*

fashy(ファシー)湯たんぽで電気代節約!使うべき暖房器具だぞ

公開日: : 最終更新日:2015/10/18 モノのこと

fashy(ファシー)湯たんぽ
今夏、私はエアコン・冷房を使わずに扇風機であの猛暑を乗り切りました。

電気代として月3,500円ほどの節約になった訳ですから、それは自分で自分をほめたいと思っています。

でも、あれですよ。
そんな夏の過ごし方だったものですから、体的に夏の暑さの耐性が強くなった分寒さに弱くなった気もします。

身体の恒常性、いわゆるホメオスタシスということでしょうか。

ともあれ、この冬も電気代を安くしようと考えておりましたが、電気ストーブは使うことにしました。

いやぁだって、結構な寒さですよ。
でも、なるべくケチって使うようにしています。

電気代を比較して考える

今まであんまり意識していなかったのですが、その電気ストーブ(350・700・1050ワットの切り替えがあるタイプ)の電気代をイメージしてみました。

すごーく大雑把に言うと『1kWh 約20円』という目安があります。
これは、1000ワットを1時間使用した時に20円かかるということ。

  • 350ワットを1時間だと、20円×0.35=7円
  • 1050ワットを1時間だと、20円×1.05=21円

という概算になります。
ワット数が3倍なので金額も3倍。

今までの冬は1050ワットのフルパワーで使っていました。

例えば、1日8時間使用していたとすると 21円×8時間=1日168円。
を、30日で 168円×30日=5040円。

そんな使い方だとすると、月5,000円ほどの追加出費となる訳です。

電気ストーブ?エアコン?いや湯たんぽを使おう

今までよりも少しでも暖房代を節約する為に、今年は一番低い350~700ワットで意識的に使うようにしています。

前置きが長くなってしまいましたが、そんな電気ストーブ。

就寝中には切りますし、電気ストーブ自体もずぅっとつけっぱなしも良くないのかなぁと考えまして。

したら次の手段としては『湯たんぽ』だなと。

湯たんぽは一旦お湯を入れれば数時間は暖かいと思いますし、もしかしてだけど電気ストーブ要らないかもですし。

またちなみに、電気ストーブと比べるとエアコン(暖房)の方が一般的には電気代が安くなります。

エアコンがある部屋で長時間使うのならば、エアコンでの暖房が効率が良いみたいですね。

湯たんぽ 2リットル/fashy(ファシー)

湯たんぽ 2リットル/fashy(ファシー)
という訳で、ドイツでお馴染みのfashy(ファシー)の湯たんぽ・容量は2リットルのやつを購入してみました。

結構色々な種類・シリーズがあったのですが、最も一般的だと思われるモノを選択。

素材・ヒダ
画像で伝わりますでしょうか、この湯たんぽの素材感。

なんかゴムみたいな感じのボトルになっていて、これに熱湯を注いで使用します。

ボトル

カバーやカラーの検討

裏面
裏面はこんな感じになっています。
基本的に表面と同じです。

そしてカバー。

素材的に暖かそうな良さげなヤツもあるのですが、カバー自体のお値段も意外とするのです。

で、fashy(ファシー)の湯たんぽはカバー無しでも使用可能(熱くて触れないということはない)ということでしたので、それだったらカバー無しでいってみようかと。

そうなると色も重要。

湯たんぽは寒いから使う訳でイメージカラーとしては赤系が良いのでは。

また、このfashy(ファシー)は熱湯だけでなく氷水も入れられ、イワユル氷枕にもなるとのこと。

ってことは青系カラーも冷たいイメージが出るので良いのでは。

で結局、何となくそのどちらでもないグレーに。

熱湯の温度や使い方について

キャップ
このfashy(ファシー)の湯たんぽはキャップ式になっていて、このボトルに熱湯を入れます。

熱湯って言ってもカバー無しで使うので、あくまでもソレに直接的に触れているのと一緒です。

厳密にはヒダヒダがあるのでそういう意味では間接的でもありますが、説明書にも書いている通り沸騰した熱湯はダメ。

自分的に温かいと感じる温度ちょい高め位のお湯を入れるのが良いのではと思います。

「沸騰した熱湯はダメ」とfashy(ファシー)湯たんぽの説明書に書いてはありますが、つい間違えて完全に沸騰したお湯を入れてしまったこともあります。

で、湯たんぽのキャップも閉めてしまったところ、すごくパンパンに膨れ上がりました。

多分、発生した蒸気が逃げ場をなくした感じだと思われますがコレは気を付けた方が良いですね。

また、お湯の量は湯たんぽボトルの最大容量の半分ほどにしておきます。

フック
私が購入したのはフック有りのタイプです。

調べてみると、fashy(ファシー)の最新バージョンはこのフックが無いらしいので私のは少し前の型式ですね。

特に邪魔にもならないので付いていても問題は無さそうです。

靴下もあるでよ

ユニクロ靴下
あと、ユニクロで家用という名目で靴下も買っています。

単純に足先が冷えますから、一応これも暖房代節約の為ですかねぇ。

また諸説あるみたいですが、長い靴下の方が布面積が大きいので暖かいと一見思うじゃないですか。

でも、ふくらはぎを締め付ける率が高くなるのは良くないみたいですね。

ふくらはぎがポンプの役目になり温かい血液を全身に効率良く運んでいるそうなのですが、締め付けるとその血液の循環が悪くなるみたいです。

つまり、体全体として考えると非常に効率の悪い状態になっているようです。

それを聞いた私は、あえてのショートソックスにしているのですよ、ふっ。

関連記事

ホワイトシリーズ スクウェア シール蓋付 WS-L/野田琺瑯

野田琺瑯にカレーを保存する理由!そのまま直火で再加熱したいからね

今回のブログ記事はみんな大好き「キッチン用品」の話。 その中でも「保存容器(ストッカー)」にス

記事を読む

ルクルーゼ アイスクーラースリーブ

ルクルーゼのワインクーラーでカヴァ!氷なしで使い方も簡単

頂きました、「ル・クルーゼのワインクーラー」。 おフランスのお土産に貰いました。 ありがとう

記事を読む

オイルポット(400ml)/クリヤマ

オイルポットは小さめが良い!鉄フライパンの油返しに最適サイズ

皆さんのお家では『オイルポット』ってどうしてます? 例えば、唐揚げを作って残った油。 1

記事を読む

トレシー メガネ拭き/TORAY(東レ)

メガネ拭きはトレシーがおすすめ!私がティッシュをやめた理由

いやぁ本当にメガネのレンズが汚れるのって嫌ですよねぇ。 もうね、自分で間違ってレンズを指で触っ

記事を読む

リバースウィーブ ロングスリーブTシャツ/Champion(チャンピオン)

チャンピオンどハマり中!リバースウィーブ長袖Tシャツ買ってみたぞ

なんか今、私の中で空前のチャンピオンブームが来ています。 みんな大好き『Champion(

記事を読む

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)

ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそして『ラコステ』。 ジーパ

記事を読む

レクタンギュラーディッシュ(耐熱皿)/STAUB(ストウブ)

ストウブの耐熱皿紹介!うちのオーブンレンジはもう寿命なのか

よく料理のレシピなどに「オーブンで○分焼き上げる」とか書いてあるじゃないですか。 我が家に

記事を読む

AKAO(アカオアルミ)

アルミのフライパンでパスタを!イタリアンのシェフ気取るんだっ

基本的に私はフライパンとして、下記の鉄パンを2つ愛用しています。 極ROOTS フライパン

記事を読む

案内板

かっぱ橋への最寄り駅は「田原町」がアクセス的に良さそう

モノ好き男である私。 それには、雑貨やキッチン用品なども勿論含まれている訳でして。 そん

記事を読む

うろこ引き

魚のうろこ取りは包丁より専用道具で引く方が良い3つの理由!

お魚の表面に付いている『うろこ』。 鯛などの魚には非常にビッシリと付いています。 そ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

→もっと見る

PAGE TOP ↑