*

ライトアップもお馴染み香嵐渓!紅葉の見ごろに観光してきたぞ

公開日: : 旅行

香嵐渓(こうらんけい)
行って参りました。
東海随一の紅葉と名高い、愛知県豊田市足助町『香嵐渓(こうらんけい)』。

今年の紅葉はどちらで見ようかと考えていたところ、「香嵐渓が良いよ」という情報をゲットしまして11月中旬に行ってみることに。

香嵐渓への旅行プランを検討する

紅葉
まず、大前提に今回の旅行は「紅葉を見たい」という最大の目的があります。

青葉状態ではなく“紅葉”を見れないと話にならないかなぁと。

ですので、いつの時期に行っても良い訳ではなく日程の検討が非常に重要だと考えました。

見ごろ時期や渋滞などをふまえて日程の検討

香嵐渓がある愛知県豊田市足助(あすけ)の観光協会のウェブサイトを確認してみると、例年の見ごろは11月中旬から下旬とのこと。

そうなると、日にちとしては11月10日~30日の3週間ですよねぇ。

最初の週だとまだ青葉状態だったら嫌だなぁという感じですし、最後の方だと紅葉がもう散ってしまっているかも知れない。

そんな考えで、単純に2週目辺りがバランスが良さそうだなと。

また、ここで問題となるのが「香嵐渓は大渋滞でお馴染み」らしいのです。

香嵐渓への来場者(車)に対して駐車場の数が非常に少ないらしく、近辺から道路がかなりの渋滞になることも珍しくないよう。

たしかに東海随一の紅葉と謳われていますから、1年を通してこの11月中旬から下旬という見ごろの期間に来場者が集中して渋滞になるのも頷けます。

ということはですよ。

平日よりも土日休日の方が人出は多くなることも容易に想像がつき、11月は23日の勤労感謝の日もありますからねぇ。

などなど逆算的な日程検討の結果、11月17日ごろの平日が良さげだなと決定致しました。

香嵐渓へのアクセス・行き方を検討

そして次に検討するのは香嵐渓へのアクセスについて。

ちなみに、交通手段としてはマイカーではなくて電車&バスという公共交通機関を利用します。

香嵐渓の近辺に駅はありませんので、香嵐渓への最終到着手段はバス。

香嵐渓までバスが出ている最寄り駅として考えると、いくつかあるようですが

  • 豊田市駅からバスで45分ほど
  • 浄水駅からバスで60分ほど

などが交通手段として良さそうですね。

所要時間から考えるとチョイスは豊田市駅。

ただ、他の時間帯には1時間に1本ずつバスが出てるのに、香嵐渓到着が“昼過ぎから夕方前といった時間帯”には何故だか豊田市駅発のバスは一切無し。

私の旅行プラン的にはその時間帯がベストだったので、まんべんなくバスが出ている浄水駅の方から向かうことにしました。

そして、愛知旅行として一番の基準となる駅は何と言っても『名古屋駅』でしょう。

その名古屋駅から上記の「豊田市駅」や「浄水駅」までは1時間ほどの電車を利用します。

浄水駅
そんなこんなで香嵐渓までの最寄り駅「浄水駅」へと到着。

バスロータリー
浄水駅前は結構開けた感じになっており、改札を出て直ぐにバスロータリーがあります。

バス停
バスは1時間に1本ほど。

私の行った日は乗車するお客さんも少なかったのですが、バス自体が非常に小さいタイプでして10席位しかありません。

長時間バスに乗ることになるので、座りたい方はその辺を注意した方が良いかも知れません。

東海随一の紅葉の名所「香嵐渓」

バス停
という訳で、到着しました『香嵐渓(こうらんけい)』。

気にしていた付近の渋滞に関しては問題無く、所要時間の予定通り60分ほどで到着。

ひとつの参考値として実際のバス時刻は「浄水駅12時26分発(出発はやや遅れましたが)で香嵐渓到着は13時30分」でした。

香嵐渓
降車したバス停から橋を渡って直ぐ、駐車場を抜けるとココから“香嵐渓の紅葉”が始まります。

香嵐渓の紅葉

香嵐渓の撮影スポットを歩く

香嵐渓の基本的構造としては、やや小高い山「飯盛山」が中心にありましてソコを囲むような感じで「巴川」が流れています。

川があるということは勿論いくつかの橋もあり、「巴橋」「待月橋」「香嵐橋」などが良さげな撮影スポットです。

という訳で、撮影した写真を列記掲載していきます↓

小さな木
小さな木も紅葉しています。

もみじ
巴川沿いに幾つもの“もみじ”が見られます。

巴川
巴川は河原に降りてみることも。

道
歩いて行く道はこんな感じ。
基本的には舗装された道になっています。

緑
まだ、緑も残っていました。

待月橋
香嵐渓の一つの基点となる場所「待月橋」。

待月橋
違う角度からもういっちょ待月橋。

香嵐橋
少し歩いて、つり橋である「香嵐橋」。

この橋、実際に渡ってみると分かりますが結構な揺れを感じます。

イワユル吊り橋効果も期待できますね。

一の谷
そして香嵐渓の端まで歩いて「一の谷」。

ここは人も少なく、紅葉自体も見事でした。

観光客
人と言えば観光客の多さはこんな感じ。

私の行った平日の15時ごろの状況で、多くなく少なくもないという感じでしょうか。

香積寺
「香積寺」というお寺も。

道
香嵐渓の道は一つではありません。

上の道と下の道とに分かれていたりするので、行きと帰りで別の道を歩いて雰囲気の違いも楽しめると思います。

もみじ
香嵐渓到着から2時間ほどで上記の撮影スポットを観光できました。

ライトアップされた紅葉も是非見てほしい

そして何と言っても、見たかった“夜のライトアップ”がこちらの写真。

香嵐渓(こうらんけい)
香嵐渓(こうらんけい)
うん。
良い感じ。

旅行プランとして香嵐渓に朝早く来て昼過ぎほどに帰る方も居るようですが、私はどうしてもこの夜のライトアップが見たかったのです。

香嵐渓の中心地「飯盛山」。
その内部にあるライトが点灯します。

ライトアップ
山の中を歩いてライトアップされたもみじを見るも良し。

ライトアップ
外側からライトアップされた飯盛山を見るも良し。

ちなみに、私が行ったこの日。

ちょうどライトアップ位の時間から結構な雨が降ってきてしまい。

少し残念でもありましたが、昼頃とはまったく違った色合いの紅葉が楽しめたので良かったです。

夜のライトアップはこの期間中、日没(大体17時ごろ)から21時まで行われています。

ちなみに、香嵐渓から名古屋方面帰りの豊田市駅や浄水駅までの最終バスは20~21時ほどです。

という訳で良い景色・紅葉が見れました。
また来るぜ、香嵐渓。

香嵐渓(こうらんけい)

関連記事

豊礼の湯/わいた温泉郷/熊本

豊礼の湯もインスタ映え?鍋ヶ滝のあとランチ寄るプランどうでしょう

フォトジェニック・インスタ映えする撮影スポットでお馴染み「鍋ヶ滝(熊本県)」。 私も『シャッタ

記事を読む

ワイン

勝沼ぶどう郷観光でココは外せない!ワイン試飲に行くべき場所

今回は旅行のブログ記事。 ちなみに続きモノです。 真夏の『昇仙峡の渓谷』や『甲府駅で郷土

記事を読む

銭洗弁財天宇賀福神社

銭洗弁天から北鎌倉駅円覚寺への山道をひぃこら言ってハイキング

2015年2月。 今年は私、厄年でしたので『鎌倉鶴岡八幡宮へ厄除けに』行って参りました。 折

記事を読む

白川郷への交通手段は高速バス

【東京から白川郷】高速バスだとこの行き方(時刻付)が最速か?

日本の原風景・世界遺産『白川郷(しらかわごう)』。 どうでしょう。 この田園や茅葺屋

記事を読む

九州旅行名物料理

九州旅行で私が食べた名物料理を一挙出し~鹿児島・熊本・福岡の夜~

2017年夏。 二泊三日で九州旅行をしています。 旅行プラン概要としては、羽田から鹿

記事を読む

覚円峰

【山梨観光】昇仙峡へバスで!夏の渓谷ハイキングは結構きつい

私は地理や食文化に関する知識をより深めるために『47都道府県制覇』を目的・目標にしている訳ですが、今

記事を読む

宮ヶ瀬ダム

宮ヶ瀬ダムで紅葉!だけでなく観光放流も楽しむべき日程プラン案を

皆さんは毎年「紅葉」を意識的に見に行っていますでしょうか。 お恥ずかしい話ですが、正直言い

記事を読む

下呂温泉

夜の下呂温泉!寿々波に素泊まりして宴蔵で飛騨牛朴葉味噌を

現在私が居る場所は岐阜県JR高山駅。 何故ってそれは、白川郷観光に来たからです。 そんな『白

記事を読む

華厳の滝

【日光観光】華厳の滝へバスで!二荒山神社も忘れないであげて

今回の栃木旅行。 既に私は『日光東照宮・輪王寺』は色々と見させて頂きました。 「日光来たら東

記事を読む

草津温泉(群馬県)

草津行ってきた!初観光だからこそ押さえるべきアクセスや温泉のこと

冬の雪降る2月。 日本三名泉の一つ『草津温泉(群馬県)』へ行ってきました。 本当は別

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

→もっと見る

PAGE TOP ↑