*

ゲーンいわゆるタイカレーの作り方!パスタにも使える万能スープ

公開日: : 料理

グリーンカレー・イエローカレー
友人の東南アジア旅行のお土産に頂きました、この『タイカレー』のもと。
ありがとうございます。

今回は“ある意味”本場の本物のそれを使わせてもらい料理をしてみたお話。

とは言ったものの私は「自宅でカレー作らない人なんでぇ」でお馴染みですから、カレーのルーを溶かして・・・なんていう料理をしたことがありません。

理由は自分でもよく分かりませんが、その変なコダワリはこれからもずっと続いていくことでしょう。

ですが、折角お土産に頂いたメイドインタイの本場のものですからこれは作っておかないと。

そもそもこういったグリーンカレーやイエローカレーなどと呼ばれるタイカレー全般。

本来はタイ料理の「ゲーン」という汁もの料理です。

そのゲーンのスパイスの効いた味が非常にカレーに似ていたことから、日本人的にグリーンカレーなどと呼んでいるということ。

つまり今回私が作るのは「ゲーン」。

ですので「自宅でカレー作らない人なんでぇ」は今後も継続されるのですよ。

ゲーンいわゆるタイカレー

主な材料は下記レシピに書いてありますが、あくまでも何となくのイメージレシピです。

それと言うのも、お土産で頂きましたパックにはタイ語だと思われる言葉でレシピ・作り方が書かれています。

一応英語でも簡易的に掲載はされていますが、恥ずかしながら私は英語が苦手でして。

なんとな~くワードとして入ってくるのは coconut cream とか chicken とか boil とか。

ですので、作り方として本当に正しいかは分からないのですが、結果的に下記レシピで美味しかったので良しとしましょう。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ナス1本
  • パプリカ(赤・黄)各1/4個ほど
  • 鶏むね肉150g
  • タイカレーのもと(粉末)30g
  • ココナッツミルク425ml(1缶分)
  • 鶏がらスープのもと(粉末)大さじ1弱
  • ナンプラー大さじ1
  • 砂糖大さじ1弱
  • バジルの葉(飾り用含まず)6枚ほど
  • 塩コショウ適量
  • サラダ油適量

作り方

  1. ナス・鶏肉を一口大に、パプリカは縦にやや大きめに切る
  2. サラダ油でナスを炒める
  3. タイカレーのもとも少し炒めてココナッツミルクを加える
  4. 鶏肉・鶏がらスープのもと・ナンプラー・砂糖を加えて煮込む(20分ほど煮る)
  5. パプリカ・塩コショウ・ちぎったバジルの葉も加える(8分ほど煮る)
  6. スープとして完成したらライスと共に器に
  7. バジルとか飾るのはどうでしょう

ゲーンいわゆるタイカレー
うん。
美味しいですね。

と言うか、お店で食べるタイカレーの味がちゃんと味わえた気がします。

具よりもココナッツミルクが最重要か

最初にパックを開いた時にショウガでしょうか、結構スパイシーな香りが印象的。

また、鍋で煮込んでいる最中に味見をした時も結構辛めというかスパイスが強い感じを受けました。

「あれ?レシピの分量ミスったか」と不安もよぎりましたが、結果的にはソレで良かったと思います。

“主材料がココナッツミルク”ということと、“しっかり時間をかけて煮込む”ということがポイントかなと。

ココナッツミルクは単純に甘めでそのスパイシーさを調和してくれると思いますし、煮込む・煮詰める感じにして味をまろやかに出来るといったところでしょうか。

上記レシピとして、その材料すべてが無いといけない訳ではありませんが、このココナッツミルクだけは水などで代用せずにスープ部分のほとんどを占めることになりますので必須だと思います。

「ゲーン」として色々な食べ方があるとは思いますが、今回は単純に“ライスと共に”としました。

一般的な通常のお米(タイ米とかではなく)を使いましたが全然問題無く美味しかったです。

タイカレーの残りをアレンジして、って言うかそのままパスタに

そして、そのスープが結構余ってしまったのも事実。

翌日はそのスープ・ソースを利用した料理を食べたいと思いました。

“ライス”としては前日に食べましたから、どうしようかなぁと考えて出した結論が「パスタ」です。

「茹でたうどん」にかけてカレーうどんにしようかとも考えましたが、私の場合スパゲッティは常備していますので改めて別に何かを買わなくても良い訳ですし。

パスタの場合はその前日のスープ・ソースをそのままでスープパスタ的感覚で使えそうかなと考えたのも要因の一つです。

カレーもパスタも両方好きな私ですが、今まで「カレーパスタ」は敬遠してきた部分でもあります、あえてね。

ということで今回、チャレンジ料理として作ってみました。

カレーパスタ
うん。
こちらの料理も美味しい。

前日はスープの“汁感”が結構ありましたが、スパゲッティと和えたら予想よりも水気が無くなりました。

ですが、そっちの方が美味しいかも。

カレーソースとしてスパゲッティによく絡まっていますし、濃厚なコクがあって非常に美味しいパスタでした。

また、赤パプリカと黄パプリカが前日よりも旨味をよく吸っているのか、かなり美味しい具材に。

あくまでもスープなのでアレンジして色々な料理に使えそう

今回お土産で頂き、利用しましたパック。
タイトル的な箇所に英語で『Spicy Coconut Soup』と書かれています。

つまり、あくまでもスープということなのでしょう。

そのスープという定義であれば、今後としても色々な料理に使ったり合わせてみたりすることも出来そうですよね。

関連記事

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)

プラウンマサラをカレーじゃなく“おかず”として作るには?[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #2】。 熱しにくく冷めにくい私の現在のマイブーム「インドを

記事を読む

アルーゴビ(ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め)

ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め「アルーゴビ」![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #8】。 色々と作ってみているインド料理の中でも、「ジャガイ

記事を読む

ローマ風クリームソース

自由が丘のポテクリ。レシピ知らないからアレンジは俺流で

なんでもキラキラ女子達の間では今これ人気で流行っているそうですよ。 テレビで特集してました

記事を読む

ラッシー

ラッシー自作!飲むヨーグルトとの違いを考えて手作りしてみた[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #4】。 「インドを知る」という目的のもと、タンドーリチキン

記事を読む

鳥もつ丼

鳥もつ煮込んで丼に!黄色く丸いキンカンはどこの部位か?

私の記憶が確かならば、以前の過去記事で『もつ・豚レバーを使ってニラレバ炒めを作る』について書いたと思

記事を読む

ジンジャーチキンライス(Cook Do おかずごはん アジアン鶏飯用を利用)

ジンジャーチキンライスをCookDoおかずごはんソースで作る!

皆さんもそれなりに気になっているのではないでしょうか。 ピエール瀧さんがお父さん役・西田尚美さ

記事を読む

ポトフ

問題のあるレストラン風ポトフ!具材の切り方が俺のとは違うなぁ

私はその料理を作る時、色々な具材を“ある程度は細かく”切って作ります。 どうなんでしょう。

記事を読む

唐揚げ丼(七味マヨネーズ磯風味)

唐揚げ余ったら丼にアレンジせよ!定番マヨネーズ味をちと変えて

ちゃんと油の温度を測るようにしたら、鶏の唐揚げに代表される「揚げ物料理」が良い感じに出来るように

記事を読む

スルメイカのふわふわ団子

ふわふわ食感イカ団子の作り方!吸い地のスープもまた美味しい

夏が旬のスルメイカ。 今夏もよく食べさせて頂きました。 調理方法としてはお刺身・イカソー

記事を読む

カマスの塩焼き(両褄折り)

カマスの食べ方は塩焼き一択でしょ?で勿論「両づま折り」でしょ

魚食系男子でお馴染みの私は、色々なお魚を好んで食べております。 それは“美味しいから”という単

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑