*

切り身でブリ大根&塩焼き!煮物は一晩寝かせて美味しさダンチ

公開日: : 最終更新日:2015/08/31 料理

それは冬の定番料理。
皆さん、お好きですか?

そんな『ブリ大根』。

切り身を使って作るのも良いと思いますが、本来ならば鰤の「アラ」を(アラも)使った方が良い気もしています。

「この料理の主役はブリなのか大根なのか」と考えた場合、きっとソレは大根なんだと思います。

煮込んだことによりブリの旨味・煮汁を大根に吸わせ、その大根を噛んだ時の柔らかい食感とジュワッと飛び出る味を楽しむ。

そう考えると、煮る際は切り身よりもアラ系を利用した方がブリらしい味が出るんだと思います。

ただ、アラ自体を手に入れる方が逆に難しかったりもしますからねぇ。

ブリ切身

ブリ大根

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • ブリ(出来ればアラも)2切れ
  • 大根1/2本
  • ニンジン1/2本
  • 200ml
  • 100ml
  • 砂糖大さじ2
  • 醤油大さじ3ほど
  • みりん大さじ2

作り方

  1. 大根は皮をむき輪切りに、ニンジンも皮をむき適当な大きさに切る
  2. ブリを半分に切って熱湯につけ(10秒ほど)、氷水に移して余熱を取る
  3. 鍋に大根・ニンジンを敷き入れて隙間にブリを入れる
  4. 水・酒で具材を強火で煮る
  5. 沸騰したら灰汁を取り砂糖を入れ、落し蓋をして弱火で煮込む(大根など軟らかくなるまで)
  6. みりんで調味して、一旦冷ました方がベスト

ブリ大根
水分量がやや多めだったからでしょうか、色が若干薄めな気もします。

ですが味自体はしっかりと付いていたので美味しかったです。
何て言うんでしょう、上品なお味とでも言いましょうか。

画像では隠れて見えませんが、大根の輪切りが2つ。
ブリ1切れを半分に。

というのが、ちょうど良い一皿分の量ですかね。

STAUB(ストウブ)の鍋でブリ大根を

今回、このブリ大根の調理には『STAUB(ストウブ)ピコ・ココット ラウンド22センチ』の鍋を使って煮込みました。

ストウブの鍋ってフタがきっちりと閉まり、密閉された中で具材を煮込んだその蒸気で調理するのが特徴・利点でもあります。

ですがそうなると、汁気が飛ばないというか煮詰まらないというか。

なので、あまり濃い色になり難いのかなぁとも思います。

カレーとかシチュー、スープに代表される“結果的な水分系料理”にストウブの鍋は良いかも知れませんが、煮魚などにはテクニックが要りそう。

一般的に掲載されているレシピよりも、水は結構少なくした方が良いのかも。

美味しい煮物料理は染み込み率が決め手

そして翌日にも意図的に残しておいたブリ大根を食べましたが、その方がやっぱり美味しいですね。

大根への煮汁の染み込み率がダンチです。

暑い季節ではなかったので、ストウブの鍋の中にそのまま残した状態でほぼ丸一日放置。

もちろん冷めているので、食べる前に再度火にかけ温め直したらまぁ美味しいこと美味しいこと。

と言うことはですよ。

食事・献立のジュルスケを考えて、“本当に食べたい日”の前日にこの調理をしておき味を染み込ませておくという流れが良さそうですね。

※夏場など暑い時期の常温放置は危険ですのでやめましょう。

ブリの塩焼き

そこそこ簡単なレシピ

材料(1人分)

  • ブリ1切れ
  • 適量

作り方

  1. ブリの切身に塩を振って、しばらく置く
  2. 水気を拭いて軽く塩を振る
  3. 焼く(10分ほど)

ブリの塩焼き
塩焼きは煮物に比べるとやっぱり簡単ですね。

塩振ってしばらく置いておく。
出てきた水分を拭いて焼くだけ。

ポイントとしては「下処理の為の塩」と「味付けの為の塩」を意識的に使い分けて、このような処理をすることにより臭みも和らぎ美味しく頂けると思います。

で、冷蔵庫に余っておりましたオクラも一緒に焼いてみました。

このオクラ。
味もさることながら、画的に緑色が入るので良いですねぇ。

焼き魚をお皿に盛り付ける際、私はその味の好みから「大根おろし:白・レモン:黄色」を基本的にはよく使います。

そして本来ならば「笹:緑色」が良いのですが、そんなオシャレなものは持っていません。

その緑色の部分を大葉だったりレタス系で補っています。

オクラであれば単品として考えても一つの食材な訳ですし、味・色合いなんかも増えて良い感じですよ。

関連記事

ポワレの皮くっつき問題

ポワレの意味!を踏まえた切り身の皮が本当にくっつかない焼き方を

今回のブログ記事では『ポワレ』という調理法について書いてみようと思います。 すごく簡単に言

記事を読む

ドライカレー

俺流ドライカレーの作り方!挽肉(キーマ)を使うやつ

私は料理が好きなので結構色々なものを作っていますが、ある意味最もポピュラーだとも言える『カレーライス

記事を読む

スルメイカのふわふわ団子

ふわふわ食感イカ団子の作り方!吸い地のスープもまた美味しい

夏が旬のスルメイカ。 今夏もよく食べさせて頂きました。 調理方法としてはお刺身・イカソー

記事を読む

鶏の唐揚げ(二度揚げ版)

鶏の唐揚げの作り方を!美味しく揚げる油の温度は何℃が良いの?

キッチン用温度計を購入してからというもの、コツをつかんで“揚げ物”にハマっております。 やはり

記事を読む

レンコンの竜田揚げ

レンコンとハスの違いって?サクサク食感も楽しめる竜田揚げのレシピ

なんかこの9月10月といった秋の時期。 テレビのレシピ番組や雑誌などで『レンコン』を使った料理

記事を読む

ゴアンプロウン(ゴア風エビカレー)

ゴアンプロウンっつう簡単に言うとエビカレーの作り方![インドへの道]

ワイン好きですが“ボジョレー・ヌーヴォーは一度も飲んだことがない”のと同様に、「自宅でカレー作らない

記事を読む

トマトのガスパチョ

ガスパチョの作り方!冷製スープの効果で夏バテにアディオース

そう、この冷製スープとの出会いは「東京ガスのCM ガス・パッ・チョ」だったかと思います。 恥ず

記事を読む

フレンチトースト

ティファニーでフレンチトーストの朝食を。染み込むまで待って

「食器集め」が趣味だったりする私。 数年前に結婚式の引出物で頂いたティファニーのお皿があり

記事を読む

ローマ風クリームソース

自由が丘のポテクリ。レシピ知らないからアレンジは俺流で

なんでもキラキラ女子達の間では今これ人気で流行っているそうですよ。 テレビで特集してました

記事を読む

シーザーサラダ

シーザーサラダのドレッシングを手作りで!材料の基本がコチラ

皆さんは、どんなサラダが好きですか? 私は作り方がとても簡単な「コールスロー」や今回のブログ記

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ローストビーフ(ストウブ使用)
ローストビーフをストウブで作る!中心温度を57℃にする焼き時間は?

毎年恒例のクリスマスチキン料理の件。 あまり普段は作らない“少し

南部鉄器 たこ焼きプレート角型(穴径4.2cm)/南部盛栄堂・及源鋳造株式会社(OIGEN)
たこ焼きプレートの購入検討で悩んだ私が南部鉄器モノを選んだ理由!

私の好きな三大料理。 ハンバーグ・ちくわの磯辺揚げ、そして今回の

ジウリス A5 メモリ入7mm罫
ジウリスという高級ルーズリーフを仕事用にと私が大人買いした理由

いやぁ今回、久し振りに『ルーズリーフ』を購入したのでブログ記事に書

常夜燈/鞆の浦
鞆の浦へ倉敷から急遽行ってみた旅行記!もちろん常夜燈も見てきたよ

夏の四国一周旅行。 四国一周とは言っても、東京は羽田から広島

尾道
尾道は千光寺への旅行ブログ!行列うまく回避して食べたラーメンの話

はい。 2018年夏、行ってきました旅行プラン「四国一周二泊三日」。

→もっと見る

PAGE TOP ↑