*

モノのこと

ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

投稿日:

ルーズリーフ
いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書いてみようかと思い立ち。

記憶上、学生時代に勉強ノートに使ってはいましたが、仕事で今後「記録として残しておいた方が良い」と思えることが多々出てきまして。

現状それらにはイワユル綴じノートを使っていました。

綴じノートは“時系列の記録”には向いていると思いますが、“記録の整理と管理(ストック)”を目的とする場合はシステム手帳に代表されるリング式バインダーが良いのかと。

その最大のメリットは「順番が変えられる」という部分で、今回のストックという目的に合っていると考えました。

後々その項目に追加したい内容も出てきますし、将来的に検索するということも考えるとノートを並べ替えやグルーピング出来る方が良く。

したら単純に『ルーズリーフ』が向いているなと判断し購入することにしました。

ジウリス A5 メタルバインダー/Maruman(マルマン)

綴じノートとは違い、特にシステム手帳で言われる“リングによる書きにくさ”問題。

リング式バインダー部分が書く時の手に触れてしまう・・・

しかしデスク上でしかルーズリーフを使わないので、書く時はバインダーから外して書けば良い(一枚の紙として)ことに気付きました。

で、そう使うとすると一枚の紙だと薄さも気になる所。

ある程度の厚さのある紙でペン先が机まで届かない(固さを感じない)こと、また永久ストックと考えると劣化しにくい頑丈さもあった方が良い。

バインダーも含めてジウリスの紙が良さそう

そんな使い方や保存に適したルーズリーフの紙をネットで探してみたところ、良さそうなモノあるじゃないですか。

その名も、マルマンの「ジウリス」。

ジウリス A5 メタルバインダー/Maruman(マルマン)
今回は紙だけではなく、そのジウリスのバインダーも購入しました。

カード入れ
開いての左側。

タブインデックス
開いての右側。

最初からグルーピング用のタブインデックスも6枚付いているのも嬉しい所。

購入したバインダーに最初から付いていた紙は20枚。

さすがに20枚では永久ストックしていくには足りないので、ルーズリーフの紙だけ追加で買うことに。

ルーズリーフ「ジウリス A5 メモリ入7mm罫」

がしかし、近くの文房具店を見て回るも置いてない。

マルマンのルーズリーフは色々と多く置いてあるものの「ジウリス」は無いのです。

そもそもルーズリーフは勉強ノートのイメージもやはり強く、ということは学生さん向け商品が人気が高く多いのか・・・

“高級を謳う”ジウリスは人気が無いから仕入れも無い・・・ということか?

店員さんに聞いても存在自体を知らなかったりして。

まぁそれでも20枚では足りないので追加で100枚は欲しく、近くの文房具店でルーズリーフの紙のみ取り寄せして貰うことにしました。

しかーし、取り寄せるには50枚を5セットでの注文になるとのこと。

いや、とりあえず100枚、多くても150枚で良いんだけどなぁと思いつつも5セットを大人買い注文!

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
都合250枚・・・

こんなに使うか・・・書くことあるのか・・・と考えながらも、そりゃある意味「一生モノを買う」という私のテーマには合っているから良しとします。

ルーズリーフ ジウリス/Maruman(マルマン)
そんな『ルーズリーフ ジウリス/Maruman(マルマン)』。
末永く使っていきたいと思います。







-モノのこと

Copyright© そこそこ書くブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.