*

熊野本宮大社は写真撮影禁止!その神域での参拝は緊張感ありました

公開日: : 最終更新日:2016/08/15 旅行

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
さてさて、行って参りました和歌山旅行。

今回のブログ記事は、そんな和歌山旅行『熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)』編。

主な交通手段は飛行機とバスを利用しました。

『関東(東京)方面から熊野本宮大社へのアクセス・行き方』などについてもブログ記事に書いていますので宜しかったら読んで頂くとして。

それでは熊野本宮大社の旅行記です。

世界遺産の熊野古道を歩きに『熊野本宮大社』へと

熊野本宮大社へも行きたいなぁと以前から思ってはいましたが、そもそも最初に私が興味を持ったのは「熊野古道(くまのこどう)」です。

ん?
知ってますか?熊野古道って。

全国にある熊野神社の総本山的な、紀伊半島は和歌山県の中心ほどにある『熊野本宮大社』。

ある意味、その熊野本宮大社を最終地点・目的地として参詣者たちが各方面から歩いてきた道があります。

昔はもちろん電車やバスなども無い訳ですから、熊野本宮大社を目指して歩いてきた道こそが「熊野古道」です。

その昔ながらの風景や自然が残っている古道で、“道”として世界遺産に登録されています。

いくつかのルートがある熊野古道を歩いてみたい

熊野古道は1本のみということではなく、この辺り一帯にいくつかの道が存在しています。

また、和歌山県には熊野三山と呼ばれる、今回紹介する『熊野本宮大社』を筆頭に『熊野速玉大社』『熊野那智大社』という3つの神社があります。

熊野古道は基本的にその3つの神社それぞれを繋ぐ感じで存在していたり、紀伊半島を横断する道や外周するようなルートだったり。

そのルートがいくつかに分断され、いわゆるハイキングコースみたいな感じで複数存在するイメージです。

そんな「熊野古道」を歩いてみるというのが今回の旅の目的。

でしたら、熊野古道の最終目的地である『熊野本宮大社』へも行ってみたい(参詣)じゃないですかっ。

参拝前に熊野本宮大社周辺情報

バス停・本宮大社前
という訳で、南紀白浜空港から専用バスで熊野本宮大社入り、終点「本宮大社前」。

その専用バスの到着時刻が丁度お昼時だったので食事をすることに。

熊野本宮大社の近くには数店舗の食事処があり、私は「しもじ本宮店」さんで牛丼を昼食に食べました。

しもじ本宮店・熊野牛丼
ちなみに、名産の熊野牛を使った牛丼です。

コインロッカー
また、近くにコインロッカーもあるので熊野本宮大社を基点に熊野古道などをハイキングする場合には旅行荷物を預けるのもアリかも知れません。

では、参拝です。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
熊野本宮大社への入口の立派な鳥居。

奉納幟
奉納幟が並ぶ道を進んでいきます。

杉並木
杉並木に囲まれていて良い雰囲気です。

石段
そして結構長めの石段を上っていきます。

撮影禁止の御社殿が最大の見どころ

拝殿
石段を上りきると社務所などがあり、その正面には「拝殿」が。

熊野本宮大社・神門
そして、その右側には「神門」。

神門をくぐった先は「御社殿」がある“神域”となります。

神域は写真撮影が禁止なので下記私の箇条書きにてイメージをお願いします。

  • すごく静かで厳かな雰囲気
  • 広さも結構あって全面に白い砂利が敷かれています
  • メインの社殿は大きいものが一つと中位のものが二つ
  • 社殿の色はこげ茶系で見事な檜皮葺(ひわだぶき)の屋根

建物として朱色などが無く、こげ茶・黒・金色の装飾が良い意味で古く威厳をとても感じます。

そんな緊張感の中、参拝して熊野本宮大社を後にしました。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

大斎原(おおゆのはら)という熊野本宮大社の旧社地へ

熊野本宮大社まで来たのならば、セットで行っておきたい「大斎原(おおゆのはら)」という場所があります。

大斎原・大鳥居
熊野本宮大社から徒歩で5分ほどでしょうか、何と言ってもシンボル的な日本一高い「大鳥居」が建っている所です。

杉並木
大鳥居をくぐって杉並木を進みますと、奥は広場のような感じになっています。

また、その奥の部分も写真撮影が禁止になっていました。

そもそも、ここ「大斎原」に元は熊野本宮大社があったらしく。

大斎原(おおゆのはら)
その昔に洪水被害を受けて壊れてしまった社殿などを現在の土地へと移転したみたいです。

熊野本宮大社の旧社地が「大斎原」ということなんですね。

そんな訳で、これから『熊野古道 大日越(だいにちごえ)』を歩きまして本日の宿泊先『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』へと向かいます。

ちなみに、熊野本宮大社到着から大斎原出発までの滞在時間としては2時間ほどでした。

関連記事

宮ヶ瀬湖畔エリア

宮ヶ瀬から七沢温泉(ZUND BAR)の楽しみ方!あえての日帰りバス行動~♪

私の記憶が確かならば、以前『宮ヶ瀬ダム(神奈川県)旅行記』のブログ記事を書きました。 紅葉や観

記事を読む

下呂温泉

夜の下呂温泉!寿々波に素泊まりして宴蔵で飛騨牛朴葉味噌を

現在私が居る場所は岐阜県JR高山駅。 何故ってそれは、白川郷観光に来たからです。 そんな『白

記事を読む

熊野古道・大門坂

大門坂を歩いて那智大社参詣!勝浦から行くには絶好の熊野古道コース

今回の和歌山旅行では「熊野古道を歩く」という目的があります。 いくつかのコースに分かれてい

記事を読む

熊野古道・大日越(だいにちごえ)

大日越(熊野古道)をナメるなよ!歩く距離は短いけど難易度高し

その特異性から世界遺産になっている「つぼ湯」のある『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』が、今回の和

記事を読む

銭洗弁財天宇賀福神社

銭洗弁天から北鎌倉駅円覚寺への山道をひぃこら言ってハイキング

2015年2月。 今年は私、厄年でしたので『鎌倉鶴岡八幡宮へ厄除けに』行って参りました。 折

記事を読む

香嵐渓(こうらんけい)

ライトアップもお馴染み香嵐渓!紅葉の見ごろに観光してきたぞ

行って参りました。 東海随一の紅葉と名高い、愛知県豊田市足助町『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

那智滝(なちのたき)

那智の滝が想像以上に良かった!熊野那智大社と合わせ絶対に行くべき

今回の和歌山(熊野)旅行の最大の目的、一番楽しみにしていた『那智滝(なちのたき)』へ行きます。

記事を読む

白川郷

白川郷をがっかり観光地にしない為に考えるべき旅行プラン案!

世界遺産『岐阜県白川郷』。 何となくテレビなどでよく耳にしていた白川郷へ旅行に行ってきましたの

記事を読む

神倉神社(かみくらじんじゃ)

熊野速玉大社&神倉神社も絶対行くべき!急な石段は危険ですけど

今回のブログ記事では、熊野三山と呼ばれる神社の一つ『熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)』などにつ

記事を読む

買ったもの

【益子春の陶器市2015】見どころ満載!私が土産に買ったもの

現在地は栃木県JR宇都宮駅。 何故ってそれは、宇都宮餃子を食べに来たからです。 毎年ゴールデ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

耐熱ガラス製保存容器 3個セット/HARIO(ハリオ)
プラスチックぬるぬる油汚れが大嫌い!ガラス製保存容器はどうか?

以前に、作り過ぎたカレーの保存容器は何にするのか?を検討したブログ記事

ツッカーノブルボン(カルディ)
ツッカーノブルボン(カルディ)!見えてきたぜ俺好みのコーヒーの味

ある程度コーヒーにこだわり始めて早一年と半年ほど。 と言っても、

ホワイトシリーズ スクウェア シール蓋付 WS-L/野田琺瑯
野田琺瑯にカレーを保存する理由!そのまま直火で再加熱したいからね

今回のブログ記事はみんな大好き「キッチン用品」の話。 その中でも

新しいふきん 3枚入り/日東紡(ニットーボー)
日東紡ふきんに結果たどり着くのか?迷走しまくった私の食器拭き選び

今回はみんな大好き「ふきん(食器拭き)」のブログ記事。 基本的に

白雪友禅てぬぐい 麻入り クローバー
白雪てぬぐいの大きさがベスト!私はコレで水きりカゴをやめました

皆さんはキッチンにて、いわゆる「水きりカゴ」を使っていますか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑