*

那智の滝が想像以上に良かった!熊野那智大社と合わせ絶対に行くべき

公開日: : 最終更新日:2016/08/15 旅行

今回の和歌山(熊野)旅行の最大の目的、一番楽しみにしていた『那智滝(なちのたき)』へ行きます。

私は生粋の滝好きでして、過去には華厳の滝(栃木県)と袋田の滝(茨城県)にも。

諸説ありますが、この那智滝にて“日本三名瀑”への観光がコンプリートされるのです。

今回のブログ記事ではそんな旅行記を書いていきたいと思います。

熊野古道大門坂コースを歩いて『熊野那智大社』へと

那智滝へ行くと言ってもピンポイントな場所ではなく、大きな意味の目的としては那智山一帯の観光。

滝の近くには熊野三山の一つ「熊野那智大社」や「青岸渡寺」などもあります。

また、那智としてこの辺りのお土産でよく見かけるのは“那智黒”という黒あめ。

それと“じゃばら”と呼ばれる柑橘類を使った食品なども多いイメージでした。

熊野那智大社へのアクセス・行き方

そんな那智山。
最寄り駅としては「紀伊勝浦駅」がおすすめ。

基本的にはバスで那智山方面へと向かうことになります。

熊野古道 大門坂コース
私の場合は途中でバスを降りて、世界遺産「熊野古道 大門坂コース」を歩くという昔の参詣者がしていたであろう旅行プランにしました。

実際に『熊野古道 大門坂(だいもんざか)』を歩いてみたブログ記事も書いていますので宜しかったら読んで頂くとして。

参道
そんな熊野古道大門坂コースを30分ほど歩きまして、『熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)』の参道に出ます。

少し開けた感じの場所で休憩できるような飲食店やお土産屋さんが並んでいました。

いやぁただでさえ大門坂を上ってきた訳ですが、熊野那智大社まではさらに階段を上がっていかなければなりません。

鳥居
10分ほど階段を上り続けると鳥居が。

ここから又さらに階段を上ると境内に到着です。

熊野那智大社の境内は少し独特な印象も

熊野三山の他二つ『熊野本宮大社』『熊野速玉大社』と比べると境内自体はそんなに広くないと感じました。

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)
社殿は立派な朱色系。

熊野那智大社(くまのなちたいしゃ)
こげ茶系の本宮大社とは違い、色だけで言えば速玉大社と同系色。

さらに本宮大社や速玉大社とは社殿の配置も違って、ここ熊野那智大社は少し独特な印象も受けました。

大楠
境内には立派な大楠の木も。

那智山
那智山を結構な時間かけて上ってきただけあって境内から見える景色も良かったです。

青岸渡寺の三重塔という定番ポイントで撮影する

青岸渡寺(せいがんとじ)
熊野那智大社での参拝を終えまして、次に見たいのが『青岸渡寺(せいがんとじ)』です。

お隣にあるお寺なので直ぐ行けます。

重厚感・存在感のある良い感じのお寺です。

そして何と言っても、青岸渡寺を少し抜けた広場にフォトジェニックを掻き立てられる撮影スポットがあります。

三重塔
この“三重塔プラス奥に見える那智滝”という構図。

この構図の写真は色々な所でよく紹介されています。

三重塔
もう少し近くまで歩いての撮影も。

日本一の名瀑『那智滝』を展望台から

このように熊野那智大社・青岸渡寺から遠目で那智滝は見えます。

見えますが、やはり近くまで行きたいじゃないですかっ。

飛瀧神社の御神体が那智滝

という訳で、那智滝を目指して山を下りていきます。

徒歩15分ほどでしょうか、熊野那智大社まで上ってきた分の坂(山道)を下っていくイメージですかね。

飛瀧神社(ひろうじんじゃ)
厳密に言うと、この『飛瀧神社(ひろうじんじゃ)』に御神体として祀られているのが那智滝です。

飛瀧神社(ひろうじんじゃ)
階段をさらに下っていきますと少し開けた境内に。

那智滝(なちのたき)
はい。
正面に出ました『那智滝(なちのたき)』。

一段の滝として133メートルの落差は日本一を誇ります。

すごい良いですね。
やはり見ごたえがありますよ。

拝所まで入って那智滝を間近で見る

この基本的な境内の位置からでも良い那智滝ですが、参拝料的なものを支払うことで飛瀧神社の中さらに滝の近くまで行くことができます。

せっかくなので私も中に入って展望台まで行ってみることに。

延命長寿
寿命が延びるとされるお水も。

那智滝(なちのたき)
そして、間近で見た那智滝がこちら。

うん。
迫力あります。

見た目としてはそんなに変わっていない感じもしますが、飛んでくる水しぶきなど体感が全然違います。

いわゆるマイナスイオンも出まくりですよ。

その迫力や音的なことも踏まえて、この中まで入ってきた方が絶対に良いと思います。

参拝料で小さな御守りも貰えましたし。

世界遺産・那智滝
日本一の名瀑『那智滝』を満喫。

やはり単純にスケール感が大きいものって見ただけで感動するというか。

ここまで見に来た甲斐ありましたよ。
また来るぜ、那智滝。

関連記事

豊礼の湯/わいた温泉郷/熊本

豊礼の湯もインスタ映え?鍋ヶ滝のあとランチ寄るプランどうでしょう

フォトジェニック・インスタ映えする撮影スポットでお馴染み「鍋ヶ滝(熊本県)」。 私も『シャッタ

記事を読む

名古屋南ささしまライブ

ささしまライブってどこ?横浜から名古屋へ夜行バス格安2500円也

東海随一の紅葉を見てみたいと考え、先日行ってきました愛知県は『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

銭洗弁財天宇賀福神社

銭洗弁天から北鎌倉駅円覚寺への山道をひぃこら言ってハイキング

2015年2月。 今年は私、厄年でしたので『鎌倉鶴岡八幡宮へ厄除けに』行って参りました。 折

記事を読む

香嵐渓(こうらんけい)

ライトアップもお馴染み香嵐渓!紅葉の見ごろに観光してきたぞ

行って参りました。 東海随一の紅葉と名高い、愛知県豊田市足助町『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

神倉神社(かみくらじんじゃ)

熊野速玉大社&神倉神社も絶対行くべき!急な石段は危険ですけど

今回のブログ記事では、熊野三山と呼ばれる神社の一つ『熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)』などにつ

記事を読む

三猿

【日光観光】東照宮での所要時間がこれなら日帰りも大丈夫!

『世界遺産・栃木県日光』と聞くと、一見ド有名な“東照宮だけ”な感じもするのですが、本来はその一帯を言

記事を読む

覚円峰

【山梨観光】昇仙峡へバスで!夏の渓谷ハイキングは結構きつい

私は地理や食文化に関する知識をより深めるために『47都道府県制覇』を目的・目標にしている訳ですが、今

記事を読む

郡上八幡

郡上八幡の観光スポットめぐり!今回は下呂温泉から向かいます

水都『郡上八幡(岐阜県)』。 読み方は「ぐじょうはちまん」です。 色々なメディア

記事を読む

真名井の滝/高千穂峡

高千穂峡旅行記!滝を撮影するため絶対乗るべきボートの待ち時間など

日本屈指のパワースポット、宮崎県は『高千穂峡(たかちほきょう)』へ行ってきました。 すごく

記事を読む

知覧特攻平和会館/鹿児島

知覧特攻平和会館への旅行ブログ!ランチには郷土料理「とんこつ」を

1年間に最低でも1回は旅行しようと考え始めて早6年。 “ただ行くだけ”の観光では経験値には

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

炊き込みご飯
炊き込みご飯は難しい…は思いこみ!水加減など基本的な作り方を紹介

皆さんは食欲の秋の時期に『炊き込みご飯』を作りますか? 炊き込み

きくらげと豚肉の混ぜそば
焼きそば麺のほぐし方を!きくらげと豚肉の混ぜそば作って試してみる

ちょくちょく見ているテレビ東京の料理番組『男子ごはん』。 なんか

シューストレッチャー ワイド 男性用/MORITO(モリト)
シューストレッチャーを使ってスピングルの革靴を伸ばすことに成功!

この度、『シューストレッチャー』を買いました。 あれ? ご存知

もちもちれんこんしそつくね(オレンジページのレシピ参考版)
レンコンの皮のむき方&すりおろし方って?鶏つくね作って試してみる

さて、秋の時期が旬の『レンコン』。 私の記憶が確かならば、先日そ

日本酒オブザイヤー2017
【日本酒オブザイヤー2017】俺的には賀茂金秀!雄町米最強説ここに

今年2017年も色々な日本酒を頂きました。 その数37種(1

→もっと見る

PAGE TOP ↑