*

チキンマライティッカの作り方!スパイス1種でこの旨さかよっ[インドへの道]

公開日: : 料理

今回のブログ記事は【インドへの道 #3】。

「インドを知る」という目的のもと、インド料理にハマってみようと作ってみた「タンドーリチキン」と基本的には同様の味付けと作り方で鶏もも肉を利用した料理「チキンティッカ」。

ティッカ=小さく切り分けた肉という意味。

タンドーリチキンは骨付き肉を使いましたが、チキンティッカには一般的な鶏もも肉を(私の場合はお安いので鶏むね肉を)使います。

そんなチキンティッカは、タンドーリチキンと同様にヨーグルトなどのマリネ液に漬けこんでから作ります。

以前に紹介したその同様のものを又紹介してもどうなんでしょうと思ったので、今回はヨーグルトだけでなく生クリームも使用した『チキンマライティッカ』についてです。

チキンマライティッカ/北インド

マライ=乳製品という意味ですから、通常のチキンティッカよりも単純にクリーミーになり食感も柔らかくなります。

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 鶏もも肉300~350g
  • 塩コショウ適量
  • 片栗粉小さじ1
  • 青唐辛子2本
  • 香菜(パクチー)10g
  • プレーンヨーグルト大さじ2
  • 生クリーム50ml
  • 粉チーズ大さじ1
  • おろしニンニク小さじ1
  • おろしショウガ小さじ1
  • 小さじ1
  • カルダモン小さじ1

※カルダモンはパウダースパイス

作り方

  1. 鶏肉に塩コショウをもみ込む
  2. 青唐辛子・香菜・プレーンヨーグルト・生クリームをミキサーにかけ、粉チーズ以下の材料とかき混ぜてマリネ液を作る
  3. 鶏肉にマリネ液をよくからめてもみ込む
  4. 保存袋にマリネ液ごと鶏肉を入れて冷蔵庫におく(3時間以上)
  5. 片栗粉を混ぜ合わせ、オーブンやフィッシュロースターで焼く

チキンマライティッカ
はいっ。
ものすごく美味しいっ。

歴代の料理ランキングで考えても結構上位入賞する美味しさだと思います。

スパイスの辛さとはまた違った生の青唐辛子の辛さと、カルダモンの良い香りが美味しさの決め手ですかね。

スパイスは「カルダモン」のみ。

ひとつのスパイスしか使っていないのにこの美味しさは驚きです。

逆に言うと、その唯一のスパイス「カルダモン」。

少々手に入れにくいスパイスなのですが、この料理には必須で使用した方が良いと思われます。

作り方として生クリームを使うのもポイント

先述しましたが、この料理名『チキン・マライ・ティッカ』のマライは乳製品という意味です。

画像から分かりますでしょうか。
スパイスの赤色や黄色と言うよりも、どちらかと言うと白っぽい色。

やはりヨーグルトだけでなく生クリームも使用しているのでその辺の白さが出ているのでしょうか。

ちなみに、マリネした焼く前の鶏肉はこちらです。

鶏肉
この時点が既に白いというかヨーグルトと生クリームによるクリーミーさが出ていますよね。

私は生粋のミルカーですから乳製品がそもそも好きなので、生クリームのコクも非常に美味しいと思えた理由の一つだと思います。

タンドーリチキンのレシピを参考に通常のチキンティッカも作ってみた

とは言うものの、通常のチキンティッカも作ってみようかと思い立ちまして。

チキンティッカ
作り方としては以前のブログ記事『タンドーリチキンを作ってみた』のレシピを宜しかったら確認して頂ければと思います。

そのレシピで作ったマリネ液を骨付き鶏もも肉ではなく、鶏むね肉に使って焼き上げました。

こちらの通常のチキンティッカに関しては、やはり赤色や黄色という印象ですかね。

味についてもこちらの方が見た目通りに単純にスパイシーです。

チキンマライティッカの方はコクがあってまろやかという感じ。

ケースバイケースだとは思いますが、私はチキンマライティッカの方が好きかもです。

関連記事

チキンキエフ

チキンキエフの作り方!開けると出てくるバターソースが超絶旨い

さてさて、毎年クリスマスの時期には意識的に「鶏(チキン)料理」を作って食べるようにしている私。

記事を読む

スパゲッティ ナポリタン

ケチャップで何とかしたナポリタンとかいうスパゲッティ料理

そう、私はその料理を食べますと小さい頃の日曜日のお昼を思い出します。 ソレが理由ではないの

記事を読む

スズキのポワレ 白ワイン(ヴァンブラン)ソース

スズキをポワレで!お魚に合う簡単な白ワインソースの作り方

さてさて、ここ最近「ポワレ」づいている私。 そんなフランス料理であるポワレの焼き方に関してもコ

記事を読む

ニラレバ炒め

酢大好き人間によるニラレバ炒めの作り方!牛乳で臭み消せば大丈夫

料理好きな私は色々と作っておりますが、ここ最近は一般的に「もつ」と呼ばれる内臓系食材もその調理対象に

記事を読む

イサキ皮湯霜造り

イサキは皮も旨いのか?湯霜造りや塩焼きにして食す(白子含む)

今回頂きましたイサキの大きさは、鼻先から尻尾の先まで約30センチ。 決して“小さくない”サ

記事を読む

ブリ大根

切り身でブリ大根&塩焼き!煮物は一晩寝かせて美味しさダンチ

それは冬の定番料理。 皆さん、お好きですか? そんな『ブリ大根』。 切り身を使って作る

記事を読む

フォー風ベトナムうどん

うどんで代用、フォーを作る!パクチーはニラやネギにアレンジ

東南アジアをイメージさせるその麺料理。 正確にはベトナム料理ですが、食べたことありますか?

記事を読む

つくね・タレ味

【美味しいの つくね つくる】タネゆるい問題を解決せよ!

毎度おなじみ「フィッシュロースター(名機・象印EF-VT40)」を使って、『自宅で焼き鳥』なんてのを

記事を読む

唐揚げ丼(七味マヨネーズ磯風味)

唐揚げ余ったら丼にアレンジせよ!定番マヨネーズ味をちと変えて

ちゃんと油の温度を測るようにしたら、鶏の唐揚げに代表される「揚げ物料理」が良い感じに出来るように

記事を読む

アルーゴビ(ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め)

ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め「アルーゴビ」![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #8】。 色々と作ってみているインド料理の中でも、「ジャガイ

記事を読む

Comment

  1. みかん より:

    以前インドで食べたマライティッカが食べたくて、レシピを探しここにたどり着きました。おいし〜!!想像以上にっ(笑)我が家の定番メニューになりそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

新しいふきん 3枚入り/日東紡(ニットーボー)
日東紡ふきんに結果たどり着くのか?迷走しまくった私の食器拭き選び

今回はみんな大好き「ふきん(食器拭き)」のブログ記事。 基本的に

白雪友禅てぬぐい 麻入り クローバー
白雪てぬぐいの大きさがベスト!私はコレで水きりカゴをやめました

皆さんはキッチンにて、いわゆる「水きりカゴ」を使っていますか?

Dハンドルマグ アイボリー シェービング/Fire-King(ファイヤーキング)
ファイヤーキングのマグカップ!店舗で選んだ納得の一品でコーヒーを

食器集めが趣味の私。 いわゆるショッカーな訳ですが、定番マグカッ

バッファローチキンウィング
バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニ

宮ヶ瀬湖畔エリア
宮ヶ瀬から七沢温泉(ZUND BAR)の楽しみ方!あえての日帰りバス行動~♪

私の記憶が確かならば、以前『宮ヶ瀬ダム(神奈川県)旅行記』のブログ記事

→もっと見る

PAGE TOP ↑