*

郡上八幡の観光スポットめぐり!今回は下呂温泉から向かいます

公開日: : 旅行

宮が瀬橋
やなか水のこみち
水都『郡上八幡(岐阜県)』。

読み方は「ぐじょうはちまん」です。

色々なメディアで見たり話を聞いたりして、その街の存在は知っていました。

そんな郡上八幡は“水との関わり”が非常に強い街。

街の中央には「吉田川」が流れており、あちこちに水路も整備されています。

生活用水としては勿論のこと自然・風景という部分でも清流と名水の町というイメージです。

モロモロと見どころはあると思いますが、時間的な都合もあり私が絶対に見たいと思っているのは下記の4点。

  • 宗祇水/よく聞く日本名水百選の第1号
  • 宮が瀬橋/ここから見える景色が良い感じ
  • 新橋/メディアでよく見る印象深い橋
  • やなか水のこみち/ここもよく取り上げられている撮影スポット

特に「新橋」は、その高さから地元の子供たちが度胸試しというか勇気を示す為に川へ飛び込む・・・なんてのをテレビで見たこともありました。

それ以外にも全般的に古めの街並みを歩いて楽しむという感じでしょうか。

下呂温泉から郡上八幡までのルート

下呂温泉
現在私が居る場所は『下呂温泉』。
そう、前日に宿泊したからです。

そんな『下呂温泉』の話は以前のブログ記事を宜しかったら読んで頂くとして。

当旅行プランを練る際に、下呂温泉から郡上八幡までのルートを結構調べたのですがほとんどヒットせず。

というのも、バスとかの交通手段は存在して無さそうですね。

地図的に言うと岐阜県の右側にある下呂温泉から左側にある郡上八幡まで、ほぼ横移動するイメージ。

なのでバスや車であればそれなりに早く着けそうです。

バスが無いから電車でアクセス

美濃太田駅
ですが電車の場合は、一旦岐阜県の下側にある「美濃太田駅」まで出てブイ字移動しなければいけません。

しかも、所要時間は下呂駅から美濃太田駅まで高山本線各停で1時間10分ほど。

美濃太田駅から郡上八幡駅まで長良川鉄道各停で1時間20分ほど。

乗り継ぎを含めると都合約3時間(片道料金は2,490円)も掛かるのです。

う~ん、一度地図で位置関係を確認してしまうと電車でのアクセスだと無駄な所要時間・ルートだなぁという印象。

下呂駅
でもそう言ってても仕方ありませんから、私は下呂駅から電車で郡上八幡へ向かいます。

美濃太田駅
長良川鉄道
そんな中でも、この美濃太田駅から乗車する「長良川鉄道」。

少々長めの乗車時間となりますが、並行して流れる長良川の景色を車窓から楽しめるので中々良い雰囲気だとは思います。

おすすめの観光スポットをまわる『郡上八幡旅行記』

郡上八幡駅
郡上八幡駅
そんな訳で最寄り駅「郡上八幡駅」に到着です。

ふるさとの鉄道館
駅舎の中には、ふるさとの鉄道館もありました。

最寄り駅から城下町プラザまでの行き方はまめバスか徒歩

城下町プラザ
郡上八幡観光における一つの基準地点と言える「城下町プラザ」という場所があります。

当初そこまで駅から徒歩を考えていましたが、案内係みたいな人がバスの方が良いと思うよぉなんて言うもんですから流れ上そちらに乗車することに。

まめバスと呼ばれる小さめの町中循環バスなのですが、なんか目的地・城下町プラザまで遠回り(色々な停留所を経由する為)しているようで少し時間が掛かってしまう感じでした。

ですので、行きはまめバスに乗車してみましたが帰りは駅まで徒歩。

駅から郡上八幡の街並み一帯まで歩けないこともありません。

ですが、最低でも15分は見た方が良いと思います。

名水「宗祇水」

宗祇水
町中からちょっとした小道に入ると「宗祇水」がヒッソリとあります。

宗祇水
先述しましたが、宗祇水は日本名水百選の第1号に指定された湧水です。

湧水とは言いますが自然的な感じは受けず、歴史のある郡上八幡を代表するスポットのよう。

清水橋
すぐ近くには「清水橋」が。

川遊び
下に流れる川にも降りられるようになっています。

ここのスポットだけではありませんが、色々な所で川遊びをしている子供たちをよく見かけました。

良い景色の「宮が瀬橋」

宮が瀬橋
町中に戻りまして、続いては「宮が瀬橋」。

郡上八幡
このアングル。
ここから向うに見えるお隣の新橋までの吉田川の風景写真。

郡上八幡のパンフレットなどでよく見る気がします。

というのも、この私の写真では小さく分かり難いのですが左上に「郡上八幡城」があるのです。

私は時間の都合上行きませんでしたが、やはり郡上八幡のシンボルでもあるので出来れば行った方が良いかと思います。

「やなか水のこみち」は古い町並みの撮影スポット

やなか水のこみち
やなか水のこみち
宮が瀬橋からすぐ近く、町中に急に現れる路地「やなか水のこみち」。

良い雰囲気なので撮影スポットとしてお馴染みです。

やなか水のこみち
基本的に郡上八幡界隈はコンクリートの地面になっていますが、このスポットだけは玉石を敷いた小道になっています。

また、両側をはさむお屋敷の壁も古い感じで味があって良いですね。

子供たちの飛び込みで有名な「新橋」

郡上八幡旧庁舎記念館
「郡上八幡旧庁舎記念館」。

ここだけじゃないですが、界隈にはトイレも幾つかありますから散策もし易いかと。

新橋
そして「新橋」。

新橋
ちょっと引いた位置からもう一枚。

どうでしょう、この高さ。

この時は居ませんでしたが、何でも地元の子供たちが下の吉田川に飛び込むスポットのようです。

橋の上から
橋の上から水面を見るとこんな感じ。

お店
そんな新橋の近くにはスゲェ所に建てたもんだと思うお店も。

吉田川
こちらの写真は宮が瀬橋に向かって見た景色。

流れる吉田川では釣りをしたり水遊びをする人も見えます。

おすすめの散策の仕方

水路
水路
町中にはこういった水路などもあり、やはり“水との関わり”が強いなぁと感じます。

そんな清流・名水を感じながら、古い町並みには風情のある建物も並んでいますので、鮎の塩焼きなんかを食べながらゆっくりと見て歩くというのも良いかも知れません。

郡上おどり
「郡上おどり」というのも有名みたいです。

という訳で、また来るぜ、郡上八幡。

関連記事

熊野古道・大日越(だいにちごえ)

大日越(熊野古道)をナメるなよ!歩く距離は短いけど難易度高し

その特異性から世界遺産になっている「つぼ湯」のある『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』が、今回の和

記事を読む

熊野古道への飛行機

【東京から熊野古道】本宮大社への行き方は飛行機がベストなのか?

今回の和歌山旅行の主な目的は世界遺産でもある「熊野古道(くまのこどう)」を歩いてみるということ。

記事を読む

香嵐渓(こうらんけい)

ライトアップもお馴染み香嵐渓!紅葉の見ごろに観光してきたぞ

行って参りました。 東海随一の紅葉と名高い、愛知県豊田市足助町『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

横浜観光 山下公園周辺

【横浜観光 山下公園周辺編】シーガーディアンで酔うプラン案

観光地としてお馴染み、港町『横浜』。 いやカッコ良く『横濱』と言うべきでしょうか。

記事を読む

真名井の滝/高千穂峡

高千穂峡旅行記!滝を撮影するため絶対乗るべきボートの待ち時間など

日本屈指のパワースポット、宮崎県は『高千穂峡(たかちほきょう)』へ行ってきました。 すごく

記事を読む

銭洗弁財天宇賀福神社

銭洗弁天から北鎌倉駅円覚寺への山道をひぃこら言ってハイキング

2015年2月。 今年は私、厄年でしたので『鎌倉鶴岡八幡宮へ厄除けに』行って参りました。 折

記事を読む

宮ヶ瀬ダム

宮ヶ瀬ダムで紅葉!だけでなく観光放流も楽しむべき日程プラン案を

皆さんは毎年「紅葉」を意識的に見に行っていますでしょうか。 お恥ずかしい話ですが、正直言い

記事を読む

御岳渓谷/東京

御岳渓谷で紅葉ハイキング!沢井駅から2時間かけて秋の遊歩道をゆく

毎年ちゃんと意識的に「紅葉」を楽しもうと思い立って数年。 旅行はもちろん地図を見ることも好

記事を読む

覚円峰

【山梨観光】昇仙峡へバスで!夏の渓谷ハイキングは結構きつい

私は地理や食文化に関する知識をより深めるために『47都道府県制覇』を目的・目標にしている訳ですが、今

記事を読む

うな重(肝吸付)/しらいし

人吉うなぎが超絶うまい!熊本旅行で外せない百聞は一食にしかずの味

2017年夏。 九州旅行で「熊本」に来ております。 旅行の醍醐味の一つ、その土地の名物料

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

→もっと見る

PAGE TOP ↑