*

宮ヶ瀬ダムで紅葉!だけでなく観光放流も楽しむべき日程プラン案を

公開日: : 旅行

宮ヶ瀬ダム
皆さんは毎年「紅葉」を意識的に見に行っていますでしょうか。

お恥ずかしい話ですが、正直言いまして今まで若い頃の私は興味がまったく無く・・・

ですが年齢が上がるにつれてソレも良くないなぁと思い、数年前から「紅葉」を意識的に見るようにしています。

ちなみに去年は『東海随一の紅葉・愛知県は香嵐渓(こうらんけい)』に行きましたので宜しかったら読んで頂くとして。

神奈川県の紅葉スポット「宮ヶ瀬」へ

で、今年はどこにしようか?と考えました。

紅葉の時期に“紅葉を綺麗に見たい”を目的とした旅行プランって結構難しいんですよねぇ。

単純に“見ごろ”の時期を外したくないですし、天気も雨だったら嫌だなぁと。

基本的には例年の見ごろに合わせた計画になると思いますが、今年は暖冬で・・・なんかでも変わってくるでしょうし。

そんな事ばかり考えていたら、紅葉の時期も残りわずかとなってしまい今年はある意味近場で探すことに。

神奈川県・紅葉なんてキーワードで検索したら良さげな所がヒットしました。

という訳で今年は、ダムや湖もお馴染み神奈川県は『宮ヶ瀬(みやがせ)』へ行ってきます。

宮ヶ瀬へのアクセスは最寄り駅の本厚木からバス

公共交通機関での行き方を調べてみると、JR相模原駅もしくは小田急線本厚木駅からバス(両駅からとも1時間ほど)のようです。

本厚木駅
私は「本厚木駅」から。

神奈中バス
本厚木駅北口交番前のバス停から、厚01半原行8時40分発の神奈中バスに乗車します。

愛川大橋
実際のバス乗車時間としては45分ほどで、目的地の宮ヶ瀬ダムへの最寄りバス停「愛川大橋」へ到着。

本厚木駅からの乗客はそれなりに居ましたが途中でほとんどの方が降車しまして、このバス停まで私を含めて3人のみ。

そしてココ愛川大橋で下車したのが私一人。

平日でしたが、この紅葉の時期。

宮ヶ瀬周辺は紅葉スポットとしてあまり人気が無い所なのでしょうか。

山々の紅葉
でも既に、このバス停から見える山々は良い感じに紅葉しています。

この画像から、山に雪が残っているの分かりますでしょうか。

そう、私が行ったこの日は「54年ぶり11月に雪」が降った次の日なのです。

宮ヶ瀬ダムまで周辺を歩いて行く

バス停「愛川大橋」で下車しますと、その名の通り橋の上。

愛川大橋
バス進行方向に向かって左側へ大きく曲がるような感じで細い路地に入って行きます。

地図看板
大きな地図看板も。

ココから宮ヶ瀬ダムまで徒歩で15分ほど進んで行きますが、途中もろもろ見ておきたいポイントがいくつかありました。

県立あいかわ公園
宮ヶ瀬ダムまでの道として大きく二つに分かれます。

右側の上り坂は「県立あいかわ公園」へと向かい、私は左側の川沿いを歩く行き方をチョイス。

石小屋ダム
途中には小さめのダム「石小屋ダム」も。

水の色
見て分かりますでしょうか。
なんでか水の色が青いんですよ。

決して水が澄んでいるとは言えないのですが、不思議な感じのする水の色です。

そして段々とダムが近づいて来てるなという雰囲気が又良し。

この辺りは車ではなく、実際に歩いてみた方が雰囲気を楽しめるのではないでしょうか。

観光放流も迫力あり「宮ヶ瀬ダム」

宮ヶ瀬ダム
少し開けた広場みたいな所に出ます。

宮ヶ瀬ダム
この辺りまで来ると、遠目ですがダムが既に見えています。

初見で宮ヶ瀬ダムを見た時、普通に「おぉデケぇ」って言っちゃいました。

宮ヶ瀬ダム
そしてこの写真。
ダム手前の橋の上から撮影したもの。

引きの画としてダムの写真を撮るとしたら、この橋の上からが一番良い撮影スポットな感じがします。

観光放流の実施日は要チェック

という訳で「宮ヶ瀬ダム」到着。

宮ヶ瀬ダム
目の前まで行って、見上げる感じでの写真撮影。

「宮ヶ瀬ダム」は156メートルの高さがあります。

ロードトレイン(愛ちゃん号)
ダム前は広場のような感じになっており、先述した県立あいかわ公園とを巡回する「ロードトレイン(愛ちゃん号)」も。

私が到着した当初はほとんど人が居なかったのですが、遠足の小学生も来たりと賑わってまいりました。

そう。
そうなのです。

本日は「宮ヶ瀬ダムの観光放流日」なのです。

あくまでも“紅葉を綺麗に見たい”という目的なのですが、事前調査を色々とした際に観光放流もあるとのこと。

だったらソレも合わせて見たいと考え、日程として本日を選んだのです。

ちなみに観光放流の実施日は、4月から11月の毎週水曜日・毎月第2日曜日・毎月第2第4金曜日。

実施時間は、午前11時と午後2時からの6分間。

ですので、日程調整や実施日の確認などは必須になるかと思います。

宮ヶ瀬ダムの観光放流
私は11月の第4金曜日。
午前11時からの放流を見させて頂きました。

目も耳にも中々迫力のあるダムの放流でした。

ダムを上がって「宮ヶ瀬湖」の景色も

こちら「宮ヶ瀬ダム」。

エレベーター
ダム内部の通路を抜けてエレベーターで上まで行けます。

この年齢になり“高所恐怖症”が発症してしまった私ですが、せっかく来たのでダムの背中部分とでも言いましょうか上まで行ってみることに。

宮ヶ瀬湖
ダムを上がって右側。

宮ヶ瀬湖
左側。

結構な広さがあります。

宮ヶ瀬湖
そしてこちら「宮ヶ瀬湖」。
すごく大きくて綺麗で良い景色。

上がって来て、この「宮ヶ瀬湖」の景色も絶対に見た方が良いですね。

景色
宮ヶ瀬湖の反対側の景色がコチラです。

で、生まれたての小鹿みたいに足をガクガクさせながらも、高いダムから下を覗いて撮影した写真がコチラ↓

宮ヶ瀬ダム
ひゃぁぁ高い。
高過ぎる。

肉眼では見ないでカメラだけ前に突き出して撮影したのですが、ちゃんと撮れていて良かったです。

という訳で紅葉だけでなく良い景色も見れました。
また来るぜ、宮ヶ瀬。

関連記事

熊野古道・大門坂

大門坂を歩いて那智大社参詣!勝浦から行くには絶好の熊野古道コース

今回の和歌山旅行では「熊野古道を歩く」という目的があります。 いくつかのコースに分かれてい

記事を読む

知覧特攻平和会館/鹿児島

知覧特攻平和会館への旅行ブログ!ランチには郷土料理「とんこつ」を

1年間に最低でも1回は旅行しようと考え始めて早6年。 “ただ行くだけ”の観光では経験値には

記事を読む

神倉神社(かみくらじんじゃ)

熊野速玉大社&神倉神社も絶対行くべき!急な石段は危険ですけど

今回のブログ記事では、熊野三山と呼ばれる神社の一つ『熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)』などにつ

記事を読む

熊野古道への飛行機

【東京から熊野古道】本宮大社への行き方は飛行機がベストなのか?

今回の和歌山旅行の主な目的は世界遺産でもある「熊野古道(くまのこどう)」を歩いてみるということ。

記事を読む

熊野古道・大日越(だいにちごえ)

大日越(熊野古道)をナメるなよ!歩く距離は短いけど難易度高し

その特異性から世界遺産になっている「つぼ湯」のある『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』が、今回の和

記事を読む

焼き餃子

ハシゴして食べ比べすべし!宇都宮餃子の特徴は薄味なのか?

さてさて今回の栃木旅行。 次なる目的地「JR宇都宮駅」に来ています。 ちなみに、東武

記事を読む

どて丼

柳橋中央市場に潜入!早朝の名古屋めしに「どて丼」を食べる

今回のブログ記事では、私が愛知旅行をした際に主に名古屋で食べた美味しい料理について書いておきたいと思

記事を読む

郡上八幡

郡上八幡の観光スポットめぐり!今回は下呂温泉から向かいます

水都『郡上八幡(岐阜県)』。 読み方は「ぐじょうはちまん」です。 色々なメディア

記事を読む

太宰府天満宮/福岡

太宰府天満宮旅行記!余った観光時間を利用してのチョイ寄るプラン案

2017年夏。 「九州縦断旅行」と銘打ち、各県各箇所を色々と回っております。 旅行プラン

記事を読む

覚円峰

【山梨観光】昇仙峡へバスで!夏の渓谷ハイキングは結構きつい

私は地理や食文化に関する知識をより深めるために『47都道府県制覇』を目的・目標にしている訳ですが、今

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

→もっと見る

PAGE TOP ↑