*

料理

ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め「アルーゴビ」![インドへの道]

投稿日:

今回のブログ記事は【インドへの道 #8】。

色々と作ってみているインド料理の中でも、「ジャガイモ」料理の第2弾。

ヒンディーでジャガイモは「アルー」と言い、今回作ってみる『アルーゴビ(アルゴビとも言う)』は、ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め。

カリフラワー
「ゴビ」はカリフラワーなので、日本語的に料理名を言うとそんな感じでしょうか。

ちなみに、以前紹介した同じく“じゃがいも”を使った料理『アルーマサラ(ジャガイモのスパイス炒め)』の記事も宜しかったら読んで頂くとして。

とりあえず、まずはレシピから。

アルーゴビ(ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め)/北インド

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ジャガイモ大きめ2個
  • カリフラワー1/2株
  • ニンニク1片
  • ショウガ1片
  • 香菜(パクチー)適量
  • サラダ油大さじ2
  • 大さじ4
  • レモン汁大さじ2
  • 適量
  • クミンシード小さじ1
  • コリアンダー小さじ2
  • カイエンヌペッパー小さじ1/2
  • ターメリック小さじ1/2

※クミンシードはホールスパイス
※コリアンダー以下はパウダースパイス

作り方

  1. 一口大に切ったジャガイモ・カリフラワーを硬めに茹でる
  2. サラダ油を熱してホールスパイス(クミンシード)を加える(中火で泡が立つまで)
  3. ニンニク・ショウガを加えて炒める
  4. 弱火にしてパウダースパイス・塩を加えて炒め合わせる(焦げないように30秒ほど)
  5. 水を加えて中火にして混ぜ合わせる
  6. ジャガイモ・カリフラワーを加えて混ぜ合わせる(水分をとばすように)
  7. みじん切りにした香菜・レモン汁を加え混ぜ合わせて塩で調味し完成

アルーゴビ(ジャガイモとカリフラワーのスパイス炒め)
アルー(ジャガイモ)は少し硬めでしたが、ゴビ(カリフラワー)は適度な柔らかさで味をしっかりと吸い込んでいる感じ。

レモン&スパイスの風味がよく出ていて美味しいです。

ジャガイモとカリフラワーの食感の違いを楽しむ感じですかねぇ。

レモンは結構強めの方が美味しいと思います。

サッパリ感も増しますし。

以前に作ってみた“じゃがいも”が主役のアルーマサラに比べるとトロトロとはしていなく、ペーストというよりも“汁”のイメージですかね。

でも、そのドロッとしていないレモン風味なところがこのアルーゴビの良いところかなぁと思っています。

アルーゴビかアルゴビなのか、はたまた別なのか

ヒンディーでカリフラワーは「ゴビ」。

ということなのですが、私の持っているヒンディーの本には「ゴーピー」とも。

ジャガイモ自体も「アルー」や「アル」とか「アールー」と書いてあったりもします。

今回作ってみたアルーゴビという料理名も『アルゴビ』や『アールーゴーピー』でも通じるんでしょうか。

そもそもヒンディーの文字を英字やカタカナで表記するのは、やはり限界があるんですかねぇ。







-料理

Copyright© そこそこ書くブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.