*

簡単オニオングラタンスープ!オーブン無しで食パン焼いて同時進行を

公開日: : 料理

この前、「きょうの料理~20分で晩ごはんを作る~」というテーマのテレビ番組をやっていました。

料理研究家コウケンテツさんとNHKの後藤繁榮アナが絶妙な掛け合いをしながら料理を作るやつ。

時間が無い中でも、すごく楽しそうに料理をするコウケンテツさんが好印象。

画面外から時折ぶっこんでくる後藤アナのダジャレもまた好印象。

そんな「きょうの料理」で作っていたメニューのひとつが『オニオングラタンスープ』。

“オーブンを使わず”に、それこそ短時間で出来るとのキャッチだったので私も実際に作ってみることにしました。

オニオングラタンスープ(きょうの料理コウケンテツさん風)

本来は最後にオーブンで焼き上げるというイメージがある『オニオングラタンスープ』。

今回のレシピで言うと、まずスープ自体を作って最終的に“焼いたチーズパン”を添えるところが最大の特徴でしょうか。

そのチーズパンを浸しながら食べるスタイルが何だか楽しく美味しそうな印象を受けました。

という訳でレシピ。

実際に自分で作ってみての感想をふまえた材料と作り方になります。

そこそこ簡単なレシピ

材料(4人分)

  • タマネギ(大きめ)1個
  • ベーコン(厚切り)60g
  • 鶏ひき肉120g
  • バター30g
  • 砂糖大さじ1/2
  • 大さじ2
  • ニンニク(すりおろし)1片
  • 白ワイン大さじ3
  • 800ml
  • ローリエ1枚
  • 小さじ1
  • チーズ(ピザ用)50g
  • 食パン(8枚切)2枚
  • バター10g
  • パセリ適量
  • 適量
  • 黒コショウ適量

作り方

  1. タマネギを縦半分に切り、芯を取って横に薄切りにする
  2. バターを熱してタマネギを中火で炒める
  3. 砂糖を加えて混ぜ合わせ、水を入れフタをして強火で蒸し焼きにする(2分ほど/時々混ぜる)
  4. フタを取って炒める(8分ほど/タマネギが色づくまで)
  5. 棒状に切ったベーコン・鶏ひき肉・ニンニクを加えて少し炒める
  6. 白ワインを加え強火でひと煮立ちさせる
  7. 水・ローリエ・塩を加え強火でひと煮立ちさせ、フタをして中火で煮る(10分ほど)
  8. チーズをフライパンで中火で焼き、溶けてきたら食パンをのせる(軽く押さえて動かしパン全面にチーズを馴染ませる)
  9. 食パンにチーズが付いたら裏返して、バターを加えてパンに絡めて焼く(焼き上がったら4等分に切る)
  10. スープは塩・黒コショウで調味して完成
  11. 器に焼いたチーズパンを添えてパセリとか散らすのはどうでしょう

オニオングラタンスープ(きょうの料理コウケンテツさん風)
うん。
美味しい。

スープ自体はタマネギの旨味もあって甘めの味です。

タマネギの柔らかさと鶏ひき肉のアクセントが良い食感になっています。

そして何と言っても、焼いたチーズパンとの相性が抜群でそれぞれの美味しさが倍増するイメージ。

上に乗せたチーズパンがスープを吸って、カリカリではなく“トロトロ”状態にしてから食べた方が美味しいかも。

ちなみにチーズパン。

もろもろ使う鍋や時間の都合上、上記のレシピ通りではなく私は普通にトースターで焼いて作りましたよ。

そして「きょうの料理」の中でコウケンテツさんが作り方のポイントを言っていました。

特に、なるほどなぁと思ったのが下記2点。

  • 鶏ひき肉でチキンコンソメのような旨味を出す
  • タマネギを炒める際は砂糖でキャラメリゼする

鶏ひき肉で旨味と食感を追加する

本当はチキンコンソメを使っても良いが(例えば冷凍保存しておいた)鶏ひき肉を炒めて旨味を追加するとのこと。

コレはすごく納得。

鍋料理を作る時もそうですが、鶏肉を入れると入れないのではハッキリと味が違いますから。

極端な話、鶏肉を具として食べるために入れるのではなく、鍋自体の味を上げるために使っている部分もありますもん。

鶏脂というか旨味が出て美味しくなるのでオススメな作り方ですよ。

飴色タマネギなど食パンも焦げ感を出して「グラタン」に

タマネギも本当はイワユル飴色になるまで炒めたいのですが時間短縮を目的とします。

ある程度タマネギを炒めた後、砂糖と水を加えてフレンチでいうところのキャラメリゼをする。

キャラメリゼの目的は“香ばしさや焦げ色を出す”ことなので、すごく理に適っていると思いました。

オニオン「グラタン」スープの本来の意味はオーブンなどで表面を“焦がす”ことらしく。

ですので、タマネギは勿論のことチーズパンも少し焦がす感じにした方が雰囲気でるかと思います。

関連記事

我が家の定番インドカレー

インドカレーを自宅で作る覚書レシピ!水やスパイスはこちらの配合で

インドを学ぶために、その土地の料理を色々と作っては食べている私。 その中でも単純に「カレー」を

記事を読む

サバの味噌煮

サバの味噌煮は霜降り処理と鉄鍋必須か?塩焼きも忘れてないよ

旬は秋から冬。 水揚げされる地方によって違いがあるようですが、冬のソレの方が私は美味しいと思ってい

記事を読む

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

チキンキエフ

チキンキエフの作り方!開けると出てくるバターソースが超絶旨い

さてさて、毎年クリスマスの時期には意識的に「鶏(チキン)料理」を作って食べるようにしている私。

記事を読む

厚揚げ

厚揚げを豆腐料理として手作りしてみる!おつまみに最適な簡単レシピ

皆さんは豆腐料理って食べますか? 料理じゃなくても、単品的にイワユル「冷奴」なども含めて。

記事を読む

リンゴの豚肉巻き

果物おかず!リンゴを使って豚肉巻きやレバーとの野菜炒めを

デザートとしてではなく、あくまでもフルーツを“御飯”として食べること。 『果物おかず』というも

記事を読む

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)

プラウンマサラをカレーじゃなく“おかず”として作るには?[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #2】。 熱しにくく冷めにくい私の現在のマイブーム「インドを

記事を読む

チキン65

「チキン65?」何でかそう呼ばれる鶏肉料理の新定番が登場だ![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #5】。 「インドを知る」という目的のもと作ってみたインド料

記事を読む

自作チャーシュー(煮豚)

チャーシューの作り方多過ぎ!イイトコ取りの簡単レシピを紹介

年末年始の“おせち料理”ってあるじゃないですかぁ。 料理することが好きな私でも、さすがに自作し

記事を読む

鶏皮ポン酢

男のマストアイテム・鶏皮!美味しいし安いけど食べ過ぎには注意

私が焼き鳥で一番好きな部位「皮」。 まぁ勿論、皆さんもきっとそうであると信じておりますが、どう

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑