング出来ます。

収納する時などは閉じた状態の方が便利ですよね。

選び方としてフライパンに傷がつかないシリコンを

以前から“金属”のトングは持ってはいるのですが、アルミのフライパン上で結構な勢いでスパゲッティをかき混ぜたい人なのでソレを金属トングでやってしまうとフライパン側に傷がついてしまうのかなぁと。

今までは“木製”の菜箸でやっていましたので気にしなかったのですが、そのスパゲッティかき混ぜ工程もトングでやるようにした場合は先端がシリコンのモノが良いと考えました。

シリコン
今回購入したトングの先端材質も勿論シリコン。

結構アクティブにガシガシと使いたかったので、今回のトング選びでは“先端の材質はシリコン”というのは外せないポイントでした。

ちなみに、今回私が購入しました「シリコントング」の他にも同じCuisipro(クイジプロ)のシリーズで「ナイロントング」という材質のモノもあります。

実際に触ってみた事がありますが、ナイロンの方はいわゆるプラスチックの硬さでギュッと押しても形が変わりません。

ナイロンのでフライパンを叩いたとすると、コンコンと鳴るほどの硬さだと思います。

一方シリコンのはギュッと押したらグニャッと曲がる程度の硬さというか柔らかさです。

トングはパスタ料理を作る時に万能に使えるか?

そもそも考え方として「パスタ料理を作る」という全工程を出来るだけトングで行えるのがベスト。

  • 最初に食材を炒める際にもトング
  • スパゲッティを鍋から移す際にもトング
  • ソースと一緒にかき混ぜる際にもトング
  • お皿に盛り付ける際にもトング

コレには菜箸使ってぇソレにはトング使ってぇになってしまうと、また洗い物が増えることになりますし。

あとは、スパゲッティを茹でた鍋から茹で汁をアルミパンに入れる際に「お玉」を使っているのですが、この辺りもトングで出来るのがベストと言えばベスト。

お玉
この今回購入しました『シリコントング』の先端形状はこんな感じ。

もう少し大きく深めで、それこそお玉形状になっていれば茹で汁を入れる工程もトングで済みそうですけどねぇ。

ともあれ、このCuisipro(クイジプロ)のシリコントング。

数回パスタ料理に使ってみましたが中々良い感じです。

今後ともお世話になります。

関連記事

KEYUCA(ケユカ)の冷水筒

耐熱でも安心できない!ポットの白化現象とは[KEYUCA冷水筒編]

以前、当ブログで紹介しました麦茶ポット用の『KEYUCA(ケユカ)の冷水筒』。 新しく追加

記事を読む

瓶サラダ

WECKの瓶でサラダを!そう、メイソンジャー持ってないからね

なんでも、Made in USAのガラス製保存容器。 Ball社の『メイソンジャー』というモノ

記事を読む

ロゴマーク

チャンピオンのハーフパンツを買うぞ!生地の違いを意識してね

はい。 名作ドラマ『最後から二番目の恋(2012年/フジテレビ)』での中井貴一さんに影響されま

記事を読む

新しいふきん 3枚入り/日東紡(ニットーボー)

日東紡ふきんに結果たどり着くのか?迷走しまくった私の食器拭き選び

今回はみんな大好き「ふきん(食器拭き)」のブログ記事。 基本的に私がキッチン周りで使っている代

記事を読む

ミラノリブジョガーパンツ/UNIQLO(ユニクロ)

ユニクロジョガーパンツの実着感想!断然サイズ感は大きめが良い

約20年ほど愛用して家ではいていたarena(アリーナ)のジャージが切れてしまいまして。 右側

記事を読む

陶器製コーヒーフィルター(ドリッパー)1×2/メリタ

メリタの陶器ドリッパーを頂いたので仕様の違いなど書いてみる

はい。 では、コレは一体何でしょう? この白くて陶器で出来たモノ。 うん。 そう

記事を読む

トレシー メガネ拭き/TORAY(東レ)

メガネ拭きはトレシーがおすすめ!私がティッシュをやめた理由

いやぁ本当にメガネのレンズが汚れるのって嫌ですよねぇ。 もうね、自分で間違ってレンズを指で触っ

記事を読む

炒め鍋

フライパンとの違いを意識して、リバーライトの炒め鍋を俺は振る

以前の記事で紹介した『鉄製フライパン(極ROOTS 20cm)/リバーライト』。 それとは別に

記事を読む

自然気化式小型携帯加湿器「ちょこっとオアシスプラスシー」/ミクニ

エコな加湿器「ちょこっとオアシス」使ってみた!その効果は?

誰がどう見たって“乾燥肌”でお馴染みの私。 その自覚はあるのですが、まったくケアをしないのです

記事を読む

重曹

ホーロー鍋の焦げや汚れも重曹で煮て綺麗に。そのパワーに驚愕!

以前、琺瑯素材の『月兎印のミルクパン』を愛用しているという記事を書いたのも記憶に新しいですが、今回は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

九州旅行名物料理
九州旅行で私が食べた名物料理を一挙出し~鹿児島・熊本・福岡の夜~

2017年夏。 二泊三日で九州旅行をしています。 旅行

キチントさん ごはん冷凍保存容器 2個入り/クレハ(クレライフ)
ごはん炊かれても!キチント美味しく冷凍保存しなきゃ意味無いでしょ

前回までの「そこそこ書くブログ」。 ここ最近は、作った料理をどう

太宰府天満宮/福岡
太宰府天満宮旅行記!余った観光時間を利用してのチョイ寄るプラン案

2017年夏。 「九州縦断旅行」と銘打ち、各県各箇所を色々と回っ

知覧特攻平和会館/鹿児島
知覧特攻平和会館への旅行ブログ!ランチには郷土料理「とんこつ」を

1年間に最低でも1回は旅行しようと考え始めて早6年。 “ただ

砂蒸し/指宿温泉/鹿児島
砂蒸し体験できるから効果期待できる!知っとくべき指宿温泉の入り方

色々と旅行に行っている私。 基本的には旅行≒名物料理を食べるとい

→もっと見る

PAGE TOP ↑