*

熊野本宮大社は写真撮影禁止!その神域での参拝は緊張感ありました

公開日: : 最終更新日:2016/08/15 旅行

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
さてさて、行って参りました和歌山旅行。

今回のブログ記事は、そんな和歌山旅行『熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)』編。

主な交通手段は飛行機とバスを利用しました。

『関東(東京)方面から熊野本宮大社へのアクセス・行き方』などについてもブログ記事に書いていますので宜しかったら読んで頂くとして。

それでは熊野本宮大社の旅行記です。

世界遺産の熊野古道を歩きに『熊野本宮大社』へと

熊野本宮大社へも行きたいなぁと以前から思ってはいましたが、そもそも最初に私が興味を持ったのは「熊野古道(くまのこどう)」です。

ん?
知ってますか?熊野古道って。

全国にある熊野神社の総本山的な、紀伊半島は和歌山県の中心ほどにある『熊野本宮大社』。

ある意味、その熊野本宮大社を最終地点・目的地として参詣者たちが各方面から歩いてきた道があります。

昔はもちろん電車やバスなども無い訳ですから、熊野本宮大社を目指して歩いてきた道こそが「熊野古道」です。

その昔ながらの風景や自然が残っている古道で、“道”として世界遺産に登録されています。

いくつかのルートがある熊野古道を歩いてみたい

熊野古道は1本のみということではなく、この辺り一帯にいくつかの道が存在しています。

また、和歌山県には熊野三山と呼ばれる、今回紹介する『熊野本宮大社』を筆頭に『熊野速玉大社』『熊野那智大社』という3つの神社があります。

熊野古道は基本的にその3つの神社それぞれを繋ぐ感じで存在していたり、紀伊半島を横断する道や外周するようなルートだったり。

そのルートがいくつかに分断され、いわゆるハイキングコースみたいな感じで複数存在するイメージです。

そんな「熊野古道」を歩いてみるというのが今回の旅の目的。

でしたら、熊野古道の最終目的地である『熊野本宮大社』へも行ってみたい(参詣)じゃないですかっ。

参拝前に熊野本宮大社周辺情報

バス停・本宮大社前
という訳で、南紀白浜空港から専用バスで熊野本宮大社入り、終点「本宮大社前」。

その専用バスの到着時刻が丁度お昼時だったので食事をすることに。

熊野本宮大社の近くには数店舗の食事処があり、私は「しもじ本宮店」さんで牛丼を昼食に食べました。

しもじ本宮店・熊野牛丼
ちなみに、名産の熊野牛を使った牛丼です。

コインロッカー
また、近くにコインロッカーもあるので熊野本宮大社を基点に熊野古道などをハイキングする場合には旅行荷物を預けるのもアリかも知れません。

では、参拝です。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)
熊野本宮大社への入口の立派な鳥居。

奉納幟
奉納幟が並ぶ道を進んでいきます。

杉並木
杉並木に囲まれていて良い雰囲気です。

石段
そして結構長めの石段を上っていきます。

撮影禁止の御社殿が最大の見どころ

拝殿
石段を上りきると社務所などがあり、その正面には「拝殿」が。

熊野本宮大社・神門
そして、その右側には「神門」。

神門をくぐった先は「御社殿」がある“神域”となります。

神域は写真撮影が禁止なので下記私の箇条書きにてイメージをお願いします。

  • すごく静かで厳かな雰囲気
  • 広さも結構あって全面に白い砂利が敷かれています
  • メインの社殿は大きいものが一つと中位のものが二つ
  • 社殿の色はこげ茶系で見事な檜皮葺(ひわだぶき)の屋根

建物として朱色などが無く、こげ茶・黒・金色の装飾が良い意味で古く威厳をとても感じます。

そんな緊張感の中、参拝して熊野本宮大社を後にしました。

熊野本宮大社(くまのほんぐうたいしゃ)

大斎原(おおゆのはら)という熊野本宮大社の旧社地へ

熊野本宮大社まで来たのならば、セットで行っておきたい「大斎原(おおゆのはら)」という場所があります。

大斎原・大鳥居
熊野本宮大社から徒歩で5分ほどでしょうか、何と言ってもシンボル的な日本一高い「大鳥居」が建っている所です。

杉並木
大鳥居をくぐって杉並木を進みますと、奥は広場のような感じになっています。

また、その奥の部分も写真撮影が禁止になっていました。

そもそも、ここ「大斎原」に元は熊野本宮大社があったらしく。

大斎原(おおゆのはら)
その昔に洪水被害を受けて壊れてしまった社殿などを現在の土地へと移転したみたいです。

熊野本宮大社の旧社地が「大斎原」ということなんですね。

そんな訳で、これから『熊野古道 大日越(だいにちごえ)』を歩きまして本日の宿泊先『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』へと向かいます。

ちなみに、熊野本宮大社到着から大斎原出発までの滞在時間としては2時間ほどでした。

関連記事

熊野古道・大日越(だいにちごえ)

大日越(熊野古道)をナメるなよ!歩く距離は短いけど難易度高し

その特異性から世界遺産になっている「つぼ湯」のある『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』が、今回の和

記事を読む

どて丼

柳橋中央市場に潜入!早朝の名古屋めしに「どて丼」を食べる

今回のブログ記事では、私が愛知旅行をした際に主に名古屋で食べた美味しい料理について書いておきたいと思

記事を読む

郡上八幡

郡上八幡の観光スポットめぐり!今回は下呂温泉から向かいます

水都『郡上八幡(岐阜県)』。 読み方は「ぐじょうはちまん」です。 色々なメディア

記事を読む

華厳の滝

【日光観光】華厳の滝へバスで!二荒山神社も忘れないであげて

今回の栃木旅行。 既に私は『日光東照宮・輪王寺』は色々と見させて頂きました。 「日光来たら東

記事を読む

太宰府天満宮/福岡

太宰府天満宮旅行記!余った観光時間を利用してのチョイ寄るプラン案

2017年夏。 「九州縦断旅行」と銘打ち、各県各箇所を色々と回っております。 旅行プラン

記事を読む

名古屋南ささしまライブ

ささしまライブってどこ?横浜から名古屋へ夜行バス格安2500円也

東海随一の紅葉を見てみたいと考え、先日行ってきました愛知県は『香嵐渓(こうらんけい)』。

記事を読む

ワイン

勝沼ぶどう郷観光でココは外せない!ワイン試飲に行くべき場所

今回は旅行のブログ記事。 ちなみに続きモノです。 真夏の『昇仙峡の渓谷』や『甲府駅で郷土

記事を読む

湯の峰温泉・つぼ湯

湯の峰温泉つぼ湯に入浴してみた結果!世界遺産には入るしかない

今回の和歌山(熊野)旅行の宿泊先は『湯の峰温泉(ゆのみねおんせん)』。 世界遺産にも登録されて

記事を読む

御岳渓谷/東京

御岳渓谷で紅葉ハイキング!沢井駅から2時間かけて秋の遊歩道をゆく

毎年ちゃんと意識的に「紅葉」を楽しもうと思い立って数年。 旅行はもちろん地図を見ることも好

記事を読む

神倉神社(かみくらじんじゃ)

熊野速玉大社&神倉神社も絶対行くべき!急な石段は危険ですけど

今回のブログ記事では、熊野三山と呼ばれる神社の一つ『熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)』などにつ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

天津飯
天津飯!調理時間が短いのに出来上がりは最高に美味しい料理の作り方

いや勿論その料理の名前は知っていましたし、中華料理だということも理解で

だし巻き卵
だし巻き卵の作り方&大根おろしは上下どっちの部位を使うと良いの?

今回は「卵焼き≒だし巻き卵」に関するブログ記事。 定義や違いは色

バケットハット/LACOSTE(ラコステ)
ラコステのバケットハット購入!夏だから洗濯可なモノを選びたいよね

私の中での洋服3大ブランド、ブルックスブラザーズ・チャンピオンそし

ASSASSIN 85% TUNGSTEN 18gR STYLE A/Harrows(ハローズ)
マイダーツ買うなら早い方が良い!と形から入った俺のアサシン6500円

知り合いが『ダーツ』にハマってると聞きまして、じゃぁ自分も「久しぶりに

→もっと見る

PAGE TOP ↑