*

メリタの陶器ドリッパーを頂いたので仕様の違いなど書いてみる

公開日: : モノのこと

はい。
では、コレは一体何でしょう?

陶器製コーヒーフィルター(ドリッパー)1×2/メリタ
この白くて陶器で出来たモノ。

うん。
そうですね。

『ドリッパー』です。

そして、それが『メリタのコーヒードリッパー』だと分かる方は中々知識のある方だとお見受けします。

私はコーヒーが好きでよく飲むのですが、家ではインスタントコーヒー派でした。

粉を入れて熱湯を注げば完成というのはやはり便利で簡単ですよ。

陶器製コーヒーフィルター(ドリッパー)1×2/メリタ

ですが、ふとしたキッカケでこの『メリタのコーヒードリッパー』を頂きましたので、今さらながらもうワンステップ上のコーヒーを始めてみようかと。

陶器製コーヒーフィルター(ドリッパー)1×2/メリタ
厳密にはメリタ社ではドリッパーとは言わず「コーヒーフィルター」と呼ぶようですが、便宜上ドリッパーと表現させて頂きます。

コーヒーを抽出するドリッパーという道具

で、その「ドリッパーが何なのか?」という話。

普段コーヒーを飲まない人や私のようにインスタントコーヒー派の人も「ドリップ」という言葉は何となく聞いたことがあると思います。

こういった容器の中に紙を置きコーヒーの粉を入れて、熱湯を注ぐことによりポタポタと下に落とす行為。

なんかイメージ的には喫茶店のマスターがやっている感じ。

あの行為が「ドリップ」です。

コーヒーメーカーなどを使わないで、人間自身の手でやることをハンドドリップ。

ポタポタと落ちてくるコーヒーを受けるのは単純にコーヒーカップやマグカップという直接飲むモノだったり、もっと大きい容器だったり。

私の場合、基本的に1杯分作れれば良いのでマグカップを下にして受けます。

陶器製コーヒーフィルター(ドリッパー)1×2/メリタ
こんな感じにマグカップにセット。

つっても乗せるだけ。

ちなみに、このマグカップは「スウェディッシュ グレース/ロールストランド」のやつ。

ドリッパーの大きさに合ったペーパーフィルターも必要

ペーパーフィルター
そしてペーパーフィルターもセット。

このペーパーやドリッパーには“大きさ”というものもあり。

「1×1(101)」「1×2(102)」などがあります。

これは“1回の給湯で1杯分のドリップが出来る”というような意味合いです。

前者の1×1がそれで、後者は1回の給湯で2杯分のドリップが出来る(コーヒーが作れる)ということ。

ちなみに、1杯分というのは一般的なコーヒーカップ(約125ミリリットル)の大きさで算出されています。

私の持っているマグカップは約250ミリリットルほどの容量ですので、1回で作るコーヒーの量として考えると1×2の方がベストな大きさになると言えます。

ペーパーフィルター
そんなドリッパーの大きさに合ったペーパーフィルターも必要になってくる訳です。

穴の数や材質などでドリッパーにも違いが

ドリッパーは大きさ以外にも気にしたいのが“穴”。

メリタ式
この私が頂いたメリタのコーヒードリッパーは1つ穴。

いわゆるメリタ式。

あくまでも同形態・同素材などと仮定した場合、穴の数が多いほど落ちるコーヒーの量も多くなり(速くなり)1つ穴のモノよりも薄めの味となって違いがでる。

穴が3つ開いているドリッパーもあり、代表的なのが「カリタ」。

また、台形フォルムや円錐状(ハリオなど)のモノもあったりと穴の数・大きさも含めて考えると多種多様なドリッパーが存在しているとのこと。

材質も陶器だったりプラスチックや金属系のドリッパーもあり、それぞれメリットと言うか特色があるみたい。

ともあれ、私が頂いたのは『メリタ/陶器製・1×2・1つ穴』のドリッパー。

コレを使って新しいコーヒー生活を始めていきたいと思います。

メリタ・陶器フィルター・SF-T【1×2】

メリタ・陶器フィルター・SF-T【1×2】
価格:820円(税込、送料別)

関連記事

AKAO(アカオアルミ)

アルミのフライパンでパスタを!イタリアンのシェフ気取るんだっ

基本的に私はフライパンとして、下記の鉄パンを2つ愛用しています。 極ROOTS フライパン

記事を読む

瓶サラダ

WECKの瓶でサラダを!そう、メイソンジャー持ってないからね

なんでも、Made in USAのガラス製保存容器。 Ball社の『メイソンジャー』というモノ

記事を読む

ポーランド食器

ポーリッシュポタリーを自由が丘ケルセンで!その絵柄は美しい

知っていますか? その食器のことを。 今結構話題のモノでして、名称から説明しますと『ポー

記事を読む

南部鉄器 鍋敷き(14cm)/株式会社岩鋳(IWACHU)

南部鉄器の鍋敷きを選んだ理由!素材・価格・大きさ全部がベスト

ふと、ちゃんとした『鍋敷き』が欲しくなってしまい。 もちろん既に鍋敷き自体は持っています。

記事を読む

焼き物

益子焼の丼を釉薬での変化を意識して買う!実際に見て触って

お誘いのハガキが届きまして。 陶芸家・鈴木宏美さんの陶展に 場所は、横浜・元住吉。

記事を読む

ジウリス A5 メモリ入7mm罫

ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書いてみようかと思い立ち。

記事を読む

BA800

【au電池パック】XperiaZ5に機種変更?いや俺のVLはまだ戦える

2015年10月。 ちまたでは「Xperia Z5」が発売ということで盛り上がっていますが・・・

記事を読む

無水鍋(ムスイ)24cm/株式会社生活春秋・広島アルミニウム工業

無水鍋(ムスイ)をもう一つ買った理由!ストウブとの比較や感想など

今回はみんな大好き「料理道具」のブログ記事。 私が既に持っている“ある程度の大きさの煮込み用鍋

記事を読む

Dハンドルマグ アイボリー シェービング/Fire-King(ファイヤーキング)

ファイヤーキングのマグカップ!店舗で選んだ納得の一品でコーヒーを

食器集めが趣味の私。 いわゆるショッカーな訳ですが、定番マグカップとも言える『Fire-Kin

記事を読む

信楽焼の器たち

信楽焼のエース飯碗紹介!作家モノじゃないけど安いし良い器

食器集めが趣味の私は、ガラス製のグラス類であったり磁器であったり“和”テイストの陶器など分け隔てなく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑