*

耐熱でも安心できない!ポットの白化現象とは[KEYUCA冷水筒編]

公開日: : モノのこと

KEYUCA(ケユカ)の冷水筒
以前、当ブログで紹介しました麦茶ポット用の『KEYUCA(ケユカ)の冷水筒』

新しく追加購入した訳ですが、前から使用していた方の本体表面が白く曇った感じになり透明性が無くなりました。

こんな感じです↓

白い汚れ
画像で分かりますでしょうか。

現象としては丁度お湯・水を入れている分量(2リットルほど)部分が白い汚れのようになっています。

向きを変えてのもう一枚↓

白い汚れ
さて、この透明性が無くなった白い部分は一体何なのでしょうか。

以前にホーロー鍋の焦げや汚れが重曹で簡単に取れたこともあり、今回もそういった何かしらの科学的な方法を使えば元通りになるだろうと思っていてシバラクほうっておいたのですが・・・

で、今回その白い汚れらしきものを落としてみようと思い立ち。

がしかし、結論から言うとまったく落ちませんでした。(泣)

今回のブログ記事では実際に対処してみた事柄や落ちなかった理由などについてまとめておきたいと思います。

KEYUCA(ケユカ)麦茶ポットの白い汚れを落とそうと試みる

まず、このKEYUCA(ケユカ)の麦茶ポットについて。

本体の耐熱温度は100℃。

本体材質はメタクリル樹脂。

ガラスのようにも見えますが、いわゆるプラスチック製品という感じだと思います。

白い汚れは私の麦茶抽出方法が原因なのか?

私の麦茶パックからの抽出方法としては基本的には“水出し”なのですが、ミネラルウォーター系を使わない場合その水道水にやや抵抗があるんですよ。

ですので何となくのイメージになってしまいますが、一度沸騰させれば良いのではないかと。

で、このKEYUCA(ケユカ)ポットに沸騰させた直後のお湯を入れるのは流石に気が引けるので一旦冷まします。

手で触ってみて熱くなくなった頃合いに、麦茶パックと共にポットにお湯を注いで2時間ほど抽出するような使い方をしていました。

このような使い方を何回か繰り返していたら、このKEYUCA(ケユカ)の麦茶ポット本体表面に白い汚れが付いた状態に。

ただ、もう一つ別に持っている同じようなプラスチック製品の麦茶ポットで同様の使い方をしてもそちらでは白く曇る感じにはなりません。

ポットの構造上の違いやメタクリル樹脂という素材が影響しているのでしょうか。

カルキ汚れ・水垢には『クエン酸』を

色々と調べてみると、お湯・水に含まれるカルキによって白くなる場合もあるようです。

クエン酸
そのカルキ、いわゆる水垢に効くのが『クエン酸』です。

麦茶ポットの白い汚れのラインが大体2リットルほどでしたので、その分のぬるま湯とクエン酸(大さじ4)を入れました。

本来もっと全然少ない配合・クエン酸濃度でも良いと思いますが何か心配性でして・・・

しばらく置いておいても何も変化がありません。

白くなっている内部を少しこすったりもしてみましたが落ちる気配がありません。

汚れの分解的な時間が必要なのかもと考え、一晩そのままに。

茶渋汚れなどには『重曹』を

そして、クエン酸を入れて一晩経っても変わりがありませんでした。

重曹
以前『ホーロー鍋の汚れを重曹で』取れたという経緯もありますので、次は重曹を使って落としてみることに。

クエン酸を一旦出して、ぬるま湯に重曹を混ぜてポット内でシャカシャカ振りまくった後にスポンジで洗うという方法です。

重曹はある意味“研磨剤”的要素もあります。

ですが、まったく麦茶ポットの白い汚れは重曹でもダメで落ちません。

茶渋汚れなどに重曹は効くようですので、今回の件は単純なそういった汚れの沈着ではない。

また、クエン酸で分解・中和できるカルキ汚れということでもなさそうですね。

アクリル系プラスチック(メタクリル樹脂含む)における『白化現象』

実際にKEYUCA(ケユカ)の問い合わせセンターへメールにて聞いてみたところ、『白化』ではないかとの返答が。

白化を簡単に言うと、プラスチック系の素材に何かしらのストレスや負荷がかかると表面にすごく細かいキズが無数に入る。

ストレスや負荷というのは、過度の圧力・衝撃・温度などから来るようです。

そういった刺激や急な温度変化があると細かなキズが入ってしまう。

その無数に入ったキズにより(光の屈折なども含めて)白く曇ったように見える現象。

たしかにプラスチックの板を曲げたりすると、その部分に筋が入るというか白くなる現象ありますよね。

その『白化』だとすると、何かしらの汚れが付いている訳では無くて物理的な単純なキズ。

クエン酸や重曹を使おうが一度付いてしまったキズは取れない・修復できないというのも頷けます。

KEYUCA(ケユカ)の問い合わせセンターからの回答によると、あくまでも本体にごく微小な亀裂・キズが付いている状態。

ですので、何か汚れが付いていたり素材が溶け出していることでもないので使用には問題無いとのこと。

では、この状態のまま使ってみようかと思います。

その微小な亀裂・キズの隙間などに汚れが付き易いとも言えると思うので、しっかりと意識して洗浄することは必要そうですね。

KEYUCA(ケユカ)の冷水筒
今回、クエン酸や重曹を使い洗ってみても無駄だったという訳でもなく、ポット上部の通常では洗いにくい箇所(溝の中とか)の汚れは結構落ちてくれましたよ。

それだけでも実施した甲斐はあったと自分に言い聞かせます。

関連記事

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)

たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の主役『たこ焼き』というのは有名

記事を読む

ホワイトシリーズ スクウェア シール蓋付 WS-L/野田琺瑯

野田琺瑯にカレーを保存する理由!そのまま直火で再加熱したいからね

今回のブログ記事はみんな大好き「キッチン用品」の話。 その中でも「保存容器(ストッカー)」にス

記事を読む

益子焼 リム皿/田代倫章

【食器集め2016】ワンプレートに良さげな益子焼の黒皿など一挙紹介!

食器集めが趣味の私。 陶芸家の友人が開催する陶展などでお気に入りの食器を買ったり、1年に数個ず

記事を読む

出刃包丁

俺のエース出刃包丁を研ぐ!刃こぼれやサビのビフォーアフター

現在は和食の料理人をやられている高校時代の先輩から、以前『出刃包丁(でばぼうちょう)』を頂きました。

記事を読む

エプロン(ダメな私に恋してください 衣装より)

ディーンフジオカ着用エプロン購入!ドラマ「ダメ恋」衣装より

特に“揚げ物料理”をすると、リアルタイムではあまり気付かないんですけど意外と油が洋服に飛んでます

記事を読む

瓶サラダ

WECKの瓶でサラダを!そう、メイソンジャー持ってないからね

なんでも、Made in USAのガラス製保存容器。 Ball社の『メイソンジャー』というモノ

記事を読む

無水鍋(ムスイ)24cm/株式会社生活春秋・広島アルミニウム工業

無水鍋(ムスイ)をもう一つ買った理由!ストウブとの比較や感想など

今回はみんな大好き「料理道具」のブログ記事。 私が既に持っている“ある程度の大きさの煮込み用鍋

記事を読む

ブルーソレンティーノ プレート/ノリタケ食器

中古のノリタケ食器を頂きまして。ケーキ皿?タルトプレートって何ぞ?

食器集めが趣味の私、この前ひょんなことから中古のお皿を手に入れました。 と言うか、頂きまし

記事を読む

V60コーヒーサーバー700/HARIO(ハリオ)

ハリオV60コーヒーサーバーが安い!デザインもシンプルで購入決定

単純に夏は暑いので、コーヒー好きな私でもホットはあまり飲まなくてですね。 でもコーヒーは飲みた

記事を読む

新しいふきん 3枚入り/日東紡(ニットーボー)

日東紡ふきんに結果たどり着くのか?迷走しまくった私の食器拭き選び

今回はみんな大好き「ふきん(食器拭き)」のブログ記事。 基本的に私がキッチン周りで使っている代

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

→もっと見る

PAGE TOP ↑