*

【東京から白川郷】高速バスだとこの行き方(時刻付)が最速か?

公開日: : 旅行

日本の原風景・世界遺産『白川郷(しらかわごう)』。

白川郷
白川郷一望
どうでしょう。
この田園や茅葺屋根の家屋がある、のどかな風景。

何度かテレビや雑誌などのメディアで見て知ってはいました。

都会の喧騒を忘れてそんな所へ行ってみたいと、それこそメディアによく有りそうなことを思い立っちゃいまして。

新宿から白川郷への交通手段はバスでアクセス

まず、行き方の検討です。

東京からの行き方は色々とあるとは思いますが、使える日程・時間・金額などの面から下記の方法が挙がりました。

ちなみに、白川郷は岐阜県。

地図的に言うと縦に大きめの岐阜県。

その上の方、ほぼ石川県や富山県寄りと言っても良い位置関係に白川郷はあります。

  1. 東海道新幹線などで名古屋駅/名古屋駅からバスで上がる感じで白川郷入り
  2. 今話題の北陸新幹線で金沢駅/金沢駅からバスで下がる感じで白川郷入り
  3. 新宿駅から高速バスで高山駅/高山駅からバスで左に進む感じで白川郷入り

私は3番の行き方をチョイス。

時間はそれなりに掛かりますが交通費的には断然お安いと思われます。

本当は新宿駅を深夜発で高山駅に早朝着のイワユル夜行バスを考えていたのですが、人気の時間帯なのか予約が満席で取れませんでした。

また、そもそも白川郷に最寄り駅はありませんので、最終的な到着手段としてはバスかマイカーなど“車”という選択肢になると思います。

新宿高速バスターミナル出発【7時00分】

新宿高速バスターミナル
東京・新宿高速バスターミナル(新宿駅西口・ヨドバシカメラ前)から「新宿~飛騨高山線」。
朝もハヨから始発7時00分発の高速バスに乗って出発です。

主に使用する道路は中央自動車道。
松本で降りてから国道158号。

高山濃飛バスセンター(高山駅)到着予定時刻は12時30分。

所要時間は5時間半ほどで片道料金は6,690円。

お盆の時期の影響なのか、中央自動車道はやや混雑。
相模湖を過ぎた辺りから空き始めて快適になりました。

山梨県EXPASA談合坂【8時20分】

山梨県EXPASA談合坂
山梨県EXPASA談合坂にて休憩タイム。

長野県諏訪湖SA【10時10分】

長野県諏訪湖SA
諏訪湖
長野県諏訪湖SAにて休憩タイム。

中央自動車道・松本インターチェンジを降りたのが10時40分ごろ。

ここからは国道158号を使って、地図的に言うと左方向へと岐阜県へ向かいます。

白川郷への交通手段は高速バス
ちなみに今回乗車した高速バスはこのような感じ。

岐阜県平湯温泉【12時00分】

岐阜県平湯温泉
途中、岐阜県平湯温泉で最後の休憩タイム。

この近辺一帯は山々でして、実際には通っていませんが上高地や乗鞍といったよく耳にする地名を看板で見ながら進んでいきます。

で、この山道が結構いや相当揺れまして。

車に酔いやすい人は注意した方が良いかも知れません。

高山濃飛バスセンター到着【13時10分】

高山濃飛バスセンター
高山濃飛バスセンター
ひとつの基点となる目的地「高山濃飛バスセンター」へ到着。

実際の到着時刻は13時10分でしたので、予定よりも30分ほどの遅れ。

JR高山駅
JR高山駅
この高山濃飛バスセンターは「JR高山駅」の目の前です。

JR高山駅は結構な工事中でして、仮設のような建物で営業しておりました。

栄屋食堂
昼食はモロモロの時間の都合により予定していた高山ラーメンを諦めまして、JR高山駅前の「栄屋食堂」さんに飛び込みます。

岐阜県飛騨地方の名物・飛騨牛の牛丼を頂きました↓

飛騨牛の牛丼
美味しかったです。
御馳走様でした。

高山濃飛バスセンター出発【13時50分】

高山濃飛バスセンター
ここ高山濃飛バスセンター(高山駅)から『白川郷』へはさらにバスに乗って向かいます。

私が乗車したバスは13時50分発で白川郷への到着予定時刻は15時00分ほど(往復料金は4,420円)。

この高山濃飛バスセンターから白川郷への区間のバスは1日に12本ほど運行しています。

その中には予約が必要なバスもあるので、発車時刻と共にその辺りも確認した方が良いでしょう。

予約無しで乗車できるバス(13時50分発も)は普通の路線バスでもあるようで、近隣の一般的なバス停を幾つか経由して向かうのでその分時間も掛かってそうです。

白川郷到着【15時10分】

せせらぎ公園
という訳で、白川郷に到着。

バスや車の場合は、この発着場「せせらぎ公園駐車場」が白川郷観光の一つの基点。

橋
ここから橋を渡って茅葺屋根の合掌造りの集落へと向かっていきます。

そんな『白川郷の昔ながらの街並み観光』については以前のブログ記事に書いております。

観光所要時間について

白川郷からJR高山駅までの帰りの最終バスは17時30分発。

ですので私の場合は、白川郷入り15時ごろで最終バスまでの約2時間半が観光所要時間でした。

正直ゆっくりできる時間ではありませんが、色々と見てまわることもできたので良かったです。

マイカーを使わずに新宿駅発の一番早い高速バスに乗った場合、もろもろの時刻表的なことで今回の私の観光プランと所要時間はほぼ同じになると思われます。

帰りのJR高山駅着は18時10分ほど。

これから私は今晩宿泊する『下呂温泉』へと向かいます。

ちなみに、白川郷からの帰りのバス。

予約が必要な17時20分発のバスが席に空きがあった為、前倒しで乗車させてもらいました。

一般的な路線バスよりも早く高山駅に到着できたので良かったです。

また、ここ高山濃飛バスセンター(高山駅)から新宿駅への高速バスの最終時刻は17時00分発。

流石にこのプラン・ルートで東京間の“日帰り旅行”は厳しい感じですね。

関連記事

華厳の滝

【日光観光】華厳の滝へバスで!二荒山神社も忘れないであげて

今回の栃木旅行。 既に私は『日光東照宮・輪王寺』は色々と見させて頂きました。 「日光来たら東

記事を読む

白川郷

白川郷をがっかり観光地にしない為に考えるべき旅行プラン案!

世界遺産『岐阜県白川郷』。 何となくテレビなどでよく耳にしていた白川郷へ旅行に行ってきましたの

記事を読む

熊野古道への飛行機

【東京から熊野古道】本宮大社への行き方は飛行機がベストなのか?

今回の和歌山旅行の主な目的は世界遺産でもある「熊野古道(くまのこどう)」を歩いてみるということ。

記事を読む

織部長角皿

瀬戸焼を観光がてらゲット!これは良い緑色の織部長角皿ですね

食器集めが趣味の私。 各地へ旅行に行った際には自分へのお土産として、その土地の食器などを買うこ

記事を読む

香嵐渓(こうらんけい)

ライトアップもお馴染み香嵐渓!紅葉の見ごろに観光してきたぞ

行って参りました。 東海随一の紅葉と名高い、愛知県豊田市足助町『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

真名井の滝/高千穂峡

高千穂峡旅行記!滝を撮影するため絶対乗るべきボートの待ち時間など

日本屈指のパワースポット、宮崎県は『高千穂峡(たかちほきょう)』へ行ってきました。 すごく

記事を読む

宮ヶ瀬湖畔エリア

宮ヶ瀬から七沢温泉(ZUND BAR)の楽しみ方!あえての日帰りバス行動~♪

私の記憶が確かならば、以前『宮ヶ瀬ダム(神奈川県)旅行記』のブログ記事を書きました。 紅葉や観

記事を読む

うな重(肝吸付)/しらいし

人吉うなぎが超絶うまい!熊本旅行で外せない百聞は一食にしかずの味

2017年夏。 九州旅行で「熊本」に来ております。 旅行の醍醐味の一つ、その土地の名物料

記事を読む

どて丼

柳橋中央市場に潜入!早朝の名古屋めしに「どて丼」を食べる

今回のブログ記事では、私が愛知旅行をした際に主に名古屋で食べた美味しい料理について書いておきたいと思

記事を読む

覚円峰

【山梨観光】昇仙峡へバスで!夏の渓谷ハイキングは結構きつい

私は地理や食文化に関する知識をより深めるために『47都道府県制覇』を目的・目標にしている訳ですが、今

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

リバースウィーブ ロングスリーブTシャツ/Champion(チャンピオン)
チャンピオンどハマり中!リバースウィーブ長袖Tシャツ買ってみたぞ

なんか今、私の中で空前のチャンピオンブームが来ています。 み

御岳渓谷/東京
御岳渓谷で紅葉ハイキング!沢井駅から2時間かけて秋の遊歩道をゆく

毎年ちゃんと意識的に「紅葉」を楽しもうと思い立って数年。 旅

レンコンの竜田揚げ
レンコンとハスの違いって?サクサク食感も楽しめる竜田揚げのレシピ

なんかこの9月10月といった秋の時期。 テレビのレシピ番組や雑誌

九州旅行名物料理
九州旅行で私が食べた名物料理を一挙出し~鹿児島・熊本・福岡の夜~

2017年夏。 二泊三日で九州旅行をしています。 旅行

キチントさん ごはん冷凍保存容器 2個入り/クレハ(クレライフ)
ごはん炊かれても!キチント美味しく冷凍保存しなきゃ意味無いでしょ

前回までの「そこそこ書くブログ」。 ここ最近は、作った料理をどう

→もっと見る

PAGE TOP ↑