*

【東京から熊野古道】本宮大社への行き方は飛行機がベストなのか?

公開日: : 旅行

今回の和歌山旅行の主な目的は世界遺産でもある「熊野古道(くまのこどう)」を歩いてみるということ。

よく聞く熊野古道ですが、あくまでも“道”。

その道の最終地点として参詣者たちが目指したのが熊野本宮大社。

『熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)』や旅行の宿泊先である『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』などに関しては以前のブログ記事に書いていますので宜しかったら読んで頂くとして。

今回はそんな熊野本宮大社へのアクセス・行き方という部分についてまとめておきたいと思います。

羽田から和歌山南紀白浜空港へ行き『熊野本宮大社』へと

熊野古道への飛行機
私が選んだ交通手段は「飛行機」です。

関東(東京)方面から実際に私が行ったアクセス方法を紹介していきます。

所要時間や費用など含め、行き方については結構悩んで考えた末に決定しました。

今後行く方の参考になればと。

和歌山県・熊野本宮大社の位置関係

まず、和歌山県について。

言わずと知れた本州の真ん中「紀伊半島」。

紀伊半島の下部に、やや縦に長めに存在しているのが和歌山県です。

で、よく聞く“和歌山”市というのは北端。

基点となりそうな「和歌山駅」も同様で、地図で上にある大阪府と隣接しているような位置関係となっています。

今回の主役『熊野本宮大社』はそんな和歌山県の中でも真ん中から下の方、いわゆる南紀にあたります。

新幹線などの電車でのアクセス方法も

紀伊半島の形に沿うような感じで南紀には電車も走っています。

そして熊野本宮大社は紀伊半島の真ん中辺りにありますので、最終的なアクセスは南紀の左(田辺・白浜側)か右(勝浦・新宮側)からのバスになると思われます。

左側経由の場合は大阪が近く、右側経由の場合は愛知や三重が近いイメージです。

ですので、新幹線を使う場合は新大阪駅や名古屋駅などが一つのポイントとなるでしょう。

羽田空港からJAL便で南紀白浜空港へ

羽田空港
羽田空港
そんな訳で、旅行当日の「羽田空港」。

ちなみに、第1旅客ターミナルの北ウイング。

JAL213便
私が搭乗する飛行機がこちら。

「JAL213便/羽田空港7:25発~南紀白浜空港8:40着/片道17,590円」です。

海
紀伊半島上空からの海。
とても綺麗です。

目的地の「南紀白浜空港」は紀伊半島の左下辺り(田辺・白浜の近く)に位置しております。

つまり飛行機で紀伊半島の左側「南紀白浜空港」まで飛んで、そこから専用バスというアクセス方法を私は選択しました。

南紀白浜空港
ということで、南紀白浜空港に到着。

南紀白浜空港
そんなに大きくない空港です。

南紀白浜空港
2階にはレストランや売店も。

南紀白浜空港

熊野本宮大社への最終的なアクセスはバス

熊野本宮大社へはバス
南紀白浜空港から熊野本宮大社へは専用の特急バスを利用します。

明光バス熊野古道号
こちらの専用バス。

「明光バス熊野古道号/南紀白浜空港9:28発~熊野本宮大社11:50着/片道2,500円」です。

ここから紀伊半島の中まで入っていくのでそれなりにバスの乗車時間はかかります。

白浜
その道中。
特筆すべき“白浜”。

白浜
バスを降りることは出来ないので、車中からの写真撮影。

めちゃめちゃ綺麗な砂浜でしたよ。

そもそも海水浴シーズンには、この白浜を目的にして沢山の人が集まるみたい。

バス停「本宮大社前」
そして、2時間半ほどの乗車時間で終点バス停「本宮大社前(熊野本宮大社)」に到着。

途中のトイレ休憩は1回。

バス停・本宮大社前
このバス停が一つの基点となる場所かと思われます。

もちろん熊野本宮大社へは直ぐですし、足をのばして色々な所へ行くみたいな。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

新幹線やLCCも交通手段として検討

やはり、関東(東京)方面から熊野本宮大社への行き方で一番早いのは飛行機だと思います。

紀伊半島の左下辺りの南紀白浜空港まで飛行機で、そこから専用バスというアクセス方法が基本かと。

ただ飛行機は早いのですが、その分お値段がお高い。

調べてみたところ、南紀白浜空港へは先述した私の交通手段“羽田空港からのJAL路線”のみ。

時期にもよると思いますが、1日3便で通常の片道運賃は32,790円です。

例えば新幹線など電車の交通費概算だと下記のような感じ。

「品川駅~新大阪駅(新幹線のぞみ)~田辺駅・白浜駅(特急くろしお)/5時間16分/片道17,000円」。

私のように“先得割引”系で飛行機チケットを取ればお値段はほぼ変わらない感じになるかと。

また、同じ飛行機だとしても南紀白浜空港まで直接飛ぶのではなく、和歌山市に近い関西国際空港まで行ってそこから特急系という案も考えられます。

その場合は各空港からLCCも使えると思うのでアクセスとしては面倒くさいですが、ある程度のお時間でお安く行けそうですので合わせてご確認ください。

関連記事

香嵐渓(こうらんけい)

ライトアップもお馴染み香嵐渓!紅葉の見ごろに観光してきたぞ

行って参りました。 東海随一の紅葉と名高い、愛知県豊田市足助町『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

郡上八幡

郡上八幡の観光スポットめぐり!今回は下呂温泉から向かいます

水都『郡上八幡(岐阜県)』。 読み方は「ぐじょうはちまん」です。 色々なメディア

記事を読む

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

熊野本宮大社は写真撮影禁止!その神域での参拝は緊張感ありました

さてさて、行って参りました和歌山旅行。 今回のブログ記事は、そんな和歌山旅行『熊野本宮大社

記事を読む

覚円峰

【山梨観光】昇仙峡へバスで!夏の渓谷ハイキングは結構きつい

私は地理や食文化に関する知識をより深めるために『47都道府県制覇』を目的・目標にしている訳ですが、今

記事を読む

那智滝(なちのたき)

那智の滝が想像以上に良かった!熊野那智大社と合わせ絶対に行くべき

今回の和歌山(熊野)旅行の最大の目的、一番楽しみにしていた『那智滝(なちのたき)』へ行きます。

記事を読む

鍋ヶ滝/熊本

鍋ヶ滝はインスタ映え?落ち水をスローシャッターで撮影してみた結果

とある“芸能人が興味ある場所に行って渾身の写真一枚を撮影する”というテレビ番組がやっていまして。

記事を読む

ワイン

勝沼ぶどう郷観光でココは外せない!ワイン試飲に行くべき場所

今回は旅行のブログ記事。 ちなみに続きモノです。 真夏の『昇仙峡の渓谷』や『甲府駅で郷土

記事を読む

どて丼

柳橋中央市場に潜入!早朝の名古屋めしに「どて丼」を食べる

今回のブログ記事では、私が愛知旅行をした際に主に名古屋で食べた美味しい料理について書いておきたいと思

記事を読む

御岳渓谷/東京

御岳渓谷で紅葉ハイキング!沢井駅から2時間かけて秋の遊歩道をゆく

毎年ちゃんと意識的に「紅葉」を楽しもうと思い立って数年。 旅行はもちろん地図を見ることも好

記事を読む

華厳の滝

【日光観光】華厳の滝へバスで!二荒山神社も忘れないであげて

今回の栃木旅行。 既に私は『日光東照宮・輪王寺』は色々と見させて頂きました。 「日光来たら東

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑