*

ハシゴして食べ比べすべし!宇都宮餃子の特徴は薄味なのか?

公開日: : 旅行

さてさて今回の栃木旅行。

次なる目的地「JR宇都宮駅」に来ています。

JR宇都宮駅
ちなみに、東武宇都宮駅というのもありますが全然別の場所と言っても良い位離れています。

実際に歩いてみましたが徒歩15分はかかると思いますよ。

で、今回はJRの宇都宮駅でのお話となります。

宇都宮駅周辺で餃子の食べ比べをしてみた

宇都宮と言えば、餃子。

町をあげて盛り上げようとしているのでしょう。

マップ
マップ
こんなマップが配布されていたり。

餃子像
何と言ってもその象徴。
餃子像も。

餃子像のある場所は、JR宇都宮駅西口バスロータリー上の歩道橋にありますよ。

恥ずかしながら私は宇都宮は初めてでして。

そんな初上陸の街で頼りになるのは食べログでの事前調査。

何となく、その食べログで良さげだったお店は、

  • 餃天堂(ギョウテンドウ)
  • 宇都宮みんみん 駅東口店

せっかく来たんだから「ハシゴしよう!」と自分の中で勝手に盛り上がっちゃってました。

この考え、非常に甘かったのです・・・

やっぱり人気がありますね、宇都宮餃子は

まず、西口の餃天堂へ行ってみましたが30人ほどは並んでいたでしょうか。

本日はゴールデンウィーク・休祭日の17時半くらい。

平日だったり時間をずらせばもっと空いているのかも知れませんが、「この行列は無いわ~」と思い諦めました。

次に東口の宇都宮みんみんへ。

で、こちらはもっと並んでいます。

どこぞのテーマパークのアトラクション並の行列です。
ビックリしますよ。

休日の夕方はいつもこのような混み方なのでしょうか。

宇味家(うまいや) 宇都宮駅西口宮の橋店

どこもかしこも結構な混み具合。

宇味家(うまいや) 宇都宮駅西口宮の橋店
でもイワユル『宇都宮餃子』は食べなきゃ話にならないなぁと思い、比較的空いていた「宇味家 宇都宮駅西口宮の橋店」に入ってみることに。

とは言っても、10~15分以上は待ちましたけど。

焼き餃子
焼き餃子と、

揚げ餃子
揚げ餃子と、

水餃子
水餃子を、それぞれ一皿ずつ注文。

う~ん、どうなんでしょうか。

いや、不味くはないんですよ。
ですが「旨い!」かと言うと・・・

なんか薄味なんですよねぇ。
パンチが無いというか。

餃天堂

やはり先述した、食べログで評価が高いであろうお店の餃子も食べてみようと思い立ちまして、西口の駅近「餃天堂」へも。

先程一度見た時と変わらず30人ほど並んでいますが、行列に並んで待ってみることに。

餃天堂(ギョウテンドウ)
で、結局お店の前で2時間半は待ちましたよっ。
いやぁ普段だったら間違いなく待たない時間ですね。

お店のキャパシティとして、店内の席数が行列で待っている人数と比べてバランスが悪く少な過ぎです。

また、こちらのお店は作りたての餃子のテイクアウトもやっているようです。

つまり行列に並んでいる人達以外にも持ち帰り待ちのお客さんも居るわけでして、余計に時間がかかっているよう。

店内の餃子を焼く機械も見た限り3つしかなく、「それらのシステムだったらそりゃ混むわ」という感じでした。

注文したのは、餃天堂セット。
焼き餃子(5個)と水餃子(3個)をどちらも食べたい人向けのやつ。

焼き餃子
焼き餃子。

水餃子
水餃子。

食感は、看板にある通りモチッとしていて美味しいです。

餃子単品の味を総合的に考えると、やはり薄味。

宇都宮餃子の特徴や定義を自分なりに考えてみる

全体的な印象として、味は薄め。
盛り付け方なんかもシンプル。

お店によってなのでしょうか、いつも食べている餃子のニラやニンニクとかのパンチが感じられません。

そういった薄味系が好みの方、匂いに気を使う女性などには合う味なのでしょうかねぇ。

味が薄めなので、それこそ「ハシゴしよう!」と色々な他のお店でも食べて貰うことが前提な食べ方なのでしょうか。

店内の雰囲気もイワユル中華料理屋さんみたいな印象は受けません。
あまり長居せずに食べることが目的というか。

ラーメン屋さんとか、どちらかと言うとファストフード店寄りの“回転重視”といった位置づけなんでしょうかねぇ。

私の好きな餃子の食べ方。
「酢多め醤油少々」という酢ベースのタレで頂く食べ方には合わない餃子でしたね。

餃子自体にしっかりとした味付けがされていないと、この食べ方は良くないと学びました。

ですので、宇都宮餃子は味に合わせて濃いめのタレを意識して作る方が良いと思います。

宇都宮餃子館 東口駅前イベント広場店

翌日は朝もハヨからやっぱり餃子を朝食(只今の時刻7時30分)に食べることに。

宇都宮餃子館 東口駅前イベント広場店
“朝から餃子”というのもどうかと思ったのですが、朝6時半から営業している「宇都宮餃子館 東口駅前イベント広場店」に来てみました。

メニュー
ここのお店はメニューを確認すると、一般的な朝食バイキング形式と餃子定食とに分けられるよう。

前日に行った店舗との味の比較、宇都宮餃子というものを知るためにも色々と餃子を食べ比べする必要もあり。

餃子定食
無論、餃子定食を注文。

前日食べた2つの店舗に比べて、若干ながら味にパンチを感じます。

もっと他のお店でも餃子の食べ比べをしたい気もしますが、私はこれから『益子 春の陶器市』へ向かわなければいけないのです。

ともあれ、今回の栃木旅行の目的の一つ『宇都宮餃子を食べる』をクリア。

御馳走様でした。

関連記事

華厳の滝

【日光観光】華厳の滝へバスで!二荒山神社も忘れないであげて

今回の栃木旅行。 既に私は『日光東照宮・輪王寺』は色々と見させて頂きました。 「日光来たら東

記事を読む

砂蒸し/指宿温泉/鹿児島

砂蒸し体験できるから効果期待できる!知っとくべき指宿温泉の入り方

色々と旅行に行っている私。 基本的には旅行≒名物料理を食べるという感じでおりますが、出来ればそ

記事を読む

ワイン

勝沼ぶどう郷観光でココは外せない!ワイン試飲に行くべき場所

今回は旅行のブログ記事。 ちなみに続きモノです。 真夏の『昇仙峡の渓谷』や『甲府駅で郷土

記事を読む

香嵐渓(こうらんけい)

ライトアップもお馴染み香嵐渓!紅葉の見ごろに観光してきたぞ

行って参りました。 東海随一の紅葉と名高い、愛知県豊田市足助町『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

常夜燈/鞆の浦

鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島へインして四国をグルッと回って

記事を読む

三猿

【日光観光】東照宮での所要時間がこれなら日帰りも大丈夫!

『世界遺産・栃木県日光』と聞くと、一見ド有名な“東照宮だけ”な感じもするのですが、本来はその一帯を言

記事を読む

熊野古道・大日越(だいにちごえ)

大日越(熊野古道)をナメるなよ!歩く距離は短いけど難易度高し

その特異性から世界遺産になっている「つぼ湯」のある『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』が、今回の和

記事を読む

名古屋南ささしまライブ

ささしまライブってどこ?横浜から名古屋へ夜行バス格安2500円也

東海随一の紅葉を見てみたいと考え、先日行ってきました愛知県は『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

横浜観光 山下公園周辺

【横浜観光 山下公園周辺編】シーガーディアンで酔うプラン案

観光地としてお馴染み、港町『横浜』。 いやカッコ良く『横濱』と言うべきでしょうか。

記事を読む

真名井の滝/高千穂峡

高千穂峡旅行記!滝を撮影するため絶対乗るべきボートの待ち時間など

日本屈指のパワースポット、宮崎県は『高千穂峡(たかちほきょう)』へ行ってきました。 すごく

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

→もっと見る

PAGE TOP ↑