*

益子焼の丼を釉薬での変化を意識して買う!実際に見て触って

公開日: : 最終更新日:2014/12/04 モノのこと

Gallery+Shop Loquatから
お誘いのハガキが届きまして。

陶芸家・鈴木宏美さんの陶展に

場所は、横浜・元住吉。

元住吉
なんか久し振りに来ましたね。

駅を出て綱島街道まで行き、道路を渡って住宅街の道に入っていきます。

住宅街の道
道を進んでいくと、良い感じに草の生えた川だと思われる所に着きます。

川
紅葉
そんな川の小さな橋を渡ると、駅から都合徒歩5分ほどでしょうか、今回の目的地『Gallery+Shop Loquat』に到着です。

陶展
今回の陶展での私のお目当て、そうそれは“丼”。

食器集めが趣味の私、丼をあまり持っていないことに気付いた2014秋。

なんかプラスチックみたいな器と、吉野家でスタンプ貯めて貰ったオリジナル丼しか無いんですよ。

また、最近はマイブームで親子丼やカレーうどんをよく作りますので、それ用の丼が欲しいなと。

行く前はまぁそうは思っていたのですが、行ったら行ったで見たら見たで「あれも良いな、こっちも良いな」とも。

だって色々とあるんですもの。

焼き物
陶器
益子焼
少しくすんだ青系の色合いを持つ丸皿も非常に気になったのですが、初志貫徹。

丼で良さげなのがありましたので、そちらを購入させて頂きました。

作家さんオリジナルの焼き物

丼
今回はこちらの丼を購入しました。

とは言っても、コレとは別にもうひとつ似たような形のモノもありまして。

ラーメンどんぶり
「少し浅めで幅広(右)」「少し深めで幅狭(左)」の二種類。

幅広タイプはどちらかと言うとラーメンどんぶりのイメージですかね。

私は自宅でラーメンを作らない派だということと、幅狭タイプは今回狙いの御飯系の丼物のサイズ感だったということ。

「じゃぁ、コッチだな」と、少し深めで幅狭の丼に決定しました。

また、その同じシリーズでも幾つかのモノがあります。

と言うのも、作家さんがオリジナルで作る焼き物は色々な要素によって、その形状や色合いなどの違いが微妙に出てくるのです。

釉薬によって変わる

釉薬(ゆうやく)とは液体・薬品で、焼き物を作る際に器の表面にかけてから焼きます。

その釉薬の濃さ薄さや、器へのかけ方で変わるのは勿論のこと、かけた後の重力的な垂れ方でも変わってきます。

外側
外側。

反対側
クルッと回して反対側。

また、ちなみに、釉薬が濃くしっかりと付いている箇所は素地がコーティングされていることになるので焼き目(焦げ目)があまり付かない。

逆に薄めな箇所は素地である土が焼けやすく、焦げることにより色の茶色が強くなります。

フチ側
つまり理論上、釉薬をひしゃく掛けする時に器の高台を持って逆さにしていると、釉薬はクチを付けるフチ側に垂れて集まるのでその部分は茶色には焼けずに白っぽくなります。

で、そんなハードに焦げ目が付いているモノや逆にあっさりと白系部分が割合的に多いモノとありまして、その中でも悩みに悩んで選び抜いたのが今回のソレです。

あと、手で持つ丼な訳ですから自分の左手で持ってみた感触も大切にして選びました。

これも微妙ですがそれぞれ違いますからね。

色移りの心配は?

内側
内側の雰囲気はこのような感じ。

先にも書きましたが、この丼はカレーうどん等にバシバシ使っていきたいとも考えています。

そこで気になるのは器への色素沈着です。

聞いてみたところ「そんなに気にしなくても大丈夫」とのこと。

コーヒーやお茶等の茶渋系はそれなりに色移りを気にする必要があるので、コーヒーカップで使うような陶器はケアが必要。

コーヒー好きな私でも、この丼でコーヒーを飲むことは流石に無いので大丈夫だと思います。

とは言うものの、一応いつもの実使用前の“お米のとぎ汁で煮沸”は実施しようと思っています。

大切に使っていきたいです。
有難う御座いました。

花器
いつかは、こんな立派で素敵な花器も。

陶芸家 鈴木宏美さんのウェブサイト
http://hiroron.petit.cc

Gallery+Shop Loquatさんのウェブサイト
http://blog.livedoor.jp/nangoo_glass-loquat/

関連記事

オイルポット(400ml)/クリヤマ

オイルポットは小さめが良い!鉄フライパンの油返しに最適サイズ

皆さんのお家では『オイルポット』ってどうしてます? 例えば、唐揚げを作って残った油。 1

記事を読む

コーヌコピア ティーカップ&ソーサー(ピオニー)/WEDGWOOD(ウェッジウッド)

ウェッジウッドのティーカップ登場!コーヒー派だった俺が・・・

いきなりですが、私は大のコーヒー派です。 基本的に朝ごはんにパンを食べる私は同タイミングでホッ

記事を読む

益子焼 リム皿/田代倫章

【食器集め2016】ワンプレートに良さげな益子焼の黒皿など一挙紹介!

食器集めが趣味の私。 陶芸家の友人が開催する陶展などでお気に入りの食器を買ったり、1年に数個ず

記事を読む

信楽焼の器たち

信楽焼のエース飯碗紹介!作家モノじゃないけど安いし良い器

食器集めが趣味の私は、ガラス製のグラス類であったり磁器であったり“和”テイストの陶器など分け隔てなく

記事を読む

耐熱タテヨコ冷水筒 2.0L/KEYUCA(ケユカ)

KEYUCAの麦茶ポットが耐熱で使いやすい!よって追加購入決定っ

麦茶は“飲み物”として攻守ともにバランスがとても良い訳ですが、皆さんはお飲みになりますか?

記事を読む

急須

鉄分補給も可能か?南部鉄器(だと思われる)の急須を頂きました

新しくモノを購入する時などは、本当にソレが必要なのかを熟考して「買う・手に入れるのであれば、出来れば

記事を読む

うろこ引き

魚のうろこ取りは包丁より専用道具で引く方が良い3つの理由!

お魚の表面に付いている『うろこ』。 鯛などの魚には非常にビッシリと付いています。 そ

記事を読む

極ROOTS フライパン20cm/リバーライト

人気の鉄製フライパン「リバーライト極」焦げ付きもなくて良いね

私はテフロン系で加工されたモノを使っていたのですが、もうハゲハゲになってしまいまして「具材がもう

記事を読む

AKAO(アカオアルミ)

アルミのフライパンでパスタを!イタリアンのシェフ気取るんだっ

基本的に私はフライパンとして、下記の鉄パンを2つ愛用しています。 極ROOTS フライパン

記事を読む

自然気化式小型携帯加湿器「ちょこっとオアシスプラスシー」/ミクニ

エコな加湿器「ちょこっとオアシス」使ってみた!その効果は?

誰がどう見たって“乾燥肌”でお馴染みの私。 その自覚はあるのですが、まったくケアをしないのです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

新しいふきん 3枚入り/日東紡(ニットーボー)
日東紡ふきんに結果たどり着くのか?迷走しまくった私の食器拭き選び

今回はみんな大好き「ふきん(食器拭き)」のブログ記事。 基本的に

白雪友禅てぬぐい 麻入り クローバー
白雪てぬぐいの大きさがベスト!私はコレで水きりカゴをやめました

皆さんはキッチンにて、いわゆる「水きりカゴ」を使っていますか?

Dハンドルマグ アイボリー シェービング/Fire-King(ファイヤーキング)
ファイヤーキングのマグカップ!店舗で選んだ納得の一品でコーヒーを

食器集めが趣味の私。 いわゆるショッカーな訳ですが、定番マグカッ

バッファローチキンウィング
バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニ

宮ヶ瀬湖畔エリア
宮ヶ瀬から七沢温泉(ZUND BAR)の楽しみ方!あえての日帰りバス行動~♪

私の記憶が確かならば、以前『宮ヶ瀬ダム(神奈川県)旅行記』のブログ記事

→もっと見る

PAGE TOP ↑