*

ぬか床男子!作り方も手入れも簡単なので自分で漬けてみよう

公開日: : 最終更新日:2015/05/01 モノのこと

常備菜・オカズとまではいかないまでも、漬物もあればより良い食事になるのではと考えまして。

『ぬか漬け美人/野田琺瑯(ホーロー)』という容器を購入して、1年ほど前から自分でキュウリなど色々な野菜を漬けています。

野田琺瑯
キュウリ
ぬか漬けを作るための『ぬか床』も自分で作ってみた訳でして、今回のブログ記事ではその際の記録を書きたいと思います。

野田琺瑯でぬか漬けを作って美味しく食べる

大きく分けると3ステップ。

  1. ぬか床を作る
  2. 発酵させる(捨て漬け)/常温にて1週間ほど
  3. 本漬け/冷蔵庫にて通常使用開始

という流れになります。

ぬか床を作る

いりぬか
こういう「いりぬか(粉末状)」をスーパーで買ってきました。

いりぬか
もう最初は明らかに“粉”です。

鍋に水と塩を入れて火にかけ塩を溶かす。

冷ましたその食塩水を、入れては混ぜ入れては混ぜを繰り返して良い感じの柔らかさに。

入れては混ぜ
混ざり難いというか、水分が足りないイメージでして粉っぽさが残ります。

ですが、この位の方が良いと思います。
後々、水分が多めの野菜を漬けると結構水っぽくなってきますし。

昆布と赤とうがらし
そして元になる味付けとして、昆布と赤とうがらしをチョイス。

赤とうがらしは味付けと言うよりも、腐敗防止の意味合いが強いようです。

これにて基本的な『ぬか床』は完成となります。

捨て漬け

キャベツと白菜
捨て漬け用には余っていた野菜がソレだったので、キャベツと白菜を入れておくことにしました。

通常使用時は冷蔵庫に入れますが、この捨て漬け期間は発酵させる事を目的としていますので常温保管です。

しっかりとかき混ぜる
空気を含ませる
その期間中は、1日最低1回は下側からしっかりとかき混ぜ、混ぜた後は表面をペタペタとならして平らにしておきます。(そのかき混ぜ~ならしを繰り返します)

良い発酵には空気が必要とのことなので、かき混ぜることにより空気を含ませるイメージです。

フタを少し開けて
また、その期間中はフタを少し開けておき、これまた空気が入るようにしておきます。

室内とは言えフタが開いた状態というのも虫とかが入りそうなので、少し開けたフタの上にフキンをかぶせておきました。

1~2日では、まだ最初の粉っぽい匂いがしています。

4日経つ頃から“ぬか”の良い匂いがしてきましたので、つまりは発酵が進んでいるということなのでしょう。

この辺りに関しては気温も影響すると思われるので、ぬか床を作る季節にもよりそうですね。

ちなみに、今回のブログ記事に書いているぬか床は7月中旬ごろに作っているので、昼間の室温はアラウンド30度はあったかと思います。

この捨て漬けには余ったキャベツと白菜の端っこを使った訳ですが、今思うともっとちゃんとした形の野菜の方が良かったかと。

葉は漬かるとシワシワになるので、野菜に付いたぬかをしごいて落としたりギュッと絞って水分をぬか床に加えたりする作業がし難かったのです。

本漬け

冷蔵庫にて通常使用開始です。

常温保管の捨て漬けでの柔らかさが良い感じでしたが、冷蔵庫保管に切り替えると明らかにぬか床が固くなります。

なりますが、逆に言うとその固さをキープするようにした方が良いです。

と言うのも、色々な野菜を漬けていると直ぐに水っぽくなってきます。

ぬか床のパワーは「常温・固め>冷蔵・水っぽい」という図式。

つまり、水っぽくなると野菜の漬かり(味)があまくなります。

水取器
ですので、こういう水取器を使って余分な水分を取ります。

ぬか床の中に差し込んでおき、横の穴から入った水分を捨て“水抜き”します。

また、冷蔵庫保管だから「まったくかき混ぜなくても良い」ということもなく、例えば最低でも3日~1週間に1回は野菜を漬けるようにして、その際にはよくかき混ぜること。

「ぬか床は生き物」とよく言いますが、なんでも呼吸しているらしいのです。

かき混ぜる=中に空気を入れる、というイメージを持った方が良いみたいですね。

これからもぬか漬けを美味しく作っていきたいと思っていますが、これからの冬。

寒くなってくると単純にぬか床が冷たいのです。

ソレをかき混ぜる時って、手が痺れるんですよねぇ。

う~ん。
少し憂鬱だ。

ウズラの卵
キュウリといった基本的なモノだけでなく、ウズラの卵とかも漬けてます。

これ、美味しいんですよ。

少し塩気が強くなり過ぎる傾向もありますが、濃厚で燻製した感じの味が楽しめます。

最近は『ぬか床女子』なるものが流行っているようです。

なんか知らないけど、それに負けじと私も漬けていきたいと思います。

関連記事

益子焼 リム皿/田代倫章

【食器集め2016】ワンプレートに良さげな益子焼の黒皿など一挙紹介!

食器集めが趣味の私。 陶芸家の友人が開催する陶展などでお気に入りの食器を買ったり、1年に数個ず

記事を読む

ハンディブラシ/REDECKER(レデッカー)

レデッカーの馬毛ブラシが木製テーブルの掃除におすすめ!

結構以前に購入して、写真撮影もしていたのですがブログにアップするのを忘れていました。 ごめ

記事を読む

湯たんぽ 2リットル/fashy

fashy(ファシー)湯たんぽで電気代節約!使うべき暖房器具だぞ

今夏、私はエアコン・冷房を使わずに扇風機であの猛暑を乗り切りました。 電気代として月3,5

記事を読む

月兎印 スリムポット(コーヒーポット)0.7L/株式会社フジイ・野田琺瑯

月兎印コーヒーポットをゲット!こだわりの使用方法などを書く

ド定番の月兎印(つきうさぎじるし)のコーヒーポットを頂きました。 私の記憶が確かならば以前

記事を読む

南部鉄器 丸鍋6寸(18cm)

一人用の南部鉄器の鍋をかっぱ橋で!使い勝手が良いサイズだね

去年の冬、鍋焼きうどんを結構な頻度で作って食べていました。 がしかし、私の使い方が悪かった

記事を読む

木箸の素材感

自分史上最高級の箸を専門店「銀座夏野」で買っちゃったっ!

なんか急に「大人として、ちょっと良さげな箸を使わねば」と思い立ちまして。 買いに行ったお店

記事を読む

案内板

かっぱ橋への最寄り駅は「田原町」がアクセス的に良さそう

モノ好き男である私。 それには、雑貨やキッチン用品なども勿論含まれている訳でして。 そん

記事を読む

KEYUCA(ケユカ)の冷水筒

耐熱でも安心できない!ポットの白化現象とは[KEYUCA冷水筒編]

以前、当ブログで紹介しました麦茶ポット用の『KEYUCA(ケユカ)の冷水筒』。 新しく追加

記事を読む

イケア

雑貨屋IKEA!安いキッチンクロスは買うべき万能アイテムなのだ

ソコは“家具屋さん”のイメージも強いかと思いますが、さんざんっぱら通った私はもう家具類を買うこと

記事を読む

自然気化式小型携帯加湿器「ちょこっとオアシスプラスシー」/ミクニ

エコな加湿器「ちょこっとオアシス」使ってみた!その効果は?

誰がどう見たって“乾燥肌”でお馴染みの私。 その自覚はあるのですが、まったくケアをしないのです

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

→もっと見る

PAGE TOP ↑