*

自由が丘のポテクリ。レシピ知らないからアレンジは俺流で

公開日: : 料理

ローマ風クリームソース
なんでもキラキラ女子達の間では今これ人気で流行っているそうですよ。

テレビで特集してましたし。

ポテトクリーム(Potato Cream)の略で『ポテクリ』

自由が丘のお店で売っているその料理、新感覚のポテトサラダということみたいです。

そのテレビはざっとしか見ていないのですが、スタジオで試食された方の感想的には「下側にはマッシュポテト」「その上にパスタのソースがかかった感じ」とのこと。

ですので、定義的に考えてみると「ポテトサラダ」ですからジャガイモを使うのは大前提として

  • あくまでもサラダなので、ソース・具には野菜を使う
  • クリーム言ってますので、全体的にクリーミーな感じにする
  • そしてソースはパスタに使っても良さそうなもの

という感じを受けましたが、どうでしょうか。

テレビで色々な種類(メニュー)が紹介されていましたが、どんなものが紹介されていたかよく覚えておらず、唯一ナスミートみたいなやつはあった気がします。

ポテクリ ソースを作る量

本来、ポテクリは“カップ”で提供されるので、量として考えるとポテクリ単品だと男性として少ないのは確か。

まぁジャンルとしてはポテトサラダですから、それもそうかと思います。

その場合、バゲットとかも一緒に食べるんだそう。

また、調理として考えてもポテクリ1人分だけ作るとなると材料的にも少ないし、なんだか勿体無い感じがします。

せっかくソースを作るんであれば、ある程度の量を作りたいです。

つまり、順序はあれですけど、パスタ作る体で少し多めにソースを作っておく。

で、パスタ食べる。

意図的に残しておいたソースで、翌日はポテクリ。順序は逆もまた真なり。

このような考え方・スケジュール感が良さそうです。

単純に、洗い物が少なく済むし。

特にこの冬の時期の洗い物って、指先が痺れて“どこにもぶつけることが出来ない怒り”がこみ上げてくるじゃないですかぁ。

という訳で、そんなポテクリ。

レシピとか想像で、俺流に作ってみることにしました。

ちなみに、『マッシュポテトの作り方』は以前のブログ記事をご参照くださいませ。

ナスのミートソース

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 合い挽き肉200g
  • ナス1本
  • タマネギ半分
  • ホールトマト200gほど
  • ニンニク1片
  • オリーブオイル適量
  • 塩コショウ適量
  • 粉チーズお好みで
  • マッシュポテト

作り方

  1. ナス・タマネギを小さめに切る
  2. オリーブオイルで挽き肉を炒め塩コショウする
  3. たまった油でニンニクを炒める
  4. ナス・タマネギを加えて炒めホールトマトをくずしながら加え混ぜる
  5. マッシュポテトの上にソースを盛り粉チーズかけるのはどうでしょう

ナスのミートソース
パスタソースとしての基本、ミートソース。
カッコ良く言うと、ボロネーゼ。

このソースを基本形として作ってみました。

うん。
美味しいです。

元々マッシュポテト大好物ですから、美味しくない訳ないんですけどね。

ただ、生クリームを入れてもっとクリーミーにすれば良かったかも。

これだと普通にミートソースな感じもしてますし。

味としては、ミートソースの油っぽさをジャガイモで相殺する感じで意外とさっぱり食べれたと思います。

そういう意味だとやっぱりサラダという位置づけなのか。

イメージですけど、ジャガイモとパスタを比較してもジャガイモの方がカロリーが低そうなので、そういう違いもありそうです。

鶏肉と小松菜のクリームソース

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 鶏もも肉150g
  • 小松菜100g
  • 生クリーム100ml
  • オリーブオイル適量
  • 塩コショウ適量
  • 黒コショウ適量
  • ゴルゴンゾーラお好みで
  • マッシュポテト

作り方

  1. 鶏肉・小松菜を適当な大きさに切る
  2. 鶏肉に塩コショウで下味をつけオリーブオイルで焼く
  3. 小松菜の茎・葉の順で加えて炒める
  4. 生クリームを加えて混ぜゴルゴンゾーラを溶かす
  5. マッシュポテトの上にソースを盛り黒コショウふるのはどうでしょう

鶏肉と小松菜のクリームソース
これはクリーム感がよく出ていて美味しかったです。

隠し味に、イタリアの青かびチーズ・ゴルゴンゾーラピッカンテを溶かして入れています。

結構塩気が強くなってしまうかなぁとも思ったのですが、これもジャガイモ・マッシュポテトが調和してくれてちょうど良かった感じです。

そう考えると、単体で食べるマッシュポテトを作る時よりも塩加減はソースに味がある訳ですから少なくしておくべきかも知れません。

今回これはクリーム感を出したのは良いのですが、その分こってりし過ぎになった気がします。

クリーム系のソースにする時は、下側のマッシュポテトを少なくするとかを考えても良さそうですね。

関連記事

アジのカルパッチョ

アジのカルパッチョ!作り方は簡単だけどソースの奥が深いぜ

大衆魚「アジ」。 年がら年中スーパーにありますので、私は結構な頻度で食べている気がします。

記事を読む

ゲーンいわゆるタイカレー

ゲーンいわゆるタイカレーの作り方!パスタにも使える万能スープ

友人の東南アジア旅行のお土産に頂きました、この『タイカレー』のもと。 ありがとうございます。

記事を読む

揚げバター(フライド・バター・ボール)

揚げバターをイメージレシピで作ってみた!噂のカロリースイーツ

とある筋からの情報によると、なんでも『フライド・バター・ボール(スティック)』なるものがアメリカで流

記事を読む

若鶏のディアボラ風

若鶏のディアボラ風!鶏むね肉の最も美味しい食べ方のレシピを

みんな大好き『鶏肉』。 え? 「鶏むね肉」のことですよ。 もも肉じゃなくて、むね肉。

記事を読む

アルーゴビ(ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め)

ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め「アルーゴビ」![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #8】。 色々と作ってみているインド料理の中でも、「ジャガイ

記事を読む

Pasco(パスコ)の超熟イングリッシュマフィン

イングリッシュマフィン超熟で朝食を!カボチャなど簡単な具で

私は朝食に食パンをトーストしたものだったり、バウルーを使ったホットサンドだったりを基本的にはよく食べ

記事を読む

カツオの甘辛揚げ煮

カツオの甘辛揚げ煮を作る!煮詰めタレにはザラメを使おうぜ

この時期が旬だと思われるカツオ。 いわゆる「初ガツオ」。 私の記憶が確かならば以前『カツオを

記事を読む

ガパオライス

ガパオライスはタイ?ベトナム?ごっちゃになる国ってあるよね

私がその料理に意識的に出会ったのはもう10年ほど前でしょうか。 職場近くのちょっとオシャレなお

記事を読む

イサキ皮湯霜造り

イサキは皮も旨いのか?湯霜造りや塩焼きにして食す(白子含む)

今回頂きましたイサキの大きさは、鼻先から尻尾の先まで約30センチ。 決して“小さくない”サ

記事を読む

シークカバブ(ひき肉の串焼き)

シークカバブのレシピ!食べ方としてチャトニも絶対忘れずにっ[インドへの道]

久し振りにインド料理のブログ記事。 もろもろ“インド料理を作ってみる”ことで、知識や経験を得よ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

→もっと見る

PAGE TOP ↑