*

チキンチリフライのレシピ!パクチーとの相性もGood[インドへの道]

公開日: : 料理

今回のブログ記事は【インドへの道 #10】。

作ってみる料理は『チキン・チリ・フライ』。

チキン=鶏肉
チリ=唐辛子
フライ=炒める

それぞれはこのような意味になるのかと。

フライと言うと揚げるイメージを単純に思ってしまいますが、インドでは主に“フライパンで炒める”ことのようです。

また、インドのお肉料理と言うとチキン(鶏肉)を使ったものが多いですよねぇ。

以前に幾つか作ってみたお肉料理もチキンでしたが、それはきっと宗教的な事柄が影響しているんだと思います。

※参考記事『タンドーリチキン』『チキンマライティッカ』『チキン65』

で、今回作ってみる『チキンチリフライ』。
とりあえず、まずはレシピから。

チキンチリフライ(鶏肉の辛み炒め)/南インド

そこそこ簡単なレシピ

材料(2人分)

  • 鶏もも肉300~350g
  • タマネギ1個
  • トマト半分
  • ニンニク2片
  • ショウガ1片
  • 青唐辛子2本
  • レモン汁大さじ1
  • サラダ油大さじ2
  • 適量
  • 香菜(パクチー)適量
  • 赤唐辛子2本
  • コリアンダー大さじ2
  • クミン小さじ1
  • ターメリック小さじ1
  • カイエンヌペッパー小さじ1/3
  • 黒コショウ小さじ1/3

※赤唐辛子はホールスパイス
※コリアンダー以下はパウダースパイス

作り方

  1. タマネギ(半分)からレモン汁までをミキサーにかけてペースト状にする
  2. パウダースパイスも混ぜてマリネ液を作り、皮をむいて一口大に切った鶏肉をもみ込む(30分ほど冷蔵庫におく)
  3. サラダ油を熱してホールスパイス(赤唐辛子)を加えて色づいたら、薄切りにした残り半分のタマネギを加えて強めの中火で炒める(タマネギが色づくまで)
  4. マリネ液も含めた鶏肉・塩を加えて混ぜ合わせ、フタをして蒸し焼きにする(5分ほど)
  5. フタを取って水分がほぼ無くなるまで炒める
  6. 塩で調味して、ざく切りにした香菜を散らして完成

チキンチリフライ(鶏肉の辛み炒め)
うん。
美味しいですね。

この料理『チキンチリフライ』の調理的な特徴として、水気を飛ばすこと。

実際に作ってみて分かりましたが、その水気を飛ばすのに結構時間が掛かりました。

ですので、マリネ液自体を最初から少なめにした方が良いのかなぁとも思います。

ただ、鶏肉自体も美味しいのですが、特筆すべきは一緒に炒めたタマネギやマリネ液(タレ)のソースがコレマタ非常に美味しかったのです。

タレと言うか、長い時間炒めた分その粉っぽいところが香辛料の美味しさを凝縮した感じと言うか。

ということは、マリネ液はやはりそれなりの量が無いと美味しさ・旨味が出ない感じもしますねぇ。

チキンチリフライに香菜・パクチーは必須か?

チキンチリフライは味的にやや飽きやすい部分もあるので、「香菜(パクチー)」を生で少々多めに入れて味のアクセント・変化に使うと良いと思いました。

香菜(パクチー)
そんな香菜・パクチーですが、なんか最近スーパーに置いていないんですよねぇ。

私のよく行くイキツケのスーパーに以前はあったのですが、この夏の猛暑の影響なのかここ最近は置いてないというか入荷・仕入れをしていない雰囲気。

あまり収穫されていないのか、人気が無いのか。

手に入れること自体がやや難しくなったと感じているのは私だけでしょうか。

そして上記の写真の量(2束分)で350円ほどはしましたし、場合によってはこれよりも少ない量で500円ほどで売られているのも見たことがあります。

ですので、結構お高い野菜でもあるんですよねぇ。

香菜・パクチーを切らしてしまっている際に何か他の野菜で代用出来れば良いのですが・・・

あの独特な香りの代用というのも難しいですよねぇ・・・

関連記事

フィッシュフライ(魚のスパイス焼き)

魚のスパイス焼き「フィッシュフライ」をアジで![インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #6】。 「インドを知る」という目的のもと色々と作ってみてい

記事を読む

バッファローチキンウィング

バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニューがとても美味しくてですね。

記事を読む

チキンキエフ

チキンキエフの作り方!開けると出てくるバターソースが超絶旨い

さてさて、毎年クリスマスの時期には意識的に「鶏(チキン)料理」を作って食べるようにしている私。

記事を読む

静岡おでん

一人おでん!出汁や食べ方を静岡風レシピにしてみた秋冬の季節よ

はい。 寒い時期になりました。 もちろん皆さんも『おでん』作って食べてますよね。 私は

記事を読む

スパゲッティ ナポリタン

ケチャップで何とかしたナポリタンとかいうスパゲッティ料理

そう、私はその料理を食べますと小さい頃の日曜日のお昼を思い出します。 ソレが理由ではないの

記事を読む

我が家の定番インドカレー

インドカレーを自宅で作る覚書レシピ!水やスパイスはこちらの配合で

インドを学ぶために、その土地の料理を色々と作っては食べている私。 その中でも単純に「カレー」を

記事を読む

ポークヴィンダルー(豚肉の酸味カレー)

ポークビンダルー!酢好き垂涎の最高に旨いカレーの作り方[インドへの道]

さてさて、今回のブログ記事は【インドへの道 #17】。 作ってみる料理は『ポークヴィンダルー(

記事を読む

スパゲッティ ボロネーゼ(ミートソース)

ボロネーゼ(ミートソース)をガツンと激ウマに作る3つのコツ

色々な料理を作っている私ですが、やはりイタリアンが一番しっくりくる料理ですかねぇ。 特にパスタ

記事を読む

サバの味噌煮

サバの味噌煮は霜降り処理と鉄鍋必須か?塩焼きも忘れてないよ

旬は秋から冬。 水揚げされる地方によって違いがあるようですが、冬のソレの方が私は美味しいと思ってい

記事を読む

プラウンマサラ(エビのスパイス炒め)

プラウンマサラをカレーじゃなく“おかず”として作るには?[インドへの道]

今回のブログ記事は【インドへの道 #2】。 熱しにくく冷めにくい私の現在のマイブーム「インドを

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

新しいふきん 3枚入り/日東紡(ニットーボー)
日東紡ふきんに結果たどり着くのか?迷走しまくった私の食器拭き選び

今回はみんな大好き「ふきん(食器拭き)」のブログ記事。 基本的に

白雪友禅てぬぐい 麻入り クローバー
白雪てぬぐいの大きさがベスト!私はコレで水きりカゴをやめました

皆さんはキッチンにて、いわゆる「水きりカゴ」を使っていますか?

Dハンドルマグ アイボリー シェービング/Fire-King(ファイヤーキング)
ファイヤーキングのマグカップ!店舗で選んだ納得の一品でコーヒーを

食器集めが趣味の私。 いわゆるショッカーな訳ですが、定番マグカッ

バッファローチキンウィング
バッファローチキンウィング!その酸っぱ辛いソースも自作してみた件

とあるお店で食べました『バッファローチキン(ウィングとも)』というメニ

宮ヶ瀬湖畔エリア
宮ヶ瀬から七沢温泉(ZUND BAR)の楽しみ方!あえての日帰りバス行動~♪

私の記憶が確かならば、以前『宮ヶ瀬ダム(神奈川県)旅行記』のブログ記事

→もっと見る

PAGE TOP ↑